5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年疾駆は確実に突き抜ける

1 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/10(月) 21:45:47 ID:CVI+2cW80
10週でさよおなら

('A` ) プウ
ノヽノ) =3'A`)ノ ヒャー
  くく へヘノ


2 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/10(月) 22:02:04 ID:S9DzoQOY0
ふざけるなぁ!

3 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/12(水) 08:06:40 ID:LQFm1Vp60
【マイスター定型句集】

挨拶→「おはようドスサントス!」
憤怒→「ふざけるなァ!!」
     「クソ…クソ…このクソがあああ!!」
     「なにフザケタこといってんのよこのハゲェ・・・」
     「俺達はおふざけで○○をしてるんじゃない!」
否定→「君がやってるのは○○じゃない」
     「○○としてありって言えばありだけど…でもさ、それって楽しいの?」
謝罪→「うぬぼれてました!ホントすいません!」
許容→「フッ」
     「○○君のプレースタイルって僕 嫌いじゃないよ」
     「っていうか自分が○○だってワガママは頼もしいぐらいだよ」
気合→「ああらい!」
     「うりゃりゃりゃー!」
     「だぁああッ!」
     「ゴルァァ!!」
     「情熱でやるものだァ!!」
勧誘→「僕らと『一緒に○○』やろうぜ!」
     「だったら今日から"◯◯"って伝説つくっちゃおうよ♪」
解決→「ハッハッハーなんだかよくわかんねぇけど解決したようだな!」
感心→「すげえなこの○○…△△も規格外なのかよ…」
驚愕→「あのいつも温厚な○○さんが…?」
     「○○は少し戦慄を覚えた」
     「○○の△△・・・去年よりキレが増している!」
同意→「○○君の言うことに共感するなんて死と同等の屈辱だけど… 」
呪術→「○○当日に△△が××する儀式を・・・」
懇願→「ゴメン、やめたげて」
推薦→「いーじゃん♪YOUやっちゃいなよ!」
興奮→「○○だ!!ワクワクしてきたぁ!」
     「こんな○○ワクワクするでしょー!!」
決心→「○○のお米粒どもなどこの俺が蹴散らしてやるってえ!」
挑発→「そんなヤケクソの◯◯が△△に通用するものか!!」
     「ガハハハハ この程度の攻撃 読むのも容易いわ!!」
賞賛→「大統領!」「オバマ!」

4 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/13(木) 00:04:26 ID:tzCBmzLt0


5 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/13(木) 06:37:19 ID:PGXmwlJY0
サッカー漫画だ!!ワクワクしてきたぁ!

6 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/14(金) 06:38:49 ID:ysmpNZ/40
age

7 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/14(金) 09:08:28 ID:mqFCsBZ60
あのいつも温厚な少年疾駆さんが…?

8 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/14(金) 09:49:59 ID:baX5gREH0
          ./ ./  .|i'
        ./.! i   |!                      \ | | | | | | | | | /
         / !.l   |               i⌒ヽ、   .─               ─
     i . i   l l             _  _,. ヽ. !'ヽ.ヽ   ─ ここだ…         ─
     ,!| .!   ヽ        _,∠´/__ ̄`ヽ、 ヽ !ヽ.ヽ  ─ ここでageるんだ!! ─
.    l .| !        、._ _,,. ‐''´//´      ヽ、ヽ. ゝヽ .─               ─
.     | l i     ト、._  _,.二フ l l (○ヽ    ヽ ゙! ( ゙i / | | | | | | | | | \
      l. `ヽ   l、.ヽ、_ ̄/   i│  ヽ゚ノ     ヽ!   }
  !、   ヽ、   │ ` ‐-゙=‐   /     _/       ー'    _
   ゙ー=-ラ    i|    /     ノ              ヾ、, ‐''´
.ヽ.、._,ノ     |!!  ./              i'⌒`ヽ、     /‐''" ̄
   ̄/ /l    |.!! ./ _,,   __      l  /  ヽ   /     \、
    .l / l     l l!.i i´ /(0ヽ  `    /  ./  ,. ゝ/        ヽ\.∧∧∧∧∧∧∧
   l/.│.|     i、| l. l ヽ゚_)   =- ノ  / / ./|         <              >
      | |l   !  ゝ、._   _,.    、    / / ./:::::|   ,,. -─'''" < みんなageろ!   >
      .!| l、 !l、ト、、ニ(ヽ、      \ー´ l ./::::::::::|  /        <ふらのage攻撃だ!!>
      ゙! !、│ヽト‐  ̄ヽ、 ヽ、     ` ‐-:イ::::::::::::ゝ/ ,,. -==─ <             >
        ヽ!        `'‐ヽ      / ヽ::::::::::://       <             >
                      ` ー---‐/  ゝ:::::/:ヽ        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                         l     y´::::::::\


9 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/17(月) 00:13:16 ID:+pEKddu90
少年sick

10 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/18(火) 09:53:37 ID:ZrNm5o8s0
すげえなこのサッカー漫画…本スレの立たなさも規格外なのかよ…

11 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/18(火) 21:45:50 ID:O0ur8I4g0
「マイスター」の後輩か

12 :【>>10get時推奨AA】:2010/05/20(木) 00:23:16 ID:8BRotBsj0
このスレをご覧の皆さんお久しぶりですキユです。それではどうぞキユで「NUMBER >>10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧∧ ブラーボー!
            ヽ(゚∀゚)ノ   (´⌒(´
            へ(   )   ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
                >    (´⌒(´⌒;;
 ボールはアミーゴ!  ボールはアミーゴ!  ボールはアミーゴ!
 Live Like Rocket!  Live Like Rocket!  Live Like Rocket!

Hide記念館完成。楽曲だけに留まらず他面にまで行き渡ったあの人のロック。>>1いんですよ武井先生
>>2ゲットでつきぬけろ!!
>>3ゲットはロックだ。(゚∀゚)
告知☆7/22 8/12に弟バンド「スプーンタップ」が>>4日市ケイオスでライブ敢行!
夏の夕方って好き、でも痛みを知らない>>5は嫌い
心を無くしたモラル欠如者の>>6も嫌い
大人であり子供である>>7は優しい漫画が好き
>>8また、いきたいなワールドカップ
>>9 バイバイ
>>11 跪け、虫ケラ
>>12 毒にも薬にもならねェ
>>13 ブチ壊す
>>14 死刑
>>15 記憶にございません
>>16-1001 頭の悪いコメンテーターどもよ

13 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/20(木) 04:55:55 ID:2EPpx6Fv0
>>1は加地君

「少年疾駆が突き抜けする儀式を・・・」

14 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/20(木) 10:33:31 ID:WSsmqrCq0
ゴメン、やめたげて

15 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/20(木) 21:09:12 ID:kCTgExCf0
これ突き抜けたらサッカー漫画3作連続突き抜けになるのか?
ワクワクしてきたぁ!!

16 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/20(木) 21:46:59 ID:gNaSF5Sk0
>>15
NUMBER10
マイスター
だけだっけ?

意外とサッカー漫画少ないのな

17 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/20(木) 21:48:25 ID:VD/S6O3k0
だったら今日から少年疾駆って伝説つくっちゃおうよ♪

18 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/23(日) 14:48:28 ID:a1p2w0lFO
l::::::::::::/川 lヽ、:l
l:::::::::/ ///i ヽl
l:::::::/ /,,-"i    ク  こ
l::::::i // '"   ゝ
l:::::i/  o  / i   ソ  の
l::/|  '--'"  /ゝ
l/ | `     //i  が
| l      /'  ゝ
|j______,,,_   ∠-'l  あ
---::::::::ヽ  `/-/
   "::;-)' / /   あ
    /ミ/ // /
______/// / /    あ
---,,'-'"' / / /l
-'''" // // /   !!
 / /  /'  /
//      /


19 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/23(日) 15:53:20 ID:Uoipex4P0
あちゃー少年疾駆疾駆っちゃったか

20 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/23(日) 16:12:52 ID:gmhb48860
確実に駆け抜ける

21 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/23(日) 17:18:16 ID:JU5Qh08L0
メタリカとどっちが長く続くかね

22 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/23(日) 17:57:20 ID:c4r9dRdW0
どっちも突き抜けそうな気配だが

23 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/23(日) 23:42:01 ID:5lxiRGJa0
突き抜けるじゃなくてこれから駆け抜けるって言おうずwwww
メタリカと疾駆どっちが先に駆け抜けるか
予想はメタリカ15週、疾駆14週
メタリカ読切入れて全3巻。疾駆は全2巻
これでおk?

24 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 00:11:55 ID:dDGf+x6o0
8週で打ち切られたら流行るかもな>駆け抜ける

25 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 03:29:48 ID:QZTw4YbS0
駆け抜けるwアリだなw
でもなんか、思ってたより評判いいんだけど

まだ読んでないけど、期待して読むか

26 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 10:51:25 ID:LhiI4zF30
::: ::::   :::::: ::::: :::::::::  :::   :::   ::: ::::::::\       ふ
 :::::  :::::::::::::: ::::::// ::::  :::::: :::::: :::::::::::::::\
..:::: : ::::::::::::::::::/ミi ::::  ::::::: ::::: :::/ミミミミ Y     ざ
:::::::::::::::::::::::::::::/ミミi:::::::: : ::::::::::: :::::::::::/ミミミミミミ|
::::::::::::::::::/|::::/ミミミi::::::: :: ::::::::::: ::::::::::/ミミミミミミミ|    け
:::::::::::::::/ |:::/ ミミミi::::::: :::: ::::::::::::::::::::iミミミミミミミミ|
::::::::::::::/ |::/.,,   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::iミミミ    ミ |    る
::::::::::::/-|::/,,_"-,,  i::::::::::::::::::::::::::/i::::iミ    ,,,-'''" |
:::::::::::r''"|/  "'-;;;;,, i:::::::::::::::::::::::::i .i::::i  ,,;;='''"______ |   な
::::::::::i  |  _,,,,,,_ ヾ;,i:::::::::::::::::::::::i ヾ:i,,,,=''"""""""'''';|
:::::::::i   | ,:::::--C、ヾi:::i 、::::::::::::i ,,,-ヾ  ,,:::::::,,   /   ァ 
:::::::::i   {:::.( o )::}  ヽ:::iヽ:::::::::::i ''"  ,;;::'。'(_,  ∠
.i:::::::i  、 ' ;;;;;;;;;''   ヾ:i ヽ:::::::::i    ';::`::::'::ノ  /    !!
 i:::::i  `-,,,,,,_____   ミミ\ヽ::::::::i    `''--''   /
 iヽ::i       ミミミミミ  ヽ::::::i   -----''''' /
  i ヾ、         ミミ    ヾ、      /
  i  ヽ           |     `     /
  i       __,,,,,,,,,_________________,,,,,,,,_   /
   i     /ヽ-;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;--ヽ/ヽ//|     / ̄ ̄ヽ
,,,,, ヽ    {8'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`o.}  |    /      ヽ



27 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 18:20:46 ID:kk9XFryA0
予想に反して面白かった
これは続くな

28 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 20:32:28 ID:LUBvsrHDO
ガバッ ∧_∧  
  彡( ` ・ω・) おはようドスサントス!!
  彡 | ⊃/(___
 / └-(____/|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/

29 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 20:34:12 ID:BuS6Z68t0
そんなに面白いとは思わなかったけど
黒子のバスケが続いてるぐらいだから大丈夫じゃないか

30 :† 蒼い閃光 † ◆VKIF8WZmG6 :2010/05/24(月) 20:34:23 ID:MCVKJ8mO0
  , - ー 、 | 
 〃;:三三ミ╋ 糞漫画、内容はまいすたレベルで画力はそれ以下 
 !,イW(~,ノリ(E)まいすたみたいにネタになるような描写もないし主人公が痛々しい  
 ゙w( ゚∀゚ノ/ /  
 ムモ壬ヨ}_,`   
  U曰÷!      
  ∠_,__j_,ゝ    
  /-/  |-|   
   ̄   ̄  


31 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 20:40:42 ID:jG6N9V0S0
等身が気持ち悪くて見てられなかった・・・

32 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 22:08:38 ID:lgrofzwD0
http://item.rakuten.co.jp/surugaya-a-too/1213584-1/

33 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/24(月) 22:11:42 ID:lgrofzwD0
http://item.rakuten.co.jp/gdc-miracle/509100202/

34 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 10:07:54 ID:TNsuQ7qv0
コンビニでジャンプの表紙見た瞬間に突き抜け確信した。

35 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 11:11:02 ID:iumeFlQL0
NUMBER10ってのを全然覚えていないのが残念でならない。
ロケットはちょっとだけ覚えてるんだけどなぁ。。

でも単行本出るだけでも幸せだよな。
ルックアップなんて表紙は出来てたのに単行本でなかったし。。

36 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 12:43:06 ID:y7d3IKPd0
>>34「突き抜け」じゃなくて「駆け抜け」って言うんだぜ


37 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 13:02:18 ID:zqGpElWP0
ワールドカップイヤーだから始まった
みたいな感じだな

38 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 16:03:50 ID:ifF6wWii0
日本の全敗とともに打ち切り

39 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 17:35:26 ID:+7OcJj8g0
日本が負けようとどうでもいい 期待してない

40 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 17:42:32 ID:7KaVF7oW0
>>36
バーカ

41 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 20:25:12 ID:7i1c8EbW0
あたし疾駆っちゃおっかな

42 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 20:29:11 ID:kj4IJZbC0
予想に反して面白かったから生き残るな
男の子が頑張る漫画はいい
でもサッカーっていう題材がなんか微妙だな

43 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 20:39:15 ID:bKFRhDNY0
ホイッスル!

44 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 20:44:22 ID:7T99rur30
なんで表紙でパジャマきてるの?

45 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 22:33:49 ID:okx98J700
いやー、うっかりコロコロ買っちまったかと思ったぜ〜
タイトルは少年病気(シック)なのかと思ってたw

46 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/25(火) 23:42:26 ID:hJY6pNep0
>>44なんか吹いたw

47 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/26(水) 01:45:42 ID:5QSTR1iv0
正直、相当面白かった
使われるとしたら、駆け抜け続けるだな

48 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/26(水) 01:53:28 ID:VL11t5Pg0
「小池徹平くんをみてかきました!」って感じの主人公だな。

49 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/26(水) 17:54:00 ID:cEkKLY6D0
表紙の主人公の顔を見た瞬間、これはダメだとわかった

50 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/27(木) 15:58:50 ID:0/zPLalt0
冒頭で読むのやめた
主人公もその友人もくそ過ぎるだろ
主人公がぶっとんでればいいってもんじゃない
好感もたれないとダメだってわかんないのかね?
そういった意味ではメタリカもだめだな
ワンピース以降主人公造型に問題ある作品だらけだな
孫悟空がめちゃくちゃなやつだけどそれでも
嫌われない理由をもっと分析しやがれってんだ

51 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05/28(金) 01:21:49 ID:22v15TzC0
突き抜けないだろコレは
四谷は突き抜けると思ってたけど冨樫に救われたな
これも切って新連載の弾増やせばよかったのに

52 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/04(金) 19:04:49 ID:H5GoX1lV0

        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/
    !゙    (__人_)  |
    |     |┬{   |  この† 大魔王ゾーマ † ◆VKIF8WZmG6って糞コテも仕分けしないといけませんな♥
   \    `ー'  /
    /       |

53 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2010/06/04(金) 19:42:19 ID:+60nkUhf0
    |/-O-O-ヽ| ブツブツ・・・
    | . : )'e'( : . |
    ` ‐-=-‐
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
\ \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
|| \ \         \     ∧_∧
||   \ \         \  ( ´Д`) オイ、なんかキモいのがいるぞ
||    \ \         \ /     ヽ
||      \ \         / |  | |
||       \ \∧_∧ (⌒\|__/ /
          ヽ(     )目合わせるなって  ∧_∧
           /   く          \  (    ) うわー、なんか言ってるよ
           |     \           \/    ヽ 精神&顔面障害者だ、救急車呼ぼうぜ
           |    |ヽ、二⌒)       / |   | |



54 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/04(金) 19:51:03 ID:OM5e9AXcO
正直サッカー熱は相当前に冷め切ってるから無理でしょ
ニワカのね

55 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/05(土) 16:20:06 ID:n6mugtsaO
これってワールドカップ便乗サッカー漫画?

56 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/06(日) 08:20:35 ID:ffECwtoLO
せめて作画付けろよ

57 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/06(日) 11:05:47 ID:CrfLbEt40

        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/
    !゙    (__人_)  |
    |     |┬{   |  この† 大魔王ゾーマ † ◆VKIF8WZmG6(笑)とかいう厨二病丸出しな糞コテも仕分けしないといけませんなあ♥
   \    `ー'  /
    /       |

58 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/06(日) 20:59:01 ID:obngT7jH0
日本敗退よりは持つかな

59 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/08(火) 22:39:18 ID:pO7VoIi00
さあな

60 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/09(水) 08:46:56 ID:1XpKbAI6O
ふざけるな!

61 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/19(土) 17:45:34 ID:A713sdCCO
54
サッカーににわかいるか?カーリングならわかるが

62 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/19(土) 19:15:05 ID:i6IEcLsIO
>>56
ついでに原作もつけたほうがいいんじゃないか?

63 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/20(日) 07:55:15 ID:4tN5JgXpO
でもさ、最近のスポーツ漫画ってKのバスケとかTの王子様みたいなヲタク女の不愉快なのばっか増えてるからな、こういう真摯なスポーツ漫画は大歓迎だよ○(≧∀≦)○

64 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/20(日) 08:46:02 ID:E2IAz97I0
少年疾駆ってタイトルがすげー好き
内容は個人的に微妙だったけど・・・

65 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/20(日) 12:29:38 ID:cz81y3bU0
>>56>>62
お前らそれじゃあ・・・

66 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/21(月) 21:54:35 ID:pFYu6vJHO
連載当初からまともにアンチしようと思った漫画はサイレンと保健室以来だ
どちらもこんな長所のみつからない漫画さっさと突き抜けるに違いないと思ったね
疾駆もどう考えても長所が見つからない
さっさと突き抜けて下さいキャラが奇形すぎて目に入るのも苦痛

67 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/23(水) 06:12:12 ID:KKxvXP550
>>66
その前例からするとこれもショボショボと長生きしそうだな。

68 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/30(水) 20:51:58 ID:wY5wMlGA0
                                    /
              ,. -''" ̄ ̄` "" '''  、          />>30
          /              ヽ.        /   ノ>.   ┼‐   ー┼
         ////             、       /   |三|   / こ   /!
          /// / //             '、     l    ノ ヽ   /    ヽ/  
        /!:.ヾヽ//               ヽ!      !    | ┼.  \   / ヽ
      //:::。:::! l/ / /  // /l l l  l、  ヽ ヽ    !    レ ノ   .フ|r‐、    |
      lOn:::::::::l l ! l! /77ヽ| | /! ハll l !! ! !!   !   幺lニl  レ| α    |
      ||:::!l:::::::// !l !! //行ミ l l/ | /二lト || | ||  <   小lニl   |   | ‐ァ
      |llヾ=/ニ! !l!ll/ ヽ;;;シ     イ::.リ 〉/|| | ||   |     ┼、ヾ   |   レ ー
      |ll   い l ll !   `¨      `=゛ /||//l/     |    / _|   ├   /  ヽ
          ヽ !ll       _ 〉   ! ||//      l        Oヽ   レ  '
           |l \      ,.....,   ノ! |       ヽ               フ|r‐、
          /ヽ、    、    ̄ / ! l         \           レ| _ノ
         /ヽ:::::`=-、 ヽァー''´   ル’           \        才r┐
        /   `=、:::::::ヽ l`!}                    \        レ!  し
        /     ....:::::::::::::ヽlj                   \______
        //-- 、::::::::::::::::::::==}
        /..:::::...   ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ

69 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:22:36 ID:vU4JtiXl0
陣明が駄菓子屋でDVDを観ていた
理由は単行本で描きます。

になるのか

陣明が駄菓子屋でDVDを観ていた理由も
描きたかったのですが…さようなら

になるのか。

70 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/22(木) 08:42:36 ID:UmS29UbF0
ぶひー

71 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/25(日) 16:54:57 ID:V5NbAOK0O
駆け抜け

72 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/25(日) 16:57:44 ID:LBOcA/Gy0
         _____________________
         |
         | 東京都立松沢病院ですが何か?。
         |  _____________________
         |  / ⊆ニ(二(ニニ⊇――――'          (●ヽ
         | 
       /| /______________________ヽ
      ,/ ̄V ̄ ┏━, / ̄ ̄ ̄|| ||. ̄ ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...| |
     ,/ ∧ ∧. i┸i //. ∧ ∧ || / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _.,/. ( ゚Д゚ ) | :::|//  ( ゚Д゚ ) <>>1を迎え入れに来ました。
   |/,,,,,へ⊂ ヽ  .//  ,/  ノ/ ||\______________
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。|┃       |━━━━━...............|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,,゜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|,,,都立松沢病院,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,|         |       .     [|
 |====== ;...........|  /,  ̄ヽ |~~|.        |  /,  ̄ヽ |     {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''|―-|.(※)|':|''''|.''''''''''''''''''''''''''''|''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄

73 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/26(月) 23:25:59 ID:sj8Ut7rg0
ヒロインでぬいたわ

74 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/26(月) 23:31:54 ID:Kq4oJSqB0
来週で最終回の予感

75 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/27(火) 13:52:01 ID:hIAG8oaD0
きらめきシュート

76 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/07/31(土) 08:15:22 ID:TwnPMwg90
ノートラップランニングボレーシュート位しないとね

77 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/08/03(火) 21:53:29 ID:onOK7u9T0
         /             ` 、       感謝するぜ  お前と出会えた
       /          ノノ  ヽ
      ,     ニニ彡'⌒    /`ヽ        これまでの  全てに
      '   ニミ ニニ彡      〈rう├−-ミ
       { { ニミ } j j jノx'ィイく  }し{\   `丶、___/ニニニ
      j_ニニミV ハレノ x<⌒ヽ  V ヘ  \    \ニニニニニニニ
      {xミミー'ヾ(、ル( 厶tァァく⌒ヾ}  )ハ::::::.    \ニニニニニニ
     彡ィ'">tァ} \(`ニ彡 ノ` /ト=く   ::::::i     \ニニニニニニ
     (   V^`こ7  _, \``ヾヽ` ノ|`ヽ ヽ l:::::|       \ニニニニニ
         ∧  { '  ` ノ^ヽ    { ノ     !:::::|   ___ノ^ヽニニニニニニ
      /.::::\ゝヽ. _ノヽ``ヽ, -――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニ
     /.::::::::::::::::>'"ノルハヽ`/ -―- 、⌒V::::::/.// j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾヘ{ {、ムイ 、_(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニ二
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´         ニ}      \>''"´
 ニニニニニニニニ/     ∨ /               }八
 ニニニニニニニ./        }ニ{      >>1乙      ノニヽ     ノ
 ニニニニニニニ/       }ニハ               /⌒ヽヽヽ ___彡
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`丶、     /⌒ヽ  ノ     ノ_____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
     ) 、    /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
 // ⌒ヽ  /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
  {       /    //     /         \__ノ

78 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/08/16(月) 17:45:26 ID:CK0rYpxc0
このスレをご覧の方初めましてキユです。それではどうぞキユで、>>2ゲットでつきぬけろ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧∧ キュワッ!
            ヽ(゚∀゚)ノ   (´⌒(´
            へ(   )   ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
                >    (´⌒(´⌒;;
ロケットで突き抜けろ!ロケットで突き抜けろ!ロケットで突き抜けろ!
Live Like Rocket!  Live Like Rocket!  Live Like Rocket!

ヒステリックに3ゲットですか>>3さん?(゚∀゚)
4ゲットなんて妙にエロチックだと思いません>>4さん?(゚∀゚)
夏の夕方って好き、でも痛みを知らない>>5は嫌い
心を無くしたモラル欠如者の>>6も嫌い
大人であり子供である>>7は優しい漫画が好き
>>8 バイバイ
>>9 跪け、虫ケラ
>>10 毒にも薬にもならねェ
>>11 ブチ壊す
>>12 死刑
>>13 記憶にございません
>>14-1001 頭の悪いコメンテーターどもよ

79 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/08/23(月) 15:20:01 ID:UJjTAhPM0
アンチ少ないねw

80 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/08/25(水) 17:31:37 ID:vGl9O87f0
ちかちゃんは近年では稀な抜けるオカズヒロイン

81 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/11(土) 15:21:22 ID:oy6/wjLQ0
一周遅れだけど
打ち切りおめでとう

82 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/12(日) 06:19:19 ID:vSVz/T+zI
ここまで間髪いれずにサッカー分補充って構成も珍しいな
編集の意図が露骨すぎる

83 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/13(月) 20:45:54 ID:AtDeYj+y0
なんでサッカーなんだろう

ほかのスポーツじゃいかんのか

84 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/13(月) 21:21:33 ID:fMByMb5G0
WCで盛り上がったからでね?

85 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/19(日) 12:00:20 ID:xjM8uNiG0
全然読んでなかったけど打ち切りおめでとう

86 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/19(日) 16:21:50 ID:9O0kA0X+0
メタルカのほうが楽しめたな
ネタにも心にも残らなかった
ほとんど飛ばし読み

87 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/09/20(月) 15:31:22 ID:p4Rx2TEI0
         l       l;'l|  |    ,, -‐'';;;:::;;;;''''''' '';;::;\          |
   走  こ  |       l;'l |  |  ,, ''´; ,,;;;;:;:;;;;:: ,,,,,,,,,,;  :;;;;ヘ        | 漫   ん
         |.      l;l |  | li :;;;; ;:;;;::''',,,,ヾ゛,, '' ""'''ッ,,, .i        | 画  だ
   れ  ん  |     l;l l|  | |;;;::;;;;''''',,ヾ ` _,,,..........,,,,,,,,,_ ゙'',,     | は  よ
           |       l;l l|  | !'';;;;;;;;,'' ;;, ,,ィ'´,=ニニ,\ンik'_ヽ ';    N. よ   こ
    っ  な  |     l;l  |  | l,/7´l,, 乍l` 尸'´-'、'ヽiセテz、 l'',,''.  |  │  の
          >    l;l   ,|  |シ'´.| |;;;;ll=|      _ ,ゝ `|;;;|l     |  │  つ
   て  .漫  |    l;ll__ l,|  |;;;;;;;;l. l;;;;ll-|    _'_´_ 、 ,!;;l |.    |  │  ま
         r`  ,r'";;;; ;` i  |、;; ; `、 l;;;llt|  / ,ィニ二゙,-, ' ,!;;', l.    |  │   ら
   か  画  |,,-‐'' Zエ二ニ、ソ | ゙、`ー-';;;;;;;,、、/ lトニ==';;;l  ./"'';;! ‐=ニ   │  ん
    │      | _. .i'´ ̄  ,,;, `i |l ゙、;;;,,,;;;;;;;;;ヤ,、 !'-‐‐ニヽ'/./彡",;';    |   │
   |  抱 .|´/,, "-=ニ二ゝノl | ゙、 ゙、、;;;;;;;;;;ヘ`、 ー-,,,__,ン''゙;; _ ;;, ",,  |   っ
   │    | /::::, _    `〕i l. ゙、  ゙、;;;; ; ; ;i、 "''゙'',, ;; ;; ヾ,,'';; ';7  |,、       /
   |  .え |i:::::   ``゙'''‐、' l |  .∧.  \;; ; ;!.'',,' '   ,, ,,ヾンハー-iフ、  !ヘ  /|/
   │    ||':::  ,, ,, __.ノ .l | /./ >、  \、|l`.、ヾ、'''''"ノ // 人ト、` 、  |/
    っ  て l ゙、: -`‐''=-、'  .l |. './ / ,ヽ\ `ハ.i' 、`ェ、`'、//  / l `、.ヽ `ヽ、
   ヘヘ/ヽ、| :::`i‐-- ,,_ノ,  i l ' / /  `,ヽ\.!|ー-=ラ''フill,、 ̄i  l ヾ、、| ト、`
          l;;i'´  l l / /i|,_, r- t 、___,,ン-`ー||`ニ'マ';il|.||i.ヾ、 l  l   | l

88 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/10/30(土) 04:13:30 ID:w/DxYhwR0


89 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/11/17(水) 14:27:32 ID:ut2NPg1g0


90 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/12/22(水) 12:43:40 ID:ENkHOdzV0


91 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/12/22(水) 13:09:29 ID:sbGim2neO
まぁ右翼よりは…

92 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/12/31(金) 16:39:55 ID:2ISXbCMcO
おめでとう

93 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/12/31(金) 18:16:47 ID:Q+ZdNOCXO
マイスターやライトウイングみたいにネタにもならなかった空気漫画

94 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/01/02(日) 13:04:06 ID:BGeOQPjg0
エロ漫画でも暴力漫画でもないさわやかなスポーツ漫画なはずなのに
嫌悪感が湧きまくったの思い出した

95 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/01/14(金) 02:58:31 ID:f20yp4dr0
疾駆の次すら突き抜けそう
もうサッカー漫画やめろ

96 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/02/08(火) 02:26:13 ID:lLgQB3qfO
ここがドイソルは確実に突き抜けるね

97 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/02/18(金) 01:28:48 ID:NXQ0rdye0
なんでサッカーなんだろw

98 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/03/08(火) 23:45:44.10 ID:07bfyJRuO
なぜ、生卵を蹴ったのか

99 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/03/09(水) 21:38:18.47 ID:e3XqR9o3O
このスレはライトウィング本スレとして再始動します

【ライトウィング提携句】
提案→「みんな○○になればいいんスよ」
要求→「○○さん、そんなの二秒で切り返してくださいよ」
決意→(○○のペースには飲まれないぞ!)グッ
同志→「あんたもスか○○さん?」
告知→「○○終了のお知らせ!」「ギャハハハハハハハハハハハハ」
確認→「終わった――?ねェ――○○いぃ?」
      「オレ言ったぞ!!何回も言った!!○○って!!!何回言わせんだ!!!」
期待→「次は誰の○○が□□かそれが楽しみで仕方ねぇッス!」
忘却→「こんな○○二秒で忘れてください」
      「刹那で忘れちゃった」
拒否→「あ、迷惑Deathぅー ○○されても 死臭がヒドイ!ゾンビかっての」
憤怒→「おいあんた!!ふざけたこと言ってんじゃ…」
制止→「やめろ○○っちゃん!!!」
      「こっちゃ真剣なんだ 少し黙ってろ」
挑戦→「テメェなんかが…「○○」だと…?勝負しろ△△!!!今ここで!!テメェを倒す!!!」
願望→「巨乳マネージャーのムチムチおっぱいもみしだきたい!」
結果→「○○してしまった……!!」
      「おれたち もう○○やめます」
察知→「○○が来てから……空気が変わった……!!」
     「○○に気付いたようだな」
妥協→「いいんだ ○○ しかたない・・・ △△が決めたことだ・・・・・・」
挫折→ガシャアアア
      ガクッ
疲弊→「スタミナ切れ!?」
      「○○っちゃん――まさか」
憐憫→「○○君は…かわいそうに…怯えて最終ラインにへばりついて前に出ようとしない…」
否定→「ムリだってば」
語尾→「〜Deathぅ」
決意→「○○の△△が「最強」だって!!!オレが証明してやる!!!」
反論→「○○さん…△△は下にあるんDeathよ?上ばっかり見てたらケガします」
狡猾→狡猾!!!
一転→「――と思っていたが 違った」
変化→「…何だ…○○の△△が変わった」
     「でも□□は変わらないか」
示唆→「オレにはほとんど見えてんスけどね ○○さんの△△」
脇役→「○○のリズムが独特のヤツ…!」
     「○○の前じゃ皆 紙っスよ!!」
賞賛→「それだよ○○――――!!カッケ―――!!」
     「天 才 !!」
見解→「※あくまで○○氏の個人的な見解です」
友情→「ならば・・・ ここで ○○を突き付けてやるのが△△としての優しさだ!!!」
無関心→「興味ない」
       「まあいいかこんな○○」
一体感→「今、○○全員が△△と同じ気持ちでいる 全員 ××に勝つ気だ!!!」
平和主義→「○○って超笑えるよねー あのお笑いショーがあれば世界は平和になるんだと思うよ」

100 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/03/16(水) 08:04:43.28 ID:b3Uel+Xb0
AAAAAAAA

101 :戸井 ◆calgary/CA :2011/03/19(土) 15:37:00.72 ID:vq/1UWWMO
101番ゲット
オトコはやっぱ、せんずり。

102 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/04/18(月) 01:53:51.41 ID:Q8dasYrUO
2クールなのに鯖スレのテンプレで突き抜け扱い

103 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/05/16(月) 02:42:04.50 ID:FwB4F2boO
4作の売上知りたい

104 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/06/18(土) 01:23:53.25 ID:ZyD9Oig2O
無駄な一年だった

105 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/07/04(月) 11:33:58.10 ID:PmcyZpKKO


106 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/07/07(木) 08:21:33.46 ID:UWre7RNr0
マイスターライトウイングのレスのほうが多そうなのが悲しいなw

107 :口竹石敏規:2011/07/19(火) 19:24:07.98 ID:/tCrGXgsO
「何もしない人(=キング・クリムゾン◆JOJO/AxYxI)ほど批評家になる」

自分がバカにされないことに意識を集中する。
これが劣等意識がもたらす「引き下げの心理」なのです。
部下の行動、妻の言動、何かのコラムに批評することで「自分の方が偉いんだ!凄いんだ!」と自分で確認しなければ、気がおさまらない。
だから、良いところより、批判することにのみ、すぐに意識が向く。
なぜ、人を誉めること、よい所を認めることにこれほど、ある人は抵抗感を持つのか。
誉めないまでも、一つの考え方としてとらえる事ができないのでしょう。
演劇や舞台の批評文ばかりを見て、あの舞台はキャスティングミスさ、台本の流れが問題さと、退屈と苛立ちにアグラをかいて、人を批判するより、一生懸命作っている演出家や出演者の方が人生を楽しんでいるし、心からの友達も多いはず。
 何もしない人ほど批判精神ばかりを育てて、人生を孤独にする傾向があるのです。
批判ばかりがクセになると、自分の小さな行動に対しても「くだらない」「意味がない」と自分にも批判精神は向いてしまい、自分の前向きなエネルギーまでもが枯渇します。

108 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/08/18(木) 13:07:05.98 ID:MxN25+ZcO
ああ

109 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/08/29(月) 20:42:07.16 ID:l8aGYHAV0


110 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/08/29(月) 21:43:03.45 ID:apiJQQq80
これ何だっけ


二秒で
切り返すやつか

111 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/08/30(火) 23:12:36.22 ID:DP58gvj/0
>>110
屑はレスすんな

112 :井戸魔神F ◆Tny1JrNujM :2011/09/12(月) 05:03:17.65 ID:qzrVJR8N0
これ結構好きだったんだけどなあ・・・。

113 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/09/12(月) 11:49:23.61 ID:9dm8SKmJ0
少年疾駆が終わってもう一年経つんだっけ?
右翼が終わって一年半?

