5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【まどか☆マギカ】鹿目まどかはまどかわいい139 [転載禁止]©2ch.net

112 :越中褌闘記【第三章】 その3:2014/11/20(木) 21:28:01.78 ID:8nTDb/ZA0
ヌルン、ヌルン
ゆるやかに滑らかに扱く。
ときたま亀頭のエラを親指の腹で擦る。
きんたまを引いてみる。
男冥利につきる時間が静かに過ぎる。

ゆったりと腰を振り、穏やかな快感に身を委ねる。
-あ-センズリたまらん-
穏やかだった波が、次第にうねり始める。私はこの瞬間が大好きだ。

やがてマラ全体に、「男」の充実感がゆきわたる。
扱く度に脊髄を、「男」が駈ける。

「すぅ-、はぁ-」
快感を確かめながら、呼吸を整える。

「ピチョッ、クチュッ」
卑猥な音が響く。

-きそうだっ-
ぐぐっと精送管を押し分け、生殖のあてのない子種が、押し寄せてくる。

-きたぜ-っ-
「クチャッ、クッチャ、クチャッ」
一転激しく扱きまくる。
腰を落とし、それに備える。
ぐう-っと駈け上がり、一気にはじけた。

「ぐうぅううおぅぅういっくぅうう」
腰を振って快感に耐える。
「ボトッ、ボト、ボトッ」
音をたてて白濁した液が畳に落ちる。

暫くつったったままで、余韻を味わった。

-今度はどうコンタクトするかだな-
心地良い疲れの中で、私は次の作戦を練った。
時間はたっぷりとあった。

-あせることはないさ-
私は「その日」までの、プロセスを楽しもうと考えていた。

そしてそれは二日ごの夜のことだった。
「こんばんは、隣の加藤です」
ドアの外に声が響いた。
\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ      

513 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)