5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【エボラ】海外のニュース・論文等を和訳するスレ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/09/25(木) 23:31:19.06 ID:H61RxO17
http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/su63e0923.pdf
リベリア・シエラレオネにおいて、将来のエボラ熱の症例を推定する

アブストラクト
今回の西アフリカにおけるエボラウイルス病の流行では最初に、2014年3月22日にギニアで49症例が報告されました。
同年の8月31日までに西アフリカでは3685症例がエボラ熱又はエボラ熱の疑いありと報告されています。
追加的にエボラ熱をコントロールする計画を立てることを援助するため、又将来のエボラ熱の感染者数の推定を提供するため、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は”EbolaResponse ”と呼ばれるモデリングツールを構築しました。
仮に効果的なエボラ熱の対策が拡大されずに流行が続いた場合、9月30日までにリベリアとシエラレオネではおおよそ8000件のエボラの症例が報告されるでしょう。
報告済の症例の2.5倍の症例が潜在している可能性も求められました。(直訳:2.5倍の過少報告される補正係数がある可能性も求められました)
この補正係数を用いることで、”EbolaResponse ”は9月30日までにリベリアとシエラレオネではおおよそ21000件のエボラの症例が現れると推測しています。
報告されるエボラの症例はリベリアでは15-20日で、シエラレオネでは30-40日ごとに倍増しています。
”EbolaResponse ”はエボラ熱をコントロールする試みどのように、エピデミックの拡大を遅らせ、最終的に停止させるか――を推測することにも着手しました。
仮定のシナリオでは、エボラ熱の感染者のおおよそ七割が、医療施設又はエボラ治療施設(ETU)又は(これらの施設が満員である場合は)エボラ感染のリスクを低減させる非ETU施設――必要ならば安全な埋葬を含む――に収容することで、
エボラ熱のエピデミックは拡大が遅れ、最終的には停止します。
その他の仮定のシナリオでは、ETU等に収容される感染者の割合が七割に達するのが30日遅れるごとに、エピデミックのピークにおける感染者数はおおよそ三倍になっていました。(しかしながら流行は結局、終わっています)

186 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)