早いなwwww
月日が経つの早すぎじゃねwww

114 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/09/14(水) 17:31:22.44 ID:SQBvN4Lj0


115 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/09/16(金) 12:26:02.32 ID:/vLzlbRm0


116 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/09/22(木) 09:12:19.61 ID:kwsRdtJ00


117 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/09/27(火) 15:17:50.96 ID:tPhkhm/bO
あげ

118 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/10/08(土) 11:36:17.34 ID:7fe+xjM00
完全に突き抜けたな

119 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/10/14(金) 13:27:45.12 ID:X3WBLT4sO


120 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/10/21(金) 14:47:52.77 ID:wH94Vrd80


121 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/10/27(木) 21:49:32.68 ID:oTPjRizr0


122 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/11/07(月) 16:41:21.23 ID:H1didgy00
 

123 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/11/07(月) 17:50:27.07 ID:Gu64BMG+0
吹き抜けになっちまったな

124 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/11/27(日) 08:54:51.33 ID:JDn135NPO
面白くなかった

125 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/11/27(日) 09:06:44.70 ID:dR8TwqiGO
始まったときは絵もきれいだし期待したんだけど、終わったことすら気がつかない圧倒的存在感の無さだったな。

126 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/12/05(月) 17:45:48.46 ID:aTcgsQ6q0
危険領域

127 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/12/18(日) 15:41:01.66 ID:rJnvtsSZ0
YJS

128 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2011/12/27(火) 01:17:14.85 ID:8tHsPAytO
ぽよ〜

129 :ZERO:2011/12/28(水) 18:21:58.08 ID:6F2zbXnD0
   笛の調べ    Flotenspie 

 夜もふけて、茂みと木立ちの間に

 あかあかと窓の輝く一軒の家、

 そこに、見えない部屋の中に、

 笛ふく人が立って吹いていた。


 古いなじみの歌であった。

 しみじみと闇の中に流れた。

 どの国もがふるさとであるかのように、

 どの道もが完結されでもしたかのように。


 この世の秘められた意味が

 彼の呼吸の中にあらわれていた。

 そして心はいそいそと浸りきっていた。

 そしてすべての時が現在となった。


130 :ZERO:2011/12/28(水) 18:22:26.09 ID:6F2zbXnD0

Seifenblasen

長い長い年月の研究と思想の中から
遅くなって一老人が晩年の著作を
蒸留させる。そのもつれたつるの中に
彼は戯れつつ甘い知恵を紡ぎこんだ。

溢れる情熱に駆られて、ひとりの熱心な学生が
功名心に燃え、図書館や文庫を
しきりとあさりまわって
天才的な深さのこもった青春の著作を編んだ

ひとりの少年が腰かけて、わらの中に吹きこむ。
彼はシャボンの泡に息を満たす。
泡の一つ一つがきらびやかに賛美歌のようにたたえる。
少年は心のありたけをこめて吹く。

老人も少年も学生も三人とも
現世の幻の泡の中から
不思議な夢をつくる。それ自体は無価値だが、
その中で永遠の光がほほえみつつ
みずからを知り、ひとしおたのしげに燃え立つ。


131 :日本は前を向いて原子力マフィア復活、福島を裏で切捨てます:2011/12/31(土) 18:24:57.68 ID:j7OYRWj50
♪世の中はいつも、変わっているから  頑固者だけが、悲しい思いをする
  変わらないものを、何かにたとえて  その度崩れちゃ、そいつのせいにする

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  世の中はとても、臆病な猫だから  他愛のない嘘を、いつもついている
  包帯のような嘘を、見破ることで  学者は世間を、見たような気になる

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため

  シュプレイヒコールの波、通り過ぎてゆく  変わらない夢を、流れに求めて
  時の流れを止めて、変わらない夢を  見たがる者たちと、戦うため♪


132 :ZERO:2011/12/31(土) 23:52:06.30 ID:j7OYRWj50

  清められし秋
               

 ちからづよく、こうして年は終わる
 金色の葡萄と園の稔りをともなって。
 あたりの森はふかしぎにおし黙り
 孤独な者の伴侶となる。

 そのとき農夫は言う――これでよし。
 おまえら晩鐘はながくしずかに
 ひびき終えてなお、はれやかな気持ちを与え
 飛びゆく鳥の列があいさつをよこす。

 これは愛のおだやかな季節(とき)。
 青い流れを小舟でくだりゆけば
 なんと美しくかたちにかたちが並び
 すべては安らぎと沈黙のうちに沈みゆく。




133 :ZERO:2012/01/01(日) 00:01:50.92 ID:l01RxBc20

       Dover Beach

今夜の海は実に静かだ。
潮が満ち、月が煌々と海峡を照らしている。
フランスの海岸では、燈火がが明滅しており、イングランドの巨大な断崖は白く輝き、
穏やかな湾内を見下ろし、佇立している。
君も、窓際にきて、この爽やかな夜風に当るといい。
海原が月光の下に白く浮かび上がった陸地と接し、飛沫が延々と続いている、ほら、あの辺りから、
小石の擦れ合うざわめきが聞えてこないかい?
あの音は、波が引くとき運び去り、打ちよせては岸辺の奥へと、運んでくる小石の奏でる音だ、――そうだ、あれは。
ゆるやかに篩えるような音響を響かせながら、大きくなっては静まり、静まっては大きくなり、――永劫にやむことの無い、
悲しみの調べを奏でているのだ。

かつては、信仰が、いや信仰の海が、この海原と同じように、漫々と水を湛え
きらめく帯の襞さながらに、地球の岸辺をくまなく取り囲んでいた。
だが、私が今耳にしているのは、ただ、その海の愁いをおび、陰にこもった長い唸り声に過ぎない、――
それは、夜風の息吹きとまざり合い、この世界の荒涼無残な極限の彼方へ、――裸の小石が
空しく群がっているあたりへと、流れていく声なのだ。

ああ、君、せめてわれわれだけでも、
お互いに忠実であろうではないか!なぜなら
多彩で流麗で溌剌たる夢を孕むもののように、
われわれの眼前に横たわっているこの世界も、
その実は、喜びもなく、愛もなく、光もなく、
確かさもなく、平和もなく、苦痛を癒す力も無い世界なのだ。
われわれは、今、夜陰に乗じて衝突する無知の軍勢が上げる、
闘争と壊走の阿鼻叫喚の声に呑まれ、なすすべもなく、
暮れなずむ荒野に佇んでいるのだ・・・。


134 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/02(月) 21:15:23.32 ID:OJckBcHX0


135 :ZERO:2012/01/05(木) 12:09:11.07 ID:IRxQhgff0

   家に帰る     

 長い旅からもどって来、
 冷たい部屋に、待ちうけている郵便を見つける。
 腰をおろして、重苦しい気持ちで手紙を開き、
 息苦しい寒気の中に白い息を吐く。


 ああ、君たちははなんと色々な手紙をくれることだろう。
 見知らぬ人や、私と同じ巡礼や求道者は!?
 ――ものみなのかげに夜と秘密が眠っていなかったら、
 生活はどんなにか荒涼とすさまじいことだろう!


 君たちの手紙を私は黒い暖炉積み上げる。
 君たちのたずねることに対し、私は答えを知らない――
 ぎらぎらと燃え上がる焔で私と共に暖まれ、
 あすはまたあすの日の明けるのを私と共に喜べ!


 世界は冷たく、私たちのまわりに敵意ある壁をめぐらしている。
 私たちの心だけは太陽で、楽しむ事が出来る――
 おお、世界の数々の幻よりも生きながらえる
 内気な火花が、私たちの胸の中でなんとふるえることよ!  

136 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/10(火) 06:18:10.99 ID:L/tMhX3K0

地球最後の世紀にアメリカ人が学んだように
情報の自由な流通こそ専制政治に対抗しうる唯一の手段である。

支配者が情報を制御できなくなった途端、それまで虐げられてきた人々の
自由と活気がみなぎることだろう。

しかし今、自由を掲げてきた国が次第に情報に対する統制を強め、専制政治への
道を歩みはじめた。

情報へのアクセスを拒否する者に注意せよ。
その者はあなたを支配することを夢見ているからだ。

-理事長 プラヴィン・ラル”国連人権宣言”-
シド・マイヤー製作「アルファ・ケンタウリ」

137 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/15(日) 01:02:28.75 ID:C6gCieqU0
  誠実な人間   

誠実な人間とは
  その心が清潔で、
曲がったことをせず、
  虚栄心とは無縁な人のこと。


そういう人は、ただ黙々と、
  純粋無垢な日々をおくり、
希望にも心惑わされず、
  悲しみにも乱されはしない。


そういう人は、城壁や鎧で
  自分の身を守る必要もなく、
晴天から降ってくる禍を避けるため
  秘密の地下室を設ける必要もない。


そういう人は、いや、そういう人だけが、
  深遠から迫ってくる恐怖も、
大空から襲ってくる脅威も、
  臆することなく見据えることができるのだ。


そして、運、不運のもたらす
  苦悩を超然と直視し
天を仰いでそこに神意を読み、
  敬虔な思いこそわが知恵と考えるのだ。


さらにまた、善き思いをわが友とし、
  満ちたれる老齢をわが財産と見なし、
この土地の生を静かな旅の宿と見、
  自らを静かにそこに宿る旅人と考えるのだ。

138 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/18(水) 19:21:43.69 ID:ruRNCOaO0
問題に口を閉ざした時から終わりが近づくのだ

マーティン・ルーサー・キング牧師

私は同胞達に伝えたい。今日の、そして明日の困難に直面してはいても、私にはなお夢がある。
それはアメリカン・ドリームに深く根ざした夢なのだ。
つまり将来、この国が立ち上がり、「すべての人間は平等である」というこの国の信条を真実にする日が来るという夢なのだ。
私には夢がある。ジョージアの赤色の丘の上で、かつての奴隷の子孫とかつての奴隷を所有した者の子孫が同胞として同じテーブルにつく日が来るという夢が

私には夢がある。
今、差別と抑圧の熱がうずまくミシシッピー州でさえ、自由と正義のオアシスに生まれ変わり得る日が来るという夢が。
私には夢がある。
私の四人の小さい子ども達が、肌の色ではなく内なる人格で評価される国に住める日がいつか来るという夢が。

私には今夢がある!

いつの日にかすべての谷は隆起し、丘や山は低地となる。荒地は平らになり、歪んだ地もまっすぐになる日が来ると。「そして神の栄光が現れ、すべての人々が共にその栄光を見るだろう。」

これが私達の希望なのだ。
この信仰をもって私は南部へ戻って行く。
この信仰をもってこそ絶望の山からも希望の石を切り出すことが出来るのだ。
この信仰をもってこそ私達は祖国にうずまく不協和音を人類愛のすばらしい交響曲に昇華することが出来るのだ。
この信仰をもってこそ、自由がいつか来るのだということを信じながら、私達は共に働き、共に祈り、共に苦しみ、共に投獄され、共に自由のために立ちあがることが出来るのだ。
そしてその日が来れば、その日が来れば神の民はみなおしなべて、新しい意味をこめて歌えるのだ。
「我が祖国よ、美しい自由の国をたたえ私は歌う。父が骨を埋めた国、開拓者の誇りとする国。すべての山々から、自由よ鳴り響け」と。

真にアメリカが偉大な国となるためには、これが実現しなければならない。


139 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/21(土) 09:50:05.31 ID:5ZnbP6B20

  喜びの歌

 氷がどっしりと、白くよこたわり、
 あらゆる動きを妨げている。
 川は身じろぎもせず、とても静かだ。
 けれども、荒々しく、燃えたぎるように泡立とうとしている。
 波はざわめくこともできず、
 冬の歌に耳を澄ますこともできず、
 深い悲嘆に身をよじらせて、
 重く、陰うつな冬のまどろみのなかにある。

 灰色の空には太陽がけだるくかかり
 白く、また疲れて雪がよこたわる。
 すべてが死に、疲れ、そして香りなく、
 雪におおわれた木は悲しみのうちに泣く。
 川は氷をいとい、鎖を引きちぎろうと
 やけになり、猛り立ち、かっかっともがき、
 狂ったように青の中に泡立ち、溢れようとする。
 火のように燃えあがり、いまだ死ぬことができない。

 ある日のこと、かっこうが鳴き、
 太陽が突然、ぱあっと輝く。
 雪は山また山と消えていき、
 川はばりばりと最後の音をたて、
 重く、白い氷の屋根を破って、
 その上を迸り、まだ緑の萌えない
 薔薇の生け垣を嬉々として眺め、
 泡立ち、轟々と流れ、白い氷塊を嘲笑う。

 笑い、そして笑い、自分を抑えようともせず、
 りんりんと流れ、はしゃぎまわる。
 太陽はうららかに照り、
 すべての地の襞に春の花が芽を吹き出し、
 若い生け垣はすでにほのかに葉をまとう。
 川は岸を押し流し、大地を洗い、
 もう二度と会えないと思っていた、
 昔なじみの白い獣の群れにうれしそうにあいさつを送っている。 


140 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/27(金) 13:35:05.17 ID:KwmEDfAu0


141 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/01/28(土) 19:59:18.79 ID:ghl1giTe0

Fog

霧はやってくる、
小さな猫足で。
そっと腰を下ろして、
港と町を
見渡すと、
また静かに歩き出す。

142 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/02/04(土) 09:57:23.83 ID:o5AyEImY0

   炎   

お前がつまらぬものの間を躍って行こうと、
お前の心が憂いに苦しみ傷つこうと、
お前は日ごとに新しく味わうだろう、
生の炎がお前の中に燃えているという奇跡を。

我を忘れる喜びの瞬間に酔って、
その炎を燃え上がらせ、消えつきさせる者も少なくない。
慎重にゆうゆうと自分の運命を
子どもや孫に伝えるものもある。

だが、陰気な薄明を通ずる道を行くもの、
日々の煩いにたんのうし
生の炎をついぞ感じないものだけは、
その日々を空しく失うのだ。

143 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/02/09(木) 23:48:47.13 ID:egv2BmqT0
駆け落ちた

144 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/02/11(土) 23:38:28.23 ID:T/ZFJMhA0
      
       ヴァイオリンひき    

 野をわたるどんなざわめきも
 私はきき耳をたてて、あとを追う、
 あこがれたずねながら、一心不乱に、
 そのたぐいない音に親しむまで。

 それから私の指はその基調の絃の上に
 探りを求め、傷つくほど苦心する。
 たそがれの音にならってかなで、
 たぐいない微妙な調べを会得するまで。

 私の胸の中の悲しみの一つとして、
 私の夢の中の郷愁のまとの一つとして、
 明るみに出て、私の弾奏の
 飾りやあやにならないものはなかった。

 ため息も、口づけも、愛の言葉も
 友だちが友だちに言うことも、
 私は否応なしに私の気持ちに従わせ、
 奏でながらふさわしい役をさせる。

 私はほほえみながら弓をあちこちに動かし、
 私の血のにじむ命をかなでる。
 そしてだれも現わさなかったものを現わす――

145 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/02/18(土) 13:57:18.79 ID:R32pMghA0

   冬の日


おお、なんと麗しく、きょうは
雪の中で光が冷めることよ!
おお、なんと優しくバラ色の遠空が火花を散らす事よ!
だが、夏、夏ではない。

ひと時も休まず、私の歌はあなたに話しかける、
遥かな花嫁の姿よ。
おお、なんと優しくあなたの情けは私に話しかけることよ!
だが、愛、愛ではない。

長い間、情けの月光は照らなければならない。
長い間、私は雪の中に立たなければならない。
いつの日か、あなたと空と山と湖とが
深い愛の夏の炎熱の中でやけるまで




146 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/02/21(火) 02:08:58.75 ID:vbkkPoT70
大志を抱け

147 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/02/25(土) 16:12:36.43 ID:O2NQ0ZLP0

  The Rainbow     虹  

           

 私の心は躍る、大空に
   虹がかかるのを見た時に。
 幼い頃もそうだった、
 大人になった今もそうなのだ、
 年老いたときもそうでありたい
    でなければ、生きている意味はない!
 子供は大人の父親なのだ。
 願わくば、私のこれからの一日一日が、
 自然への畏敬の念によって貫かれんことを!

148 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/03(土) 21:51:17.07 ID:c2uccIaK0
ポエム

149 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/03(土) 21:55:06.41 ID:STKW1fM2O
何のスレかと思えばあの伝説のクソ漫画か

150 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/04(日) 12:20:39.49 ID:xWAf6m2f0
少年sick

151 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/11(日) 14:11:32.90 ID:SOURKWiY0
J・F・ケネディ が1961年にマサチューセッツ州の州議会で行ったスピーチ


 多くを与えられている者には多くが要求される。そして何時の日か歴史という高貴な裁きの場で我々が国家に対するつかの間の奉仕においてどれだけの責任を果たしたのかが問われるであろう。
その時4つの疑問に対し我々がどう答えるかで審判が下されるだろう。

 第1に、真の勇気があったか。
      その勇気とは単に敵に対するものでなく必要とあらば仲間に対しても立ち向かうことのできる勇気であり、
      公のプレッシャーだけでなく私的な欲望にも立ち向かえる勇気である

 第2に、われわれには真の決断力があったか。未来と過去を真正面から見つめ、
      自らの過ちを認め、自分達の知識の限界を知り、それを認める英知があったか。

 第3に、われわれに真の尊厳があったか。自らの信念を貫き通し、人々の信頼を裏切らなかったか。
      政治的野望や金銭的欲望のために神聖なる任務を汚さなかったか。

 最後に、われわれは真に国家に献身したか。
      名誉や特定の人間やグループに妥協せず、個人的恩義や目的の為に道を曲げず、
      ただひたすら公共の為、国家の為に身を捧げたか。

 勇気、判断力、尊厳、そして献身・・・これら四つの要素が私の政権の活動の基準となるであろう。
 恭謙の念をもってこれからの任務につくにあたって、私は神の助けを求めたい。
しかしこの地上では神の御意志はわれわれ人間が実行に移さねばならぬということを心に刻んで、私はこの厳粛な旅に向かう。あなた方の支持と祈りをお願いしたい



152 :311:2012/03/11(日) 14:56:24.05 ID:SOURKWiY0

 For the Fallen     戦歿者を悼む  (1914) 
                     

 誇りにも似た感謝の念をもって、子供の死を悼む母のように、
 イギリス今は遠く海の彼方で斃れた若者を悼む。
 彼らはイギリスの肉の肉、霊の霊であった、――
 そして自由を守るために、斃れていったのだ。

 今、弔鼓が厳かに轟き、「死」が粛然として、
 悲しみの歌をかの永遠の彼岸に向って献げている。
 この荒涼寂寞の中にも、美しい調べが漂い、
 栄光を偲ぶ思いが我々の涙にきらめく。

 彼らは軍歌を口ずさみつつ戦場に赴いた、彼らは若かった、
 四肢直く、眼は誠実さに輝き、臆する色を見せなかった。
 いくたび窮地に陥ろうと、最後まで怯むことなく、
 正面に敵を見据えたまま斃れていったのだ。

 残された我々は老いてゆく、だが彼らは老いることはない、
 老醜に打ち拉がれることも、歳月の重圧に屈することもない。
 そして、夕陽が沈むにつれ、朝日が昇るにつれ、
 我々の心には彼らの思い出が蘇ってこよう、

 彼らは、再び仲間と談笑の時をすごすこともなく、
 家族の団欒の食卓に着くこともなく、
 我々の昼間の労働に伍することもなかろう。
 彼らは眠っているのだ、――イギリスの離れた海の彼方に。

 だが、我々が祖国を思い、その将来に希望を強く托す限り――
 人目につかぬ泉がかえって切々と人の心に訴えかけるように――
 祖国の人々の奥底で彼らは脈々と生き続けよう、
 空が暗くなり始めて星が蘇り、生き生きと生き続けるように。

 そうだ、我々が土と化したときでも頭上に輝き、
 あの大空を堂々と厳かによぎってゆく星のように、
 我々が夜の闇に沈淪したときでも輝く星のように、
 終りの日まで、終末の日まで、彼らは輝き続けよう。


153 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

154 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

155 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

156 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

157 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

158 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/19(月) 12:47:51.46 ID:EomFXzZI0
    Youth .

 青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ
   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう

   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心

人生への歓喜と興味
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる

   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける
限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、

悲嘆の白雪が 人の心の奥までも蔽いつくし、

皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、

この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる


159 :クラークへ:2012/03/19(月) 12:48:33.43 ID:EomFXzZI0

年老いたものに新時代の価値を予言して

彼らを打ち滅ぼさん

ひとつの時代とは死にゆく夢の謂なれば

生まれいずる夢の謂なれば



160 :計劃:2012/03/20(火) 13:36:20.58 ID:tFpXO1jL0

     イタリアを望む     

湖のかなたに、バラ色の山の後ろに、
イタリアが横たわっている、私の青春の賛仰の国が、
私の夢になじんだ故郷が!
赤い木立ちは秋を語っている。

私の一生の秋の始めにのぞんで
私はひとりすわって、
世界の美しいむごい目をのぞきこみ、
愛の色を選んで、描く。

この世界は私をあんなにも度々欺いたが、
私はやっぱり世界をいつもいつも愛している。

愛と孤独、
愛と、満たされぬあこがれ、
それが芸術の母だ。
私の一生の秋にもまだ、
それらは私の手を引いて導いてくれる。

そのあこがれの歌が
湖と山々と、別れを告げる美しい世界に
不思議な力で輝きをひろげる。


161 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/26(月) 12:07:14.24 ID:NyepEzGO0

   Rondeau    


 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた
 風と寒さのマント、
 そして縫い取りを身につけた
 澄んで輝く日ざしの縫い取り。

 獣も鳥も声を揃えて
 それぞれの言葉で歌い叫ぶ。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた!と。

 川も、泉も、せせらぎも
 綺麗なお揃いのお仕着せか、
 水滴の銀の細工を身にまとい、
 誰もが衣を改める。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた。

162 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/27(火) 09:20:38.48 ID:D3NtM/J90
!


163 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/03/29(木) 17:05:38.66 ID:q7oPsY/j0

35 名無しさん@七周年 New! 2006/11/02(木) 10:04:34 ID:L9zUYQuf0
刑法に引っかからなくても、訴訟されれば国家賠償もんだろが
そして学校側は公文書偽造は立派な犯罪

日本国憲法

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
      2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

第15条 2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

第16条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、
      平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。


164 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/04/02(月) 13:05:37.29 ID:B0WhEpW60

    春 

 
 太陽。溶け始めた、僅かに残る雪。
 すべての屋根から滴る水。
 こつこつとひびく靴の踵。
 濡れてきらきら光る道。
 高い柵のうしろにある、
 なかば追いたてられた鹿のような草・・・・・・


 空。降り下る、緩やかな、暖かい雨。
 わけもなく吠えたてる犬。
 ふわふわと風になびくコート
 笑い声のような、薄い服。
 子どもの手のなかに、少し湿った雪。
 目のなかに、最初のクローバへの憧れ・・・・・・


 春。木々は今ようやくすべての葉を落とし、
 どの潅木も新しい幸福の使者として、
 やさしく鳴りひびいているよう。
 そして、明日は燕も戻ってくる。


165 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/04/09(月) 15:50:20.21 ID:jY4FfbK20

イギリスの人びとへ

     1 
   
 イギリスの人びとよ、なぜ君たちは
 君たちを辱める貴族どものために耕すのか
 なぜ 君たちの暴君どもが着る
 華美な衣装を あくせくと織るのか

     2 

 なぜ君たちは 揺りかごから墓場まで
 君たちの汗をしぼりとろうとする――いや
 君たちの血を吸う あの恩知らずの
 のらくろどもを 食わせ 着せ 助けるのか

     3

 なぜ イギリスの蜜蜂たちよ
 武器やくさりや むちを たくさん鍛えるのか――
 これら 針ももたぬ雄蜂のようなのらくろどもに
 君たちが苦労のすえ生み出したものを強奪されるのか

     4

 君たちには 閑暇 慰め 静けさ
 隠れ家 食べるもの 愛のやさしいいたわりがあるのか
 それとも 君たちが苦痛や恐怖をもって
 そんなに高価にあがなうものは 何なのか

     5

 君たちがまく種子を 刈るのは ほかのやつら
 君たちが探し出す富を 手にするのは ほかのやつら
 君たちが織る服を 着るのは ほかのやつら
 君たちが鍛える武器を 手にするのは ほかのやつら

     6

 種子をまけ――だが、暴君には刈らせるな
 富を探し出せ――だが、ペテン師の手にわたすな
 服を織れ――だが、のらくろどもには着せるな
 武器を鍛えろ――だが、君たちを守るためなら

     7
 君たちの穴蔵へ 巣へ 小屋へひっこめ
 君たちの飾りたてた広間には ほかのやつらが住む
 なぜ 君たちの造った鎖を振りまわすのか
 君たちの鍛えた剣が 君たちの上にひらめくのを見るだろう

     8
 すきとシャベルと くわと機をもって
 君たちの墓地をかこい 墓をたてよ
 そして 君たちのかたびらを織りつづけるがよい
 美しいイギリスが君たちの墓場となるまで 

166 :出崎:2012/04/17(火) 00:03:56.13 ID:Th05vbR90

     Prospice    
 
  死を恐れる? 喉が霧のために苦しくなり、
    眼が霞のためにぼやけるのを、私が恐れる?

  いかにも、雪が降りだし、疾風が吹き出せば、
    ああ、俺も最後の土壇場に近づいたと、――

  暗黒と嵐の本拠に、敵の牙城に、ついに
    近づいた、と私も悟るかもしれぬ。

  そこには、あの恐るべき「恐怖」が姿を現すかもしれぬ。
    だが強い男は怯むことなく前進しなければならぬのだ。

  旅路は終わり、越すべき峠は越した、
    障壁もまさに崩れ落ちようとしている。


  とはいえ、もう一戦が、一生涯をかけて戦い求めた
    勝利の栄冠を手にするためもう一戦が、残っている。

  私は終始戦ってきた男だ、だから、もう一戦が、
    必死の最後の戦いが残っているのだ!


  死神に目隠しをされ、そのお情けに縋って、鞠躬如(きっきゅうじょ)として
    その関門を通り抜けるなどもっての他だ。

  断じて否だ! 私には死の一切を味わわせ、仲間である
    昔の英雄たちと同じ運命を辿らせ、
  
  真っ向からその衝撃を受けさせ、苦痛と暗黒と凍冷という、
    生命の負債を一挙に返却させてもらいたい。

  なぜなら、勇者には、突如として、最悪の事態は最善の
    ものへと一変し、暗澹たる瞬間は終わってゆくからだ。

  いや、吹きすさぶ嵐も、荒れ狂う悪魔の怒号も、
    静まり、穏やかな調べとなり、

  忽然として変化し、苦痛から脱却した平静が現われ、
    ついで光が現われ、ついで君の胸元が現われるからだ。

  おお、わが妻よ、わが魂の魂よ! 私は再び君を抱くのだ、
    そして、その他の一切は神の御心に委ねるのだ!

167 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/04/23(月) 17:48:36.13 ID:X6PqbzaN0
     わたしは雨.

 わたしは雨、そしてわたしは
 裸足であちこちの土地を歩き回る。
 わたしの髪の中で風が戯れる――
 ほっそりした、褐色の手で。

 蜘蛛の糸からつくられた、わたしの薄い服
 それは灰色の悲しみよりも灰色。
 わたしはひとりぼっち。ただ、ときおり
 病んだ鹿と戯れる。

 わたしは手に紐を持っている。
 紐のうえにならべられているのは
 少女の蒼白な口がながした
 すべての涙

 わたしはそれらの涙をすべて、夜更けに
 きゃしゃな少女たちから奪い取った。
 彼女らが長い道の途上で、憧れと手をたずさえながら
 不安に怯え、眠れないでいるときに。

 わたしは雨、そしてわたしは
 裸足であちこちの土地を歩き回る
 わたしの髪の中で風が戯れる――
 ほっそりした、褐色の手で。

168 :司法が司法として矜持を守ったな:2012/04/26(木) 16:28:19.82 ID:9CfLYhbE0

  Everyone Sang     

 みんなが突然大声で歌いだした。
 私の胸は悦びで溢れた――それは、
 囚われていた鳥が急に自由の身になった悦びに似ていた、
 激しく羽搏きながら、白い花の果樹園を超え、緑の野を超え、
 飛んでゆく、飛んでゆく、・・・・・・見えなくなるまで・・・・・・。

 みんなの歌声が突然高くなった。
 眼の前が美しさに輝きだした、夕陽のあの美しさに。
 私の心は涙で震え、恐怖の念が
 洗い流されていった。――いや、一人一人が鳥であった、
 歌には言葉がなかった・・・・・・いつまでも終わろうとは
   しない歌だった。



169 :編集王 2012/04/27:2012/04/28(土) 00:01:36.44 ID:/+BbyoSK0
  プロローグ

       この詩集を持った友に

 もう伝説のようになっている少年のころから
 私を動かして喜ばしたことのあるものを、
 考えたことや、夢みたことや、
 祈りや、求愛や、嘆きなどにちなむ、
 たまゆらな、色とりどりの落ち穂、残らず、
 あなたはこのページの数々に見出します。
 それが好ましいものか、無益なものかは、
 あまりむきになって問わないことにしましょう――
 やさしく受け入れてください、この古い歌を!

 私たち、年とったものにとっては
 過ぎ去ったものの中にたたずむことはゆるされており、慰めにもなります。
  
 この数千行の詩句の背後には
 一つの命が花咲いています。かつてはそれは甘美だったのです。

 こんなつまらないものにかまけたことを
 追求されたとしても、私たちは、
 今夜飛んだ飛行士達よりも
 血にまみれた痛ましい大軍よりも、
 この世界の偉大な支配者たちよりも、
 かるがると自分の荷物を背負っているでしょう。


170 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/08(火) 12:39:56.65 ID:8UsfEeWJ0
22:00
  ∧_∧
  ( ・ω・)  明日は6:30起きなんよ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
23:45
  ∧_∧
  ( ・ω・)  そろそろ寝るべきなんよ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_                    
  \/     /
2:15
  ∧_∧   ネットに熱中しすぎてしまったんよ
  (.;・ω・)   これはヤバイんよ もう寝たら起きられない予感なんよ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /

4:00
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

10:00
           ∧_∧
          (・ω・ )  ナゼコンナコトニ…
       r'⌒と、j ミ ヽ
      ノ ,.ィ'  `ヽ. /
     /        i!./
      (_,.         //
     く.,_`^''ー-、_,,..ノ/

171 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/08(火) 12:40:17.19 ID:8UsfEeWJ0
    Acquainted with the Night   夜に馴染んで

  わたしは夜に馴染んだ人間だ。

  雨のなかを出歩いて――また雨のなかを戻ってきたこともある。
  いちばん遠い街の灯の、もっと先へも歩いていった。
 
  見るも哀れな路地のなかをのぞき込みもした。  
  巡回中の夜警とすれ違い、言い訳をするのがいやで、目を伏せたこともある。
  じっと立ち止まって足音を消し、
  家並みごしに、向こうの通りでふっととぎれた
  叫び声に耳をすましもしたが、それはわたしを

  呼び戻すためでも、さよならを言うためでもなかった。

  そして、もっと向こうのこの世ならぬ高みには、
  煌々たる天体の時計がひとつ、空を背景に、

  いまがまずい時でも、いい時分でもないと告げていた。
 
  わたしは夜に馴染んだ人間だ。


172 :スーパームーンだったな:2012/05/15(火) 07:04:05.68 ID:ojkvcYnE0
二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。
一人は泥を見た。一人は星を見た。


173 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/15(火) 07:04:35.07 ID:ojkvcYnE0
        少年の五月の歌
                     

 おとめらは
 美しい花ぞのの中で遊ぶことができる。
 金色の柵がまわりにある。
 男の子らは
 うらやましそうに柵のふちに立ってぬすみ見し、
 あの中にはいれたら、と考える。

 この美しい花ぞのの中は
 清く明るい光に溢れ、
 そこにいる人はみなたのしげだ。
 ぼくたち、男の子らは待たなければならない。
 大きくなり、若い紳士になるまで、
 中にはいることはできない




174 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/20(日) 13:35:36.59 ID:gvAjoDCm0

354 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/03/15(木) 19:59:57.82 ID:ol1qz2hp0
J「日本の民主主義やマスコミはどうなってるの?」

T「ヨーロッパのような民主主義はないよ。報道の基本中の基本である中立姿勢のマスコミもない。バブル崩壊からはじまった日本の民主主義2.0ともいうべきものは、企業の提供を受けるようになったんだ。
民主主義by docomoのようなね。あらゆるものが企業中心というか経済活動優先。
そのドコモに唯一ものを言えるのは、マスコミではなく官僚。数年前にあたらしい政党になって、さらに官僚が実権を握ったんだ。
本来、そのようなことを監視するマスコミは、国民向きではなくスポンサーよりで、完全な営利企業で自主規制ばかりで、フェアな第三者的なスタンスに立ってはいない。
ニュース番組でさえ、特定企業の提供プログラムだからね。だから、どうでもいいバラエティばかり。
中国でさえ、バラエティ番組の多さが問題になって規制かけているけど、日本はいくら放送しても自由。経済活動優先だからね。
その官僚に唯一ものが言えるのが、アメリカって構造かな。」

J「国民は怒らないのか?」

T「怒らないよ、たぶんあまりわかってないからね。デモもほとんどないし、目立つと、どこにもいられなくなるから、お互いをお互いに監視してるんだ。
監視から外れる行動をすると、立場みたいなものがなくなるんだ。あと事実上の人権も。だから、個人が勝手に発言や行動を自主規制してるんだ」


175 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/20(日) 13:36:14.78 ID:gvAjoDCm0


355 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/03/15(木) 20:00:54.45 ID:ol1qz2hp0
J「そういえば、もうじき震災から一年経つだろう? 原発事故はその後どうなったんだ?日本のテレビでもニュースをまったく見ないぞ」

T「相変わらずテレビ好きだね。海外まで来てみてるなんて。日本は街中や電車のなかにもテレビがあって、すごいでしょ。
でも原発に関しては、どこも詳しく放送しないんだ。実際、誰も現状がわからないんだよ。
たとえば、飛び散った燃料棒がどこにあるとかね。わかってることは、火が消えるのに40年はかかるということ。
それに、4号機には広島に落とされた原子爆弾の4000発分の放射性物質がまだ入ってて、不安定なまま宙づりでブラブラしてるから、次大きな地震があったらかなりヤバいね。」

J「それは、日本人は知ってるの?それを報道してるの?」

T「一部では小さくしてるけど、大々的にはやらないよ。この国では、本当のことを言うと「危険を煽る」と言われて叩かれるんだ。
本来、本当のことを言うと褒められるはずだけど、この国のルールは別なんだ。
童話の「裸の王様」のまだエンディングが来ない状態。
極端に言えば北朝鮮をイメージすればいいよ。情報統制具合。でも、強制じゃなく自主的なところがポイント。
マスコミも国民も強制されているんじゃなくて、発言を控えるのはあくまでも自主的なところがポイントなんだ。
お金がまだ少しあって、実質的な個人の自由は発言も含めあんまりないけど、経済活動の自由がある北朝鮮のような感じかな。」


176 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/20(日) 13:36:56.65 ID:gvAjoDCm0

356 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/03/15(木) 20:01:47.74 ID:ol1qz2hp0
J「日本人は、金と自由であることや希望を天秤にかけてるの?」

T「ああ、その問題の回答をずっと先送りしてるんだよ。いまもね。 高度経済成長のときは、目標があった。いまは、誰もが責任転嫁だね。」

J「いまの日本で仕事をするのは無理だな。台湾に行ってみるよ」

T「そうだね。いまの日本はクリエイターがタレントか企業に直接営業しないと仕事にならないんだ。
あと、求められるのはクリエイティビティというより過度な品行方正かな。だから、僕もよく上海や台北で仕事してるんだよ。
問題もあるけど、自由を感じる。志のある若い人は、閉塞感を打破するために海外へ転出する人も多いね。
それは、どこの国でも同じだと思うし、それがいまの世界の流れだからね。」


177 :広域放射能汚染で自分達のランクもわかったみたいだね:2012/05/20(日) 13:40:08.78 ID:gvAjoDCm0
相変わらずの仄めかし番組や商品が多いね


178 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/23(水) 17:27:07.72 ID:jEDIaYD00
 五月の歌
  (なんと目ざめるばかりに)

 なんと目ざめるばかりに
 自然の照りはえていることよ!
 なんと太陽の輝いている事よ!
 なんと野原のはなやぎ笑っていることよ!

 枝という枝から
 花がきそって咲き出でる。
 茂みの中からは
 数知れぬ歌声が。

 胸という胸からは
 よろこびがわき溢れる。
 おお大地よ、おお太陽よ!
 おお幸福よ、おお楽しさよ!

 おお愛よ、おお愛よ!
 あの山にかかっている
 朝の雲のように、
 黄金なすその美しさよ!

 お前ははなやかに祝福する
 さわやかな野や畑を、
 かぐわしい花がすみに
 包まれた天地を。

 おおおとめよ、おとめよ、
 どんなに私はお前を愛していることだろう!
 どんなにお前の目の輝いていることだろう!
 どんなにお前は私を愛していることだろう!

 歌と空とを愛する
 ひばりのこころにも似て
 空のかおりをを愛する
 朝の花のこころにも似て、

 私はお前を愛する、
 あつい血をたぎらせて。
 お前は私に青春と
 喜びはずむ心を与えてくれる。

 新しい歌と踊りに
 私のこころははずむ。
 いつまでも幸福であれ、
 お前が私を愛する限り!

179 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/05/29(火) 17:25:21.49 ID:zfhApwYT0

みんなが寝静まった真夜中に、もし君がふっと思い出に耽り、
  かつて君を愛し君に愛された僕というが男が死んで、
墓場の下にいることに、――愚かな連中言わせれば――
死の虜囚となっていることに、思いをはせるとしたら、
  僕を哀れと思うか?


あんなに愛し愛された友人同士だったのに、誤解も甚だしい!
  僕が地上に生きていた時、怠け者や泣き虫や
女々しい奴とはおよそ無縁だったはずだ。志も力も望みも
ない奴のように僕が愚痴を零したことが一度でもあったか?
  僕という人間を、――何だと思っているんだ?


僕は、敵に背を向けることなく胸をはって邁進、暗雲に
  閉ざされても晴れることを疑わず、正義が敗れても悪が
勝つとは夢想だにせず、斃れるのは再起するため、敗れるのは
よりよき戦いを戦うため、眠るのは目覚めるため、と
  固く信じていた男だ。


哀れむのは真っ平だ! みんなが働いている昼間に、もし、
  死んだ僕のことを思い出したら、心の中で激励してくれ!
胸と背それぞれの方向に向けて前進しろ、と言い、さらに、
叫んでくれ、「戦え、勝つんだ!成功を祈る!奮戦し、
前進せよ、この世と同じくあの世でも!」と

180 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/06/05(火) 11:28:42.48 ID:mix4Q+V60
     私は世を愛さなかった     

私は世を愛さなかった、世もまた私を―

彼らの臭い息の前に諂ったこともなく
彼らの偶像の前に、恭々しく膝を屈したこともなく
心にない笑いを頬に浮かべもしなかった

うつろな木霊を崇めて、高らかに叫んだ事もなく
人群れの中にありながら、その仲間とは扱われなかった。
彼らと交わりながら、ただひとり立ち
屍衣のように、人と異なる思想を身にまとった
今もなお、というべくは、あまりに心屈して汚れたのだが――。


私は世を愛さなかった、世もまた私を――
所詮、敵ならばいさぎよく袂を別とう

だが私は信じたい、彼らには裏切られたが

真実ある言葉、欺きえぬ希望があり
めぐみ深く、過ちの穴をつくらぬ美徳があると
また人の悲しみを心から悲しむものもおり

1人か2人かは、見かけと変らぬものもあり
善とは名ばかりでなく、幸福とは夢ではない、と

181 :6月7日:2012/06/07(木) 16:07:29.73 ID:20tW2wcG0
          Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ・  



182 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/06/11(月) 23:48:53.94 ID:wNaMxbpj0

 { 私の詩句は飛び去るでしょう・・・}  【Mes vers fuiraient 】 


 私の詩句は飛び去るでしょう、やさしくそっと、
 あなたの美しい庭をめざして、
 もしも私の詩句に翼があれば、
 鳥のように翼があれば。

 飛んで行くでしょう、火花となって、
 あなたの暖炉の笑うほとりへ、
 もしも私の詩句に翼があれば、
 精霊のように翼があれば。

 あなたのそばへ、純粋に忠実に、
 夜も昼も駆けつけるでしょう、
 もしも私の詩句に翼があれば、
 愛の神のように翼があれば。


183 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/06/18(月) 19:54:46.39 ID:YppNRojs0
     
       ヴァイオリンひき
                 

 野をわたるどんなざわめきも
 私はきき耳をたてて、あとを追う、
 あこがれたずねながら、一心不乱に、
 そのたぐいない音に親しむまで。

 それから私の指はその基調の絃の上に
 探りを求め、傷つくほど苦心する。
 たそがれの音にならってかなで、
 たぐいない微妙な調べを会得するまで。

 私の胸の中の悲しみの一つとして、
 私の夢の中の郷愁のまとの一つとして、
 明るみに出て、私の弾奏の
 飾りやあやにならないものはなかった。

 ため息も、口づけも、愛の言葉も
 友だちが友だちに言うことも、
 私は否応なしに私の気持ちに従わせ、
 奏でながらふさわしい役をさせる。

 私はほほえみながら弓をあちこちに動かし、
 私の血のにじむ命をかなでる。
 そしてだれも現わさなかったものを現わす――

184 :king of pop:2012/06/25(月) 00:13:19.92 ID:yLTVcV0o0

    喜びをもって


  喜びをもって……
  
  ただひたすらに感情を爆発させようとする、
  燃え上がり、陶然としている一連の人々……

  喜びをもって……

  わたしたちの内部に貯えられたエネルギーはすべて、
  この歓呼、歌、ステップで使い果たされる――

  周りで見物している人にとっては、この踊りは無秩序な叫び、
  足踏みとしかみえないかもしれない。

  しかしわたしたちにとっては、これはわたしたちの生活、
  わたしたちの願いのシンボルなのだ――

  《 あらゆる領域で自由を! 》

  そして、始めはゆるやかに揺れ――ぶらり、ぶらり――
  突然、踊りは解き放たれ、嵐のようにすべてをひっさらっていく……

  わたしたちはみんないっしょに笑い、歌い、歓声をあげる――
  そして踊りに踊る――息が絶えてしまいそう……

  ようやく、このもつれ合いは解きほぐれる。わたしたちは疲れ、
  しわがれ、息もつけない――それでもわたしたちは幸福なのだ!

