5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説】リゾナントブルーのМVからストーリーを想像するスレ 第107話 [転載禁止]©2ch.net

145 :名無し募集中。。。@転載は禁止:2015/09/04(金) 06:50:09.73 0
──


「協力ありがとう、刹那の考察者さん」
『あの娘をおびき寄せるのにどれだけ掛かっているのよ! コレの為に3時間くらい待ったんだから!』
「仕方ないだろう、物事には段取りがあるんだから。そうカッカするとシワが増えるぞ」
『大きなお世話よ! ……それで、あの娘はどうしたの?』
「気を失った瞬間に転送して脱出させた」
『命に別状は無いのね』
「ああ。しかし、短時間でも爆発の炎に包まれたのなら、多少なりとも火傷が有りそうだが」
『全く無かったの?』
「無傷さ。それどころか、綺麗な真っ白い肌だったな。良いねぇ、若い娘は」
『……きっと自己防衛が働いたのよ。燃焼したガソリンを、自身から遠ざかる様に動かしたんでしょう』
「それなりに使いこなしてる様子だったしな。能力は確定して良いんだよな?」
『油念動力で間違いないでしょう。ただ、油と言っても種類は様々。食用・燃料を問わず干渉が可能だった事も確認出来た』
「キャノーラ油でもガソリンでも動かせていたからな。こちらで用意していた缶の中で、量が少ないA≠セけが動かせたのは?」
『一度に干渉出来る量が少ないからでしょうね』
「発火については?」
『これも読み通り、能力自体での発火では無いわ』
「やはりコレか」
『静電気防止のリストバンドね。引火点の低いガソリンが近くにあった、静電気が発生しやすい環境が整っていた。この2点が揃って発火現象が起きた、これが』
「『あたしらの結論』」
『発火に対する恐怖心からか、干渉対象はキャノーラ油に優先される様ね。極限状態であればガソリンへも干渉するみたいだけど』
「まあ、今回の調査としては十分過ぎる結果が得られた。あたしとしては満足だよ」
『帰ったら一杯付き合いなさいよ。おつまみ用意しておくから』
「了解」
「おばちゃんとの話は終わった? のん、油まみれだから早くシャワー浴びたいんだけど」
「帰る前に缶の片付けを忘れるなよ。A〜Dが4セットあるからな」
「また運ぶの!? Dとか満タンじゃん! はぁ……早くシャワー浴びたのに……」
「……さて、彼女は気付いてくれるかな? あたしからのプレゼントに──」

170 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★