5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【まどか☆マギカ】鹿目まどかはまどかわいい139 [転載禁止]©2ch.net

102 :越中褌闘記【第一章】 その1:2014/11/20(木) 20:22:55.23 ID:8nTDb/ZA0
-くっそ、またかよ-
駅までの道のりの半分まで来て、俺はようやく気付いた。
-定期も金もなしでどうすんの?-
自分を蹴飛ばしたかった。つい二三日前にも、全く同じ憤りを感じたばかりだ。近所の目を気にしながら、来た道を返した。

アパ-トの建ち並ぶ狭い道を慌てて戻ると、案の定隣の奥さんに笑われた。
-この前の時も見られてたよな-
ドアを開けると、靴のまま上がり込んだ。
-こんなとこお袋に見られたら-
その心配はないものの、後ろめたさは否めない。

「やっべぇ-、こんな時間」
慌ててドアを開けると、
「お-っとっとと」
ドアの裏側で声がした。
-なんだよ-

ドアを引き、相手の顔を見た俺の表情の変化は、恐らく劇的であっただろう。

「こんな時間に申し訳ない」
俺の<おやじ探査コンピュ-タ->が、瞬く間にその50年輩の男を値踏みした。
-顔・本理想、身長・俺より低めOK-
-股間の膨らみ・まずまず-
-体毛・胸毛はみ出しゴックン-
-いいね-
勝手に結論を弾きだした。

「隣の部屋に今日引っ越してきます」
-えっ、まじかよ-
「日中に済むと思いますので・・・」

ボ-ッとなった俺は、その後おやじが何を言ったか、覚えちゃいない。駅への道を走り乍ら、さっきとは180度好転した、自分の人生を祝った。

「付き合いわりーなー」
「ごめん勘弁なっ」
口をとがらす同僚を見殺しにし、女子高生のように胸を弾ませながら、駅の改札をつっきった。

-そうだよ、隣開いてたんだよ-
二週間ほど前、
「結婚しますっ。使いかけで失礼だけど」
boxティッシュと、東京都推奨ゴミ袋を、俺に手渡しながら、花嫁候補が微笑んでいた。
「おしあわせに」

-今度はおやじさんか-
アパ-トの近くまでくると、隣の部屋から明かりが洩れていた。
そしてベランダには、早々洗濯物が夕風にたなびいて・・・

-たなびく洗濯物?-
好奇心の塊と化した俺は、隣のベランダへ、
-すっげぇ-
43年生きてて、これほどの感激もそうはない。
夕風に棚引いていたのは、正しく越中褌。
それもかなり使い込まれ、処どころ生地がすれていた。
「ごくん」
おとをたてて唾を飲みこんだ。

股間が正直に反応を開始した。ズボンの上から慰めながら、蟹股歩行でへやに入った。

513 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)