185 :4年目:2012/06/25(月) 00:18:30.41 ID:yLTVcV0o0
けれども
いまごろ ちゃうど おまえの年ごろで
おまえの素質と 力をもってゐるものは
町と村との一万人の中に おそらく5人はあるだろう
それらのひとのどの人も
またどのひとも
五年のあひだに
それを大抵無くすのだ
生活のために けずられたり
自分でそれを なくすのだ

すべての才や
力や材といふものは
ひとにとどまるものではない
ひとさへひとにとどまらぬ
おまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子と
その明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへを
もう見ない

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰かけてるやうな

そんな多数をいちばん
いやにおもふのだ

みんなが町で暮したり
1日あそんでゐるときに

おまへはひとりで
あの石原の草を刈る

そのさびしさで
おまへは
音をつくるのだ

多くの侮辱や
窮乏の
それらを噛んで
歌ふのだ

ちからのかぎり
 そらいっぱいの
    光でできた
  パイプオルガンを弾くがいい。

186 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/07/03(火) 07:05:02.16 ID:giEq0utb0
Beim Einzug in ein neues Haus  新しい家に入るに際し  


母の胎内から来て
土の中で朽ちる定めをもって、
人間は不思議そうに立っている。
神々の追憶が朝の夢に軽く触れる。

それから人間は神を離れ、大地に向かい、
働き努める。あわただしい生活の
過ぎごし方と行く手とを恥じ怖れつつ、

家を建てて、それを飾り、
壁を塗り、たんすを満たし、
友だちと宴を祝い、そして
愛らしい笑う花を植える、門の前に。

187 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/07/10(火) 04:20:25.98 ID:UbmDC6xp0

  アメリカの「独立宣言」から有名な一節を取ってみよう


 我々は以下の如き心理を自明の理と信ずる、

 即ちあらゆる人間は平等に造られたものであり

 彼等は造物主に依って特定の絶対権力を賦与されたのであり、

 これらの諸権利には生命と自由と幸福の追求が含まれているという事を信じる。

 これらの諸権利を確保する為に、政府が人間の間に組織されたのであり、

 権力は被治者の同意を得て生じたものであり、

 如何なる形の政体であれ、これらの諸目的を破壊するようになった場合は、

 人民がこれを改変し、或は廃止し、新たな政府を組織する権利があることを信ずる・・・。


188 :ホーガンへ:2012/07/12(木) 01:52:14.22 ID:68hwIDvl0

    宇宙的なものの歌


 詩神はいった、さあ
 どんな詩人もまだ歌わなかった歌を、私にうたってくれたまえ、
 宇宙的なものについて、私に歌ってくれたまえ。


 我々のこの広漠たる地球の中に、
 私たちはこの無限大の粗笨と鉱滓のただ中に、その中央核心のなかに包まれて、安全に、
 完全な種子が静かに横たわっている。


 全ての生命には、ある役割、多少なりとも役割がある、
 何もまだ生まれていないが、それだけは生まれており、
 覆い隠され、または露出したままで、その種子は待っている



 それは夢なのだろうか。
 否、それの欠けていることこそ夢なのだ、
 そしてそれがなくては、生の教訓も、富も、一場の夢に過ぎない
 そしてその全世界も、ただの一炊の夢にすぎないのだ


189 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/07/14(土) 00:06:01.48 ID:JPOlq71p0
           Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ


190 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/07/15(日) 01:26:00.42 ID:zTysFh2B0
           Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ




191 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/07/23(月) 19:55:37.13 ID:GhU2PYJb0

  Sehnsucht    

  金色に星はかがやき
 わたしはひとり窓辺にたった、
 しずかな野のかなたより
 きこえくる郵便馬車の角笛ひとつ。
 身体のうちに心は燃え立ち
 ひそかにわたしは思った、
 ああ、だれかともに旅する者はいないか
 このすばらしい夏の夜に!

  若者がふたり
 山坂をゆき
 静寂の地に歩きながら
 歌うのが聞こえる、
 かすかにざわめく森の
 めくるめく巌の谷のこと、
 崖の裂けよりたぎり落ち
 森の夜に吸われゆく水のこと。

  大理石の像を歌い、
 岩をおおう小暗い葉陰に
 荒れすさぶ苑を歌い、
 月光のはえる館を歌う、
 館では娘らが窓辺に耳を澄ます、
 立琴のひびきがめざめ
 ものうい噴泉がさざめくとき、
 すばらしい夏の夜に――


192 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/07/31(火) 00:36:56.05 ID:AQJp9tvt0

     夕暮の家々
 

 遅い斜めの金色の光の中に
 家々の群れが静かに赤々と照らされている。
 いみじくも深い色の中に、
 そのまどいの夕べが祈りのように咲いている。

 家々は互いにしっくりと寄り添い合い
 姉妹のように丘の斜面に根ばえている。
 だれも習いはしないが誰でも歌える
 歌のように、簡素に古めかしく。

 壁、漆喰、かしいだ屋根、
 貧しさと誇らしさ、衰えと幸いが、
 愛情をこめてやさしく深く、
 昼に向ってその熱を照らし返す。


193 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/08/01(水) 19:47:26.26 ID:/dRaGHtL0


194 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/08/06(月) 07:42:13.01 ID:cKw+Ylkc0

Gestntzte Eiche

カシの木よ、お前はなんと切り詰められたことよ!
なんとお前は異様に奇妙に立っている事よ!
お前はなんと度々苦しめられた事だろう!
とうとうお前の中にあるものは反抗と意志だけになってしまった。
私もお前と同じように、切り詰められ、
悩まされても、生活と絶縁せず、
毎日むごい仕打ちを散々なめながらも、
光に向かってひたいを上げるのだ。
私の中にあった優しいもの柔らかいものを
世間が嘲って息の根をとめてしまった。
だが、私というものは金剛不壊だ
私は満足し、和解し
根気よく新しい葉を枝からだす、
いくど引き裂かれても。
そしてどんな悲しみにも逆らい、
私は狂った世間を愛しつづける。

195 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/08/13(月) 15:42:31.68 ID:jQ+HcWWF0

ロバート・ケネディの演説より

(アメリカで私たちが必要としているのは分離ではありません。憎しみでもありません。
そして、暴力や無法ということでもなく、愛であり、知恵であり、互いに対する同情であり、
そして、まだこの国で苦しんでいる人に対して感じる正義の感情なのです、
彼らが白人だとか、黒人だとかにかかわらないのです)


(私たちは、神の下に、法の下に、政府の下に、人間が平等であるということを理解しなければなりません。
私たちはそれが経済的によいから、そういう理由で支持するのではなく、神や人間の作った法だからといって、
それで支持するのではなく、人々が望むからそうするのでもありません。

私たちはそうしなければならないのです、なぜならそれが正しいという唯一で最大の理由からです)



「If we don't do it, nobody is going to do it. If educated people don't do it noboby is going to do it.」

(私たちがやらないのなら、誰もやりません。教育を受けた人間たちがやらなければ誰もやりません)



196 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/08/20(月) 19:46:51.49 ID:QK6zibLw0

Immer zu benennen   つねに名付けること


 つねに名付けること、

 木を、飛ぶ鳥を、
 緑に流れる川の

 赤らむ岩を、

 森越しに夕闇が降りてくるとき

 しろい煙につつまれる魚を。


 記号、色、それはひとつの

 賭け。ぼくは考えこんでしまう、

 ぴったりうまく

 けりがつかないかもしれない。


 だれが教えてくれるだろう?

 ぼくが忘れてしまったことを。石たちの

 眠り、飛ぶ鳥たちの

 眠り、木々の

 眠り、――暗闇に

 それらの話し声がするのに――?

 
 ひとりの神がいて

 肉体に宿るなら、

 そしてぼくを呼ぶことがあるとするなら、

 ぼくはさまよい歩きもしよう

 少しのあいだ待ってもみよう。

197 :トニー・スコット:2012/08/21(火) 00:43:09.48 ID:6fR5SW/20
     兵士  

もし僕が死んだら、これだけは忘れないでほしい、――
  それは、そこだけは永久にイギリスだという、ある一隅が
異国の戦場にあるということだ。豊かな大地のその一隅には、
  さらに豊かな一握りの土が隠されているということだ。
その土は、イギリスに生をうけ、物心を与えられ、かつては
  その花を愛し、その路を闊歩した若者の土なのだ。
そうだ、イギリスの空気を吸い、その川で身をそそぎ、その
  太陽を心ゆくばかり味わった、イギリスの若者の土なのだ。


また、―――もし僕の心が罪を清められ永遠者の脈うつ心に溶け
  こめるならば、感謝の念をこめて、故国によって育まれた
  数々の想いを故国に伝えるであろうことを、―――
故国の姿や調べを、幸福な日々の幸福な夢を、友から学んだ
  笑いを、祖国の大空の下で平和な者の心に宿った
  あの優しさを、故国に伝えるだろうということを。

198 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/08/27(月) 11:47:50.27 ID:oDEdNvf20
  栄光の空しさ  

血筋や地位のもたらす栄光などは、
  単なる影に過ぎず、実体などというものではない。
堂々たる鎧で身を守っていても、運命には逆らえないのだ。
  王様だって氷のような手をもった死神に見舞われる。
  王笏や王冠を誇った者も、
  必ず真っ逆様に転落し、
土の中に入ってしまえば、曲がった鎌や鋤を使って
野原で働いていた農民と同じ身分になってしまうのだ。


野原ならぬ戦場で武勲をたて、敵を殺した記念に
  その場所にわざわざ月桂樹を植える者もいる。
だが、その武勇を誇った強靭な肉体もやがては亡びる。
  啀み合うのもいつも仲間同士のことで、
   遅かれ早かれ、
   彼らは運命の前に平身低頭し、
わけの分からぬうわ言を呟きながら息を引きとる、――
蒼白な囚人然として死の世界へ引きずりこまれるというわけだ。


私は言いたい、――君たちの額を飾っている花輪も、
  必ず凋む。だから、自分の偉業を誇るのはやめるがいい。
そして、死神の赤い祭壇をよく見ることだ、
  そこには勝者即敗者の血が流れている。
   いずれ栄光を誇った君たちの頭も、
   冷たい墓場の下に入ってしまうのだ。
だが、正しく生きた人間の営みだけが、
土の中でもフクイクと薫り、爛漫と咲き誇るのだ。

199 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/09/03(月) 00:16:18.91 ID:SYGyzzWf0
         
     Ravenna       ラヴェンナ

 私もラヴェンナに行ったことがある。
 ささやかな死んだ街で、
 書物にもよく記されている
 かずかずの教会とたくさんの廃墟がある。

 町を通りぬけて、振り返って見ると
 街路はいたく陰気で湿っている。
 千年のよわいを重ねて、ひっそりと語らず、
 到るところにコケむし、草がはえている。

 さながら古い歌のようだ―ー
 その調べを聞いてもだれも笑わず、
 みな耳かたむけ、聞いたあとでも、
 夜中までみな物思いする古い歌のようだ。

200 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/09/10(月) 17:45:25.30 ID:KdvjtBQu0
200

201 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/09/11(火) 16:54:28.68 ID:OGPTDZ3Z0

 夢を求めて跳躍せよ

 さもないと標語に足をすくわれる

 (樹木とはその根のこと
    
   そして風は風)

 大海原が燃えあがったら

 おのれの心を信じればよい

 (たとえ星辰が後退していこうとも

 愛をよすがに生きよ)

 過去をたたえ

 かつ未来を歓迎せよ

 (そして婚礼の席では
 
 踊って死を追い払え)

 世界に邪悪なものがいようと

 はたまた英雄がいようと気にかけるな

(なぜなら神が愛するのは少女と

 あしたと。そしてこの大地なれば)


202 :誕生日か・・:2012/09/13(木) 21:26:24.43 ID:nWoJzeZ70
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..- −―::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./      \..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./         .::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、        |.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\      ./..........       
         ..............................    .. ー −::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..........................       
                         
   ∧_∧                           
   (:::   )                    
   /   つ                           
::::○、__,.へ__)                    
 ""゛""''""""゛゛""''' "j'                     
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../ 
. `"''`~"''''ー-‐ー-、,、~~^^ ~~~~~^^^~~~^ ^^~~~^~~~^~~~~~~ ^~~~^~~~ ^~~ ^~ ~~^~~^~ ~
`⌒´"'^'ー-‐、, ー:::::::: ::::::.. ..:. .:::::::: ::::::.. ..:. .:::: -  _ .::::::::: ::::::.. ..:. .:::::.:.:: .::: ::::::: ::::: : :::: :::

203 :ZERO:2012/09/13(木) 21:31:29.65 ID:nWoJzeZ70

  Religio Laici     理性と啓示
 

 理性の心に対する覚束ない役割は
 独り疲れてさ迷う旅人に対する
 月や星の借りものの光に似ている、

 高いところでは空をほのかに照らし出すそれらの天体が
 低い地上の我々を照らさないように、

 理性の薄暗い光が与えられたのは
 我々の疑問を明らかにするためではなくて、

 一段と明るい光へ我らを導くためなのだ。

204 :ZERO:2012/09/13(木) 21:37:46.20 ID:nWoJzeZ70
 The Scholar

私は多くの故人に囲まれて毎日の生活を送っている。
あたりを何気なく見回しただけで、
忽ち彼らの姿が目に付く。
いずれも大昔の先達で
親しい、信頼のおける人たちばかりだ。
私は毎日彼らと話を交わしながら暮らしている。


嬉しい時には、彼らと喜びを分かち合い、
悲しい時には、彼らに慰めてもらえる。
この人たちにどれほど自分が
お世話になっていることかと、しみじみ思うにつけ、
深い感謝の念が胸に込み上げてきて、
いつのまにか、頬に涙が流れてくることもしばしばだ。


私はこれら故人と思いをともにし
永い間一緒に暮らして今日に及んでいる。
私は彼らの美徳を愛し、彼らの弱さを不憫に思い
その希望や不安を我が事のように感じ
それらの教訓から、人生いかに生くべきかについて、
敬虔な思いをこめて学んでいる。


私はこれら故人と希望をともにしている、そして
もうすぐ近いうちに、彼らの仲間になれると思う。
そしたら、一緒に長い旅に出て、あの
永遠の未来へと行けそうな気がしている。
だが、たとえ私が墓の下の土と化しても、
神に嘉される一つの名前を後に残せたら、と思っている。

205 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/09/18(火) 06:40:55.43 ID:OWXV1bLE0

    ズライカ (東風の歌)


 風のこのそよぎは何を意味するのでしょうか。
 東風はうれしい便りを持ってくるのでしょうか。
 風の翼のさわやかな動きは
 心の深い傷をひやしてくれます。

 風は愛撫するように道のほこりをもてあそび
 かりたてて、軽いちぎれ雲にします。
 戯れる小さい虫の群れを
 安らかなブドウの葉のかげに吹き寄せます。

 東風は、照りつける夕日をやさしくやわらげ
 私の熱いほほをひやしてくれ
 畑や丘に照りはえるブドウに
 吹き過ぎながら口づけします。

 そのかすかなささやきは私に
 あの方のねんごろなことばを伝えます。
 丘がまだ暗くならないうちに
 千たびもの口づけが私をよみがえらせるでしょう

 では、風よ、吹いて行くがよい!
 友だちや悲しんでいる人を慰めておあげ
 高い城壁が夕日に赤く輝いてあすこで
 私はまもなく、いとしい人に会えるのです。

 ああ、ほんとの心の便りを
 愛の息吹を、よみがえった命を
 あの方の口づけだけが、あの方の息吹だけが
 私に与えて下さるのです。

206 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/09/24(月) 07:36:35.41 ID:HWMlTydV0

  September     九 月


 庭が悲しんでいる、
 冷たく花の中に雨が沈む。
 夏がそっと身ぶるいする、
 その終りに向かって。

 金色のしずくとなった木の葉が一枚一枚、
 高いアカシアの木から落ちる。
 夏は驚き疲れて
 死に行く庭の夢の中にほほえむ。

 まだ長い間バラのもとに
 夏はとどまり、休らいを慕い
 おもむろに、大きな
 疲れた目を閉じる。




207 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/09/30(日) 18:29:43.58 ID:ETR3Q91X0

   秋の色

 その名は「秋」
 その色は血
 丘の上の動脈、
 道に沿う静脈、


 こみちの中の大きな水玉、
 そしておお、染料の驟雨、

 風が盥をくつがえし
 緋色の雨をこぼすとき!


 それは遙か下の婦人帽を濡らし、
 赤い水たまりを集め、
 それから朱色の車輪に乗って
 薔薇のようにうずまき遠ざかる 


208 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/01(月) 23:36:59.60 ID:9WArtRiW0
あいーん

209 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/08(月) 11:08:02.76 ID:4fYRglT/0

Chanson d’automne       秋の歌


 秋の日の
 ヴァイオリンの
   ながいすすり泣きに
 こころ痛み
 単調な
   もの悲しさを誘われる。

 時の鐘
 鳴りわたるとき
   息つまり、青ざめて
 むかしの日々を
 思い出し
   涙ぐむ。

 まことわたしは
 吹き荒れる
   風のままに
 ここ かしこ
 飛び散らう
   落葉の身の上。


210 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/10(水) 08:04:01.62 ID:Y04L4EKM0
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ 
ソ・ウ・カ
シ・ネ 
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ
ソ・ウ・カ
シ・ネ 


211 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/16(火) 11:08:21.46 ID:v10eL99U0

私たちはどこから生まれて来たか。
愛から。
私たちはどうして滅ぶか。
愛なきために。
私たちは何によって自分に打ちかつか。
愛によって。
私たちも愛を見出しうるか。
愛によって。
長いあいだ泣かずに済むのは何によるか。
愛による。
私たちをたえず結びつけるのは何か。
愛である。

212 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/25(木) 07:13:29.93 ID:y7tR2pNb0
       
  Harte Menschen

 なぜに君たちの目はそんなにつれないのか。
 なんでもみな石にしてしまおうとする。

 いささかな夢もその中にはない。

 すべてが冷たい現在だ。

 君たちの心の中には一体
 太陽は輝いていないのか。

 君たちはついぞ子供でなかったことを
 悲しんで泣かなくてもよいのか。

213 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/10/31(水) 16:23:11.74 ID:g5aWCB8t0
  
    歌

 私の歌を聞いて――
 それは愉しいものではない
 雨が泣き そして 泣く
 そして雨を見る者は
 どっちみち知ることになる
 幸せがこの世をどう思ったかを

 わたしたちに笑うことを教えてくれた
 明るい時は
 過ぎ去った
 それは真っ二つに割れた
 分裂がはびこる――
 世界があらがおうとも

 明るい時は戻ってくるのかしら
 わたしにはわからない
 おそらく 風は知っているのでしょう
 風は幸せを知っている
 幸せがこわれていなければ
 風がすぐにわたしたちにそれを伝えてくれる

 でも ごらん 風は
 隠れてしまった――
 風はどこにもいない
 まるで子どものように
 風はまだ信じている――
 何が起こったのか知っているのは自分だけだと

 わたしの歌を聞いて――
 おそらく わたしの歌は
 いつか 笑い声を引きつれてくる
 そして わたしの歌を読む者は
 笑い声が見えると言い
 笑い声とは幸せのことだと考える

214 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/06(火) 00:44:13.01 ID:SIWCqNzj0
少年シックってなんだっけ

215 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/06(火) 02:34:01.18 ID:hPRNZs2w0

ある一つの言葉

余りにもしばしば冒とくされているので、私までが
  冒とくするのは憚られる、ある一つの言葉がある。

余りにも誤って軽蔑されているので、貴女までが
  軽蔑するとも思えぬ、一つの感情がある。

余りにも絶望に似ているので、世間的配慮から
  私が圧殺するまでもない、一つの希望がある。

もし貴女が私のに一掬の憐れみを示してくれれば、
  他の女の示す憐れみよりもどんなに有難いことか。

私は、いわゆる愛という言葉を貴女に送ることは出来ない。
  だが、私が真心からささげ、天に許されるはずもない、

貴女に対する崇拝の思いを、貴女に受け入れてもらうことは
  果たしてできないものであろうか。私のその思いは、

天上の星を慕い求める蛾の願いであり、
  黎明を待ちわびる夜の願いなのだ。

いや人間の悲しみの世界の遥か彼方の、
  ある何ものかに憧れる思いなのだが…

216 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/13(火) 02:40:07.43 ID:K16d1XGN0
新連載

217 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/13(火) 23:58:59.04 ID:2rlJ1AUd0
  タイヤ交換

 ぼくは道端にしゃがみ、
 運転手はタイヤを換える。
 出て来たところにもいたくはない。
 今から行くところにもいたくもない。
 ならどうしてタイヤ交換を見ているのだろう。
 いらいらしながら。

218 :ZERO:2012/11/14(水) 00:00:50.36 ID:2rlJ1AUd0
   「貧困と死の巻」
 

 なぜなら 主よ 大都会は
 失われたもの そして分解したもの
 最も大きな都会は焔からの潰走に似てます――
 そして都会を慰め得る慰めは何ひとつなく
 その区々たる時が流れ去ってゆきます


 そこで人々はあわれな苦しい生活をし
 深い部屋の中で 身振りも気遣わしげに
 初めて生まれた獣の仔の群にもまして怯えています

 そして戸外であなたの大地が目覚めて息づいているのを
 人々は生きながらもはや知りません


 そこで子供たちはいつも同じ陰影の中にある
 窓際の会談のところで育ち
 遠方と幸福と風にみちた日へ
 戸外で花が呼びかけているのも知らず――

 しかも子供でなければならない宿命のもとに
 悲しい子供となっています


 そこで娘たちは見知らぬ者のために花咲きながら
 子供の頃の安らぎを慕っています
 しかし そのために彼女たちが燃え上がったものがいないので
 ふるえながら また身を閉じ
 蔽いかくされた奥の部屋で
 幻滅の母性の日々を
 意思のない啜り泣きの長い夜々を
 
闘いも力もない冷たい年々を送っています
 そしてまったく闇のなかに死の床が横たわっており
 彼女たちはおもむろにそれに憧れています
 
 そしてまるで鎖につながれているように永くかかって死に
 女乞食のように息が絶えてゆくのです

219 :ZERO:2012/11/14(水) 00:01:23.76 ID:MhMNzLor0
 The Dream Songs   夢の歌
  
 人生とは、諸君、退屈なものだ。だがそれを言ってはいけない。
  
 何しろ空はきらめき、大いなる海は思い焦がれ、
 ぼくら自身もきらめき焦がれ、
 
 その上、子どものころ母さんから(何度も何度も)
 聞かされたが、「仮にも退屈を認めるというのは、
 自分に何も

 才覚がないということ」。してみると、ぼくには何も
 才覚がないらしい、死ぬほど退屈だから。

 どこの国の人間も退屈、
 文学も退屈(特に大学が)、
 ヘンリーも退屈――いつもアキレスみたいな苦境に立って、
 不平たらたら、

 人々を愛し、立派な芸術を愛し――それがまた退屈だ。
 そして静かな丘も、ジンも、およそ退屈に見え、
 なぜか一匹の犬が
 自分と尻尾をはるかに遠い遠い
 山か海か空かへ運んでいってしまい、あとには


 おどけ者の、ぼくひとり、ぴくぴく。

220 :ZERO:2012/11/14(水) 00:02:18.58 ID:MhMNzLor0
    I am

 私は生きている。だが、私のことを誰も構ってくれない、
   忘れてしまったのか、友達は見向きもしてくれない。

 私は悲しみで自分の命を縮めている人間なのだ、――
   悲しみが過去の亡霊のように群れをなして出没する、
 あるものは忘れ去った懐かしい影、そして死の影。

 だが、私はまだ生きている、まわりに纏わりつく亡霊と共に
 生きている、そしてやがて侮りと罵りのない世界へ消えてゆき、
   白日夢のどよめく海原へと去ってゆこうとしてる。

 そこには生けるしるしもなく喜びもなく、あるのは、私が
   生涯を通じて築いた名声の難破した姿かも知れぬ。

親しかった者たちも、――かつて私が心から愛した者たちも、
今では私に冷たい、いや、他人以上に冷たい・・・

221 :ZERO:2012/11/14(水) 00:03:25.66 ID:MhMNzLor0
  SPLEEN   脾臓   


 私はまるで、雨ばかり降る国の王のようだ、

 富みながら、不能、若いくせにすっかり老いて
 師博たちが平身低頭するのを蔑み、

 犬、またはどんな動物を相手にも退屈している王。

 何ものも王を楽しませはせぬ、狩りの獲物も、追う鷹も、
 露台の真向で死んでゆく人民の姿も。
 
 お気に入りの道化師の、グロテスクな歌物語も、
 もはやこの残忍な病人の気を晴らしはしない。


 百合の花模様の寝台も、墓となり変り
 王者ならばすべて美男子と心得る化粧係り侍女たちも
 この年若い骸骨から、微笑みひとつ引き出すための、
 淫らな装いを考え出そうとしてもはや空しい。

 王のために黄金を作り出す学者も、王の身体から、
 腐敗の要素をえぐり取ることはできなかったし、
 
 世の権力ある人々が、老いの日々に思い出すのを常とする、
 古代ローマ人からわれわれに伝わる、かの血浴みの法を用いても、
 この麻痺した屍をあたためることはできなかった
 
 そこは血の代りに、<忘却の河>の緑の水が流れているものゆえ

222 :ZERO:2012/11/15(木) 02:05:15.45 ID:kBFW6Oj60
  死よ、驕るなかれ    


死よ、驕るなかれ、たとえ連中がお前を強大で恐るべき者と
  呼んだとしてもだ――お前はそんな者では全然ない。
  お前が亡ぼしたと自惚れている相手にしても、
死んでなんかいない、――私だってお前に殺せはしないのだ。


お前とよく似た休息と眠りからでも、喜びが溢れ出ている、
  とすれば、お前からはもっと多くの喜びが溢れ出るはずだ。
  敬虔な人たちが喜んでお前と共に旅立つのも当然な話だ、
お前が肉体を休めてくれ、魂を解放してくれるからだ。


お前は、運命や偶然や王侯や絶望した人間のしがない奴隷、
  そして、毒薬や戦争や病気のしがない同居人にすぎない。

  眠るだけならケシの実や呪いに頼る手もある、――しかも、
お前の一撃よりも効目がある。だから威張るのはよすがいい。


ほんの束の間の仮眠から目覚めれば、永遠の命がやってくる。
つまり死は無くなる。死よ、お前は死んでしまうのだ。

223 :描き続けたものへ:2012/11/15(木) 02:09:27.98 ID:kBFW6Oj60
   Das  Gottliche   神  性

 人間は気高くあれ、情け深くやさしくあれ!
 その事だけが、 我らの知っている
 一切のものと  人間とを区別する。

 我ら知らずして ただほのかに感ずる
 より高きものに幸あれ!
 人間はその高きものに似よ
 人間の実際の振る舞いが
 それを信じさせるようであれ

 自然は 無感覚なり。
 太陽は 善をも悪をも照らし、
 月と星は 罪人にもこの上ない善人にも
 同様に光り輝く。

 風と溢るる流れと 雷鳴のあられとは
 ざわめきつつ進み、だれ彼となく捕えては
 急ぎ通り過ぎる。

 同じように運命も
 人々の中に探りの手を入れ、
 少年のけがれない
 巻き毛を捕えるかと見れば
 罪を犯せる
 はげ頭をも捕える

 永劫不変の 大法則に従い
 我らはみな 我らの生存の
 環をまっとうしなければならぬ。

 ただ人間だけが
 不可能なことをなし得る。
 人間は区別し
 選びかつ裁く。
 人間は瞬間を
 永遠なものにすることもできる。

 人間だけが
 善人にむくい、
 罪人を罰し
 癒し救うことができる。
 またすべての惑いさまよえる者を、
 結びつけ役立たせる。

 我らはあがめる
 不滅なものたちを。
 彼らも人間であって
 最上の人間が小さい形で
 なし、あるいは欲することを
 大きい形でなすかのように。

 気高い人間よ、 情けぶかくやさしくあれ!
 うまずたゆまず、 益あるもの正しきものをつくれ。
 そしてほのかに感ぜられた
 より高きもののひな型ともなれ!

224 :われら:2012/11/15(木) 02:11:01.04 ID:kBFW6Oj60
 われら 音楽の創造者

 われら 夢見るもの

 波浪砕ける寂しい波打ちぎわをさまよい

 干あがった川辺に腰をおろす


 世界を見失ったもののうえにも

 世界に見すてられたもののうえにも


 青白き月の光はふり注ぐ

 けれども・・・

225 :われら:2012/11/15(木) 02:12:15.47 ID:kBFW6Oj60
 けれども、われらは
 
 この世界を永遠に揺り動かすもの

 この世界に偉大なる都市を築きあげ

 神話から帝國の栄光をつむぎあげる

 心に夢をいだくものよ

 歩を進めて王冠をこそかちとるべし

 新たな歌の調べを知るものが三人いれば

 帝國を斃(たおす)も可なり



 われら年老いて

 地中に埋もれた過去に横たわるも

 吐息をもてニネヴェを興し

 陽気なざわめきもてバベルの塔を築かん

226 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/15(木) 23:51:55.41 ID:af7bAPAo0
 おお、この身とこの命よ!

 いくたびも思い悩むこの疑問

 信仰のないものが長蛇の列をなし

 都会は愚者であふれんばかり

 どこに美点があるというのか?


 おお、この身とこの命よ! 

 答はひとつ

 きみがそこにいるということ

 命が息づき、この身がまさしく存在するということ

 壮麗な芝居がつづけられ

 きみもそこに一篇の詩を寄せることができるということ



 「きみもそこに一篇の詩を寄せることができるということ」


 「諸君の”一篇の詩”はどんなものになるのだろう?」

227 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/11/25(日) 10:03:45.58 ID:zBdPntpE0
黄昏の白いバラ   


悲しげにお前は顔を
葉の上にもたせかける、死に身にまかせて。
お前は幽霊のような光を呼吸し
あおざめた夢をただよわせる


だが、お前のなつかしい香りは
まだ一晩じゅう部屋の中に
最後のかすかな光の中で
歌のようにしみじみとただよう。


お前の小さい魂は
憂わしげに、名のないものに手を差しのべる。
そしてお前の魂はほほえみながら死ぬ、
私の胸で、姉妹なるバラよ。

228 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/12/05(水) 00:35:11.63 ID:l/W+GqGb0
グ ロ テ ク   
                    
 夕暮れの秋めく森にこだまして
 死を呼ぶ火筒が鳴りひびく  金の平地が
 青い湖水が。その上の太陽は
 ひとしお陰鬱にころがっていく。夜は
 瀕死の戦士を包み  傷ついた彼らの口の
 あらあらしい訴えを包んでいる。

 とはいえ  柳の谷底に
 怒れる神の住む赤いむら雲がひそやかに寄りつどう
 そそぎこぼされた血が  月の冷たさが。

 路はみな黒い腐敗へみちびいて尽き
 金いろの夜の枝組みと星のもとで
 英雄の霊たちに  血をながすその顔々に会釈しようと
 妹の影は沈黙の林をぬけてよろめいてゆく。
 するとひくく  葦間がくれに秋のフルートが響いている。

 おお  さらに誇り高き悲しみを!  もろもろの青銅の祭壇よ
 今日おそるべき苦しみが  精神の熱い焔をはぐくむ
 うまれていない孫たちを。

229 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/12/09(日) 16:55:23.21 ID:6dxqIPut0
上げ

230 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/12/13(木) 06:41:23.00 ID:J3hfl2hj0
   家に帰る     


 長い旅からもどって来、
 冷たい部屋に、待ちうけている郵便を見つける。
 腰をおろして、重苦しい気持ちで手紙を開き、
 息苦しい寒気の中に白い息を吐く。


 ああ、君たちははなんと色々な手紙をくれることだろう。
 見知らぬ人や、私と同じ巡礼や求道者は!?
 ――ものみなのかげに夜と秘密が眠っていなかったら、
 生活はどんなにか荒涼とすさまじいことだろう!


 君たちの手紙を私は黒い暖炉積み上げる。
 君たちのたずねることに対し、私は答えを知らない――
 ぎらぎらと燃え上がる焔で私と共に暖まれ、
 あすはまたあすの日の明けるのを私と共に喜べ!


 世界は冷たく、私たちのまわりに敵意ある壁をめぐらしている。
 私たちの心だけは太陽で、楽しむ事が出来る――
 おお、世界の数々の幻よりも生きながらえる
 内気な火花が、私たちの胸の中でなんとふるえることよ!  

231 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/12/20(木) 17:59:25.28 ID:K2/hEv/l0
   時は身をかたむけて     

 
 時は身をかたむけて、わたしにふれる、
 あかるい金属のひびきをたてて。
 感官はふるえる、わたしは自分の可能性を感じ――
 そして造形の昼をつかむ。

 わたしが観るまでは、何ひとつ完成していなかった、

 あらゆる生成がしずかに停まっていた。
 いまこそわたしの眼差しは熟し、そのひとつひとつに
 望むものがくる、花嫁のように。

 わたしにとって小さすぎるものはなく、しかもわたしはそれらを愛し、

 金地のうえに大きく描く、
 そしてたかだかとささげ、そうしてそれが
 だれのたましいを解き放つのかを知らない・・・・

232 :ある勇気ある女性に:2012/12/24(月) 14:30:17.19 ID:FtjhbiVP0
   あるひとに   


 やさしい歌声が消えたとて
 調べは思い出の中にふるえ――
 かわいいスミレがしぼんだとて
 香りは呼び覚まされた感覚のうちに生きる

 バラは枯れたとて バラの花びらは
 恋人の寝床に敷かれる
 あなたが去ったとて あなたへの想いに
 愛はやすらかにねむるであろう

233 :すまん使うぞ:2012/12/24(月) 14:31:27.85 ID:FtjhbiVP0
 
   このなきがらを葬る
     <黒人霊歌>

私は知っている、月の出る時、星の出る時―
 このなきがらを葬るのだ。
わたしは歩く、月明かりを、星明りを
 このなきがらを葬るために。

わたしは歩く、墓地の中を、墓地中を、
 このなきがらを葬るために。
わたしは草の中に横たわり両腕をのばす―
 このなきがらを葬るのだ。

わたしはその夜、審判をうける、
 このなきがらを葬る日の夜。
そしてわたしの魂はあなたの魂と会う
 このなきがらを葬るその日に。

234 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2012/12/31(月) 17:07:23.31 ID:XEMILWcD0
    暗 い 丘
   

 夕ぐれどき西方の暗い丘、

 そこには日没が、地下の兵士の古い骨を

 休ませるために歌うたった

 黄金の角笛の音のようにただよう。

 太陽の軍団が輝いている所、

 旗の立っているあたりから今は遠く離れて

 お前は消え去る。あたかも終りの日々が

 消えて行き、すべての戦いがなされてしまったように。

235 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/01(火) 19:44:15.44 ID:PcfMvJ7I0
  西風に寄せる歌
 
    一

 おう 烈しい西風 秋のいぶきよ
 目に見えぬおまえに追い散らされる木の葉は
 魔法使いからのがれる亡霊なのか

 黄いろ 黒 青 深紅の疾病やみの
 無数の木の葉ーー
 翼の付いた種子を 暗い冬の床に追い払い

 おまえのさわやかな妹の春風が
 夢見る大地にクラリオンをふきならしながら
(そよかぜに草をはむ羊のようにやさしい蕾を駆り立て)

 野も山も いきいきとした色とかおりでみたすまで
 墓のなかのしかばねのように
 冷たくねむらせるものよ

 
 あらゆるところを動きまわる 荒々しい精霊よ
 破壊者にして保護者よ 聞け おう聞け!


    五

 わたしを あの森のように おまえの竪琴にしてくれ
 わたしの木の葉が たとえ森のように散り落ちようとも!
 おまえのどよめく壮大な音楽が

 悲しいけれど美しい 深い秋の調べを
 わたしと森から得るだろう おまえ 荒々しい精よ
 わたしの魂となれ! 烈しいものよ わたしとなれ!


 わたしの死んだ思想を 朽葉のごとく
 宇宙にまき散らし 新しい命をもたらせ!
 このうたの魔力によって

 くすぶる炉の灰や花火のように
 わたしの言葉を 人類のあいだにまき散らせ!
 わたしの口をとおして めざめぬ大地に


 予言のラッパを吹きならせ! おう 風よ 
 冬きたりなば 春は遠からずや
 

236 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/02(水) 09:02:43.21 ID:PmHPQzvl0
p

237 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/10(木) 01:49:08.41 ID:qQqyqMLS0
  Er ging im Dunkel  彼は闇の中を歩いた  

彼は、黒い木立のかさなる影が
彼の夢を冷すやみの中を好んで歩いた

だが、彼の胸の中には、光へ、光へと
こがれる願いが捕えられて悩んでいた。

彼の上に、清い銀の星のこぼれる
晴れた空のあることを、彼は忘れていた。

238 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/14(月) 16:15:28.10 ID:HGmko9+P0
   冬の日

おお、なんと麗しく、きょうは
雪の中で光が冷めることよ!
おお、なんと優しくバラ色の遠空が火花を散らす事よ!
だが、夏、夏ではない。

ひと時も休まず、私の歌はあなたに話しかける、
遥かな花嫁の姿よ。
おお、なんと優しくあなたの情けは私に話しかけることよ!
だが、愛、愛ではない。

長い間、情けの月光は照らなければならない。
長い間、私は雪の中に立たなければならない。
いつの日か、あなたと空と山と湖とが
深い愛の夏の炎熱の中でやけるまで

239 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/22(火) 22:29:59.03 ID:NJAqNOiT0
   いまはさまようのをやめよう  


 いたくも更けたこの夜に
 さまよい出るのをやめよう
 こころはまだも愛に燃えたち
 月光は明るく照らすとも。

 剣は、鞘がやぶれた後まで残り
 魂も、胸が張り裂けた後まで、と人はいう
 しかし胸には、憩いの息をあたえねばならぬ
 恋にも、やすらかな静まりを。

 夜は、恋をするためにつくられ
 そしてたちまち昼はかえってくるが
 しかし、われらは、さまようのをやめよう
 月光にいざなわれてさまようのを。

240 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/01/29(火) 03:51:25.31 ID:DSCGYRdH0
    夕暮れT     
             

 空の青、かぎりなく澄み、
 白い雲もほほえんでいる。
 黒い、あるいは緑のたおやかな木々が
 おまえを見つめ、声もなく言う――「ごらん!」

 なにもかも、メルヘンに聞き入っているように静かな、
 やさしい空気につつまれている。
 小鳥たちもみな、うっとりしたように耳を澄ませている――
 香りしか聞こえない。

 勿忘草のうえに落ちた雪のように、
 白い雪がきらめく。
 やわい痛みも青々として、
 木々のうえに降りそそぐ。

 あの木たちは黒か、緑か?
 おそらく、木自身にもよくわからないだろう。
 一つの窓の中で、青から浮き出た
 一滴の赤がふるえる。木々が花咲く。

241 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/02/06(水) 16:49:03.16 ID:ZRFEeOSq0
    色 彩      
             

 雪白の雪の上はとても青く

 緑の樅の木々はとても黒く

 静かに駆けていく鹿が

 どうしても断ち切れない悲しみのように

 灰色にみえる



 雪の調べに足音がぎしぎしとまじる

 風が白いヴェールをかぶった木々に

 雪片を吹きもどす

 ベンチが夢のようにたたずんでいる



 光たちが落ち 影とたわむれる――

 果てしのない輪舞

 遠くの灯火が雪明りから借りた

 くすんだ光をまたたいている

242 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/02/13(水) 19:09:29.91 ID:K4ZlHVDg0
  喜びの歌


 氷がどっしりと、白くよこたわり、
 あらゆる動きを妨げている。
 川は身じろぎもせず、とても静かだ。
 けれども、荒々しく、燃えたぎるように泡立とうとしている。
 波はざわめくこともできず、
 冬の歌に耳を澄ますこともできず、
 深い悲嘆に身をよじらせて、
 重く、陰うつな冬のまどろみのなかにある。

 灰色の空には太陽がけだるくかかり
 白く、また疲れて雪がよこたわる。
 すべてが死に、疲れ、そして香りなく、
 雪におおわれた木は悲しみのうちに泣く。
 川は氷をいとい、鎖を引きちぎろうと
 やけになり、猛り立ち、かっかっともがき、
 狂ったように青の中に泡立ち、溢れようとする。
 火のように燃えあがり、いまだ死ぬことができない。


 ある日のこと、かっこうが鳴き、
 太陽が突然、ぱあっと輝く。
 雪は山また山と消えていき、
 川はばりばりと最後の音をたて、
 重く、白い氷の屋根を破って、
 その上を迸り、まだ緑の萌えない
 薔薇の生け垣を嬉々として眺め、
 泡立ち、轟々と流れ、白い氷塊を嘲笑う。

 笑い、そして笑い、自分を抑えようともせず、
 りんりんと流れ、はしゃぎまわる。
 太陽はうららかに照り、
 すべての地の襞に春の花が芽を吹き出し、
 若い生け垣はすでにほのかに葉をまとう。
 川は岸を押し流し、大地を洗い、
 もう二度と会えないと思っていた、
 昔なじみの白い獣の群れにうれしそうにあいさつを送っている。

243 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/02/16(土) 13:08:29.24 ID:OMKDvO/f0
【ロシア】隕石落下、負傷者1200人に 米航空宇宙局(NASA)は、大気圏突入前の隕石の直径を約15メートルと推定
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1360965105/

260 名無しさん@13周年 New! 2013/02/16(土) 08:56:36.41 ID:Ug1fLc4q0
>>254
4メガトン級水爆並みだとさ

310 名無しさん@13周年 New! 2013/02/16(土) 09:14:36.23 ID:fgt6hjJ40
三大インパクト

■フレデフォート・ドーム:
隕石直径10〜12km
衝撃力、広島原爆の58億倍
クレーター直径300km

■サドベリー隕石孔:
隕石直径10q
衝撃力、広島原子爆弾の50億倍
クレーター直径200〜250 km

■チクシュルーブ・クレーター:
隕石直径10〜15km
衝撃力、広島原子爆弾の10億倍
クレーター直径160Km
恐竜絶滅の原因と言われる


369 名無しさん@13周年 New! 2013/02/16(土) 09:31:01.75 ID:5KlN5EtXO
ロシアの田舎で車載カメラがこれほど普及しているのは驚異的。


415 名無しさん@13周年 sage New! 2013/02/16(土) 09:43:41.29 ID:Tp/o5J7e0
神に感謝するより、木星と土星に感謝すべき。
この二つの惑星が大型隕石を吸い込んで、太陽系の内側に通さないようにしている。

430 名無しさん@13周年 sage New! 2013/02/16(土) 09:48:00.54 ID:wv3degzK0
>>415
ほぉ、ただデカいだけじゃないんだな

433 名無しさん@13周年 sage New! 2013/02/16(土) 09:49:35.25 ID:Tp/o5J7e0
>>430
2009年、2010年に地球に落ちれば文明を消滅させたであろうサイズの隕石が木星に落ちてる。

244 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/02/20(水) 12:32:37.87 ID:k5ZseFXI0
 

245 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/02/22(金) 05:54:53.01 ID:OhewC7/i0
  世界をさまようもの


    一

 星よ 教えておくれ きらきら飛ぶ
 おまえの光り輝く翼は だれのものか?
 おまえが翼をやすめるのは
     夜の どんな洞窟なのか?


    二

 月よ 教えておくれ 青白くほのぐらい
 天のよるべない巡礼よ
 おまえが休息を求めるのは
     真夜中か? ひるまなのか?


    三

 疲れた風よ 世にむかえられぬ客のように
 おまえはさまよいつづける
 人目を知らぬおまえのねぐらは
     木の枝か 渦巻く波なのか?

246 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/02/26(火) 23:12:30.74 ID:jAFwg+nz0
型にはめられたルール通りに 生きてゆくことはことは易しいけど
何もないゼロのところで ルールを作るのは難しいことさ
だけど 古いロープに縛られちゃいけない
僕たちは自由なんだ

夢を忘れた子供たちと人は言う
全て忘れた大人たちと僕は言う
夢を忘れた子供たちと人は言う
ああ 時代が泣いてる

誰かに敷かれたレールの上を 歩いてゆくことは楽だけれど
道もない荒れた原野に レールを作るのは苦しいことさ
だけど 遠い向こうも知らなくちゃいけない
僕たちはこれからなんだ

夢を忘れた子供たちと人は言う
全て忘れた大人たちと僕は言う
夢を忘れた子供たちと人は言う
ああ 時代が泣いてる

247 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/03/07(木) 07:13:11.93 ID:BMmq0J6X0
     想いはひとり浮んで消える    


  想いはひとり浮んで消える
    想いをひめた うたのことばは
    夜あけの空の 月かげのように消える

  想いはうつくしく 想いはかわらずにある
  星空を 真珠のように 織りなして!

248 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/03/15(金) 00:12:08.58 ID:MZXS3h1E0
     Traurigkeit     悲しみ

 きのうはまだ命の火に燃えていたものが
 きょうは死の手にゆだねられている。
 花が一枚一枚、
 悲しみの木から落ちる。

 花が落ちつづけるのが見える、
 雪が私の小みちに落ちるように。
 足おとはもうひびかない、
 長い沈黙が近づく。

 空には星がなく、
 心にはもう愛が無い。
 灰いろの遠いかなたが沈黙し、
 世界は老い、空虚になる。

 こういう悪い時勢に
 だれが自分の心を守ることができよう?
 花が一枚一枚
 悲しみの木から落ちる。

249 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/03/19(火) 00:27:28.84 ID:9bO58iv30
    Youth .

 青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ
   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう

   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心

人生への歓喜と興味
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる

   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける
限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、

悲嘆の白雪が 人の心の奥までも蔽いつくし、

皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、

この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる

250 :クラークへ:2013/03/19(火) 00:28:43.70 ID:9bO58iv30
年老いたものに新時代の価値を予言して

彼らを打ち滅ぼさん

ひとつの時代とは死にゆく夢の謂なれば

生まれいずる夢の謂なれば

251 :計劃:2013/03/20(水) 20:08:47.49 ID:jgBDpfhu0
     イタリアを望む     


湖のかなたに、バラ色の山の後ろに、
イタリアが横たわっている、私の青春の賛仰の国が、
私の夢になじんだ故郷が!
赤い木立ちは秋を語っている。

私の一生の秋の始めにのぞんで
私はひとりすわって、
世界の美しいむごい目をのぞきこみ、
愛の色を選んで、描く。

この世界は私をあんなにも度々欺いたが、
私はやっぱり世界をいつもいつも愛している。

愛と孤独、
愛と、満たされぬあこがれ、
それが芸術の母だ。
私の一生の秋にもまだ、
それらは私の手を引いて導いてくれる。

そのあこがれの歌が
湖と山々と、別れを告げる美しい世界に
不思議な力で輝きをひろげる。

252 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/03/25(月) 15:51:49.10 ID:oM3zLrNN0
 

253 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/03/25(月) 17:03:08.35 ID:xnD16Ql80
てす

254 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/03/28(木) 13:01:50.21 ID:cEmLoITs0
   Rondeau    


 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた
 風と寒さのマント、
 そして縫い取りを身につけた
 澄んで輝く日ざしの縫い取り。

 獣も鳥も声を揃えて
 それぞれの言葉で歌い叫ぶ。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた!と。

 川も、泉も、せせらぎも
 綺麗なお揃いのお仕着せか、
 水滴の銀の細工を身にまとい、
 誰もが衣を改める。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた。

255 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/04/04(木) 13:10:09.92 ID:JD3j8K+a0
    春 

 
 太陽。溶け始めた、僅かに残る雪。
 すべての屋根から滴る水。
 こつこつとひびく靴の踵。
 濡れてきらきら光る道。
 高い柵のうしろにある、
 なかば追いたてられた鹿のような草・・・・・・


 空。降り下る、緩やかな、暖かい雨。
 わけもなく吠えたてる犬。
 ふわふわと風になびくコート
 笑い声のような、薄い服。
 子どもの手のなかに、少し湿った雪。
 目のなかに、最初のクローバへの憧れ・・・・・・


 春。木々は今ようやくすべての葉を落とし、
 どの潅木も新しい幸福の使者として、
 やさしく鳴りひびいているよう。
 そして、明日は燕も戻ってくる。

256 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/04/11(木) 11:15:46.99 ID:LJQ+PWiW0
    春    Fruhling 

 若い雲が静かに青空を走って行く。
 子どもたちは歌い、花は草の中で笑う。
 どちらを見ても、私の疲れた目は、
 本で読んだことを忘れたいと願う。

 ほんとに、本で読んだむずかしいことは
 みんな溶け去って、冬の悪夢に過ぎなかった。
 私の目はさわやかに癒されて、
 新しいわきいでる造化を見つめる。

 だが、凡そ美しいもののはかなさについて
 私自身の心の中に書き記されているものは
 春から春へながらえて
 どんな風にも吹き消されはしない 
 

257 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/04/12(金) 18:18:46.00 ID:PPzg+9s80
無意味にage

258 :出崎:2013/04/17(水) 06:30:09.85 ID:afSjBqus0
     Prospice    
 
  死を恐れる? 喉が霧のために苦しくなり、
    眼が霞のためにぼやけるのを、私が恐れる?

  いかにも、雪が降りだし、疾風が吹き出せば、
    ああ、俺も最後の土壇場に近づいたと、――

  暗黒と嵐の本拠に、敵の牙城に、ついに
    近づいた、と私も悟るかもしれぬ。

  そこには、あの恐るべき「恐怖」が姿を現すかもしれぬ。
    だが強い男は怯むことなく前進しなければならぬのだ。

  旅路は終わり、越すべき峠は越した、
    障壁もまさに崩れ落ちようとしている。


  とはいえ、もう一戦が、一生涯をかけて戦い求めた
    勝利の栄冠を手にするためもう一戦が、残っている。

  私は終始戦ってきた男だ、だから、もう一戦が、
    必死の最後の戦いが残っているのだ!


  死神に目隠しをされ、そのお情けに縋って、鞠躬如(きっきゅうじょ)として
    その関門を通り抜けるなどもっての他だ。

  断じて否だ! 私には死の一切を味わわせ、仲間である
    昔の英雄たちと同じ運命を辿らせ、
  
  真っ向からその衝撃を受けさせ、苦痛と暗黒と凍冷という、
    生命の負債を一挙に返却させてもらいたい。

  なぜなら、勇者には、突如として、最悪の事態は最善の
    ものへと一変し、暗澹たる瞬間は終わってゆくからだ。

  いや、吹きすさぶ嵐も、荒れ狂う悪魔の怒号も、
    静まり、穏やかな調べとなり、

  忽然として変化し、苦痛から脱却した平静が現われ、
    ついで光が現われ、ついで君の胸元が現われるからだ。

  おお、わが妻よ、わが魂の魂よ! 私は再び君を抱くのだ、
    そして、その他の一切は神の御心に委ねるのだ!

259 :編集王:2013/04/27(土) 00:06:31.65 ID:cnlOtQ3j0
  プロローグ

       この詩集を持った友に

 もう伝説のようになっている少年のころから
 私を動かして喜ばしたことのあるものを、
 考えたことや、夢みたことや、
 祈りや、求愛や、嘆きなどにちなむ、
 たまゆらな、色とりどりの落ち穂、残らず、
 あなたはこのページの数々に見出します。
 それが好ましいものか、無益なものかは、
 あまりむきになって問わないことにしましょう――
 やさしく受け入れてください、この古い歌を!

 私たち、年とったものにとっては
 過ぎ去ったものの中にたたずむことはゆるされており、慰めにもなります。
  
 この数千行の詩句の背後には
 一つの命が花咲いています。かつてはそれは甘美だったのです。

 こんなつまらないものにかまけたことを
 追求されたとしても、私たちは、
 今夜飛んだ飛行士達よりも
 血にまみれた痛ましい大軍よりも、
 この世界の偉大な支配者たちよりも、
 かるがると自分の荷物を背負っているでしょう。

260 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/05/05(日) 01:20:06.23 ID:5nfUt0jH0
           
      五月に
              
 
 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   この緑の大地のこの鮮やかさ、美しさはどうだ!
 鶫の群れが鳴いている……
   この大気を吸っただけで、万物は恍惚となっている!

 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   あそこの小川が夢を見ている
 鶫の群れが鳴いている……
   緑の焔が見渡す限り燃えている!

 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   聞くがいい、全世界が神を讃え、神に祈っている!
 鶫の群れが鳴いている……
   安息日の平和に大気が酔っている!   

261 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/05/10(金) 10:27:09.91 ID:L4mml2PR0
        少年の五月の歌
                  

 おとめらは
 美しい花ぞのの中で遊ぶことができる。
 金色の柵がまわりにある。
 男の子らは
 うらやましそうに柵のふちに立ってぬすみ見し、
 あの中にはいれたら、と考える。

 この美しい花ぞのの中は
 清く明るい光に溢れ、
 そこにいる人はみなたのしげだ。
 ぼくたち、男の子らは待たなければならない。
 大きくなり、若い紳士になるまで、
 中にはいることはできない

262 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/05/18(土) 06:59:34.12 ID:r/tzLNTK0
 五月の歌
  (なんと目ざめるばかりに)

 なんと目ざめるばかりに
 自然の照りはえていることよ!
 なんと太陽の輝いている事よ!
 なんと野原のはなやぎ笑っていることよ!

 枝という枝から
 花がきそって咲き出でる。
 茂みの中からは
 数知れぬ歌声が。

 胸という胸からは
 よろこびがわき溢れる。
 おお大地よ、おお太陽よ!
 おお幸福よ、おお楽しさよ!

 おお愛よ、おお愛よ!
 あの山にかかっている
 朝の雲のように、
 黄金なすその美しさよ!

 お前ははなやかに祝福する
 さわやかな野や畑を、
 かぐわしい花がすみに
 包まれた天地を。

 おおおとめよ、おとめよ、
 どんなに私はお前を愛していることだろう!
 どんなにお前の目の輝いていることだろう!
 どんなにお前は私を愛していることだろう!

 歌と空とを愛する
 ひばりのこころにも似て
 空のかおりをを愛する
 朝の花のこころにも似て、

 私はお前を愛する、
 あつい血をたぎらせて。
 お前は私に青春と
 喜びはずむ心を与えてくれる。

 新しい歌と踊りに
 私のこころははずむ。
 いつまでも幸福であれ、
 お前が私を愛する限り!

263 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/05/25(土) 06:44:28.40 ID:FIBZc62g0
22:00
  ∧_∧
  ( ・ω・)  明日は6:30起きなんよ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
23:45
  ∧_∧
  ( ・ω・)  そろそろ寝るべきなんよ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_                    
  \/     /
2:15
  ∧_∧   ネットに熱中しすぎてしまったんよ
  (.;・ω・)   これはヤバイんよ もう寝たら起きられない予感なんよ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /

4:00
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

10:00
           ∧_∧
          (・ω・ )  ナゼコンナコトニ…
       r'⌒と、j ミ ヽ
      ノ ,.ィ'  `ヽ. /
     /        i!./
      (_,.         //
     く.,_`^''ー-、_,,..ノ/

264 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/05/25(土) 06:47:20.63 ID:FIBZc62g0
    Acquainted with the Night   夜に馴染んで

  わたしは夜に馴染んだ人間だ。

  雨のなかを出歩いて――また雨のなかを戻ってきたこともある。
  いちばん遠い街の灯の、もっと先へも歩いていった。
 
  見るも哀れな路地のなかをのぞき込みもした。  
  巡回中の夜警とすれ違い、言い訳をするのがいやで、目を伏せたこともある。
  じっと立ち止まって足音を消し、
  家並みごしに、向こうの通りでふっととぎれた
  叫び声に耳をすましもしたが、それはわたしを

  呼び戻すためでも、さよならを言うためでもなかった。

  そして、もっと向こうのこの世ならぬ高みには、
  煌々たる天体の時計がひとつ、空を背景に、

  いまがまずい時でも、いい時分でもないと告げていた。
 
  わたしは夜に馴染んだ人間だ。

265 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/05/26(日) 03:43:57.82 ID:hfQV1OGI0
二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。
一人は泥を見た。一人は星を見た。

266 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/06/04(火) 06:53:07.08 ID:ntxPCkAl0
  誠実な人間   

誠実な人間とは
  その心が清潔で、
曲がったことをせず、
  虚栄心とは無縁な人のこと。


そういう人は、ただ黙々と、
  純粋無垢な日々をおくり、
希望にも心惑わされず、
  悲しみにも乱されはしない。


そういう人は、城壁や鎧で
  自分の身を守る必要もなく、
晴天から降ってくる禍を避けるため
  秘密の地下室を設ける必要もない。


そういう人は、いや、そういう人だけが、
  深遠から迫ってくる恐怖も、
大空から襲ってくる脅威も、
  臆することなく見据えることができるのだ。


そして、運、不運のもたらす
  苦悩を超然と直視し
天を仰いでそこに神意を読み、
  敬虔な思いこそわが知恵と考えるのだ。


さらにまた、善き思いをわが友とし、
  満ちたれる老齢をわが財産と見なし、
この土地の生を静かな旅の宿と見、
  自らを静かにそこに宿る旅人と考えるのだ。

267 :6月7日:2013/06/07(金) 12:04:03.72 ID:t8qIydDd0
          Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ・  

268 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/06/14(金) 21:59:28.94 ID:tZzlhTiE0
みんなが寝静まった真夜中に、もし君がふっと思い出に耽り、
  かつて君を愛し君に愛された僕というが男が死んで、
墓場の下にいることに、――愚かな連中言わせれば――
死の虜囚となっていることに、思いをはせるとしたら、
  僕を哀れと思うか?


あんなに愛し愛された友人同士だったのに、誤解も甚だしい!
  僕が地上に生きていた時、怠け者や泣き虫や
女々しい奴とはおよそ無縁だったはずだ。志も力も望みも
ない奴のように僕が愚痴を零したことが一度でもあったか?
  僕という人間を、――何だと思っているんだ?


僕は、敵に背を向けることなく胸をはって邁進、暗雲に
  閉ざされても晴れることを疑わず、正義が敗れても悪が
勝つとは夢想だにせず、斃れるのは再起するため、敗れるのは
よりよき戦いを戦うため、眠るのは目覚めるため、と
  固く信じていた男だ。


哀れむのは真っ平だ! みんなが働いている昼間に、もし、
  死んだ僕のことを思い出したら、心の中で激励してくれ!
胸と背それぞれの方向に向けて前進しろ、と言い、さらに、
叫んでくれ、「戦え、勝つんだ!成功を祈る!奮戦し、
前進せよ、この世と同じくあの世でも!」と

269 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/06/22(土) 14:53:56.44 ID:am/AYXCC0
  白い雲

おお見よ、白い雲はまた
忘れられた美しい歌の
かすかなメロディーのように
青い空をかなたへ漂っていく!

長い旅路にあって
さすらいの悲しみと喜びを
味わいつくしたものでなければ
あの雲の心はわからない。

私は太陽や海や風のように
白いもの、定めないものが好きだ。
それは、ふるさとを離れたさすらい人の
姉妹であり天使であるのだから。

270 :king of pop:2013/06/25(火) 06:37:01.97 ID:KkmM9UVu0
    喜びをもって


  喜びをもって……
  
  ただひたすらに感情を爆発させようとする、
  燃え上がり、陶然としている一連の人々……

  喜びをもって……

  わたしたちの内部に貯えられたエネルギーはすべて、
  この歓呼、歌、ステップで使い果たされる――

  周りで見物している人にとっては、この踊りは無秩序な叫び、
  足踏みとしかみえないかもしれない。

  しかしわたしたちにとっては、これはわたしたちの生活、
  わたしたちの願いのシンボルなのだ――

  《 あらゆる領域で自由を! 》

  そして、始めはゆるやかに揺れ――ぶらり、ぶらり――
  突然、踊りは解き放たれ、嵐のようにすべてをひっさらっていく……

  わたしたちはみんないっしょに笑い、歌い、歓声をあげる――
  そして踊りに踊る――息が絶えてしまいそう……

  ようやく、このもつれ合いは解きほぐれる。わたしたちは疲れ、
  しわがれ、息もつけない――それでもわたしたちは幸福なのだ!

271 :5年目:2013/06/25(火) 06:38:13.71 ID:KkmM9UVu0
けれども
いまごろ ちゃうど おまえの年ごろで
おまえの素質と 力をもってゐるものは
町と村との一万人の中に おそらく5人はあるだろう
それらのひとのどの人も
またどのひとも
五年のあひだに
それを大抵無くすのだ
生活のために けずられたり
自分でそれを なくすのだ

すべての才や
力や材といふものは
ひとにとどまるものではない
ひとさへひとにとどまらぬ
おまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子と
その明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへを
もう見ない

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰かけてるやうな

そんな多数をいちばん
いやにおもふのだ

みんなが町で暮したり
1日あそんでゐるときに

おまへはひとりで
あの石原の草を刈る

そのさびしさで
おまへは
音をつくるのだ

多くの侮辱や
窮乏の
それらを噛んで
歌ふのだ

ちからのかぎり
 そらいっぱいの
    光でできた
  パイプオルガンを弾くがいい。

272 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/06/27(木) 20:18:31.98 ID:YYsalSPC0
  アメリカの「独立宣言」から有名な一節を取ってみよう


 我々は以下の如き真理を自明の理と信ずる、

 即ちあらゆる人間は平等に造られたものであり

 彼等は造物主に依って特定の絶対権力を賦与されたのであり、

 これらの諸権利には生命と自由と幸福の追求が含まれているという事を信じる。

 これらの諸権利を確保する為に、政府が人間の間に組織されたのであり、

 権力は被治者の同意を得て生じたものであり、

 如何なる形の政体であれ、これらの諸目的を破壊するようになった場合は、

 人民がこれを改変し、或は廃止し、新たな政府を組織する権利があることを信ずる・・・。

273 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:9/sH8Zqb0


274 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:d4U3DoUQ0
 
 極から極をおおうこの地獄のような暗闇の

 わが身をつつむこの闇の奥より

 わたしはなべて神なるものに感謝を奉げる

 この不屈の魂をさずけてくれたことに

275 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:VjT7N+ZS0
    ズライカ (東風の歌)


 風のこのそよぎは何を意味するのでしょうか。
 東風はうれしい便りを持ってくるのでしょうか。
 風の翼のさわやかな動きは
 心の深い傷をひやしてくれます。

 風は愛撫するように道のほこりをもてあそび
 かりたてて、軽いちぎれ雲にします。
 戯れる小さい虫の群れを
 安らかなブドウの葉のかげに吹き寄せます。

 東風は、照りつける夕日をやさしくやわらげ
 私の熱いほほをひやしてくれ
 畑や丘に照りはえるブドウに
 吹き過ぎながら口づけします。

 そのかすかなささやきは私に
 あの方のねんごろなことばを伝えます。
 丘がまだ暗くならないうちに
 千たびもの口づけが私をよみがえらせるでしょう


 では、風よ、吹いて行くがよい!
 友だちや悲しんでいる人を慰めておあげ
 高い城壁が夕日に赤く輝いてあすこで
 私はまもなく、いとしい人に会えるのです。

 ああ、ほんとの心の便りを
 愛の息吹を、よみがえった命を
 あの方の口づけだけが、あの方の息吹だけが
 私に与えて下さるのです。

276 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:qTBi0z2m0
     Verzuckubg    陶酔    


酔いしれた夜の中で
森と遠方が私の方にからだを曲げる。
私は青空と冷たい星と
夢の傷ついた華麗さを呼吸する

おお、そうすると、酔った世界が、
女のように私の胸に横たわり
うっとりとした苦痛のうちにあかあかと燃え、
その叫びは、かん高く幻惑させる。
遥か遠い深みからくる
けもののうめきと羽ばたき、
海辺で過ごした青春時代の
跡形もなくなった日々の余韻、
いけにえの叫びと人間の血、
火あぶりの死と修道院の僧房、

すべては私の血の波、
すべては神聖でよい!

何ものも外になく、何ものも内になく、
何ものも下になく、何ものも上になく、
すべての固いものは消滅しようとし、
すべての限界は飛散した。

星は私の胸の中を巡り、
ためいきは空に没し、
すべての生命の心と喜びとが、
一層うっとりと燃え、一層はなやかにゆらぐ。
あらゆる陶酔が私には好ましく、
私はあらゆる苦痛に胸を開き、
祈りつつ流れこみ、
世界を心臓に引き入れられる。

277 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:qDm+wgMG0
109 番組の途中ですが名無しです New! 2006/05/11(木) 01:25:50 ID:ytWEIMoo0


この世界が君のために存在すると思ってはいけない。
世界は君を入れる容器ではない。


世界と君は、二本の木が並んで立つように、どちらも寄りかかることなく、
それぞれまっすぐに立っている。
君は自分のそばに世界という立派な木があることを知っている。それを喜んでいる。
世界の方はあまり君のことを考えていないかもしれない。

でも、外に立つ世界とは別に、君の中にも、一つの世界がある。
君は自分の内部の広大な薄明の世界を想像してみることができる。

君の意識は二つの世界の境界の上にいる。


大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、
君の中にある広い世界との間に連絡をつけること、
一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の呼応と調和をはかることだ。

たとえば、星を見るとかして。

二つの世界の呼応と調和がうまくいっていると、毎日を過ごすのはずっと楽になる。
心の力をよけいなことに使う必要がなくなる。
水の味がわかり、人を怒らせることが少なくなる。
星を正しく見るのはむずかしいが、上手になればそれだけの効果があがるだろう。
星ではなく、せせらぎや、セミ時雨でもいいのだけれども。

278 :07/12:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:qDm+wgMG0
    宇宙的なものの歌


 詩神はいった、さあ
 どんな詩人もまだ歌わなかった歌を、私にうたってくれたまえ、
 宇宙的なものについて、私に歌ってくれたまえ。


 我々のこの広漠たる地球の中に、
 私たちはこの無限大の粗笨と鉱滓のただ中に、その中央核心のなかに包まれて、安全に、
 完全な種子が静かに横たわっている。


 全ての生命には、ある役割、多少なりとも役割がある、
 何もまだ生まれていないが、それだけは生まれており、
 覆い隠され、または露出したままで、その種子は待っている



 それは夢なのだろうか。
 否、それの欠けていることこそ夢なのだ、
 そしてそれがなくては、生の教訓も、富も、一場の夢に過ぎない
 そしてその全世界も、ただの一炊の夢にすぎないのだ

279 :7月15日:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:YHs3/UKT0
           Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ

280 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:qYHt8n2C0
  オジマンディアス


 古い国からやって来た旅人はいった―ー
 砂漠に 巨大な 胴のない 石の脚が二本
 立っている――近くの砂漠には 壊れた顔が
 半ば埋もれている そのいかめしい顔 皺の寄った唇
 尊大な嘲笑は これを彫った人が これらの
 性情を よく知っていたことを語っている

 それはいのちのない石に刻まれて それを模した手や
 それを育てた心よりも いまなお長く 残っている
 そして台座に こんな言葉がみられる――

 「わが名は 王の王たるオジマンディアス
  全能の神々よ わが行いし業をみそなわせ 絶望せよ!」

 このほか何ひとつ残っていない 巨大な 荒れはてた
 この廃墟のまわりを 茫々と さえぎるものもなく
 さびしい 平らな砂漠 はてしなくはるかにつづいている

281 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:qYHt8n2C0
 kloge

 
 われらには存在は与えられない。われらは流れに過ぎない。
 われらは喜んであらゆる形に流れ込む。
 昼に、夜に、洞穴に、寺院に。
 われらは突き進む。存在への渇望がわれらを駆る。

 こうしてわれらは休みなく形をつぎつぎと満たす。
 しかしどの形もわれらの故郷、幸福、仮借ない運命にはならない。
 われらは常に途上にあり、常に客である。
 畠もすきもわれらを呼ばず、われらのためにパンは生えない。

 神がわれらをどうおぼしめしているか、われらは知らない。
 神はその掌中の粘土なるわれらをもてあそぶ。
 この粘土は無言で意のままになり、笑いも泣きもしない。
 こねられはするが、焼いて固められはしない。

 いつかは石に硬化し、永続すること!
 そういうあこがれがわれらの胸中に永遠に働いている。
 だが、不安な戦慄が永遠に残るばかりである。
 そしてわれらの途上において休息となることはない。

282 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:M8uFhz0v0
  Sehnsucht    

  金色に星はかがやき
 わたしはひとり窓辺にたった、
 しずかな野のかなたより
 きこえくる郵便馬車の角笛ひとつ。
 身体のうちに心は燃え立ち
 ひそかにわたしは思った、
 ああ、だれかともに旅する者はいないか
 このすばらしい夏の夜に!

  若者がふたり
 山坂をゆき
 静寂の地に歩きながら
 歌うのが聞こえる、
 かすかにざわめく森の
 めくるめく巌の谷のこと、
 崖の裂けよりたぎり落ち
 森の夜に吸われゆく水のこと。

  大理石の像を歌い、
 岩をおおう小暗い葉陰に
 荒れすさぶ苑を歌い、
 月光のはえる館を歌う、
 館では娘らが窓辺に耳を澄ます、
 立琴のひびきがめざめ
 ものうい噴泉がさざめくとき、
 すばらしい夏の夜に――

283 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:6RwoQTXP0


284 :8月13日:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:zpNKQL+i0
汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れっちまった悲しみは
たとえば狐の革裘(かわごろも)
汚れっちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れっちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れっちまった悲しみは
懈怠(けだい)のうちに死を夢(ゆめ)む

汚れっちまった悲しみに
いたいたしくも怖気(おじけ)づき
汚れっちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

285 :トニー・スコット:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:kHMmHW8c0
     兵士  

もし僕が死んだら、これだけは忘れないでほしい、――
  それは、そこだけは永久にイギリスだという、ある一隅が
異国の戦場にあるということだ。豊かな大地のその一隅には、
  さらに豊かな一握りの土が隠されているということだ。
その土は、イギリスに生をうけ、物心を与えられ、かつては
  その花を愛し、その路を闊歩した若者の土なのだ。
そうだ、イギリスの空気を吸い、その川で身をそそぎ、その
  太陽を心ゆくばかり味わった、イギリスの若者の土なのだ。


また、―――もし僕の心が罪を清められ永遠者の脈うつ心に溶け
  こめるならば、感謝の念をこめて、故国によって育まれた
  数々の想いを故国に伝えるであろうことを、―――
故国の姿や調べを、幸福な日々の幸福な夢を、友から学んだ
  笑いを、祖国の大空の下で平和な者の心に宿った
  あの優しさを、故国に伝えるだろうということを。

286 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:ZotxrJhO0
   八月の終わり     

もう諦めていたのに、夏は
もう一度力をとりもどした。
夏はだんだん短くなる日に凝り固まったように輝く、
雲もなく焼きつく太陽を誇りの顔に。

このように人も一生の努力の終りに、
失望してもう引っ込んでしまってから
もう一度いきなり大波に身を任せ
一生の残りを賭して見ることがあろう。

はかない恋に身をこがすにせよ
遅まきの仕事に取り掛かるにせよ
彼の行いと欲望の中に、終りについての
秋のように澄んだ深い悟りがひびく。

287 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/09/03(火) 08:48:22.04 ID:6wcmtznd0
  September     九 月


 庭が悲しんでいる、
 冷たく花の中に雨が沈む。
 夏がそっと身ぶるいする、
 その終りに向かって。

 金色のしずくとなった木の葉が一枚一枚、
 高いアカシアの木から落ちる。
 夏は驚き疲れて
 死に行く庭の夢の中にほほえむ。

 まだ長い間バラのもとに
 夏はとどまり、休らいを慕い
 おもむろに、大きな
 疲れた目を閉じる。

288 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/09/10(火) 06:28:20.24 ID:cqIzlnjN0
奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に
自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。

だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。

そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその

精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。

その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは
反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を
血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。

そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに
気付いてすらいない。

それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの
唯一の誇りを見い出しさえしている。

             (リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

289 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/09/13(金) 15:57:30.03 ID:4cxlerlJ0
age

290 :誕生日か:2013/09/13(金) 19:10:32.04 ID:2SHgIr/w0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..- −―::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./      \..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./         .::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、        |.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\      ./..........       
         ..............................    .. ー −::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..........................       
                         
   ∧_∧                           
   (:::   )                    
   /   つ                           
::::○、__,.へ__)                    
 ""゛""''""""゛゛""''' "j'                     
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../ 
. `"''`~"''''ー-‐ー-、,、~~^^ ~~~~~^^^~~~^ ^^~~~^~~~^~~~~~~ ^~~~^~~~ ^~~ ^~ ~~^~~^~ ~
`⌒´"'^'ー-‐、, ー:::::::: ::::::.. ..:. .:::::::: ::::::.. ..:. .:::: -  _ .::::::::: ::::::.. ..:. .:::::.:.:: .::: ::::::: ::::: : :::: :::

291 :ZERO:2013/09/13(金) 19:17:42.29 ID:2SHgIr/w0
'To fight aloud,is very brave'

大声をあげて戦うことは、とても勇ましい―
だが思う、さらに雄々しいのは、
心の中で攻撃をする
悲哀の騎兵隊―
 
勝利を得ても、国民は気がつかぬ―
倒れても、誰も注意を払わない―
その死にゆく目を、どの国も
愛国者への愛をもって見つめない―

わたしたちは信じる、羽根で身を飾って
そういう人のために、天使は行進すると―
つぎつぎと列を組み、足並みそろえ―
雪の制服を身につけて。

292 :ZERO:2013/09/13(金) 19:18:29.61 ID:2SHgIr/w0
 The Scholar

私は多くの故人に囲まれて毎日の生活を送っている。
あたりを何気なく見回しただけで、
忽ち彼らの姿が目に付く。
いずれも大昔の先達で
親しい、信頼のおける人たちばかりだ。
私は毎日彼らと話を交わしながら暮らしている。


嬉しい時には、彼らと喜びを分かち合い、
悲しい時には、彼らに慰めてもらえる。
この人たちにどれほど自分が
お世話になっていることかと、しみじみ思うにつけ、
深い感謝の念が胸に込み上げてきて、
いつのまにか、頬に涙が流れてくることもしばしばだ。


私はこれら故人と思いをともにし
永い間一緒に暮らして今日に及んでいる。
私は彼らの美徳を愛し、彼らの弱さを不憫に思い
その希望や不安を我が事のように感じ
それらの教訓から、人生いかに生くべきかについて、
敬虔な思いをこめて学んでいる。


私はこれら故人と希望をともにしている、そして
もうすぐ近いうちに、彼らの仲間になれると思う。
そしたら、一緒に長い旅に出て、あの
永遠の未来へと行けそうな気がしている。
だが、たとえ私が墓の下の土と化しても、
神に嘉される一つの名前を後に残せたら、と思っている。

293 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/09/21(土) 00:19:32.52 ID:Liz65J6Z0


294 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/09/21(土) 01:43:49.55 ID:lPzCWkiU0
   秋の色

 その名は「秋」
 その色は血
 丘の上の動脈、
 道に沿う静脈、


 こみちの中の大きな水玉、
 そしておお、染料の驟雨、

 風が盥をくつがえし
 緋色の雨をこぼすとき!


 それは遙か下の婦人帽を濡らし、
 赤い水たまりを集め、
 それから朱色の車輪に乗って
 薔薇のようにうずまき遠ざかる 

295 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/09/28(土) 17:09:08.64 ID:nFOqzrP30
  Der Blinde   

ごらん 彼が歩いて 自分の暗いところのない
都市を中断していくのを
それはまるで明るい茶碗を横ぎって
ひとすじの暗い亀裂が走っていくようだ  そして一枚のかみの上にのように

かれのうえには事物の反射がえがかれているが
彼はそれを自分の中へ受け入れはしない
ただ 自分の触覚だけが動いている
まるで世界を――静けさや 抵抗を

小刻みな波のうちに捉えているかのように――
彼は待ちながら 誰かを選ぼうとしているかのように見える
そして身を奉げたように 片手をあげる
ほとんど厳かに まるで結婚するかのように

296 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/10/04(金) 21:06:16.67 ID:SL/wjgDB0
Chanson d’automne       秋の歌

 秋の日の
 ヴァイオリンの
   ながいすすり泣きに
 こころ痛み
 単調な
   もの悲しさを誘われる。

 時の鐘
 鳴りわたるとき
   息つまり、青ざめて
 むかしの日々を
 思い出し
   涙ぐむ。

 まことわたしは
 吹き荒れる
   風のままに
 ここ かしこ
 飛び散らう
   落葉の身の上。

297 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/10/11(金) 01:13:00.63 ID:qo+e7+6l0
   省察            


ああ、人は何を願うべきなのか
じっとしていた方がよいか。
しっかり自分を守っていた方がよいか。
それとも活動する方がよいか。
ささやかながら自分の家を建てるべきか。
それともテントの下に住むべきか。
岩をたのみとすべきか
かたい岩でさえゆらぐものを。

一つのことがだれにでもあてはまりはしない。
めいめい自分のすることに注意せよ。
めいめい自分のいるところに注意せよ。
立っている者は倒れないように注意せよ。

298 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/10/14(月) 12:58:56.13 ID:tsL2UTQF0
 

299 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/10/18(金) 20:26:04.79 ID:rNrvfA2C0
       
  Harte Menschen

 なぜに君たちの目はそんなにつれないのか。
 なんでもみな石にしてしまおうとする。

 いささかな夢もその中にはない。

 すべてが冷たい現在だ。

 君たちの心の中には一体
 太陽は輝いていないのか。

 君たちはついぞ子供でなかったことを
 悲しんで泣かなくてもよいのか。

300 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/10/22(火) 11:51:53.12 ID:g3s2y4xn0
300

301 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/10/23(水) 02:50:05.81 ID:O5rhi6Qu0
  Grodek   グロデク


 夕ぐれの秋めく森にこだまして
 死を呼ぶ火筒が鳴りひびく、黄金の平地が
 青い湖水が。その上を太陽は
 ひとしお陰鬱にころがってゆく。彼は
 瀕死の戦士を包み 傷ついた彼らの口の
 あらあらしい訴えを包んでいる。
 とはいえ 柳の谷底に
 怒れる神の住む赤いむら雲がひそやかに寄りつどう
 そそぎこぼされた血が 月の冷たさが。
 路はみな黒い腐敗へみちびいて尽き
 金いろの夜の枝組みと星のもとで
 英雄の霊たちに 血をながすその顔々に会釈しようと
 妹の影は沈黙の森を抜けてゆく。
 するとひくく、葦間がくれに秋のフルートが鳴り響いている。

302 :十月二七日永眠:2013/10/29(火) 19:44:08.13 ID:bfTSd13L0
   The Woodspurge   

 風がざわめき、風がしずまった――
 林と丘を吹き抜け、急に死んだようにやんだのだ。
 私は風の命ずるままに、歩き通してきたのだが、
 やっとの思いで腰を下ろした、――風が静まったから。

 両膝に間に顔をうずめてじっとしていた、――
 堅く結んだ口からは、悲しみの言葉も出なかった。
 垂れ下がった髪が草の上にかぶさり、
 鋭くなった耳には、陽射しが過ぎてゆくのが聞こえた。

 目を大きく見開くと、ずっと向こうまで?がった、
 十本ばかりの雑草がはっきりと眼に映った。
 光を避けるようにして生えていた数本雑草の中に
 燈台草が花を付けていた、――一つの花に三つの萼。


 悲しみが極まれば、分別がどう、
 況や思い出がどう、といった事は問題にならない。
 その時、私が知り、今でも記憶に残ってることは唯一つ、――
 燈台草の花には三つの萼があるということ……。

303 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/04(月) 09:29:57.93 ID:ChbYyZri0
 

304 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/06(水) 17:26:29.77 ID:OkccA9SyO
        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/
    !゙    (__人_)  |
    |     |┬{   |  この週漫板を荒らしている† 蒼い閃光 †◆VKIF8WZmG6及び† 大魔王ゾーマ † ◆VKIF8WZmG6(笑)とかいう厨二病丸出しな糞コテも仕分けしないといけませんなあ
   \    `ー'  /
    /       |

305 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/07(木) 06:18:10.94 ID:FXEOzOq80
Chant d’automne       秋の歌

              T

 まもなく私たちは沈むのだ 冷え冷えとした闇の底に。
 お別れだ、まぶしい光よ、私たちの夏は短すぎた!
 早くも聞こえてくるではないか、陰惨な衝撃とともに
 中庭の敷石にたきぎの落ちて鳴る音が。

 冬のすべてが私の中に立ち戻る。怒り、
 憎しみ、おののき、怖れ、逃げられぬつらい労働、

 そして、極北の地獄に閉ざされた太陽に似て、
 私の心も、赤く凍ったかたまりにすぎなくなろう。

 落ちるたきぎの一つ一つにふるえながら聞き入れば、
 死刑台を建てるにもこれほど鈍いこだまはすまい。
 私の精神は崩れ去る塔にそっくりだ。
 城攻めの重い大槌をひっきりなしにに打ち当てられて。

 あの単調な衝撃に揺られていると、気のせいか、
 どこかで慌しく棺桶に釘でも打っているようだ。
 誰の棺桶?――昨日は夏だった、今は秋!
 この不思議な物音は別離の合図のように鳴り渡る。

306 :!ninja:2013/11/07(木) 10:13:08.20 ID:/mvpTozpP
テスト

307 :!ninja !nanja:2013/11/07(木) 10:14:31.10 ID:/mvpTozpP
ん?忍法帖壊れてるのかな

308 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/13(水) 19:19:04.24 ID:8rAiEYa/0
  タイヤ交換

 ぼくは道端にしゃがみ、
 運転手はタイヤを換える。
 出て来たところにもいたくはない。
 今から行くところにもいたくもない。
 ならどうしてタイヤ交換を見ているのだろう。
 いらいらしながら。

309 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/14(木) 00:51:24.07 ID:CEnpf0qX0
   「貧困と死の巻」
 

 なぜなら 主よ 大都会は
 失われたもの そして分解したもの
 最も大きな都会は焔からの潰走に似てます――
 そして都会を慰め得る慰めは何ひとつなく
 その区々たる時が流れ去ってゆきます


 そこで人々はあわれな苦しい生活をし
 深い部屋の中で 身振りも気遣わしげに
 初めて生まれた獣の仔の群にもまして怯えています

 そして戸外であなたの大地が目覚めて息づいているのを
 人々は生きながらもはや知りません


 そこで子供たちはいつも同じ陰影の中にある
 窓際の会談のところで育ち
 遠方と幸福と風にみちた日へ
 戸外で花が呼びかけているのも知らず――

 しかも子供でなければならない宿命のもとに
 悲しい子供となっています


 そこで娘たちは見知らぬ者のために花咲きながら
 子供の頃の安らぎを慕っています
 しかし そのために彼女たちが燃え上がったものがいないので
 ふるえながら また身を閉じ
 蔽いかくされた奥の部屋で
 幻滅の母性の日々を
 意思のない啜り泣きの長い夜々を
 
闘いも力もない冷たい年々を送っています
 そしてまったく闇のなかに死の床が横たわっており
 彼女たちはおもむろにそれに憧れています
 
 そしてまるで鎖につながれているように永くかかって死に
 女乞食のように息が絶えてゆくのです

310 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/14(木) 00:52:44.74 ID:CEnpf0qX0
 The Dream Songs   夢の歌
  
 人生とは、諸君、退屈なものだ。だがそれを言ってはいけない。
  
 何しろ空はきらめき、大いなる海は思い焦がれ、
 ぼくら自身もきらめき焦がれ、
 
 その上、子どものころ母さんから(何度も何度も)
 聞かされたが、「仮にも退屈を認めるというのは、
 自分に何も

 才覚がないということ」。してみると、ぼくには何も
 才覚がないらしい、死ぬほど退屈だから。

 どこの国の人間も退屈、
 文学も退屈(特に大学が)、
 ヘンリーも退屈――いつもアキレスみたいな苦境に立って、
 不平たらたら、

 人々を愛し、立派な芸術を愛し――それがまた退屈だ。
 そして静かな丘も、ジンも、およそ退屈に見え、
 なぜか一匹の犬が
 自分と尻尾をはるかに遠い遠い
 山か海か空かへ運んでいってしまい、あとには


 おどけ者の、ぼくひとり、ぴくぴく。

311 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/14(木) 00:54:18.21 ID:CEnpf0qX0
    I am

 私は生きている。だが、私のことを誰も構ってくれない、
   忘れてしまったのか、友達は見向きもしてくれない。

 私は悲しみで自分の命を縮めている人間なのだ、――
   悲しみが過去の亡霊のように群れをなして出没する、
 あるものは忘れ去った懐かしい影、そして死の影。

 だが、私はまだ生きている、まわりに纏わりつく亡霊と共に
 生きている、そしてやがて侮りと罵りのない世界へ消えてゆき、
   白日夢のどよめく海原へと去ってゆこうとしてる。

 そこには生けるしるしもなく喜びもなく、あるのは、私が
   生涯を通じて築いた名声の難破した姿かも知れぬ。

親しかった者たちも、――かつて私が心から愛した者たちも、
今では私に冷たい、いや、他人以上に冷たい・・・

312 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/14(木) 00:55:02.41 ID:CEnpf0qX0
  SPLEEN   脾臓   


 私はまるで、雨ばかり降る国の王のようだ、

 富みながら、不能、若いくせにすっかり老いて
 師博たちが平身低頭するのを蔑み、

 犬、またはどんな動物を相手にも退屈している王。

 何ものも王を楽しませはせぬ、狩りの獲物も、追う鷹も、
 露台の真向で死んでゆく人民の姿も。
 
 お気に入りの道化師の、グロテスクな歌物語も、
 もはやこの残忍な病人の気を晴らしはしない。


 百合の花模様の寝台も、墓となり変り
 王者ならばすべて美男子と心得る化粧係り侍女たちも
 この年若い骸骨から、微笑みひとつ引き出すための、
 淫らな装いを考え出そうとしてもはや空しい。

 王のために黄金を作り出す学者も、王の身体から、
 腐敗の要素をえぐり取ることはできなかったし、
 
 世の権力ある人々が、老いの日々に思い出すのを常とする、
 古代ローマ人からわれわれに伝わる、かの血浴みの法を用いても、
 この麻痺した屍をあたためることはできなかった
 
 そこは血の代りに、<忘却の河>の緑の水が流れているものゆえ

313 :ZERO:2013/11/15(金) 10:51:56.75 ID:HSw0wBHR0
  死よ、驕るなかれ    


死よ、驕るなかれ、たとえ連中がお前を強大で恐るべき者と
  呼んだとしてもだ――お前はそんな者では全然ない。
  お前が亡ぼしたと自惚れている相手にしても、
死んでなんかいない、――私だってお前に殺せはしないのだ。


お前とよく似た休息と眠りからでも、喜びが溢れ出ている、
  とすれば、お前からはもっと多くの喜びが溢れ出るはずだ。
  敬虔な人たちが喜んでお前と共に旅立つのも当然な話だ、
お前が肉体を休めてくれ、魂を解放してくれるからだ。


お前は、運命や偶然や王侯や絶望した人間のしがない奴隷、
  そして、毒薬や戦争や病気のしがない同居人にすぎない。

  眠るだけならケシの実や呪いに頼る手もある、――しかも、
お前の一撃よりも効目がある。だから威張るのはよすがいい。


ほんの束の間の仮眠から目覚めれば、永遠の命がやってくる。
つまり死は無くなる。死よ、お前は死んでしまうのだ。

314 :描き続けたものへ:2013/11/15(金) 10:53:32.43 ID:HSw0wBHR0
   Das  Gottliche   神  性

 人間は気高くあれ、情け深くやさしくあれ!
 その事だけが、 我らの知っている
 一切のものと  人間とを区別する。

 我ら知らずして ただほのかに感ずる
 より高きものに幸あれ!
 人間はその高きものに似よ
 人間の実際の振る舞いが
 それを信じさせるようであれ

 自然は 無感覚なり。
 太陽は 善をも悪をも照らし、
 月と星は 罪人にもこの上ない善人にも
 同様に光り輝く。

 風と溢るる流れと 雷鳴のあられとは
 ざわめきつつ進み、だれ彼となく捕えては
 急ぎ通り過ぎる。

 同じように運命も
 人々の中に探りの手を入れ、
 少年のけがれない
 巻き毛を捕えるかと見れば
 罪を犯せる
 はげ頭をも捕える

 永劫不変の 大法則に従い
 我らはみな 我らの生存の
 環をまっとうしなければならぬ。

 ただ人間だけが
 不可能なことをなし得る。
 人間は区別し
 選びかつ裁く。
 人間は瞬間を
 永遠なものにすることもできる。

 人間だけが
 善人にむくい、
 罪人を罰し
 癒し救うことができる。
 またすべての惑いさまよえる者を、
 結びつけ役立たせる。

 我らはあがめる
 不滅なものたちを。
 彼らも人間であって
 最上の人間が小さい形で
 なし、あるいは欲することを
 大きい形でなすかのように。

 気高い人間よ、 情けぶかくやさしくあれ!
 うまずたゆまず、 益あるもの正しきものをつくれ。
 そしてほのかに感ぜられた
 より高きもののひな型ともなれ!

315 :われら:2013/11/15(金) 10:55:20.04 ID:HSw0wBHR0
 われら 音楽の創造者

 われら 夢見るもの

 波浪砕ける寂しい波打ちぎわをさまよい

 干あがった川辺に腰をおろす


 世界を見失ったもののうえにも

 世界に見すてられたもののうえにも


 青白き月の光はふり注ぐ

 けれども・・・

316 :われら:2013/11/15(金) 10:57:56.77 ID:HSw0wBHR0
 けれども、われらは
 
 この世界を永遠に揺り動かすもの

 この世界に偉大なる都市を築きあげ

 神話から帝國の栄光をつむぎあげる

 心に夢をいだくものよ

 歩を進めて王冠をこそかちとるべし

 新たな歌の調べを知るものが三人いれば

 帝國を斃(たおす)も可なり



 われら年老いて

 地中に埋もれた過去に横たわるも

 吐息をもてニネヴェを興し

 陽気なざわめきもてバベルの塔を築かん

317 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/15(金) 11:00:33.24 ID:HSw0wBHR0
 おお、この身とこの命よ!

 いくたびも思い悩むこの疑問

 信仰のないものが長蛇の列をなし

 都会は愚者であふれんばかり

 どこに美点があるというのか?


 おお、この身とこの命よ! 

 答はひとつ

 きみがそこにいるということ

 命が息づき、この身がまさしく存在するということ

 壮麗な芝居がつづけられ

 きみもそこに一篇の詩を寄せることができるということ



 「きみもそこに一篇の詩を寄せることができるということ」


 「諸君の”一篇の詩”はどんなものになるのだろう?」

318 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/21(木) 11:51:13.62 ID:exNcJf3v0
あさきちゃん可愛い

319 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/21(木) 13:48:13.51 ID:UtMyk6lY0
 

320 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/21(木) 15:08:25.08 ID:a36UuQ030
ある一つの言葉


余りにもしばしば冒とくされているので、私までが
  冒?するのは憚られる、ある一つの言葉がある。
余りにも誤って軽蔑されているので、貴女までが
  軽蔑するとも思えぬ、一つの感情がある。
余りにも絶望に似ているので、世間的配慮から
  私が圧殺するまでもない、一つの希望がある。
もし貴女が私のに一掬の憐れみを示してくれれば、
  他の女の示す憐れみよりもどんなに有難いことか。
私は、いわゆる愛という言葉を貴女に送ることは出来ない。
  だが、私が真心からささげ、天に許されるはずもない、
貴女に対する崇拝の思いを、貴女に受け入れてもらうことは
  果たしてできないものであろうか。私のその思いは、
天上の星を慕い求める蛾の願いであり、
  黎明を待ちわびる夜の願いなのだ。
いや人間の悲しみの世界の遥か彼方の、
  ある何ものかに憧れる思いなのだが…

321 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/27(水) 11:54:49.19 ID:hvmIdzEp0
黄昏の白いバラ   


悲しげにお前は顔を
葉の上にもたせかける、死に身にまかせて。
お前は幽霊のような光を呼吸し
あおざめた夢をただよわせる


だが、お前のなつかしい香りは
まだ一晩じゅう部屋の中に
最後のかすかな光の中で
歌のようにしみじみとただよう。


お前の小さい魂は
憂わしげに、名のないものに手を差しのべる。
そしてお前の魂はほほえみながら死ぬ、
私の胸で、姉妹なるバラよ。

322 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/11/28(木) 16:44:09.71 ID:LCIYbxTd0
 

323 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/05(木) 02:45:38.86 ID:P7B2jwsY0
 Er ging im Dunkel  

彼は、黒い木立のかさなる影が
彼の夢を冷すやみの中を好んで歩いた

だが、彼の胸の中には、光へ、光へと
こがれる願いが捕えられて悩んでいた。

彼の上に、清い銀の星のこぼれる
晴れた空のあることを、彼は忘れていた。

324 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/05(木) 02:48:48.47 ID:P7B2jwsY0
地球最後の世紀にアメリカ人が学んだように
情報の自由な流通こそ専制政治に対抗しうる唯一の手段である。

支配者が情報を制御できなくなった途端、それまで虐げられてきた人々の
自由と活気がみなぎることだろう。

しかし今、自由を掲げてきた国が次第に情報に対する統制を強め、専制政治への
道を歩みはじめた。

情報へのアクセスを拒否する者に注意せよ。
その者はあなたを支配することを夢見ているからだ。

-理事長 プラヴィン・ラル”国連人権宣言”-
シド・マイヤー製作「アルファ・ケンタウリ」

325 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/07(土) 15:37:48.11 ID:GEboAcHt0
 

326 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/10(火) 14:14:25.81 ID:eNepXaD90
 

327 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/14(土) 00:04:10.33 ID:qvOy2wVB0
  白い雲

おお見よ、白い雲はまた
忘れられた美しい歌の
かすかなメロディーのように
青い空をかなたへ漂っていく!

長い旅路にあって
さすらいの悲しみと喜びを
味わいつくしたものでなければ
あの雲の心はわからない。

私は太陽や海や風のように
白いもの、定めないものが好きだ。
それは、ふるさとを離れたさすらい人の
姉妹であり天使であるのだから。

328 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/20(金) 13:40:17.26 ID:pRHqAvYG0
  
   時は身をかたむけて     

 時は身をかたむけて、わたしにふれる、
 あかるい金属のひびきをたてて。
 感官はふるえる、わたしは自分の可能性を感じ――
 そして造形の昼をつかむ。

 わたしが観るまでは、何ひとつ完成していなかった、

 あらゆる生成がしずかに停まっていた。
 いまこそわたしの眼差しは熟し、そのひとつひとつに
 望むものがくる、花嫁のように。

 わたしにとって小さすぎるものはなく、しかもわたしはそれらを愛し、

 金地のうえに大きく描く、
 そしてたかだかとささげ、そうしてそれが
 だれのたましいを解き放つのかを知らない・・・・

329 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/22(日) 19:30:16.76 ID:80em2v+E0
 

330 :ある勇気ある女性に:2013/12/24(火) 11:20:23.31 ID:c7U+kwRm0
   あるひとに   


 やさしい歌声が消えたとて
 調べは思い出の中にふるえ――
 かわいいスミレがしぼんだとて
 香りは呼び覚まされた感覚のうちに生きる

 バラは枯れたとて バラの花びらは
 恋人の寝床に敷かれる
 あなたが去ったとて あなたへの想いに
 愛はやすらかにねむるであろう

331 :すまん使うぞ:2013/12/24(火) 11:22:01.86 ID:c7U+kwRm0
 
   このなきがらを葬る
     <黒人霊歌>

私は知っている、月の出る時、星の出る時―
 このなきがらを葬るのだ。
わたしは歩く、月明かりを、星明りを
 このなきがらを葬るために。

わたしは歩く、墓地の中を、墓地中を、
 このなきがらを葬るために。
わたしは草の中に横たわり両腕をのばす―
 このなきがらを葬るのだ。

わたしはその夜、審判をうける、
 このなきがらを葬る日の夜。
そしてわたしの魂はあなたの魂と会う
 このなきがらを葬るその日に。

332 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/30(月) 11:21:55.71 ID:+fTK9to/0
  誠実な人間  

誠実な人間とは
  その心が清潔で、
曲がったことをせず、
  虚栄心とは無縁な人のこと。


そういう人は、ただ黙々と、
  純粋無垢な日々をおくり、
希望にも心惑わされず、
  悲しみにも乱されはしない。


そういう人は、城壁や鎧で
  自分の身を守る必要もなく、
晴天から降ってくる禍を避けるため
  秘密の地下室を設ける必要もない。


そういう人は、いや、そういう人だけが、
  深遠から迫ってくる恐怖も、
大空から襲ってくる脅威も、
  臆することなく見据えることができるのだ。


そして、運、不運のもたらす
  苦悩を超然と直視し
天を仰いでそこに神意を読み、
  敬虔な思いこそわが知恵と考えるのだ。


さらにまた、善き思いをわが友とし、
  満ちたれる老齢をわが財産と見なし、
この土地の生を静かな旅の宿と見、
  自らを静かにそこに宿る旅人と考えるのだ。

333 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2013/12/31(火) 09:06:19.15 ID:YD6UZFry0
    暗 い 丘
   

 夕ぐれどき西方の暗い丘、

 そこには日没が、地下の兵士の古い骨を

 休ませるために歌うたった

 黄金の角笛の音のようにただよう。

 太陽の軍団が輝いている所、

 旗の立っているあたりから今は遠く離れて


 お前は消え去る。あたかも終りの日々が

 消えて行き、すべての戦いがなされてしまったように。

334 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/01(水) 00:33:02.83 ID:B41gfWeb0
       Dover Beach

今夜の海は実に静かだ。
潮が満ち、月が煌々と海峡を照らしている。
フランスの海岸では、燈火がが明滅しており、イングランドの巨大な断崖は白く輝き、
穏やかな湾内を見下ろし、佇立している。
君も、窓際にきて、この爽やかな夜風に当るといい。
海原が月光の下に白く浮かび上がった陸地と接し、飛沫が延々と続いている、ほら、あの辺りから、
小石の擦れ合うざわめきが聞えてこないかい?
あの音は、波が引くとき運び去り、打ちよせては岸辺の奥へと、運んでくる小石の奏でる音だ、――そうだ、あれは。
ゆるやかに篩えるような音響を響かせながら、大きくなっては静まり、静まっては大きくなり、――永劫にやむことの無い、
悲しみの調べを奏でているのだ。

かつては、信仰が、いや信仰の海が、この海原と同じように、漫々と水を湛え
きらめく帯の襞さながらに、地球の岸辺をくまなく取り囲んでいた。
だが、私が今耳にしているのは、ただ、その海の愁いをおび、陰にこもった長い唸り声に過ぎない、――
それは、夜風の息吹きとまざり合い、この世界の荒涼無残な極限の彼方へ、――裸の小石が
空しく群がっているあたりへと、流れていく声なのだ。

ああ、君、せめてわれわれだけでも、
お互いに忠実であろうではないか!なぜなら
多彩で流麗で溌剌たる夢を孕むもののように、
われわれの眼前に横たわっているこの世界も、
その実は、喜びもなく、愛もなく、光もなく、
確かさもなく、平和もなく、苦痛を癒す力も無い世界なのだ。
われわれは、今、夜陰に乗じて衝突する無知の軍勢が上げる、
闘争と壊走の阿鼻叫喚の声に呑まれ、なすすべもなく、
暮れなずむ荒野に佇んでいるのだ・・・。

335 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/02(木) 17:20:30.69 ID:Ajo/68R70
 

336 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/07(火) 13:17:07.04 ID:gNUwLaPJ0
   家に帰る     

 長い旅からもどって来、
 冷たい部屋に、待ちうけている郵便を見つける。
 腰をおろして、重苦しい気持ちで手紙を開き、
 息苦しい寒気の中に白い息を吐く。


 ああ、君たちははなんと色々な手紙をくれることだろう。
 見知らぬ人や、私と同じ巡礼や求道者は!?
 ――ものみなのかげに夜と秘密が眠っていなかったら、
 生活はどんなにか荒涼とすさまじいことだろう!


 君たちの手紙を私は黒い暖炉積み上げる。
 君たちのたずねることに対し、私は答えを知らない――
 ぎらぎらと燃え上がる焔で私と共に暖まれ、
 あすはまたあすの日の明けるのを私と共に喜べ!


 世界は冷たく、私たちのまわりに敵意ある壁をめぐらしている。
 私たちの心だけは太陽で、楽しむ事が出来る――
 おお、世界の数々の幻よりも生きながらえる
 内気な火花が、私たちの胸の中でなんとふるえることよ!  

337 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/13(月) 14:01:09.41 ID:dcLcuvLC0
問題に口を閉ざした時から終わりが近づくのだ

マーティン・ルーサー・キング牧師

私は同胞達に伝えたい。今日の、そして明日の困難に直面してはいても、私にはなお夢がある。
それはアメリカン・ドリームに深く根ざした夢なのだ。
つまり将来、この国が立ち上がり、「すべての人間は平等である」というこの国の信条を真実にする日が来るという夢なのだ。
私には夢がある。ジョージアの赤色の丘の上で、かつての奴隷の子孫とかつての奴隷を所有した者の子孫が同胞として同じテーブルにつく日が来るという夢が

私には夢がある。
今、差別と抑圧の熱がうずまくミシシッピー州でさえ、自由と正義のオアシスに生まれ変わり得る日が来るという夢が。
私には夢がある。
私の四人の小さい子ども達が、肌の色ではなく内なる人格で評価される国に住める日がいつか来るという夢が。

私には今夢がある!

いつの日にかすべての谷は隆起し、丘や山は低地となる。荒地は平らになり、歪んだ地もまっすぐになる日が来ると。「そして神の栄光が現れ、すべての人々が共にその栄光を見るだろう。」

これが私達の希望なのだ。
この信仰をもって私は南部へ戻って行く。
この信仰をもってこそ絶望の山からも希望の石を切り出すことが出来るのだ。
この信仰をもってこそ私達は祖国にうずまく不協和音を人類愛のすばらしい交響曲に昇華することが出来るのだ。
この信仰をもってこそ、自由がいつか来るのだということを信じながら、私達は共に働き、共に祈り、共に苦しみ、共に投獄され、共に自由のために立ちあがることが出来るのだ。
そしてその日が来れば、その日が来れば神の民はみなおしなべて、新しい意味をこめて歌えるのだ。
「我が祖国よ、美しい自由の国をたたえ私は歌う。父が骨を埋めた国、開拓者の誇りとする国。すべての山々から、自由よ鳴り響け」と。

真にアメリカが偉大な国となるためには、これが実現しなければならない。

338 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/20(月) 18:36:42.02 ID:++UjLmic0
estntzte Eiche

カシの木よ、お前はなんと切り詰められたことよ!
なんとお前は異様に奇妙に立っている事よ!
お前はなんと度々苦しめられた事だろう!
とうとうお前の中にあるものは反抗と意志だけになってしまった。
私もお前と同じように、切り詰められ、
悩まされても、生活と絶縁せず、
毎日むごい仕打ちを散々なめながらも、
光に向かってひたいを上げるのだ。

私の中にあった優しいもの柔らかいものを
世間が嘲って息の根をとめてしまった。

だが、私というものは金剛不壊だ
私は満足し、和解し
根気よく新しい葉を枝からだす、
いくど引き裂かれても。

そしてどんな悲しみにも逆らい、
私は狂った世間を愛しつづける。

339 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/23(木) 21:23:42.03 ID:OtQX84ys0
 

340 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/01/27(月) 19:16:11.94 ID:z2vMr55p0
        L'Astre roung    赤い星
               天空の深遠には、サヒールなる大きく
               赤き星あらむ。  アベン=エズラ師
              

 死んだ「諸大陸」にかぶさる昏睡状態の大波、
 そこに一世界の臨終の戦慄が走ったその大波が、
 沈黙と無辺の広がりのうちに、膨れ上がる。
 そして赤いサヒールは、悲劇の夜々の奥底から、
 ひとり燃え上がり、血に染まる眼差しをその波に投げる。

 むきだしの孤独の、はてしない空間を通して、
 この、無気力で、鈍重で、空虚で、虚無さながらの深遠、
 サヒール、無上の証人、海をいっそうどんよりさせ
 天をいっそう暗くする陰性の太陽が、
 万物の睡りを、血みどろな眼で、いとしげに眺めている。

 天才、愛情。苦痛、絶望、憎悪、羨望も、
 人が夢みるもの、人が崇めるもの、人をだますものも、
 「天」も「地」も、往古の「瞬間」に属するものは、もう何もない。
 「人間」と「生命」の忘れられた夢の上で
 サヒールの赤い「眼」は永遠に血を流す。

341 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/03(月) 19:46:42.84 ID:DBsNHKSd0
     Verzuckubg      


酔いしれた夜の中で
森と遠方が私の方にからだを曲げる。
私は青空と冷たい星と
夢の傷ついた華麗さを呼吸する

おお、そうすると、酔った世界が、
女のように私の胸に横たわり
うっとりとした苦痛のうちにあかあかと燃え、
その叫びは、かん高く幻惑させる。
遥か遠い深みからくる
けもののうめきと羽ばたき、
海辺で過ごした青春時代の
跡形もなくなった日々の余韻、
いけにえの叫びと人間の血、
火あぶりの死と修道院の僧房、

すべては私の血の波、
すべては神聖でよい!

何ものも外になく、何ものも内になく、
何ものも下になく、何ものも上になく、
すべての固いものは消滅しようとし、
すべての限界は飛散した。

星は私の胸の中を巡り、
ためいきは空に没し、
すべての生命の心と喜びとが、
一層うっとりと燃え、一層はなやかにゆらぐ。
あらゆる陶酔が私には好ましく、
私はあらゆる苦痛に胸を開き、
祈りつつ流れこみ、
世界を心臓に引き入れられる。

342 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/08(土) 11:00:57.72 ID:K0X0Ne1Q0
   冬の日


おお、なんと麗しく、きょうは
雪の中で光が冷めることよ!
おお、なんと優しくバラ色の遠空が火花を散らす事よ!
だが、夏、夏ではない。

ひと時も休まず、私の歌はあなたに話しかける、
遥かな花嫁の姿よ。
おお、なんと優しくあなたの情けは私に話しかけることよ!
だが、愛、愛ではない。

長い間、情けの月光は照らなければならない。
長い間、私は雪の中に立たなければならない。
いつの日か、あなたと空と山と湖とが
深い愛の夏の炎熱の中でやけるまで

343 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/14(金) 15:23:20.40 ID:bSP+sNtG0
 

344 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/14(金) 19:18:08.79 ID:FTZL5Dcv0
         スキーの休息


  高い斜面で滑り降りる身がまえをして、
  私はストックにもたれ、しばしば休息する


  そしてまぶしく、広々としたあたりの
  世界が青く、また白く輝いているのを見る。

  上の方には黙々と峰をつらね
  山々が寂しく凍えているのを見る。

  下の方にはまぶしい輝きの中でかすみ、
  谷を貫き谷をめぐって、それらしい小みちが急降下している

 

  私は、孤独と静寂に圧倒され
  しばしばぼんやりとたたずむ


 
  それから下に向かって斜面にそい、
  谷の方にまっすぐに息もつかず滑る。

345 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/25(火) 04:40:23.49 ID:l2IqpoUF0
I

346 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/25(火) 04:45:46.74 ID:l2IqpoUF0
    色 彩      
             

 雪白の雪の上はとても青く

 緑の樅の木々はとても黒く

 静かに駆けていく鹿が

 どうしても断ち切れない悲しみのように

 灰色にみえる



 雪の調べに足音がぎしぎしとまじる

 風が白いヴェールをかぶった木々に

 雪片を吹きもどす

 ベンチが夢のようにたたずんでいる



 光たちが落ち 影とたわむれる――

 果てしのない輪舞

 遠くの灯火が雪明りから借りた

 くすんだ光をまたたいている

347 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/02/26(水) 20:16:13.97 ID:JGmpkdsj0
 

348 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/03/03(月) 22:05:36.25 ID:n1ylbZTs0
 

349 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2014/03/04(火) 00:05:19.99 ID:U5r93iWJ0
    月 の 光 に

 月の光に海は凪ぎて
 波のささやく声もひくし。
 ここの重き愁い涌きて
 古きしらべをわれは思う。

 古きしらべはわれに語る、
 海に沈みし古き街より
 鐘と祈りのひびき鳴りて
 海の底より聞こえ来ると。

350 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/09(日) 20:30:47.32 ID:dKam/BiH0
最古スレはここかな?

351 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/10(月) 18:47:34.27 ID:APAzTtJI0
むき出しの真実

私にはよく解る

絶望は翼を持たぬ、
愛もまたしかり、
どの顔も
語らず
私は身じろぎもせず、
見つめることもせず、
語りかけもしない
でも、愛と絶望のある限り生きている.


苦悩の首都

352 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/14(金) 02:55:01.22 ID:cNBPbV7V0
   Rondeau    


 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた
 風と寒さのマント、
 そして縫い取りを身につけた
 澄んで輝く日ざしの縫い取り。

 獣も鳥も声を揃えて
 それぞれの言葉で歌い叫ぶ。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた!と。

 川も、泉も、せせらぎも
 綺麗なお揃いのお仕着せか、
 水滴の銀の細工を身にまとい、
 誰もが衣を改める。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた。

353 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/16(日) 17:32:47.34 ID:mHG+D7EB0
 

354 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/19(水) 13:18:52.16 ID:Xg71A6b30
    Youth .

 青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ
   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう

   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心

人生への歓喜と興味
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる

   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける
限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、

悲嘆の白雪が 人の心の奥までも蔽いつくし、

皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、

この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる

355 :クラークへ@転載禁止:2014/03/19(水) 13:21:00.08 ID:Xg71A6b30
年老いたものに新時代の価値を予言して

彼らを打ち滅ぼさん

ひとつの時代とは死にゆく夢の謂なれば

生まれいずる夢の謂なれば

356 :計劃@転載禁止:2014/03/20(木) 08:53:19.62 ID:Ni7DCzH/0
     イタリアを望む     

湖のかなたに、バラ色の山の後ろに、
イタリアが横たわっている、私の青春の賛仰の国が、
私の夢になじんだ故郷が!
赤い木立ちは秋を語っている。

私の一生の秋の始めにのぞんで
私はひとりすわって、
世界の美しいむごい目をのぞきこみ、
愛の色を選んで、描く。

この世界は私をあんなにも度々欺いたが、
私はやっぱり世界をいつもいつも愛している。

愛と孤独、
愛と、満たされぬあこがれ、
それが芸術の母だ。
私の一生の秋にもまだ、
それらは私の手を引いて導いてくれる。

そのあこがれの歌が
湖と山々と、別れを告げる美しい世界に
不思議な力で輝きをひろげる。

357 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/24(月) 06:35:22.85 ID:aAbCaKQC0
    春 

 
 太陽。溶け始めた、僅かに残る雪。
 すべての屋根から滴る水。
 こつこつとひびく靴の踵。
 濡れてきらきら光る道。
 高い柵のうしろにある、
 なかば追いたてられた鹿のような草・・・・・・


 空。降り下る、緩やかな、暖かい雨。
 わけもなく吠えたてる犬。
 ふわふわと風になびくコート
 笑い声のような、薄い服。
 子どもの手のなかに、少し湿った雪。
 目のなかに、最初のクローバへの憧れ・・・・・・


 春。木々は今ようやくすべての葉を落とし、
 どの潅木も新しい幸福の使者として、
 やさしく鳴りひびいているよう。
 そして、明日は燕も戻ってくる。

358 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/03/31(月) 21:59:11.87 ID:YlwOdntf0
!

359 :合格だ@転載禁止:2014/03/31(月) 22:15:55.11 ID:YlwOdntf0
  
     星の光


 夜がきた、だが早すぎたのではない、
 そして静かに沈んで、
 まったく静かに、小さい月が
 空のうしろに落ちて行く。

 地上にも天上にも光とては
 ただ冷たい 星の光だけだ。
 そして最初の夜番は
 赤い惑星の火星(マルス)に当てられる。

 
 それはやさしい愛の星か?
 愛と夢との星なのか?
 おお、違う! 空のあの青いテントから、
 勇士の鎧がきらめいている。

 するとまじめな思想が私の心にわきおこる、
 夕日に懸けられた
 あの赤い星の盾を
 遠くに私が眺める時に。
 ああ、力の星よ! 私は見る、君が立って
 私の苦痛をみてほほえんでいるのを。
 君が鎖甲をした手でさしまねくと、
 私はふたたび強くなるのだ。

 私の胸のうちにある光とては、
 ただ冷たい、星の光だけだ、
 私は最初の夜番を
 赤い惑星の火星(マルス)に当てる。


 不屈の意志の星、
 かれは私の胸の中に昇る、
 穏やかに、決然と、そして静々と、
 そして平然と、落ち着いて。

360 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/04/07(月) 11:35:58.65 ID:EMMI20rt0
     春  Fruhling

 私たちがいま春とともにあると思うのは
 ほのかな新しい光がさしてきたからではない
 それはむしろ澄みわたった庭園の道のうえで
 たわむれているおだやかな陰影のせいなのだ
              カゲ

 陰影は庭を私たちのものにしてくれる
 いま始まった変容のなかで
 私たちが既に予めもっと変化した自分を見出すとき
 私たちの驚きを木の葉の影がしずめてくれる

361 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/04/07(月) 14:57:25.12 ID:KTGlpryM0
 

362 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/04/11(金) 14:57:16.10 ID:kgJnT6sy0
 
    春    Fruhling 
        

 若い雲が静かに青空を走って行く。
 子どもたちは歌い、花は草の中で笑う。
 どちらを見ても、私の疲れた目は、
 本で読んだことを忘れたいと願う。

 ほんとに、本で読んだむずかしいことは
 みんな溶け去って、冬の悪夢に過ぎなかった。
 私の目はさわやかに癒されて、
 新しいわきいでる造化を見つめる。

 だが、凡そ美しいもののはかなさについて
 私自身の心の中に書き記されているものは
 春から春へながらえて
 どんな風にも吹き消されはしない 
 

363 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/04/13(日) 11:41:02.20 ID:XFk+uYyE0
がんばるね、、、

364 :出崎@転載禁止:2014/04/17(木) 06:25:41.75 ID:Waxbwo/D0
     Prospice    
 
  死を恐れる? 喉が霧のために苦しくなり、
    眼が霞のためにぼやけるのを、私が恐れる?

  いかにも、雪が降りだし、疾風が吹き出せば、
    ああ、俺も最後の土壇場に近づいたと、――

  暗黒と嵐の本拠に、敵の牙城に、ついに
    近づいた、と私も悟るかもしれぬ。

  そこには、あの恐るべき「恐怖」が姿を現すかもしれぬ。
    だが強い男は怯むことなく前進しなければならぬのだ。

  旅路は終わり、越すべき峠は越した、
    障壁もまさに崩れ落ちようとしている。


  とはいえ、もう一戦が、一生涯をかけて戦い求めた
    勝利の栄冠を手にするためもう一戦が、残っている。

  私は終始戦ってきた男だ、だから、もう一戦が、
    必死の最後の戦いが残っているのだ!


  死神に目隠しをされ、そのお情けに縋って、鞠躬如(きっきゅうじょ)として
    その関門を通り抜けるなどもっての他だ。

  断じて否だ! 私には死の一切を味わわせ、仲間である
    昔の英雄たちと同じ運命を辿らせ、
  
  真っ向からその衝撃を受けさせ、苦痛と暗黒と凍冷という、
    生命の負債を一挙に返却させてもらいたい。

  なぜなら、勇者には、突如として、最悪の事態は最善の
    ものへと一変し、暗澹たる瞬間は終わってゆくからだ。

  いや、吹きすさぶ嵐も、荒れ狂う悪魔の怒号も、
    静まり、穏やかな調べとなり、

  忽然として変化し、苦痛から脱却した平静が現われ、
    ついで光が現われ、ついで君の胸元が現われるからだ。

  おお、わが妻よ、わが魂の魂よ! 私は再び君を抱くのだ、
    そして、その他の一切は神の御心に委ねるのだ!

365 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/04/22(火) 13:21:15.33 ID:45QurB1s0
 

366 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/04/25(金) 01:18:28.92 ID:EMSIdMbn0
 
 極から極をおおうこの地獄のような暗闇の

 わが身をつつむこの闇の奥より

 わたしはなべて神なるものに感謝を奉げる

 この不屈の魂をさずけてくれたことに

367 :編集王@転載禁止:2014/04/27(日) 10:49:50.40 ID:ViQGqADj0
  プロローグ

       この詩集を持った友に

 もう伝説のようになっている少年のころから
 私を動かして喜ばしたことのあるものを、
 考えたことや、夢みたことや、
 祈りや、求愛や、嘆きなどにちなむ、
 たまゆらな、色とりどりの落ち穂、残らず、
 あなたはこのページの数々に見出します。
 それが好ましいものか、無益なものかは、
 あまりむきになって問わないことにしましょう――
 やさしく受け入れてください、この古い歌を!

 私たち、年とったものにとっては
 過ぎ去ったものの中にたたずむことはゆるされており、慰めにもなります。
  
 この数千行の詩句の背後には
 一つの命が花咲いています。かつてはそれは甘美だったのです。

 こんなつまらないものにかまけたことを
 追求されたとしても、私たちは、
 今夜飛んだ飛行士達よりも
 血にまみれた痛ましい大軍よりも、
 この世界の偉大な支配者たちよりも、
 かるがると自分の荷物を背負っているでしょう。

368 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/05(月) 06:53:25.47 ID:jNsZRxy40
           
      五月に
              
 
 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   この緑の大地のこの鮮やかさ、美しさはどうだ!
 鶫の群れが鳴いている……
   この大気を吸っただけで、万物は恍惚となっている!

 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   あそこの小川が夢を見ている
 鶫の群れが鳴いている……
   緑の焔が見渡す限り燃えている!

 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   聞くがいい、全世界が神を讃え、神に祈っている!
 鶫の群れが鳴いている……
   安息日の平和に大気が酔っている!   

369 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/05(月) 06:55:08.31 ID:jNsZRxy40
風邪で死にそうだった
まだぐずついてる

370 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/05(月) 14:51:14.92 ID:i4i4n4un0
  な  右   :    わ   何        感   正
  か  翼   歌   か   で         じ   .直
  っ   ス   林   ら   皆          な
  た   レ   は    な   >>1         か    何
  か  住   元   い   乙           っ   も
  ?  民   々       す        た
        じ           る   /ヽ、  .な
        ゃ             の  / -‐ ヘ..,,_  __,,....-;''
                  か/.-'/`⌒ヽヽ>)ノ''⌒ヘヽ
゙''-..,,_              ,,/‐'´ ' /',゙ヽヽx'ソヘヽヽヽ
    ̄''ー――――――''´´ /' /'/!''│'`\x'ソヘヾヽヽ
  __              ,l |.;'"/'/´/ヘj'':二x:'こ ヽ lヾヽ
    /              /リノソ./'' ノ/''''''''' ̄ ̄ ̄''''ヽl:ヾヾ
  ,/             //:'/ /'/´/           Vl lヽ
 く__l          ノ,( ノ ノ / /,,,_            ヾ l
               ノ,,),ソ,/´'ノニ''ニ''‐.._    _....-‐::'''"l( l
┌――――――――――┐ハVノ{゙k`ソ^ヽ´ 、  1フフ''>l'l l
│   トロンボーン        | (ヽ(l}{ ´ ̄´´  |  ´ ̄'''´ !''
│   Tb.           |ノヽニソ       |      /;'!
│   パートリーダー    |  | lヘ      、_ 、     / il
│                | l/ │、     ´    /l  !l
│                |./l   ! iヽ、 ¬'ニー/ l !  !|
|    金井淵 涼     |l/   | ヽ ヽ _/  /  l  !
│               .| `ヽ  l,  \    ,/  !
└――――――――――┘ ‐−''"l   ,ゝ^^く   ノ`ー-'

371 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/11(日) 07:33:32.75 ID:8bPpSQKb0
 五月の歌
  (なんと目ざめるばかりに)

 なんと目ざめるばかりに
 自然の照りはえていることよ!
 なんと太陽の輝いている事よ!
 なんと野原のはなやぎ笑っていることよ!

 枝という枝から
 花がきそって咲き出でる。
 茂みの中からは
 数知れぬ歌声が。

 胸という胸からは
 よろこびがわき溢れる。
 おお大地よ、おお太陽よ!
 おお幸福よ、おお楽しさよ!

 おお愛よ、おお愛よ!
 あの山にかかっている
 朝の雲のように、
 黄金なすその美しさよ!

 お前ははなやかに祝福する
 さわやかな野や畑を、
 かぐわしい花がすみに
 包まれた天地を。

 おおおとめよ、おとめよ、
 どんなに私はお前を愛していることだろう!
 どんなにお前の目の輝いていることだろう!
 どんなにお前は私を愛していることだろう!

 歌と空とを愛する
 ひばりのこころにも似て
 空のかおりをを愛する
 朝の花のこころにも似て、

 私はお前を愛する、
 あつい血をたぎらせて。
 お前は私に青春と
 喜びはずむ心を与えてくれる。

 新しい歌と踊りに
 私のこころははずむ。
 いつまでも幸福であれ、
 お前が私を愛する限り!

372 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/15(木) 19:01:51.14 ID:p5pmsyt00
     、_ヽヽ 〈  V⌒ ー‐ 、: : : : :〉   お   
/ \ 二l-‐   〈   Yz    ヾ\: : 〉  知   東
        ヽ    〈     i      ´つ:〉  ら    京
/ \     ヤ   〈     /  〃ヽ  \ 〉  せ   湾
           〈   /  〃/∧    〉   //    終
/ \  / \  〈    ゝ// 丿 ヽ   〉  ゚ ゚    了
            〈     ヽヽ   ヽ  〉      の
/ \  / \  〈/ // ヽ\   } / 〉
            〈二_ 彡   ヽヽノ /ノ/´ ̄ ̄`Y´ ̄`Y
/ \  / \  〈 へ ヽ 彡  `ヽ/  
            〈  `` ,/      !         ヽ
/ \  / \  〈 ∧  〉}      {          ヽ
            〈 {  ゝ ,′     {            ヽ
/ \  / \  〈 ゝノ /     ∠⌒ヽ
            〈`ヽノ     く へ へく
/ \  / \  〈         { ´〈 ` ハ
            〈         { 「 ̄ }ノ‐l

373 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/17(土) 15:02:31.00 ID:zjQbwKFj0
        少年の五月の歌
                     

 おとめらは
 美しい花ぞのの中で遊ぶことができる。
 金色の柵がまわりにある。
 男の子らは
 うらやましそうに柵のふちに立ってぬすみ見し、
 あの中にはいれたら、と考える。

 この美しい花ぞのの中は
 清く明るい光に溢れ、
 そこにいる人はみなたのしげだ。
 ぼくたち、男の子らは待たなければならない。
 大きくなり、若い紳士になるまで、
 中にはいることはできない

374 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/17(土) 22:10:37.41 ID:tZnkeKRY0
         l       l;'l|  |    ,, -‐'';;;:::;;;;''''''' '';;::;\          |
   走  こ  |       l;'l |  |  ,, ''´; ,,;;;;:;:;;;;:: ,,,,,,,,,,;  :;;;;ヘ        | 漫   ん
         |.      l;l |  | li :;;;; ;:;;;::''',,,,ヾ゛,, '' ""'''ッ,,, .i        | 画  だ
   れ  ん  |     l;l l|  | |;;;::;;;;''''',,ヾ ` _,,,..........,,,,,,,,,_ ゙'',,     | は  よ
           |       l;l l|  | !'';;;;;;;;,'' ;;, ,,ィ'´,=ニニ,\ンik'_ヽ ';    N. よ   こ
    っ  な  |     l;l  |  | l,/7´l,, 乍l` 尸'´-'、'ヽiセテz、 l'',,''.  |  │  の
          >    l;l   ,|  |シ'´.| |;;;;ll=|      _ ,ゝ `|;;;|l     |  │  つ
   て  .漫  |    l;ll__ l,|  |;;;;;;;;l. l;;;;ll-|    _'_´_ 、 ,!;;l |.    |  │  ま
         r`  ,r'";;;; ;` i  |、;; ; `、 l;;;llt|  / ,ィニ二゙,-, ' ,!;;', l.    |  │   ら
   か  画  |,,-‐'' Zエ二ニ、ソ | ゙、`ー-';;;;;;;,、、/ lトニ==';;;l  ./"'';;! ‐=ニ   │  ん
    │      | _. .i'´ ̄  ,,;, `i |l ゙、;;;,,,;;;;;;;;;ヤ,、 !'-‐‐ニヽ'/./彡",;';    |   │
   |  抱 .|´/,, "-=ニ二ゝノl | ゙、 ゙、、;;;;;;;;;;ヘ`、 ー-,,,__,ン''゙;; _ ;;, ",,  |   っ
   │    | /::::, _    `〕i l. ゙、  ゙、;;;; ; ; ;i、 "''゙'',, ;; ;; ヾ,,'';; ';7  |,、       /
   |  .え |i:::::   ``゙'''‐、' l |  .∧.  \;; ; ;!.'',,' '   ,, ,,ヾンハー-iフ、  !ヘ  /|/
   │    ||':::  ,, ,, __.ノ .l | /./ >、  \、|l`.、ヾ、'''''"ノ // 人ト、` 、  |/
    っ  て l ゙、: -`‐''=-、'  .l |. './ / ,ヽ\ `ハ.i' 、`ェ、`'、//  / l `、.ヽ `ヽ、
   ヘヘ/ヽ、| :::`i‐-- ,,_ノ,  i l ' / /  `,ヽ\.!|ー-=ラ''フill,、 ̄i  l ヾ、、| ト、`
          l;;i'´  l l / /i|,_, r- t 、___,,ン-`ー||`ニ'マ';il|.||i.ヾ、 l  l   | l

375 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/24(土) 00:34:40.97 ID:XLt3p8hd0
 

376 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/24(土) 08:24:55.24 ID:K8qa4o1a0
    Acquainted with the Night   夜に馴染んで

  わたしは夜に馴染んだ人間だ。

  雨のなかを出歩いて――また雨のなかを戻ってきたこともある。
  いちばん遠い街の灯の、もっと先へも歩いていった。
 
  見るも哀れな路地のなかをのぞき込みもした。  
  巡回中の夜警とすれ違い、言い訳をするのがいやで、目を伏せたこともある。
  じっと立ち止まって足音を消し、
  家並みごしに、向こうの通りでふっととぎれた
  叫び声に耳をすましもしたが、それはわたしを

  呼び戻すためでも、さよならを言うためでもなかった。

  そして、もっと向こうのこの世ならぬ高みには、
  煌々たる天体の時計がひとつ、空を背景に、

  いまがまずい時でも、いい時分でもないと告げていた。
 
  わたしは夜に馴染んだ人間だ。

377 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/24(土) 08:25:58.44 ID:K8qa4o1a0
二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。
一人は泥を見た。一人は星を見た。

378 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/24(土) 11:00:26.77 ID:GbLsClsF0
        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/
    !゙    (__人_)  |
    |     |┬{   |  週漫板を荒らしている† 蒼い閃光 †◆VKIF8WZmG6=† 大魔王ゾーマ † ◆VKIF8WZmG6(笑)
   \    `ー'  /  =【天魔-デミウルゴス-†鎖された蒼の愚者†】 ◆htV/hEa7LqMN =デミちゃん ◆htV/hEa7LqMN
    /       |   とかいう『ファイアスノーの風』(笑)に出てきそうな厨二病丸出しなネーミングセンスの糞コテも
               マジで人生を打ち切らせないといけませんなあ(ゲラゲラゲラwwwwwwwwwww

379 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載禁止:2014/05/29(木) 14:44:39.29 ID:0704uJeO0
19 名無しさん@13周年 New! 2012/06/07(木) 16:29:22.58 ID:VM80pJ6t0


逃した人びとは多い。
たくさんの人びとが逃し、二度とめぐりあっていない。
なぜならそれは天気、光、月、時刻というすべての条件、夜の丘と暖かい草と列車と町と距離が、
ふるえる指の上で絶妙のバランスをとった瞬間にあらわれる夜だからだ。

       レイ・ブラッドベリ『生涯に一度の夜』

380 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/06/03(火) 06:44:32.53 ID:INYOnhXS0
   A Valediction

            ――窓ガラスに彫った名前


  ここにぼくの名を彫りつけたら
ぼくの固さがガラスにのりうつった
  すでにこのまじないにつかった
  ダイヤモンドとおなじほど固いし、
こうして君の眼がうつっていれば、
  どんなダイヤモンドよりねうちがある。


  秘密がなくて透明なところ
このガラスは感心にぼくによく似ている。
  おまけに反応もすばやく
  君の眼に君をはっきり反射させる。
しかしこの愛の文字はもっと奇跡を起こした、
  君はぼくを見ている――そのぼくは君だ。
  

  ここにある点と線とは
(ひとつひとつ、ぼくの付属品だが)
  雨にもあらしにも消えないから、
  いつまでもぼくはおなじだし、
まして君は、ここにこれだけの護符がある

381 :6月7日@転載は禁止:2014/06/07(土) 08:49:33.92 ID:IsZxxZTm0
          Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ・  

382 :UC 合格だな@転載は禁止:2014/06/07(土) 10:58:28.11 ID:IsZxxZTm0
    世界、 われらの夢


 夜、夢の中で、町々や人々や、
 怪物や蜃気楼や、
 ありとあらゆるものが
 魂の暗いところから立ちのぼる。
 それは君の形作ったもの、君自身の作品だ、
 君の夢だ。


 昼間、街や小路を通って行き、
 雲や人々の顔を見よ、
 そうしたら、君は驚いて悟るだろう、
 全ては君のもので、君はその作者であることを。
 君の五感の前で
 複雑多様に生き動いているものは、
 全く君のものであり、君の中にあり、
 君の魂が揺すってる夢なのだ


 君自身を通って永遠に歩み、
 あるいは君自身を制御し あるいは拡げつつ
 君は語るべきものであると同時に聞くものであり、
 創造者であると同時に破壊者でもある



 久しく忘れられていた魔力が
 神聖な幻を紡いでいる。
 そして計り知れぬ世界は
 君の呼吸によって生きている

383 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/06/15(日) 17:41:44.93 ID:r/rsZ09f0
l

384 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/06/17(火) 12:59:19.05 ID:mrPMOxBX0
 

385 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/06/17(火) 15:59:27.34 ID:m6dUocCZ0
  誠実な人間   

誠実な人間とは
  その心が清潔で、
曲がったことをせず、
  虚栄心とは無縁な人のこと。


そういう人は、ただ黙々と、
  純粋無垢な日々をおくり、
希望にも心惑わされず、
  悲しみにも乱されはしない。


そういう人は、城壁や鎧で
  自分の身を守る必要もなく、
晴天から降ってくる禍を避けるため
  秘密の地下室を設ける必要もない。


そういう人は、いや、そういう人だけが、
  深遠から迫ってくる恐怖も、
大空から襲ってくる脅威も、
  臆することなく見据えることができるのだ。


そして、運、不運のもたらす
  苦悩を超然と直視し
天を仰いでそこに神意を読み、
  敬虔な思いこそわが知恵と考えるのだ。


さらにまた、善き思いをわが友とし、
  満ちたれる老齢をわが財産と見なし、
この土地の生を静かな旅の宿と見、
  自らを静かにそこに宿る旅人と考えるのだ。

386 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/06/24(火) 02:05:49.98 ID:FV/ExAm+0
1

387 :king of pop@転載は禁止:2014/06/25(水) 01:20:13.94 ID:MI584lcs0
    喜びをもって


  喜びをもって……
  
  ただひたすらに感情を爆発させようとする、
  燃え上がり、陶然としている一連の人々……

  喜びをもって……

  わたしたちの内部に貯えられたエネルギーはすべて、
  この歓呼、歌、ステップで使い果たされる――

  周りで見物している人にとっては、この踊りは無秩序な叫び、
  足踏みとしかみえないかもしれない。

  しかしわたしたちにとっては、これはわたしたちの生活、
  わたしたちの願いのシンボルなのだ――

  《 あらゆる領域で自由を! 》

  そして、始めはゆるやかに揺れ――ぶらり、ぶらり――
  突然、踊りは解き放たれ、嵐のようにすべてをひっさらっていく……

  わたしたちはみんないっしょに笑い、歌い、歓声をあげる――
  そして踊りに踊る――息が絶えてしまいそう……

  ようやく、このもつれ合いは解きほぐれる。わたしたちは疲れ、
  しわがれ、息もつけない――それでもわたしたちは幸福なのだ!

388 :6年目@転載は禁止:2014/06/25(水) 01:21:45.81 ID:MI584lcs0
けれども
いまごろ ちゃうど おまえの年ごろで
おまえの素質と 力をもってゐるものは
町と村との一万人の中に おそらく5人はあるだろう
それらのひとのどの人も
またどのひとも
五年のあひだに
それを大抵無くすのだ
生活のために けずられたり
自分でそれを なくすのだ

すべての才や
力や材といふものは
ひとにとどまるものではない
ひとさへひとにとどまらぬ
おまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子と
その明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへを
もう見ない

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰かけてるやうな

そんな多数をいちばん
いやにおもふのだ

みんなが町で暮したり
1日あそんでゐるときに

おまへはひとりで
あの石原の草を刈る

そのさびしさで
おまへは
音をつくるのだ

多くの侮辱や
窮乏の
それらを噛んで
歌ふのだ

ちからのかぎり
 そらいっぱいの
    光でできた
  パイプオルガンを弾くがいい。

389 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/06/27(金) 15:59:38.48 ID:/eZPhUMS0
 

390 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/02(水) 22:52:24.50 ID:JsQDL8Md0
元やくざの組長です助けて下さい
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1402565156/

391 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/03(木) 16:52:39.40 ID:ZTqWF/Qz0
  アメリカの「独立宣言」から有名な一節を取ってみよう


 我々は以下の如き真理を自明の理と信ずる、

 即ちあらゆる人間は平等に造られたものであり

 彼等は造物主に依って特定の絶対権力を賦与されたのであり、

 これらの諸権利には生命と自由と幸福の追求が含まれているという事を信じる。

 これらの諸権利を確保する為に、政府が人間の間に組織されたのであり、

 権力は被治者の同意を得て生じたものであり、

 如何なる形の政体であれ、これらの諸目的を破壊するようになった場合は、

 人民がこれを改変し、或は廃止し、新たな政府を組織する権利があることを信ずる・・・。

392 :陰謀論くんは最悪の詐欺師だな@転載は禁止:2014/07/05(土) 14:25:47.39 ID:Lb+X/V5W0
ああっ 約束の土地へ〜どうぞ導いて〜♪
罪 人(つみびと)の群れを〜

螺旋階段へと 非常口を
飛び出したら
42階から見降ろすのは

欲望の町

誰も気づかないけど
滅亡(ほろび)の唄が 低く
流れてる
だから 駆け降りるの

393 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/10(木) 09:35:55.55 ID:y68uesS20
   彩られたリボンをそえて  


小さい花と花びらを
やさしい若い春の神々が
軽い手つきで戯れながら
私の薄絹のリボンの上にまく

そよ風よ、これを翼にのせて
私の愛する人の着物にからませよ!
すると彼女はいそいそと
鏡の前に立ち去って行く

バラに包まれた自分を見れば
自分もバラのように若やいでいる。
立ったひと目を、いとしい人よ!
それで私は満足だ。

この胸の思いを汲みとって
ためらわずその手をお出し。
そしてふたりを結ぶこのひもは、
弱いバラのひもではないように。

394 :ホーガンへ @転載は禁止:2014/07/12(土) 11:55:13.80 ID:geXuJlzR0
    宇宙的なものの歌


 詩神はいった、さあ
 どんな詩人もまだ歌わなかった歌を、私にうたってくれたまえ、
 宇宙的なものについて、私に歌ってくれたまえ。


 我々のこの広漠たる地球の中に、
 私たちはこの無限大の粗笨と鉱滓のただ中に、その中央核心のなかに包まれて、安全に、
 完全な種子が静かに横たわっている。


 全ての生命には、ある役割、多少なりとも役割がある、
 何もまだ生まれていないが、それだけは生まれており、
 覆い隠され、または露出したままで、その種子は待っている



 それは夢なのだろうか。
 否、それの欠けていることこそ夢なのだ、
 そしてそれがなくては、生の教訓も、富も、一場の夢に過ぎない
 そしてその全世界も、ただの一炊の夢にすぎないのだ

395 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/13(日) 01:12:31.74 ID:7+7rSWWg0
 

396 :7月15日@転載は禁止:2014/07/15(火) 13:11:06.97 ID:yRQUjDbA0
           Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ

397 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/21(月) 13:43:48.52 ID:pIX/chI50
354 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/03/15(木) 19:59:57.82 ID:ol1qz2hp0
J「日本の民主主義やマスコミはどうなってるの?」

T「ヨーロッパのような民主主義はないよ。報道の基本中の基本である中立姿勢のマスコミもない。バブル崩壊からはじまった日本の民主主義2.0ともいうべきものは、企業の提供を受けるようになったんだ。
民主主義by docomoのようなね。あらゆるものが企業中心というか経済活動優先。
そのドコモに唯一ものを言えるのは、マスコミではなく官僚。数年前にあたらしい政党になって、さらに官僚が実権を握ったんだ。
本来、そのようなことを監視するマスコミは、国民向きではなくスポンサーよりで、完全な営利企業で自主規制ばかりで、フェアな第三者的なスタンスに立ってはいない。
ニュース番組でさえ、特定企業の提供プログラムだからね。だから、どうでもいいバラエティばかり。
中国でさえ、バラエティ番組の多さが問題になって規制かけているけど、日本はいくら放送しても自由。経済活動優先だからね。
その官僚に唯一ものが言えるのが、アメリカって構造かな。」

J「国民は怒らないのか?」

T「怒らないよ、たぶんあまりわかってないからね。デモもほとんどないし、目立つと、どこにもいられなくなるから、お互いをお互いに監視してるんだ。
監視から外れる行動をすると、立場みたいなものがなくなるんだ。あと事実上の人権も。だから、個人が勝手に発言や行動を自主規制してるんだ」

398 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/21(月) 13:45:01.38 ID:pIX/chI50
355 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/03/15(木) 20:00:54.45 ID:ol1qz2hp0
J「そういえば、もうじき震災から一年経つだろう? 原発事故はその後どうなったんだ?日本のテレビでもニュースをまったく見ないぞ」

T「相変わらずテレビ好きだね。海外まで来てみてるなんて。日本は街中や電車のなかにもテレビがあって、すごいでしょ。
でも原発に関しては、どこも詳しく放送しないんだ。実際、誰も現状がわからないんだよ。
たとえば、飛び散った燃料棒がどこにあるとかね。わかってることは、火が消えるのに40年はかかるということ。
それに、4号機には広島に落とされた原子爆弾の4000発分の放射性物質がまだ入ってて、不安定なまま宙づりでブラブラしてるから、次大きな地震があったらかなりヤバいね。」

J「それは、日本人は知ってるの?それを報道してるの?」

T「一部では小さくしてるけど、大々的にはやらないよ。この国では、本当のことを言うと「危険を煽る」と言われて叩かれるんだ。
本来、本当のことを言うと褒められるはずだけど、この国のルールは別なんだ。
童話の「裸の王様」のまだエンディングが来ない状態。
極端に言えば北朝鮮をイメージすればいいよ。情報統制具合。でも、強制じゃなく自主的なところがポイント。
マスコミも国民も強制されているんじゃなくて、発言を控えるのはあくまでも自主的なところがポイントなんだ。
お金がまだ少しあって、実質的な個人の自由は発言も含めあんまりないけど、経済活動の自由がある北朝鮮のような感じかな。」

399 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/21(月) 13:47:24.21 ID:pIX/chI50
356 名無しさんの次レスにご期待下さい sage 2012/03/15(木) 20:01:47.74 ID:ol1qz2hp0
J「日本人は、金と自由であることや希望を天秤にかけてるの?」

T「ああ、その問題の回答をずっと先送りしてるんだよ。いまもね。 高度経済成長のときは、目標があった。いまは、誰もが責任転嫁だね。」

J「いまの日本で仕事をするのは無理だな。台湾に行ってみるよ」

T「そうだね。いまの日本はクリエイターがタレントか企業に直接営業しないと仕事にならないんだ。
あと、求められるのはクリエイティビティというより過度な品行方正かな。だから、僕もよく上海や台北で仕事してるんだよ。
問題もあるけど、自由を感じる。志のある若い人は、閉塞感を打破するために海外へ転出する人も多いね。
それは、どこの国でも同じだと思うし、それがいまの世界の流れだからね。」

400 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/25(金) 11:27:44.43 ID:6HATQMUZ0
400

401 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/07/26(土) 03:30:52.42 ID:HLIvV3D/0
  Sehnsucht    

  金色に星はかがやき
 わたしはひとり窓辺にたった、
 しずかな野のかなたより
 きこえくる郵便馬車の角笛ひとつ。
 身体のうちに心は燃え立ち
 ひそかにわたしは思った、
 ああ、だれかともに旅する者はいないか
 このすばらしい夏の夜に!

  若者がふたり
 山坂をゆき
 静寂の地に歩きながら
 歌うのが聞こえる、
 かすかにざわめく森の
 めくるめく巌の谷のこと、
 崖の裂けよりたぎり落ち
 森の夜に吸われゆく水のこと。

  大理石の像を歌い、
 岩をおおう小暗い葉陰に
 荒れすさぶ苑を歌い、
 月光のはえる館を歌う、
 館では娘らが窓辺に耳を澄ます、
 立琴のひびきがめざめ
 ものうい噴泉がさざめくとき、
 すばらしい夏の夜に――

402 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/08/02(土) 09:34:22.16 ID:NFnCSGt20
 kloge

 
 われらには存在は与えられない。われらは流れに過ぎない。
 われらは喜んであらゆる形に流れ込む。
 昼に、夜に、洞穴に、寺院に。
 われらは突き進む。存在への渇望がわれらを駆る。

 こうしてわれらは休みなく形をつぎつぎと満たす。
 しかしどの形もわれらの故郷、幸福、仮借ない運命にはならない。
 われらは常に途上にあり、常に客である。
 畠もすきもわれらを呼ばず、われらのためにパンは生えない。

 神がわれらをどうおぼしめしているか、われらは知らない。
 神はその掌中の粘土なるわれらをもてあそぶ。
 この粘土は無言で意のままになり、笑いも泣きもしない。
 こねられはするが、焼いて固められはしない。

 いつかは石に硬化し、永続すること!
 そういうあこがれがわれらの胸中に永遠に働いている。
 だが、不安な戦慄が永遠に残るばかりである。
 そしてわれらの途上において休息となることはない。

403 :頑固親父@転載は禁止:2014/08/03(日) 02:29:32.10 ID:dktgSdpd0
    オランジェリーの階段


 結局はほとんどなんの目あてもなく
 ただ時おり 両側にひれ伏してる人々に
 
 そのマントにくるまった孤独の姿を
 見せながら歩んでいく 王者のように


 初めから既にひれ伏してる
 欄干のあいだを ただ独り
 
 階段をのぼっていく ゆるやかに 神の恵をうけて
 何処へということもなく ただ天をめざして


 まるですべてお随の者に
 残っておれ と命じたように―― お随の者たちは
 敢えて遠くからその後について行こうともせず
 またその重い引裾を持つことも許された者もいない 
 

404 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/08/05(火) 13:27:36.12 ID:9AmKa0oc0
 

405 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/08/12(火) 07:19:53.90 ID:br0SILdS0


406 :8月13日 看板@転載は禁止:2014/08/13(水) 00:05:35.28 ID:2NrCxo1Q0
汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れっちまった悲しみは
たとえば狐の革裘(かわごろも)
汚れっちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れっちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れっちまった悲しみは
懈怠(けだい)のうちに死を夢(ゆめ)む

汚れっちまった悲しみに
いたいたしくも怖気(おじけ)づき
汚れっちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

407 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/08/16(土) 13:21:06.42 ID:JGHwTTGu0
 

408 :トニー スコット@転載は禁止:2014/08/21(木) 22:53:59.27 ID:jbQwO+4v0
     兵士  

もし僕が死んだら、これだけは忘れないでほしい、――
  それは、そこだけは永久にイギリスだという、ある一隅が
異国の戦場にあるということだ。豊かな大地のその一隅には、
  さらに豊かな一握りの土が隠されているということだ。
その土は、イギリスに生をうけ、物心を与えられ、かつては
  その花を愛し、その路を闊歩した若者の土なのだ。
そうだ、イギリスの空気を吸い、その川で身をそそぎ、その
  太陽を心ゆくばかり味わった、イギリスの若者の土なのだ。


また、―――もし僕の心が罪を清められ永遠者の脈うつ心に溶け
  こめるならば、感謝の念をこめて、故国によって育まれた
  数々の想いを故国に伝えるであろうことを、―――
故国の姿や調べを、幸福な日々の幸福な夢を、友から学んだ
  笑いを、祖国の大空の下で平和な者の心に宿った
  あの優しさを、故国に伝えるだろうということを。

409 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/08/29(金) 07:58:48.96 ID:REbIxA9t0
Q

410 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/08/31(日) 07:12:14.44 ID:0TY3af3U0
   八月の終わり     

もう諦めていたのに、夏は
もう一度力をとりもどした。
夏はだんだん短くなる日に凝り固まったように輝く、
雲もなく焼きつく太陽を誇りの顔に。

このように人も一生の努力の終りに、
失望してもう引っ込んでしまってから
もう一度いきなり大波に身を任せ
一生の残りを賭して見ることがあろう。

はかない恋に身をこがすにせよ
遅まきの仕事に取り掛かるにせよ
彼の行いと欲望の中に、終りについての
秋のように澄んだ深い悟りがひびく。

411 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/02(火) 09:34:03.59 ID:ALA934qY0
  September     九 月


 庭が悲しんでいる、
 冷たく花の中に雨が沈む。
 夏がそっと身ぶるいする、
 その終りに向かって。

 金色のしずくとなった木の葉が一枚一枚、
 高いアカシアの木から落ちる。
 夏は驚き疲れて
 死に行く庭の夢の中にほほえむ。

 まだ長い間バラのもとに
 夏はとどまり、休らいを慕い
 おもむろに、大きな
 疲れた目を閉じる。

412 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/05(金) 17:31:34.01 ID:BPNH9Vxa0
 

413 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/07(日) 16:11:12.03 ID:ltRS6pO2O
この人をナメくさったスレタイ、内容の糞スレを手段は選ばなくていいので
>>1001まで徹底的にage埋めてください!お願いします!

チカラめしは既に松屋を超えている
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/don/1315442783/

414 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/10(水) 18:06:43.02 ID:POGvhsi30
   秋の色


 その名は「秋」
 その色は血
 丘の上の動脈、
 道に沿う静脈、

 こみちの中の大きな水玉、
 そしておお、染料の驟雨、
 風が盥をくつがえし
 緋色の雨をこぼすとき!

 それは遙か下の婦人帽を濡らし、
 赤い水たまりを集め、
 それから朱色の車輪に乗って
 薔薇のようにうずまき遠ざかる 

415 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/13(土) 09:20:46.80 ID:fifbT2z+0
109 番組の途中ですが名無しです New! 2006/05/11(木) 01:25:50 ID:ytWEIMoo0


この世界が君のために存在すると思ってはいけない。
世界は君を入れる容器ではない。


世界と君は、二本の木が並んで立つように、どちらも寄りかかることなく、
それぞれまっすぐに立っている。
君は自分のそばに世界という立派な木があることを知っている。それを喜んでいる。
世界の方はあまり君のことを考えていないかもしれない。

でも、外に立つ世界とは別に、君の中にも、一つの世界がある。
君は自分の内部の広大な薄明の世界を想像してみることができる。

君の意識は二つの世界の境界の上にいる。


大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、
君の中にある広い世界との間に連絡をつけること、
一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の呼応と調和をはかることだ。

たとえば、星を見るとかして。

二つの世界の呼応と調和がうまくいっていると、毎日を過ごすのはずっと楽になる。
心の力をよけいなことに使う必要がなくなる。
水の味がわかり、人を怒らせることが少なくなる。
星を正しく見るのはむずかしいが、上手になればそれだけの効果があがるだろう。
星ではなく、せせらぎや、セミ時雨でもいいのだけれども。

416 :誕生日か@転載は禁止:2014/09/13(土) 09:21:38.77 ID:fifbT2z+0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..- −―::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./      \..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./         .::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....、        |.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\      ./..........       
         ..............................    .. ー −::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..........................       
                         
   ∧_∧                           
   (:::   )                    
   /   つ                           
::::○、__,.へ__)                    
 ""゛""''""""゛゛""''' "j'                     
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../ 
. `"''`~"''''ー-‐ー-、,、~~^^ ~~~~~^^^~~~^ ^^~~~^~~~^~~~~~~ ^~~~^~~~ ^~~ ^~ ~~^~~^~ ~
`⌒´"'^'ー-‐、, ー:::::::: ::::::.. ..:. .:::::::: ::::::.. ..:. .:::: -  _ .::::::::: ::::::.. ..:. .:::::.:.:: .::: ::::::: ::::: : :::: :::

417 :ZERO@転載は禁止:2014/09/13(土) 09:22:13.97 ID:fifbT2z+0
 The Scholar

私は多くの故人に囲まれて毎日の生活を送っている。
あたりを何気なく見回しただけで、
忽ち彼らの姿が目に付く。
いずれも大昔の先達で
親しい、信頼のおける人たちばかりだ。
私は毎日彼らと話を交わしながら暮らしている。


嬉しい時には、彼らと喜びを分かち合い、
悲しい時には、彼らに慰めてもらえる。
この人たちにどれほど自分が
お世話になっていることかと、しみじみ思うにつけ、
深い感謝の念が胸に込み上げてきて、
いつのまにか、頬に涙が流れてくることもしばしばだ。


私はこれら故人と思いをともにし
永い間一緒に暮らして今日に及んでいる。
私は彼らの美徳を愛し、彼らの弱さを不憫に思い
その希望や不安を我が事のように感じ
それらの教訓から、人生いかに生くべきかについて、
敬虔な思いをこめて学んでいる。


私はこれら故人と希望をともにしている、そして
もうすぐ近いうちに、彼らの仲間になれると思う。
そしたら、一緒に長い旅に出て、あの
永遠の未来へと行けそうな気がしている。
だが、たとえ私が墓の下の土と化しても、
神に嘉される一つの名前を後に残せたら、と思っている。

418 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/21(日) 11:30:46.48 ID:GvD5EyDt0
Z

419 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/21(日) 11:33:20.81 ID:GvD5EyDt0
  世界をさまようもの


    一

 星よ 教えておくれ きらきら飛ぶ
 おまえの光り輝く翼は だれのものか?
 おまえが翼をやすめるのは
     夜の どんな洞窟なのか?


    二

 月よ 教えておくれ 青白くほのぐらい
 天のよるべない巡礼よ
 おまえが休息を求めるのは
     真夜中か? ひるまなのか?


    三

 疲れた風よ 世にむかえられぬ客のように
 おまえはさまよいつづける
 人目を知らぬおまえのねぐらは
     木の枝か 渦巻く波なのか?

420 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/21(日) 15:23:13.04 ID:Wwz0Tu/F0
 

421 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/28(日) 21:07:22.48 ID:nZo3h/040
 

422 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/09/30(火) 05:26:52.55 ID:zC6IbYwV0
Liebe

私の喜びはずんだ口はまた近づこうとする、
私の口づけで祝福してくれるあなたの唇に。
あなたのいとしい指を手にとってもてあそびながら、
私の指の中にたたもうとする。
私のこがれるまなざしをあなたのまなざしで満たし
私の頭を深くあなたの髪の中に埋め、
いつもさめている若いからだで
あなたの体の動きに忠実に答え、
いつも新たな愛の火で
あなたの美しさを千度もよみがえらせようとする。
私たちふたりがすっかり心をしずめられ、感謝しつつ、
あらゆる苦悩を越えて生きるまで。
私たちが昼と、夜と、きょうと、きのうとに、
いとしい姉妹としてつつましくあいさつするまで。
私たちがあらゆる行動を超越して
光に満たされたものとして平和のうちに歩くまで。

423 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/07(火) 06:41:52.02 ID:LvlZpePk0
   Kennst du das auck?   


にぎやかな歓楽の最中に、
うたげの祈りに、楽しい広間で
お前は時折り、急に口をつぐみ
立ち去らずにはいられなくなるのをお前は知っているか。

そうしてお前はふしどに眠りもやらず、
突然心臓の苦痛に襲われた人のように伏している。
歓楽もにぎやかな笑いも、煙のように飛散してしまう。
お前は泣く、とめどもなく――それを知っているか。

424 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/09(木) 17:16:01.84 ID:k1bkGBa/0
はい

425 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/11(土) 14:32:15.40 ID:/wOuXDtb0
「アソランドウ」のエピログ    

みんなが寝静まった真夜中に、もし君がふっと思い出に耽り、
  かつて君を愛し君に愛された僕というが男が死んで、
墓場の下にいることに、――愚かな連中言わせれば――
死の虜囚となっていることに、思いをはせるとしたら、
  僕を哀れと思うか?


あんなに愛し愛された友人同士だったのに、誤解も甚だしい!
  僕が地上に生きていた時、怠け者や泣き虫や
女々しい奴とはおよそ無縁だったはずだ。志も力も望みも
ない奴のように僕が愚痴を零したことが一度でもあったか?
  僕という人間を、――何だと思っているんだ?


僕は、敵に背を向けることなく胸をはって邁進、暗雲に
  閉ざされても晴れることを疑わず、正義が敗れても悪が
勝つとは夢想だにせず、斃れるのは再起するため、敗れるのは
よりよき戦いを戦うため、眠るのは目覚めるため、と
  固く信じていた男だ。


哀れむのは真っ平だ! みんなが働いている昼間に、もし、
  死んだ僕のことを思い出したら、心の中で激励してくれ!
胸と背それぞれの方向に向けて前進しろ、と言い、さらに、
叫んでくれ、「戦え、勝つんだ!成功を祈る!奮戦し、
前進せよ、この世と同じくあの世でも!」と

426 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/12(日) 13:13:04.56 ID:+Mv/TXs70


427 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/13(月) 21:05:45.67 ID:rH41Ldn10
この人をナメくさったスレタイ、内容の糞スレをコピペ、AA、スクリプト等、手段は選ばなくていいので
>>1001まで徹底的にage埋めてください!お願いします!


[新商品]東京チカラめし[激ウマー!!]
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1347003392/
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1412918778/

428 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/14(火) 21:44:42.37 ID:RscF681U0
 

429 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/16(木) 21:36:45.55 ID:7NwiilhR0
 

430 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/20(月) 20:27:26.48 ID:kOdQ5i6L0
A

431 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/20(月) 21:25:05.15 ID:lpWCBIx10
             \     人人   .                   /
              \  <   ∧∧  キュワワュワァァァァ!!???   /      ∧∧
 キユウリは     \   ヽ(゚Д゚ )ノ             /∧∧   (゚∀゚ .)
    おいしい!     \ . (  へ)               / . (゚∀゚ ) /   ⌒i
   ∧∧     从// . \ く   ∧∧∧∧     /.  /   \     | |
   (゚∀゚)      n      \  <.      >.. /.   /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  ̄     \    ( E)      \< の 打. >/.   __(__ニつ/  味噌 / .| .|
 フ     /ヽ ヽ_//         < 予 ち ..>.         \/       / (u
―――――──―――――――< 感 切. >―――――──―――――――
                      <. !!!. り >
        キユウリage(゚∀゚) <       . >  2 名前:ナナシアター.swf 投稿日:02/
     ∧∧              /<..     >\    削除依頼済み。
  ∧ヽ(.゚∀゚)ノ   キュ!   /   ∨∨∨∨.    \
 ( (へ  ).          /     .            \  3 名前:キユロック ◆kiYU69Kxek 投稿
 ( つ >         /.痛みを知らないキムチが嫌い。\.    >>2
 |.|..|      /  心を失くした漬物が嫌い。    \   キュワアアア!!!
 (__)_)      /.     優しい味噌キユウリが好き。    \
         ./           バイバイ<キユウリ>     \

432 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/20(月) 21:30:46.11 ID:lpWCBIx10
              \  <   ∧∧  キュワワュワァァァァ!!???   /     ∧∧
 キユは       \   ヽ(゚Д゚ )ノ             /∧∧   (゚∀゚ .)
    かっこいい。     \ . (  へ)               / . (゚∀゚ ) /   ⌒i
   ∧∧     从// . \ く   ∧∧∧∧     /.  /   \     | |
   (゚∀゚)      n      \  <.      >.. /.   /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  ̄     \    ( E)      \< の 打. >/.   __(__ニつ/  ロック  / .| .|
 フ     /ヽ ヽ_//         < 予 ち ..>.         \/       / (u
―――――──―――――――< 感 切. >―――――──―――――――
                      <. !!!. り >
        キユage(゚∀゚)    <       . >  2 名前:ナナシアター.swf 投稿日:02/
     ∧∧              /<..     >\    削除依頼済み。
  ∧ヽ(.゚∀゚)ノ   キュ!   /   ∨∨∨∨.    \
 ( (へ  ).          /     .            \  3 名前:キユロック ◆kiYU69Kxek 投稿
 ( つ >         /.痛みを知らない子どもが嫌い。\.    >>2
 |.|..|      /  心を失くした大人が嫌い。    \   キュワアアア!!!
 (__)_)      /.     優しい漫画が好き。        \
         ./           バイバイ<キユ>       \

433 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/21(火) 14:51:38.64 ID:6MB/lPp70
イギリスの人びとへ


     1 
   
 イギリスの人びとよ、なぜ君たちは
 君たちを辱める貴族どものために耕すのか
 なぜ 君たちの暴君どもが着る
 華美な衣装を あくせくと織るのか

     2 

 なぜ君たちは 揺りかごから墓場まで
 君たちの汗をしぼりとろうとする――いや
 君たちの血を吸う あの恩知らずの
 のらくろどもを 食わせ 着せ 助けるのか

     3

 なぜ イギリスの蜜蜂たちよ
 武器やくさりや むちを たくさん鍛えるのか――
 これら 針ももたぬ雄蜂のようなのらくろどもに
 君たちが苦労のすえ生み出したものを強奪されるのか

     4

 君たちには 閑暇 慰め 静けさ
 隠れ家 食べるもの 愛のやさしいいたわりがあるのか
 それとも 君たちが苦痛や恐怖をもって
 そんなに高価にあがなうものは 何なのか

     5

 君たちがまく種子を 刈るのは ほかのやつら
 君たちが探し出す富を 手にするのは ほかのやつら
 君たちが織る服を 着るのは ほかのやつら
 君たちが鍛える武器を 手にするのは ほかのやつら

     6

 種子をまけ――だが、暴君には刈らせるな
 富を探し出せ――だが、ペテン師の手にわたすな
 服を織れ――だが、のらくろどもには着せるな
 武器を鍛えろ――だが、君たちを守るためなら

     7

 君たちの穴蔵へ 巣へ 小屋へひっこめ
 君たちの飾りたてた広間には ほかのやつらが住む
 なぜ 君たちの造った鎖を振りまわすのか
 君たちの鍛えた剣が 君たちの上にひらめくのを見るだろう

     8

 すきとシャベルと くわと機をもって
 君たちの墓地をかこい 墓をたてよ
 そして 君たちのかたびらを織りつづけるがよい
 美しいイギリスが君たちの墓場となるまで 

434 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/10/25(土) 01:47:00.25 ID:F6BHM2Wu0
  Der Blinde    盲人

ごらん 彼が歩いて 自分の暗いところのない
都市を中断していくのを
それはまるで明るい茶碗を横ぎって
ひとすじの暗い亀裂が走っていくようだ  そして一枚のかみの上にのように

かれのうえには事物の反射がえがかれているが
彼はそれを自分の中へ受け入れはしない
ただ 自分の触覚だけが動いている
まるで世界を――静けさや 抵抗を

小刻みな波のうちに捉えているかのように――
彼は待ちながら 誰かを選ぼうとしているかのように見える
そして身を奉げたように 片手をあげる
ほとんど厳かに まるで結婚するかのように

435 :10月27日永眠@転載は禁止:2014/10/27(月) 22:31:15.38 ID:LdoPPCu/0
   The Woodspurge   

 風がざわめき、風がしずまった――
 林と丘を吹き抜け、急に死んだようにやんだのだ。
 私は風の命ずるままに、歩き通してきたのだが、
 やっとの思いで腰を下ろした、――風が静まったから。

 両膝に間に顔をうずめてじっとしていた、――
 堅く結んだ口からは、悲しみの言葉も出なかった。
 垂れ下がった髪が草の上にかぶさり、
 鋭くなった耳には、陽射しが過ぎてゆくのが聞こえた。

 目を大きく見開くと、ずっと向こうまで?がった、
 十本ばかりの雑草がはっきりと眼に映った。
 光を避けるようにして生えていた数本雑草の中に
 燈台草が花を付けていた、――一つの花に三つの萼。


 悲しみが極まれば、分別がどう、
 況や思い出がどう、といった事は問題にならない。
 その時、私が知り、今でも記憶に残ってることは唯一つ、――
 燈台草の花には三つの萼があるということ……。

436 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/02(日) 07:45:30.05 ID:0Z7PoRA10
Immer zu benennen   つねに名付けること

             

 つねに名付けること、

 木を、飛ぶ鳥を、
 
 緑に流れる川の

 赤らむ岩を、

 森越しに夕闇が降りてくるとき

 しろい煙につつまれる魚を。


 記号、色、それはひとつの

 賭け。ぼくは考えこんでしまう、

 ぴったりうまく

 けりがつかないかもしれない。


 だれが教えてくれるだろう?

 ぼくが忘れてしまったことを。石たちの

 眠り、飛ぶ鳥たちの

 眠り、木々の

 眠り、――暗闇に

 それらの話し声がするのに――?

 
 ひとりの神がいて

 肉体に宿るなら、

 そしてぼくを呼ぶことがあるとするなら、

 ぼくはさまよい歩きもしよう

 少しのあいだ待ってもみよう。

437 :中間選挙@転載は禁止:2014/11/08(土) 07:25:08.14 ID:rBTBCql/0
J・F・ケネディ が1961年にマサチューセッツ州の州議会で行ったスピーチ


 多くを与えられている者には多くが要求される。そして何時の日か歴史という高貴な裁きの場で我々が国家に対するつかの間の奉仕においてどれだけの責任を果たしたのかが問われるであろう。
その時4つの疑問に対し我々がどう答えるかで審判が下されるだろう。

 第1に、真の勇気があったか。
      その勇気とは単に敵に対するものでなく必要とあらば仲間に対しても立ち向かうことのできる勇気であり、
      公のプレッシャーだけでなく私的な欲望にも立ち向かえる勇気である

 第2に、われわれには真の決断力があったか。未来と過去を真正面から見つめ、
      自らの過ちを認め、自分達の知識の限界を知り、それを認める英知があったか。

 第3に、われわれに真の尊厳があったか。自らの信念を貫き通し、人々の信頼を裏切らなかったか。
      政治的野望や金銭的欲望のために神聖なる任務を汚さなかったか。

 最後に、われわれは真に国家に献身したか。
      名誉や特定の人間やグループに妥協せず、個人的恩義や目的の為に道を曲げず、
      ただひたすら公共の為、国家の為に身を捧げたか。

 勇気、判断力、尊厳、そして献身・・・これら四つの要素が私の政権の活動の基準となるであろう。
 恭謙の念をもってこれからの任務につくにあたって、私は神の助けを求めたい。
しかしこの地上では神の御意志はわれわれ人間が実行に移さねばならぬということを心に刻んで、私はこの厳粛な旅に向かう。あなた方の支持と祈りをお願いしたい


438 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/08(土) 14:31:21.18 ID:yen2eyb/0
 

439 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/10(月) 23:45:00.58 ID:E2gB63UF0
 

440 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/14(金) 20:47:31.16 ID:IeyJktnM0
  タイヤ交換

 ぼくは道端にしゃがみ、
 運転手はタイヤを換える。
 出て来たところにもいたくはない。
 今から行くところにもいたくもない。
 ならどうしてタイヤ交換を見ているのだろう。
 いらいらしながら。

441 :ZERO@転載は禁止:2014/11/14(金) 20:48:36.03 ID:IeyJktnM0
   「貧困と死の巻」
 

 なぜなら 主よ 大都会は
 失われたもの そして分解したもの
 最も大きな都会は焔からの潰走に似てます――
 そして都会を慰め得る慰めは何ひとつなく
 その区々たる時が流れ去ってゆきます


 そこで人々はあわれな苦しい生活をし
 深い部屋の中で 身振りも気遣わしげに
 初めて生まれた獣の仔の群にもまして怯えています

 そして戸外であなたの大地が目覚めて息づいているのを
 人々は生きながらもはや知りません


 そこで子供たちはいつも同じ陰影の中にある
 窓際の会談のところで育ち
 遠方と幸福と風にみちた日へ
 戸外で花が呼びかけているのも知らず――

 しかも子供でなければならない宿命のもとに
 悲しい子供となっています


 そこで娘たちは見知らぬ者のために花咲きながら
 子供の頃の安らぎを慕っています
 しかし そのために彼女たちが燃え上がったものがいないので
 ふるえながら また身を閉じ
 蔽いかくされた奥の部屋で
 幻滅の母性の日々を
 意思のない啜り泣きの長い夜々を
 
闘いも力もない冷たい年々を送っています
 そしてまったく闇のなかに死の床が横たわっており
 彼女たちはおもむろにそれに憧れています
 
 そしてまるで鎖につながれているように永くかかって死に
 女乞食のように息が絶えてゆくのです

442 :ZERO@転載は禁止:2014/11/14(金) 20:49:01.54 ID:IeyJktnM0
 The Dream Songs   夢の歌
  
 人生とは、諸君、退屈なものだ。だがそれを言ってはいけない。
  
 何しろ空はきらめき、大いなる海は思い焦がれ、
 ぼくら自身もきらめき焦がれ、
 
 その上、子どものころ母さんから(何度も何度も)
 聞かされたが、「仮にも退屈を認めるというのは、
 自分に何も

 才覚がないということ」。してみると、ぼくには何も
 才覚がないらしい、死ぬほど退屈だから。

 どこの国の人間も退屈、
 文学も退屈(特に大学が)、
 ヘンリーも退屈――いつもアキレスみたいな苦境に立って、
 不平たらたら、

 人々を愛し、立派な芸術を愛し――それがまた退屈だ。
 そして静かな丘も、ジンも、およそ退屈に見え、
 なぜか一匹の犬が
 自分と尻尾をはるかに遠い遠い
 山か海か空かへ運んでいってしまい、あとには


 おどけ者の、ぼくひとり、ぴくぴく。

443 :ZERO@転載は禁止:2014/11/14(金) 20:50:33.43 ID:IeyJktnM0
    I am

 私は生きている。だが、私のことを誰も構ってくれない、
   忘れてしまったのか、友達は見向きもしてくれない。

 私は悲しみで自分の命を縮めている人間なのだ、――
   悲しみが過去の亡霊のように群れをなして出没する、
 あるものは忘れ去った懐かしい影、そして死の影。

 だが、私はまだ生きている、まわりに纏わりつく亡霊と共に
 生きている、そしてやがて侮りと罵りのない世界へ消えてゆき、
   白日夢のどよめく海原へと去ってゆこうとしてる。

 そこには生けるしるしもなく喜びもなく、あるのは、私が
   生涯を通じて築いた名声の難破した姿かも知れぬ。

親しかった者たちも、――かつて私が心から愛した者たちも、
今では私に冷たい、いや、他人以上に冷たい・・・

444 :ZERO@転載は禁止:2014/11/14(金) 20:52:34.62 ID:IeyJktnM0
  SPLEEN   脾臓   


 私はまるで、雨ばかり降る国の王のようだ、

 富みながら、不能、若いくせにすっかり老いて
 師博たちが平身低頭するのを蔑み、

 犬、またはどんな動物を相手にも退屈している王。

 何ものも王を楽しませはせぬ、狩りの獲物も、追う鷹も、
 露台の真向で死んでゆく人民の姿も。
 
 お気に入りの道化師の、グロテスクな歌物語も、
 もはやこの残忍な病人の気を晴らしはしない。


 百合の花模様の寝台も、墓となり変り
 王者ならばすべて美男子と心得る化粧係り侍女たちも
 この年若い骸骨から、微笑みひとつ引き出すための、
 淫らな装いを考え出そうとしてもはや空しい。

 王のために黄金を作り出す学者も、王の身体から、
 腐敗の要素をえぐり取ることはできなかったし、
 
 世の権力ある人々が、老いの日々に思い出すのを常とする、
 古代ローマ人からわれわれに伝わる、かの血浴みの法を用いても、
 この麻痺した屍をあたためることはできなかった
 
 そこは血の代りに、<忘却の河>の緑の水が流れているものゆえ

445 :ZERO@転載は禁止:2014/11/15(土) 00:04:48.18 ID:9ZxkD27X0
  死よ、驕るなかれ    


死よ、驕るなかれ、たとえ連中がお前を強大で恐るべき者と
  呼んだとしてもだ――お前はそんな者では全然ない。
  お前が亡ぼしたと自惚れている相手にしても、
死んでなんかいない、――私だってお前に殺せはしないのだ。


お前とよく似た休息と眠りからでも、喜びが溢れ出ている、
  とすれば、お前からはもっと多くの喜びが溢れ出るはずだ。
  敬虔な人たちが喜んでお前と共に旅立つのも当然な話だ、
お前が肉体を休めてくれ、魂を解放してくれるからだ。


お前は、運命や偶然や王侯や絶望した人間のしがない奴隷、
  そして、毒薬や戦争や病気のしがない同居人にすぎない。

  眠るだけならケシの実や呪いに頼る手もある、――しかも、
お前の一撃よりも効目がある。だから威張るのはよすがいい。


ほんの束の間の仮眠から目覚めれば、永遠の命がやってくる。
つまり死は無くなる。死よ、お前は死んでしまうのだ。

446 :描き続けたものへ@転載は禁止:2014/11/15(土) 00:06:41.71 ID:IeyJktnM0
   Das  Gottliche   神  性

 人間は気高くあれ、情け深くやさしくあれ!
 その事だけが、 我らの知っている
 一切のものと  人間とを区別する。

 我ら知らずして ただほのかに感ずる
 より高きものに幸あれ!
 人間はその高きものに似よ
 人間の実際の振る舞いが
 それを信じさせるようであれ

 自然は 無感覚なり。
 太陽は 善をも悪をも照らし、
 月と星は 罪人にもこの上ない善人にも
 同様に光り輝く。

 風と溢るる流れと 雷鳴のあられとは
 ざわめきつつ進み、だれ彼となく捕えては
 急ぎ通り過ぎる。

 同じように運命も
 人々の中に探りの手を入れ、
 少年のけがれない
 巻き毛を捕えるかと見れば
 罪を犯せる
 はげ頭をも捕える

 永劫不変の 大法則に従い
 我らはみな 我らの生存の
 環をまっとうしなければならぬ。

 ただ人間だけが
 不可能なことをなし得る。
 人間は区別し
 選びかつ裁く。
 人間は瞬間を
 永遠なものにすることもできる。

 人間だけが
 善人にむくい、
 罪人を罰し
 癒し救うことができる。
 またすべての惑いさまよえる者を、
 結びつけ役立たせる。

 我らはあがめる
 不滅なものたちを。
 彼らも人間であって
 最上の人間が小さい形で
 なし、あるいは欲することを
 大きい形でなすかのように。

 気高い人間よ、 情けぶかくやさしくあれ!
 うまずたゆまず、 益あるもの正しきものをつくれ。
 そしてほのかに感ぜられた
 より高きもののひな型ともなれ!

447 :われら@転載は禁止:2014/11/15(土) 00:07:07.89 ID:9ZxkD27X0
 われら 音楽の創造者

 われら 夢見るもの

 波浪砕ける寂しい波打ちぎわをさまよい

 干あがった川辺に腰をおろす


 世界を見失ったもののうえにも

 世界に見すてられたもののうえにも


 青白き月の光はふり注ぐ

 けれども・・・

448 :われら@転載は禁止:2014/11/15(土) 00:08:09.01 ID:9ZxkD27X0
 けれども、われらは
 
 この世界を永遠に揺り動かすもの

 この世界に偉大なる都市を築きあげ

 神話から帝國の栄光をつむぎあげる

 心に夢をいだくものよ

 歩を進めて王冠をこそかちとるべし

 新たな歌の調べを知るものが三人いれば

 帝國を斃(たおす)も可なり



 われら年老いて

 地中に埋もれた過去に横たわるも

 吐息をもてニネヴェを興し

 陽気なざわめきもてバベルの塔を築かん

449 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/15(土) 00:10:16.90 ID:9ZxkD27X0
 おお、この身とこの命よ!

 いくたびも思い悩むこの疑問

 信仰のないものが長蛇の列をなし

 都会は愚者であふれんばかり

 どこに美点があるというのか?


 おお、この身とこの命よ! 

 答はひとつ

 きみがそこにいるということ

 命が息づき、この身がまさしく存在するということ

 壮麗な芝居がつづけられ

 きみもそこに一篇の詩を寄せることができるということ



 「きみもそこに一篇の詩を寄せることができるということ」


 「諸君の”一篇の詩”はどんなものになるのだろう?」

450 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/19(水) 05:39:24.06 ID:BKmqzMxj0
旅の秘術

あてどないさすらいは青春の喜びだ。
青春とともにその喜びも色あせた。
それ以来、目あてと意志とを自覚すると、
私はその場を去った。

ただ目的だけをせわしなく求める目には、
さすらいの甘さはついに味わわれない。
森も流れも、あらゆる途上で待っている
一切の壮観も、閉ざされたままだ。

これからさきに旅を味得しなければならない、
瞬間のけがれない輝きが、
あこがれの星の前でも薄れることがないように。

旅の秘術は、世間の輪舞の中に加わって
共に働き、憩うているに時にも、
愛する遠いかなたへ向かって、途上にあることだ。

451 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/25(火) 13:30:10.50 ID:lSHwxbzy0
   On Parting 
            

 1

  愛する乙女よ君の唇がのこした接吻(くちづけ)を、
  まちがいなく私は、とどめておくだろう
  また佳い(よい)日が来て この贈物を
  まじりないままで君に返すときまでは。

 2

 君があたえる、 愛にかがよう別れの一瞥は
 それにゆずらぬ愛のしるしを見るだろう
 君の瞼から流れ落ちる涙に
 泣きつつも、 私の心は変わることは無い。

 3

 ただひとり空を見つめる時のため
 変わりない君の愛の誓いを求めようと思わぬ
 ただ君と同じ想いにみちあふれるこの胸のため
 ただひとつ の形見をも、私は乞わぬ。

 4

 この思いをのべようと――書き送ろうとするも
 あまりにも私の筆は弱いであろう
 心の奥のすべてを語りえぬかぎりは
 ありふれた言葉の流れに 何の力があろうか。

 5

 昼も夜も、喜びにも悲しみにも
 もはや自由をうしなっている心は
 いいあらわしえぬ愛を抱きながら
 君のために 黙しながら傷むほかはない。

452 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/25(火) 18:01:08.88 ID:KXrYAZJx0
なんだこれ

453 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/26(水) 18:59:19.50 ID:79dcu5s90
怖い

454 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/27(木) 16:26:52.99 ID:6ItX5szH0
age

455 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/11/28(金) 17:08:53.41 ID:WjhxPMzA0
 

456 :下衆て居るんだな 外道ではなく@転載は禁止:2014/12/01(月) 23:18:25.93 ID:EU3mbVVw0
Harte Menschen


 なぜに君たちの目はそんなにつれないのか。
 なんでもみな石にしてしまおうとする。
 いささかな夢もその中にはない。
 すべてが冷たい現在だ。
 君たちの心の中には一体
 太陽は輝いていないのか。
 君たちはついぞ子供でなかったことを
 悲しんで泣かなくてもよいのか。

457 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/12/04(木) 21:52:57.52 ID:5WDAXTwf0
なんぞ?

458 :下衆て居るんだな 外道ではなく@転載は禁止:2014/12/09(火) 23:59:33.96 ID:7BGptV6/0
Gestntzte Eiche

カシの木よ、お前はなんと切り詰められたことよ!
なんとお前は異様に奇妙に立っている事よ!
お前はなんと度々苦しめられた事だろう!
とうとうお前の中にあるものは反抗と意志だけになってしまった。
私もお前と同じように、切り詰められ、
悩まされても、生活と絶縁せず、
毎日むごい仕打ちを散々なめながらも、
光に向かってひたいを上げるのだ。
私の中にあった優しいもの柔らかいものを
世間が嘲って息の根をとめてしまった。
だが、私というものは金剛不壊だ
私は満足し、和解し
根気よく新しい葉を枝からだす、
いくど引き裂かれても。
そしてどんな悲しみにも逆らい、
私は狂った世間を愛しつづける。

459 :下衆て居るんだな 外道ではなく@転載は禁止:2014/12/14(日) 11:22:12.37 ID:eFVFWtZB0
  すべてはばらばらになり、求心力を失う。

  世界はことごとく無法地帯と化し、

  血の津波が荒れ狂い、いたるところで

  無垢なるものどもは溺れ死ぬ。

  最良の者らは信念を喪失し、最悪の者どもは

  激昂に満ち満ちる。

460 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/12/16(火) 13:44:24.75 ID:3QRjy9jT0
 

461 :衆愚と有れを言うか@転載は禁止:2014/12/18(木) 06:28:16.08 ID:IRkPgYer0
    旅 び と

 道は月と星に明るかった、
 樹々は輝いて静かだった。
 遠い光で私はみとめた、
 丘の上の一人の旅びと、

 魔術的な急斜面を
 登っていくのを、地の上ながら、
 彼のきらめいている究極は知られないが、
 ただ彼は光輝を確認していた。
 

462 :咎人の群@転載は禁止:2014/12/21(日) 12:57:17.02 ID:Sta7+zbP0
 
   どこかに


 人生の砂漠を私は焼けながらさまよう、
 そして自分の重荷の下でうめく。
 だが、どこかに、ほとんど忘れられて
 花咲く涼しい日かげの庭のあるのを私は知っている。


 だが、どこか、夢のように遠いところに、
 憩の場が待っているのを私は知っている。
 魂が再び故郷を持ち、
 まどろみと夜と星が待っているところを。

463 :ある勇気ある女性に@転載は禁止:2014/12/24(水) 20:53:26.61 ID:mIJbuIWO0
   あるひとに   


 やさしい歌声が消えたとて
 調べは思い出の中にふるえ――
 かわいいスミレがしぼんだとて
 香りは呼び覚まされた感覚のうちに生きる

 バラは枯れたとて バラの花びらは
 恋人の寝床に敷かれる
 あなたが去ったとて あなたへの想いに
 愛はやすらかにねむるであろう

464 :すまんつ使うぞ@転載は禁止:2014/12/24(水) 20:54:05.38 ID:mIJbuIWO0
 
   このなきがらを葬る
     <黒人霊歌>

私は知っている、月の出る時、星の出る時―
 このなきがらを葬るのだ。
わたしは歩く、月明かりを、星明りを
 このなきがらを葬るために。

わたしは歩く、墓地の中を、墓地中を、
 このなきがらを葬るために。
わたしは草の中に横たわり両腕をのばす―
 このなきがらを葬るのだ。

わたしはその夜、審判をうける、
 このなきがらを葬る日の夜。
そしてわたしの魂はあなたの魂と会う
 このなきがらを葬るその日に。

465 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2014/12/30(火) 19:19:58.37 ID:DG3XtD5S0
    月 の 光 に


 月の光に海は凪ぎて
 波のささやく声もひくし。
 心に重き愁い涌きて
 古きしらべをわれは思う。


 古きしらべはわれに語る、
 海に沈みし古き街より
 鐘と祈りのひびき鳴りて
 海の底より聞こえ来ると。


 鐘と祈りの音ひびくとも
 沈みし街をいかで救わん
 ひとたび海に沈みしものの
 再び帰ることはあらじな

466 :しかしボロボロな年末だったな@転載は禁止:2014/12/31(水) 14:58:35.59 ID:uMsAUkRn0
  清められし秋
               

 ちからづよく、こうして年は終わる
 金色の葡萄と園の稔りをともなって。
 あたりの森はふかしぎにおし黙り
 孤独な者の伴侶となる。

 そのとき農夫は言う――これでよし。
 おまえら晩鐘はながくしずかに
 ひびき終えてなお、はれやかな気持ちを与え
 飛びゆく鳥の列があいさつをよこす。

 これは愛のおだやかな季節(とき)。
 青い流れを小舟でくだりゆけば
 なんと美しくかたちにかたちが並び
 すべては安らぎと沈黙のうちに沈みゆく。

467 :あけおめ@転載は禁止:2015/01/01(木) 07:43:23.88 ID:j7mowd6O0
Beim Einzug in ein neues Haus  新しい家に入るに際し  


母の胎内から来て
土の中で朽ちる定めをもって、
人間は不思議そうに立っている。
神々の追憶が朝の夢に軽く触れる。

それから人間は神を離れ、大地に向かい、
働き努める。あわただしい生活の
過ぎごし方と行く手とを恥じ怖れつつ、

家を建てて、それを飾り、
壁を塗り、たんすを満たし、
友だちと宴を祝い、そして
愛らしい笑う花を植える、門の前に。

468 :今年@転載は禁止:2015/01/01(木) 07:46:29.87 ID:j7mowd6O0
  Weltgeheimnis     世界の秘密

               

 深い泉はよく知っている、
 かつてはだれもが深く、おしだまり、
 だれもがそれを知っていた。

 しんこそ理解されないまま、
 片言に真似られる呪文のように、
 それは口から口へわたりゆく。

 深い泉はそれをよく知っている、
 泉に身をかがめ、ひとりの男がそれをとらえ、
 とらえてまたそれを失くした

 そして異言を語り、歌をうたった――
 いつの日か、泉の暗い鏡をのぞきこみ
 ひとりの子が恍惚となる。

 そして成長し、自分のことはまるでわからず
 女となり――ひとりの男が女を愛する
 そのとき――愛が与えるという不思議!

 深い智慧を与える愛の不思議!――
 おぼろげに予感していたものが
 口づけのうちに深く思い起こされる・・・

 わたしたちの言葉のなかにそれはある、
 乞食の踏む砂利は
 宝石をとじこめた地下牢。

 深い泉はよくしっている、
 かつてはだれもが知っていた、
 いまは夢が、輪をかいてふるえめぐるばかり。

469 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/01/07(水) 18:12:36.05 ID:K1KB4b990
問題に口を閉ざした時から終わりが近づくのだ

マーティン・ルーサー・キング牧師

私は同胞達に伝えたい。今日の、そして明日の困難に直面してはいても、私にはなお夢がある。
それはアメリカン・ドリームに深く根ざした夢なのだ。
つまり将来、この国が立ち上がり、「すべての人間は平等である」というこの国の信条を真実にする日が来るという夢なのだ。
私には夢がある。ジョージアの赤色の丘の上で、かつての奴隷の子孫とかつての奴隷を所有した者の子孫が同胞として同じテーブルにつく日が来るという夢が

私には夢がある。
今、差別と抑圧の熱がうずまくミシシッピー州でさえ、自由と正義のオアシスに生まれ変わり得る日が来るという夢が。
私には夢がある。
私の四人の小さい子ども達が、肌の色ではなく内なる人格で評価される国に住める日がいつか来るという夢が。

私には今夢がある!

いつの日にかすべての谷は隆起し、丘や山は低地となる。荒地は平らになり、歪んだ地もまっすぐになる日が来ると。「そして神の栄光が現れ、すべての人々が共にその栄光を見るだろう。」

これが私達の希望なのだ。
この信仰をもって私は南部へ戻って行く。
この信仰をもってこそ絶望の山からも希望の石を切り出すことが出来るのだ。
この信仰をもってこそ私達は祖国にうずまく不協和音を人類愛のすばらしい交響曲に昇華することが出来るのだ。
この信仰をもってこそ、自由がいつか来るのだということを信じながら、私達は共に働き、共に祈り、共に苦しみ、共に投獄され、共に自由のために立ちあがることが出来るのだ。
そしてその日が来れば、その日が来れば神の民はみなおしなべて、新しい意味をこめて歌えるのだ。
「我が祖国よ、美しい自由の国をたたえ私は歌う。父が骨を埋めた国、開拓者の誇りとする国。すべての山々から、自由よ鳴り響け」と。

真にアメリカが偉大な国となるためには、これが実現しなければならない。

470 :偽者の卑怯さにはあきれるわ@転載は禁止:2015/01/10(土) 05:53:17.69 ID:mLuvnO+a0
ある一つの言葉
        

余りにもしばしば冒とくされているので、私までが
  冒?するのは憚られる、ある一つの言葉がある。


余りにも誤って軽蔑されているので、貴女までが
  軽蔑するとも思えぬ、一つの感情がある。

余りにも絶望に似ているので、世間的配慮から
  私が圧殺するまでもない、一つの希望がある。

もし貴女が私のに一掬の憐れみを示してくれれば、
  他の女の示す憐れみよりもどんなに有難いことか。

私は、いわゆる愛という言葉を貴女に送ることは出来ない。
  だが、私が真心からささげ、天に許されるはずもない、

貴女に対する崇拝の思いを、貴女に受け入れてもらうことは
  果たしてできないものであろうか。私のその思いは、

天上の星を慕い求める蛾の願いであり、
  黎明を待ちわびる夜の願いなのだ。

いや人間の悲しみの世界の遥か彼方の、
  ある何ものかに憧れる思いなのだが…

471 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/01/13(火) 15:06:33.64 ID:OWXJdUcF0
 

472 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/01/15(木) 05:23:43.18 ID:bHKzq8q50
     Verzuckubg    陶酔    

                       ヘッセ

酔いしれた夜の中で
森と遠方が私の方にからだを曲げる。
私は青空と冷たい星と
夢の傷ついた華麗さを呼吸する

おお、そうすると、酔った世界が、
女のように私の胸に横たわり
うっとりとした苦痛のうちにあかあかと燃え、
その叫びは、かん高く幻惑させる。
遥か遠い深みからくる
けもののうめきと羽ばたき、
海辺で過ごした青春時代の
跡形もなくなった日々の余韻、
いけにえの叫びと人間の血、
火あぶりの死と修道院の僧房、

すべては私の血の波、
すべては神聖でよい!

何ものも外になく、何ものも内になく、
何ものも下になく、何ものも上になく、
すべての固いものは消滅しようとし、
すべての限界は飛散した。

星は私の胸の中を巡り、
ためいきは空に没し、
すべての生命の心と喜びとが、
一層うっとりと燃え、一層はなやかにゆらぐ。
あらゆる陶酔が私には好ましく、
私はあらゆる苦痛に胸を開き、
祈りつつ流れこみ、
世界を心臓に引き入れられる。

473 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/01/22(木) 17:44:37.59 ID:vPoss3UK0
どういうことだってばよ

474 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/01/26(月) 21:35:13.86 ID:0ZVKULWg0
      Dover Beach

今夜の海は実に静かだ。
潮が満ち、月が煌々と海峡を照らしている。
フランスの海岸では、燈火がが明滅しており、イングランドの巨大な断崖は白く輝き、
穏やかな湾内を見下ろし、佇立している。
君も、窓際にきて、この爽やかな夜風に当るといい。
海原が月光の下に白く浮かび上がった陸地と接し、飛沫が延々と続いている、ほら、あの辺りから、
小石の擦れ合うざわめきが聞えてこないかい?
あの音は、波が引くとき運び去り、打ちよせては岸辺の奥へと、運んでくる小石の奏でる音だ、――そうだ、あれは。
ゆるやかに篩えるような音響を響かせながら、大きくなっては静まり、静まっては大きくなり、――永劫にやむことの無い、
悲しみの調べを奏でているのだ。

遠い昔、ソポクレスもまた、エーゲ海の浜辺での調べを耳にし、
人の世の憂きことの満ち干を思い、深い感慨に襲われたという。
我々も、この穏かな北の海の岸辺から聞えてくるあの音を耳にして、ある深い思いにふけざるをえない。

かつては、信仰が、いや信仰の海が、この海原と同じように、漫々と水を湛え
きらめく帯の襞さながらに、地球の岸辺をくまなく取り囲んでいた。
だが、私が今耳にしているのは、ただ、その海の愁いをおび、陰にこもった長い唸り声に過ぎない、――
それは、夜風の息吹きとまざり合い、この世界の荒涼無残な極限の彼方へ、――裸の小石が
空しく群がっているあたりへと、流れていく声なのだ。

ああ、君、せめてわれわれだけでも、
お互いに忠実であろうではないか!なぜなら
多彩で流麗で溌剌たる夢を孕むもののように、
われわれの眼前に横たわっているこの世界も、
その実は、喜びもなく、愛もなく、光もなく、
確かさもなく、平和もなく、苦痛を癒す力も無い世界なのだ。
われわれは、今、夜陰に乗じて衝突する無知の軍勢が上げる、
闘争と壊走の阿鼻叫喚の声に呑まれ、なすすべもなく、
暮れなずむ荒野に佇んでいるのだ・・・。

475 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/01/30(金) 13:07:43.91 ID:yaOg9Ung0
   冬の日

おお、なんと麗しく、きょうは
雪の中で光が冷めることよ!
おお、なんと優しくバラ色の遠空が火花を散らす事よ!
だが、夏、夏ではない。

ひと時も休まず、私の歌はあなたに話しかける、
遥かな花嫁の姿よ。
おお、なんと優しくあなたの情けは私に話しかけることよ!
だが、愛、愛ではない。

長い間、情けの月光は照らなければならない。
長い間、私は雪の中に立たなければならない。
いつの日か、あなたと空と山と湖とが
深い愛の夏の炎熱の中でやけるまで

476 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/01(日) 18:06:56.31 ID:KZkMnk1T0
 

477 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/08(日) 16:48:26.10 ID:HvtHacNH0
      
       ヴァイオリンひき    

 野をわたるどんなざわめきも
 私はきき耳をたてて、あとを追う、
 あこがれたずねながら、一心不乱に、
 そのたぐいない音に親しむまで。

 それから私の指はその基調の絃の上に
 探りを求め、傷つくほど苦心する。
 たそがれの音にならってかなで、
 たぐいない微妙な調べを会得するまで。

 私の胸の中の悲しみの一つとして、
 私の夢の中の郷愁のまとの一つとして、
 明るみに出て、私の弾奏の
 飾りやあやにならないものはなかった。

 ため息も、口づけも、愛の言葉も
 友だちが友だちに言うことも、
 私は否応なしに私の気持ちに従わせ、
 奏でながらふさわしい役をさせる。

 私はほほえみながら弓をあちこちに動かし、
 私の血のにじむ命をかなでる。
 そしてだれも現わさなかったものを現わす――

478 :システムが2月8日に判明9日に勝利@転載は禁止:2015/02/09(月) 22:28:05.00 ID:9i2zps6V0
      剣は不毛の荒野で


   剣は不毛の荒野で

   鎌はみのり豊かな畑で歌った

   剣は死の歌を歌ったが

   鎌を屈服させることはできなかった

479 :システムが2月8日に判明9日に勝利@転載は禁止:2015/02/09(月) 22:28:39.02 ID:9i2zps6V0
   初咲きの蒲公英(タンポポ)


 冬の終わりに咲き出て清純にして美しく、

 流行や事業や政治の技巧が今まで無かったように、

 茂れる草の日の照る隅から出てきて

 曙のごとあどけなく黄金色の静かさに

 春の初咲きの蒲公英(タンポポ)はその誠実の顔を現した。

480 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/11(水) 11:01:57.06 ID:YMq7P0Bk0
絶対神109様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>犬の糞=ゴキブ リ蟯虫白神wwwww

481 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/19(木) 17:23:26.75 ID:74HWj4Nr0
 

482 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/19(木) 20:04:00.25 ID:ClHkYyu/0
 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴキブリ蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   

483 :↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑@転載は禁止:2015/02/19(木) 23:16:21.22 ID:jcWR8SlSO
            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホw ww
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /

484 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/20(金) 00:10:31.72 ID:Me5bDYWS0
 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴキブリ蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   

485 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/20(金) 12:37:43.63 ID:9R9MlUPG0
  喜びの歌


 氷がどっしりと、白くよこたわり、
 あらゆる動きを妨げている。
 川は身じろぎもせず、とても静かだ。
 けれども、荒々しく、燃えたぎるように泡立とうとしている。
 波はざわめくこともできず、
 冬の歌に耳を澄ますこともできず、
 深い悲嘆に身をよじらせて、
 重く、陰うつな冬のまどろみのなかにある。

 灰色の空には太陽がけだるくかかり
 白く、また疲れて雪がよこたわる。
 すべてが死に、疲れ、そして香りなく、
 雪におおわれた木は悲しみのうちに泣く。
 川は氷をいとい、鎖を引きちぎろうと
 やけになり、猛り立ち、かっかっともがき、
 狂ったように青の中に泡立ち、溢れようとする。
 火のように燃えあがり、いまだ死ぬことができない。


 ある日のこと、かっこうが鳴き、
 太陽が突然、ぱあっと輝く。
 雪は山また山と消えていき、
 川はばりばりと最後の音をたて、
 重く、白い氷の屋根を破って、
 その上を迸り、まだ緑の萌えない
 薔薇の生け垣を嬉々として眺め、
 泡立ち、轟々と流れ、白い氷塊を嘲笑う。

 笑い、そして笑い、自分を抑えようともせず、
 りんりんと流れ、はしゃぎまわる。
 太陽はうららかに照り、
 すべての地の襞に春の花が芽を吹き出し、
 若い生け垣はすでにほのかに葉をまとう。
 川は岸を押し流し、大地を洗い、
 もう二度と会えないと思っていた、
 昔なじみの白い獣の群れにうれしそうにあいさつを送っている。

486 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/20(金) 15:28:56.51 ID:0v//aKci0
 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴキブリ蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   

487 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/22(日) 21:44:11.72 ID:G8MFD6900
土曜日

488 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/23(月) 00:33:59.23 ID:4JSIhoXc0
絶対神109様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>犬の糞=ゴキブ リ蟯虫白神wwwww

489 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/23(月) 23:42:49.99 ID:lyOtuwab0
 

490 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/24(火) 00:46:48.55 ID:LTw1lM5c0
 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴキブリ蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る   (* ^ _ ^ * )♪   

491 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/26(木) 22:51:32.56 ID:5tNYoCdg0
    月 の 光 に

 月の光に海は凪ぎて
 波のささやく声もひくし。
 ここの重き愁い涌きて
 古きしらべをわれは思う。

 古きしらべはわれに語る、
 海に沈みし古き街より
 鐘と祈りのひびき鳴りて
 海の底より聞こえ来ると。

492 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/27(金) 00:31:13.91 ID:NQYfGWIq0
絶対神109様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>犬の糞=ゴキブ リ蟯虫白神wwwww

493 :今弱ってる連絡求む 文京区高橋から大丈夫な人人へ@転載は禁止:2015/02/28(土) 20:34:17.50 ID:SU75uSOk0
シュタイン夫人へ     

私たちはどこから生まれて来たか。
愛から。
私たちはどうして滅ぶか。
愛なきために。
私たちは何によって自分に打ちかつか。
愛によって。
私たちも愛を見出しうるか。
愛によって。
長いあいだ泣かずに済むのは何によるか。
愛による。
私たちをたえず結びつけるのは何か。
愛である。

494 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/02/28(土) 23:23:53.11 ID:ZaBtgDN/0
絶対神Akane様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>負け犬の下痢便=ゴキブ リ蟯虫白神wwwww

495 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/02(月) 11:07:36.59 ID:mJtUr4eC0
 

496 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/02(月) 15:08:57.77 ID:S5O9YnCg0
>>495
大阪人=ゴキブリwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴキブリ蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   

497 :システムの下劣さ醜悪さはな@転載は禁止:2015/03/04(水) 04:01:11.74 ID:2g1+E+Ng0
   

         柔らかな雪


  雪の降る日 わたしはそとを歩き

  柔らかな雪に 遊んでくれと頼んだ

  雪は遊び 雪ざかりにとけた

  冬はこれを 恐ろしい罪とよんだ

498 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/04(水) 09:12:15.28 ID:edtk/7FK0
僕のやる事は全部筒抜け

で実際会いたいけど 会いたい人達はターゲットにされる可能性がある と想像する

気をつけて  俺の言動は筒抜けだから 

499 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/04(水) 09:39:18.72 ID:rIkZLYm90
 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴ キ ブ リ 蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る  (* ^ _ ^ * )♪   

ゴ キ ブ リ 完全敗北死亡超絶糞ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

500 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/08(日) 12:09:17.83 ID:6SxgGjnV0
500

501 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/08(日) 14:14:24.51 ID:PD4tiDOS0
大阪人=ゴキブリwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴ キ ブ リ 蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   
またまた馬鹿 丸出しで赤っ恥を晒すゴキブ リ蟯 虫出たああああああ♪

ゴ キ ブ リ 完全敗北死亡超絶糞ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

502 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/09(月) 17:08:48.00 ID:0yBBCygs0
  アメリカの「独立宣言」から有名な一節を取ってみよう


 我々は以下の如き真理を自明の理と信ずる、

 即ちあらゆる人間は平等に造られたものであり

 彼等は造物主に依って特定の絶対権力を賦与されたのであり、

 これらの諸権利には生命と自由と幸福の追求が含まれているという事を信じる。

 これらの諸権利を確保する為に、政府が人間の間に組織されたのであり、

 権力は被治者の同意を得て生じたものであり、

 如何なる形の政体であれ、これらの諸目的を破壊するようになった場合は、

 人民がこれを改変し、或は廃止し、新たな政府を組織する権利があることを信ずる・・・。

503 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/09(月) 19:20:23.30 ID:HN8OY0IO0
大阪人=ゴキブリwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴ キ ブ リ 蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   
またまた馬鹿 丸出しで赤っ恥を晒すゴキブ リ蟯 虫出たああああああ♪

ゴ キ ブ リ 完全敗北死亡超絶糞ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

504 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/14(土) 19:35:31.51 ID:8sFGyQHy0
   Rondeau    


 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた
 風と寒さのマント、
 そして縫い取りを身につけた
 澄んで輝く日ざしの縫い取り。

 獣も鳥も声を揃えて
 それぞれの言葉で歌い叫ぶ。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた!と。

 川も、泉も、せせらぎも
 綺麗なお揃いのお仕着せか、
 水滴の銀の細工を身にまとい、
 誰もが衣を改める。
 季節(とき)がマントを脱ぎ捨てた。

505 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/15(日) 20:35:35.46 ID:o3PM4skx0
 

506 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/16(月) 01:45:20.79 ID:PHsfS8ZV0
大阪人=ゴキブリwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴ キ ブ リ 蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   
またまた馬鹿 丸出しで赤っ恥を晒すゴキブ リ蟯 虫出たああああああ♪

ゴ キ ブ リ 完全敗北死亡超絶糞ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

507 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/19(木) 07:07:05.09 ID:yYWT+uXS0
    Youth .

 青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ
 優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦をも却ける勇猛心、
 安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ

   年を重ねただけで人は老いない 理想を失うときに初めて老いが来る
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ
   苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く
人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう

   年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星晨、その輝きにも似たる事物や
思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心

人生への歓喜と興味
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる

   大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける
限り、人の若さは失われない これらの霊感が絶え、

悲嘆の白雪が 人の心の奥までも蔽いつくし、

皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、

この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる

508 :クラークへ@転載は禁止:2015/03/19(木) 07:09:05.29 ID:yYWT+uXS0
年老いたものに新時代の価値を予言して

彼らを打ち滅ぼさん

ひとつの時代とは死にゆく夢の謂なれば

生まれいずる夢の謂なれば

509 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/19(木) 09:18:06.14 ID:vNyrGIo50
絶対神109様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>犬の糞=ゴキブ リ蟯虫白神wwwww

510 :計劃@転載は禁止:2015/03/20(金) 09:40:32.85 ID:qtmHzWv+0
     イタリアを望む     

湖のかなたに、バラ色の山の後ろに、
イタリアが横たわっている、私の青春の賛仰の国が、
私の夢になじんだ故郷が!
赤い木立ちは秋を語っている。

私の一生の秋の始めにのぞんで
私はひとりすわって、
世界の美しいむごい目をのぞきこみ、
愛の色を選んで、描く。

この世界は私をあんなにも度々欺いたが、
私はやっぱり世界をいつもいつも愛している。

愛と孤独、
愛と、満たされぬあこがれ、
それが芸術の母だ。
私の一生の秋にもまだ、
それらは私の手を引いて導いてくれる。

そのあこがれの歌が
湖と山々と、別れを告げる美しい世界に
不思議な力で輝きをひろげる。

511 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/20(金) 14:04:53.44 ID:usGmGwW/0
絶対神109様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>犬の糞=ゴキブ リ蟯虫白神wwwww

512 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/24(火) 23:57:06.35 ID:jHGuKomh0
松屋行くチカ [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1426866163/
星空凛「『唐澤貴洋○す』っと」カタカタ [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1426746500/
容量埋めとかいう最強の自治手段wwwwwwwwwww [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1427045898/
容量埋めされてもまったく同情できないスレ [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1427088623/
SS速報のURLマルチしてるおいしい水 [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1426855659/
最近暴れ回ってるうどんwwwwww [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1427181907/
七大糞地域 食人あら 毒茸 食テロおにぎり 糞もんじゃ 荒らしわたあめ キチぎょうざ [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1427155199/
基地外と地域表示が同じで肩身狭いやつ [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1425816963/
絵里「凛、花陽。ラーメンライスってどうやって食べるか知ってる?」 [転載禁止]&copy;2ch.net
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1427150959/
【月8】SAKURA〜事件を聞く女〜2曲目【佐藤】 [転載禁止]&copy;2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1418721419/
土曜ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』避難所
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1411224347/

513 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/03/25(水) 08:05:54.34 ID:VsXtGqkH0
大阪人=ゴキブリwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 は い 、 ク ソとショウ ベンを喰って完敗した〜☆ゴ キ ブ リ 蟯虫(* ^ _ ^ *)♪
  ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆ゲラ☆
超 絶 ワロ ス(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪(* ^ _ ^ *)♪
 ほ ら っ気色 悪いツラで泣きながら死 ん で る(* ^ _ ^ * )♪   
またまた馬鹿 丸出しで赤っ恥を晒すゴキブ リ蟯 虫出たああああああ♪

ゴ キ ブ リ 完全敗北死亡糞ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

514 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/01(水) 23:50:29.88 ID:w4Pkk9tc0
   春 

 
 太陽。溶け始めた、僅かに残る雪。
 すべての屋根から滴る水。
 こつこつとひびく靴の踵。
 濡れてきらきら光る道。
 高い柵のうしろにある、
 なかば追いたてられた鹿のような草・・・・・・


 空。降り下る、緩やかな、暖かい雨。
 わけもなく吠えたてる犬。
 ふわふわと風になびくコート
 笑い声のような、薄い服。
 子どもの手のなかに、少し湿った雪。
 目のなかに、最初のクローバへの憧れ・・・・・・


 春。木々は今ようやくすべての葉を落とし、
 どの潅木も新しい幸福の使者として、
 やさしく鳴りひびいているよう。
 そして、明日は燕も戻ってくる。

515 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/02(木) 01:40:30.24 ID:rKxUyXH/0
中川翔子様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>犬の糞=ドコモID:Kty28cc・D5w3mAN=ゴキブ リ蟯虫ガンダム完全死亡wwwww

516 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/08(水) 14:58:45.59 ID:kwdbXTAy0
J・F・ケネディ が1961年にマサチューセッツ州の州議会で行ったスピーチ


 多くを与えられている者には多くが要求される。そして何時の日か歴史という高貴な裁きの場で我々が国家に対するつかの間の奉仕においてどれだけの責任を果たしたのかが問われるであろう。
その時4つの疑問に対し我々がどう答えるかで審判が下されるだろう。

 第1に、真の勇気があったか。
      その勇気とは単に敵に対するものでなく必要とあらば仲間に対しても立ち向かうことのできる勇気であり、
      公のプレッシャーだけでなく私的な欲望にも立ち向かえる勇気である

 第2に、われわれには真の決断力があったか。未来と過去を真正面から見つめ、
      自らの過ちを認め、自分達の知識の限界を知り、それを認める英知があったか。

 第3に、われわれに真の尊厳があったか。自らの信念を貫き通し、人々の信頼を裏切らなかったか。
      政治的野望や金銭的欲望のために神聖なる任務を汚さなかったか。

 最後に、われわれは真に国家に献身したか。
      名誉や特定の人間やグループに妥協せず、個人的恩義や目的の為に道を曲げず、
      ただひたすら公共の為、国家の為に身を捧げたか。

 勇気、判断力、尊厳、そして献身・・・これら四つの要素が私の政権の活動の基準となるであろう。
 恭謙の念をもってこれからの任務につくにあたって、私は神の助けを求めたい。
しかしこの地上では神の御意志はわれわれ人間が実行に移さねばならぬということを心に刻んで、私はこの厳粛な旅に向かう。あなた方の支持と祈りをお願いしたい


517 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/08(水) 19:18:33.70 ID:VOW/s6bY0
自分の事をKさんと呼ぶ名古屋市昭和区の名誉毀損事件犯人                
犯罪者確定被告人 スーパーアルバイト店員 梶谷(51) 名古屋簡易裁判所で絶賛裁判中♪(*^_^*)♪ 

518 :出崎@転載は禁止:2015/04/17(金) 14:29:23.27 ID:DsFeCIS70
     Prospice    
 
  死を恐れる? 喉が霧のために苦しくなり、
    眼が霞のためにぼやけるのを、私が恐れる?

  いかにも、雪が降りだし、疾風が吹き出せば、
    ああ、俺も最後の土壇場に近づいたと、――

  暗黒と嵐の本拠に、敵の牙城に、ついに
    近づいた、と私も悟るかもしれぬ。

  そこには、あの恐るべき「恐怖」が姿を現すかもしれぬ。
    だが強い男は怯むことなく前進しなければならぬのだ。

  旅路は終わり、越すべき峠は越した、
    障壁もまさに崩れ落ちようとしている。


  とはいえ、もう一戦が、一生涯をかけて戦い求めた
    勝利の栄冠を手にするためもう一戦が、残っている。

  私は終始戦ってきた男だ、だから、もう一戦が、
    必死の最後の戦いが残っているのだ!


  死神に目隠しをされ、そのお情けに縋って、鞠躬如(きっきゅうじょ)として
    その関門を通り抜けるなどもっての他だ。

  断じて否だ! 私には死の一切を味わわせ、仲間である
    昔の英雄たちと同じ運命を辿らせ、
  
  真っ向からその衝撃を受けさせ、苦痛と暗黒と凍冷という、
    生命の負債を一挙に返却させてもらいたい。

  なぜなら、勇者には、突如として、最悪の事態は最善の
    ものへと一変し、暗澹たる瞬間は終わってゆくからだ。

  いや、吹きすさぶ嵐も、荒れ狂う悪魔の怒号も、
    静まり、穏やかな調べとなり、

  忽然として変化し、苦痛から脱却した平静が現われ、
    ついで光が現われ、ついで君の胸元が現われるからだ。

  おお、わが妻よ、わが魂の魂よ! 私は再び君を抱くのだ、
    そして、その他の一切は神の御心に委ねるのだ!

519 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/17(金) 15:31:50.51 ID:qsfP1jPl0
     ついに名古ヤ市昭ワ区に住むメイヨキソン事件犯罪者確定ヒコク人
         スーパー店員の本名が判明♪ wwwwwwwwwwwww

       梶谷    こ      う     い     ち (小太りチビハゲの51歳♪)

   名 古 屋 簡 易 裁 判 所 に て 絶 賛 裁 判 中 で すっ(*^_^*)♪ wwwwwwwwwwwwwwww

520 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/19(日) 20:27:37.17 ID:+u8pz6r+0
 
                       ト 、
                     V::::\
                          V::::::::\
                 _  --    Y:::::::::ハ
               <::::::::::::::::::::::` 、|:::::::::::::::i
              \:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::|
                   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::〕iト、
                   ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ__ -  フ
                 ,. -─‐::::::::::;::::::/::::::::::;:::::::::::::::::::::∠__    中川翔子は死ね!!
.              /:::::::::::::::::::::::::/:::イ:::::: /V:::::::::::::::::::::::>'´
               ` ー-  _::::ハ:::|:K |::/ ,. /:::_::::::::::::::ー-z
                   /::::::',ヽ {` tッ、ij,:tッ_厶イ::::<ト、, - 、   
                      ̄/7: `,ハ  ̄ ,i ¬´ ,' ´Yヽ }::レi´{ ̄` 、
                    {/  ,//:ト、 ヒニフ イ     ///⌒ ー ヘ }
                  〈  /i::{ _ i>- く /  _/〈  `ヽ `Y  ト、  
                 ∨ /∧- `ヽr ' ´二.イ:::{  i ヘ ヽ  ',  |ヽ!
                    Vム::::≧=---=≦::::::::::ハ { i  ヽ゚,    j::{_゚,
                     } ∨:::::::::::::::::::::::::::/ |ト、ヽ    ノ::::::}_゚,  
                 ,...rヘ、,.ィ=、', ‘ ,:::::::::::::::::::/zzz、 、{:::{V =彡:::::::/ \
               / ,. -、ィ、i::::ハト、 \::::::::/ {{ 田 }}.\弋:::::::::_彡'    ゚,
.              `i / 〉、}::::_/=廴_ `¨´ ,.. 乂.甲_,ノ _,. r ' ゚,  ',: ヘ、   !
             `ゝ{_./´  _,.//y::く.ィ、_二ニ=:斗 ハ. ゚,  ゛  `  /
                     _,./ /:::/ {} |:::T Tヽ´   | ヽ '.  ト . ヽ \_/
                , ---=≦ :/ /::::::/ /:| |::::i | }  | , へ   `ー一′
            , ' /      、 ,::::: / {:::| |:::::l  |   /, -∧
.         ,.xく/, '         ∨::::::ト、 ';:!,:::::: l  ///    ∧
.        / :/ {           /:::::::::| \i:!::::::::|  '//      ‘ ,
.      /  /           ̄て |\ヽ.|::::::: l./    -   __‘,_
      /   '          ______|::::::: |       ¬=- _  Y
.     {     --=   ̄    >'´     L_彡' `  _        `  {
.    ∨   -=ニニニ二弋            ∨ト、  `ヽ        ∧
.      ト、_     // /  〉          ‘ , \              ∧
 

521 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/20(月) 00:31:52.75 ID:ht4cd2iU0
   ナゴヤ市ショウワ区の名ヨキ損ジケン被告人(もうすぐ前科者♪)
       スーパーアルバイトの実名が発覚♪♪♪♪♪♪♪♪♪

                      梶
                      谷
                      こ
                      う
                     い ち
                      
                (チビデブハゲの51歳♪)

 名 古 屋 簡 易 裁 判 所 に て 絶 賛 裁 判 中 で すっ(*^_^*)♪ wwwwwwwwwwwwwwww

522 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/23(木) 11:32:35.79 ID:/PFtsyr40
忘れてはいけない


忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも

許さないと叫ぶ野良犬の声を
踏み砕いて走る車輪の音がする
認めないと叫ぶ少女の声は細い
いなかったも同じ少女の声は細い
でも忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも

泥だらけのクエッションマーク心の中にひとつ
なまぬるい指でなだめられて消える
争わないように嫌われないように
歌う歌はキャンディソングだけどだけどだけど
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも
忘れてはいけないことが必ずある
口に出すことができない人生でも

523 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/23(木) 12:23:02.06 ID:tYCFNocr0
      なごや市しょうわ区の名誉毀損事件犯罪シャ間近ひこく人
           スーパーバイトの本名が発覚♪♪♪♪♪♪♪

                      梶
                      谷
                      こ
                      う
                     い ち
              ( チ ビ デ ブ ハ ゲ の 5 1歳★ )

 名 古 屋 簡 易 裁 判 所 に て 公 開 処 刑 継 続 中 で すっ(*^_^*)♪ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

524 :編集王@転載は禁止:2015/04/27(月) 07:22:31.21 ID:stSGRSRM0
  プロローグ

       この詩集を持った友に

 もう伝説のようになっている少年のころから
 私を動かして喜ばしたことのあるものを、
 考えたことや、夢みたことや、
 祈りや、求愛や、嘆きなどにちなむ、
 たまゆらな、色とりどりの落ち穂、残らず、
 あなたはこのページの数々に見出します。
 それが好ましいものか、無益なものかは、
 あまりむきになって問わないことにしましょう――
 やさしく受け入れてください、この古い歌を!

 私たち、年とったものにとっては
 過ぎ去ったものの中にたたずむことはゆるされており、慰めにもなります。
  
 この数千行の詩句の背後には
 一つの命が花咲いています。かつてはそれは甘美だったのです。

 こんなつまらないものにかまけたことを
 追求されたとしても、私たちは、
 今夜飛んだ飛行士達よりも
 血にまみれた痛ましい大軍よりも、
 この世界の偉大な支配者たちよりも、
 かるがると自分の荷物を背負っているでしょう。

525 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/04/27(月) 21:12:43.52 ID:NLw/xciI0
名古屋市昭和区の犯罪者確定被告人スーパーアル バ イ トのナマエを暴露♪♪♪♪♪♪★

                      梶
                      谷
                      こ
                      う
                     い ち
              ( チ ビ デ ブ ハ ゲ の 5 1歳★ )

名 古 屋 かん 易 裁 判 所 に て 公 開 処 刑 継 続 中 で すっ(*^_^*)♪ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆♪♪

526 :成りすまし編集ありの情報発信だよな@転載は禁止:2015/05/06(水) 07:29:05.50 ID:xKUfJYhk0
           
      五月に
              
 
 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   この緑の大地のこの鮮やかさ、美しさはどうだ!
 鶫の群れが鳴いている……
   この大気を吸っただけで、万物は恍惚となっている!

 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   あそこの小川が夢を見ている
 鶫の群れが鳴いている……
   緑の焔が見渡す限り燃えている!

 ああ、教会の鐘が鳴っている……
   聞くがいい、全世界が神を讃え、神に祈っている!
 鶫の群れが鳴いている……
   安息日の平和に大気が酔っている!   

527 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/06(水) 18:12:48.26 ID:nKUruM700
(*^_^*)名古屋市昭和区の犯罪者確定被告人スーパーアル バ イ トの本名を公開(*^_^*)

                       梶
                       谷
                       こ
                       う
                      い ち
                ( チビ デブ はげ の51歳☆)

       名古屋簡易裁判所にて絶賛公開処刑進行しております☆☆☆

528 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/13(水) 10:43:22.00 ID:rhSH+PXb0
        少年の五月の歌
                     

 おとめらは
 美しい花ぞのの中で遊ぶことができる。
 金色の柵がまわりにある。
 男の子らは
 うらやましそうに柵のふちに立ってぬすみ見し、
 あの中にはいれたら、と考える。

 この美しい花ぞのの中は
 清く明るい光に溢れ、
 そこにいる人はみなたのしげだ。
 ぼくたち、男の子らは待たなければならない。
 大きくなり、若い紳士になるまで、
 中にはいることはできない

529 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/13(水) 19:42:12.17 ID:tI9C+pyp0
24時間監視しなければ怖くて居てもたってもいられない雑魚ゴキブリちゃん♪
まともに眠る事も出来ず私生活完全崩壊♪

神=オレ様=ちゅん次郎様=109様=中川翔子様=Akane様(*^_^*)♪>>>>>>>>>>犬の糞=ゴキブリ梶谷=ゴキブリ平野=ゴキブリお萩屋=ゴキブリ白神=ZAQゴキブリwwwwwwww
 
糞雑魚ゴキブリ白神完全敗北死亡♪ [転載禁止](c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1431315937/

530 :なりすましや捏造は続くね @転載は禁止:2015/05/21(木) 12:23:09.13 ID:O6XWE/Vz0
 五月の歌
  (なんと目ざめるばかりに)

 なんと目ざめるばかりに
 自然の照りはえていることよ!
 なんと太陽の輝いている事よ!
 なんと野原のはなやぎ笑っていることよ!

 枝という枝から
 花がきそって咲き出でる。
 茂みの中からは
 数知れぬ歌声が。

 胸という胸からは
 よろこびがわき溢れる。
 おお大地よ、おお太陽よ!
 おお幸福よ、おお楽しさよ!

 おお愛よ、おお愛よ!
 あの山にかかっている
 朝の雲のように、
 黄金なすその美しさよ!

 お前ははなやかに祝福する
 さわやかな野や畑を、
 かぐわしい花がすみに
 包まれた天地を。

 おおおとめよ、おとめよ、
 どんなに私はお前を愛していることだろう!
 どんなにお前の目の輝いていることだろう!
 どんなにお前は私を愛していることだろう!

 歌と空とを愛する
 ひばりのこころにも似て
 空のかおりをを愛する
 朝の花のこころにも似て、

 私はお前を愛する、
 あつい血をたぎらせて。
 お前は私に青春と
 喜びはずむ心を与えてくれる。

 新しい歌と踊りに
 私のこころははずむ。
 いつまでも幸福であれ、
 お前が私を愛する限り!

531 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/21(木) 12:52:29.94 ID:m/AGtYkh0
ワートリや暗殺は実力で生き残ったな
それにくらべて少年疾走は・・・

532 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/21(木) 20:14:51.46 ID:pXdAbwMl0
オカルト板のほん呪いスレで、絶対神である109様にフルボッコの八つ裂きにされ、
糞と小便を漏らして泣きながら土下座謝罪して、足の裏まで舐めて虐めで哀れな姿を晒した
 ゴ キ ブ リ 白 神 とうとう完全敗北死亡超絶糞ワロタ♪(*^_^*)♪♪♪♪♪♪♪♪♪

臭 く て キ モ い 害虫を虐め殺して食うメシって最高に美味いよねっ(*^_^*)♪♪
ぎゃははははははははははは(*^_^*)♪♪♪♪♪

絶対神=109様=オレ様(*^_^*)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ゴ キ ブ リ の糞=ゴ キ ブ リ 白 神wwwwww

本当にあった呪いのビデオ5 10(ゴキブリ白神♪) [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1432193683/
109様に完敗して死亡した白神ざまああ♪ www [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1430392845/
糞雑魚 ゴ キ ブ リ 白 神 完全敗北死亡♪ [転載禁止](c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1431315937/

533 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/30(土) 13:10:25.85 ID:FH+FlSuU0
ソネット  


自由よ!鉄鎖に抗する精神を守る、永遠の霊よ!
お前は牢獄にあってこそ真の生彩を発揮する。
なぜなら、牢獄の中にあっても、お前の心を――自由愛の他は
何ものにも縛られぬ心を、己のすみかとするからだ。


自由よ!お前の子等が鉄の枷に縛りつけられ、

日の射さぬ陰湿な地下室に呻吟するとき、
彼らの望む自由の国は、彼らの殉教の血で卒然と興り、
解放の大儀、風に乗って世界各地に翔けてゆくのだ。


ジョンよ! おお、ジョンよ! お前の牢獄はまさに聖所、
お前の悲惨な石畳はまさに聖壇、――この冷たい石畳が
本来泥土であるかの如く、足跡を留めているのは、


かつて囚われの身となっていた者が歩きまわった証拠だ――

その名はポニヴァ―ル! 何人もこの足跡を消してはならぬ、
これこそ今なお圧制の苦しみを神に訴えているからだ!

534 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/05/30(土) 15:25:52.40 ID:ssZQi9QF0
ゴキブリ土下座お疲れ様〜(*^_^*)♪
今日もオレ様の足の裏をぺろぺろ舐めてね♪

535 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:27:56.15 ID:rWbwQcq00
何気に最古スレ

536 :6月7日@転載は禁止:2015/06/11(木) 16:24:33.04 ID:e99D3ndX0
          Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ・  

537 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/06/11(木) 18:58:24.28 ID:43H5Vq8R0
負け犬雑魚ゴキブリ土下座お疲れ様〜(*^_^*)♪
今日もオレ様も足の裏をぺろぺろ舐めてね♪

ゴキブリチンポ負け犬♪平野達彦その1☆ [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1433784756/
ゴ キ ブ リ 平野達彦完全死亡(*^_^*)♪ [転載禁止](c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1433932051/

538 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/06/12(金) 20:34:58.57 ID:ikWngzg30
※ショタチンポ大好きインポガーこと基地外キモホモ石川さんは、
本日尋常じゃない数の●を焼かれて攻撃力、回復力が共に1まで落ちています。
大変ご迷惑をお掛けしますが、生活保護費にて浪人購入が完了するまで、今暫くお待ちくださいませ


m(_ _)mw

539 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:35:06.20 ID:I3ShC84O0
5年も前のスレかよw

540 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/06/24(水) 11:49:37.62 ID:wcPFjLMI0
122 名無しさん@九周年 New! 2008/06/12(木) 01:02:22 ID:5xExm+S90
ttp://www.eris.ais.ne.jp/~fralippo/demo/review/MZT031228_resistance/
>、「抵抗権」は、人権宣言において保障される人権のひとつであるが、他の人権とは異なる点
>を持っている。なぜならそれは、人権を侵害する公権力に対して(実定法の根拠を持たずに)
>抵抗する権利のことだからである。より厳密に言えば、「抵抗権」とは、合法的に成立している
>法律上の義務を、それ以外の何らかの義務(良心、道徳)を根拠として否認することに関わっ
>ている。たとえば「ニュース・ソースを明らかにすることを義務
>づける法律は、守るべきではない」といった主張や、良心的反対による兵役の拒否などがそれにあたる。

541 :king of pop@転載は禁止:2015/06/25(木) 17:25:57.71 ID:Wzkz78Mq0
    喜びをもって


  喜びをもって……
  
  ただひたすらに感情を爆発させようとする、
  燃え上がり、陶然としている一連の人々……

  喜びをもって……

  わたしたちの内部に貯えられたエネルギーはすべて、
  この歓呼、歌、ステップで使い果たされる――

  周りで見物している人にとっては、この踊りは無秩序な叫び、
  足踏みとしかみえないかもしれない。

  しかしわたしたちにとっては、これはわたしたちの生活、
  わたしたちの願いのシンボルなのだ――

  《 あらゆる領域で自由を! 》

  そして、始めはゆるやかに揺れ――ぶらり、ぶらり――
  突然、踊りは解き放たれ、嵐のようにすべてをひっさらっていく……

  わたしたちはみんないっしょに笑い、歌い、歓声をあげる――
  そして踊りに踊る――息が絶えてしまいそう……

  ようやく、このもつれ合いは解きほぐれる。わたしたちは疲れ、
  しわがれ、息もつけない――それでもわたしたちは幸福なのだ!

542 :7年目@転載は禁止:2015/06/25(木) 17:28:37.49 ID:Wzkz78Mq0
けれども
いまごろ ちゃうど おまえの年ごろで
おまえの素質と 力をもってゐるものは
町と村との一万人の中に おそらく5人はあるだろう
それらのひとのどの人も
またどのひとも
五年のあひだに
それを大抵無くすのだ
生活のために けずられたり
自分でそれを なくすのだ

すべての才や
力や材といふものは
ひとにとどまるものではない
ひとさへひとにとどまらぬ
おまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子と
その明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへを
もう見ない

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰かけてるやうな

そんな多数をいちばん
いやにおもふのだ

みんなが町で暮したり
1日あそんでゐるときに

おまへはひとりで
あの石原の草を刈る

そのさびしさで
おまへは
音をつくるのだ

多くの侮辱や
窮乏の
それらを噛んで
歌ふのだ

ちからのかぎり
 そらいっぱいの
    光でできた
  パイプオルガンを弾くがいい。

543 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/07/03(金) 15:10:23.35 ID:5a1dHksj0
ばかちん

544 :名無しさんの次レスにご期待下さい@転載は禁止:2015/07/06(月) 11:46:40.59 ID:EchGDRm10
  アメリカの「独立宣言」から有名な一節を取ってみよう


 我々は以下の如き真理を自明の理と信ずる、

 即ちあらゆる人間は平等に造られたものであり

 彼等は造物主に依って特定の絶対権力を賦与されたのであり、

 これらの諸権利には生命と自由と幸福の追求が含まれているという事を信じる。

 これらの諸権利を確保する為に、政府が人間の間に組織されたのであり、

 権力は被治者の同意を得て生じたものであり、

 如何なる形の政体であれ、これらの諸目的を破壊するようになった場合は、

 人民がこれを改変し、或は廃止し、新たな政府を組織する権利があることを信ずる・・・。

545 :ホーガン@転載は禁止:2015/07/12(日) 15:42:54.14 ID:CwChdbl10
    宇宙的なものの歌


 詩神はいった、さあ
 どんな詩人もまだ歌わなかった歌を、私にうたってくれたまえ、
 宇宙的なものについて、私に歌ってくれたまえ。


 我々のこの広漠たる地球の中に、
 私たちはこの無限大の粗笨と鉱滓のただ中に、その中央核心のなかに包まれて、安全に、
 完全な種子が静かに横たわっている。


 全ての生命には、ある役割、多少なりとも役割がある、
 何もまだ生まれていないが、それだけは生まれており、
 覆い隠され、または露出したままで、その種子は待っている



 それは夢なのだろうか。
 否、それの欠けていることこそ夢なのだ、
 そしてそれがなくては、生の教訓も、富も、一場の夢に過ぎない
 そしてその全世界も、ただの一炊の夢にすぎないのだ

546 :7月15日@転載は禁止:2015/07/16(木) 17:44:27.38 ID:aQ+ySe2d0
           Heraclitus    


 ヘラクレイトスよ、人の噂によれば君は死んだとのこと、
 この辛い報せを聞いて僕はなんど辛い涙を流したことか。
 君と僕は終日、そうだ、太陽が辟易して沈むまで、いくたび、
 談笑の時をすごしたことか! そのことを思い、僕は泣いた。

 ヘラクレイトスよ、カリアから来た友よ、君が一握りの灰と
 化し、永遠の眠りについてから、長い歳月がたった、――だが、
 今でも、君の快い、夜鳴鶯のような声が響いている。死は、
 一切を奪い去るが、君の声を奪い去ることはできないのだ

547 :7月15日 16日@転載は禁止:2015/07/16(木) 17:51:13.62 ID:aQ+ySe2d0
2015年7月15日 16日でこの国は国民のコンセンサスも戦略もないまま舵をきらされたな
日常では換わったように見えないけれど 変わるんだよな

違憲でコンセンサスも戦略もないゆえに場当たり的で現場や弱者にその歪が一番推しかかることになるだろうな

548 :7月15日 16日@転載は禁止:2015/07/16(木) 17:52:46.39 ID:aQ+ySe2d0
     想いはひとり浮んで消える    


  想いはひとり浮んで消える
    想いをひめた うたのことばは
    夜あけの空の 月かげのように消える

  想いはうつくしく 想いはかわらずにある
  星空を 真珠のように 織りなして!

317 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)