5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ55

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 18:05:03.06 ID:KYKsdX8C0
こちらは「咲-Saki-」の登場人物、須賀京太郎と女の子達がキャッキャウフフなことをしている妄想を楽しむスレです。
妄想小ネタ・SS・雑談などをしながら、みんなで盛り上げていきましょう。
京×女の子ならハーレムなど、なんでもOKです。職人様大歓迎!どんどん投下してください。

・荒らしは徹底スルーして下さい。構う人もまた荒らしです。
・過度なエロネタ、グロ、暴力表現は禁止。18禁SSはまとめWikiに直接置いてください。
・次スレは総書き込み量が480KBを超えた後に最初に書き込む人か、>>980レスを超えた後に最初に書き込む人が宣言して立てること。無理なら代役をお願いしてください。

○まとめWiki
咲-Saki- 京太郎SSまとめ
http://www34.atwiki.jp/kyotaross/

○避難所
須賀京太郎ハーレムスレ避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/anime/8164/1264155093/
須賀京太郎ハーレムスレ避難所part 2
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/anime/8164/1389606216/

○前スレ
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ54
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1410155285/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 18:05:41.89 ID:KYKsdX8C0
○過去スレ
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1254839912/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 2
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1260957472/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 3
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1276013174/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 4
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1338048810/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 4
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1339168176/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 5
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1342000997/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 6
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1343561373/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 7
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1345807603/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 8
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1350211745/
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 9
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1355102371/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ10
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1360020498/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ11
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1363879203/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ12
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1366172806/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ13
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1368768696/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ14
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1372679960/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ15
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1375461690/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ16
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1377083466/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ17
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1378414309/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ18
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1379600895/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ19
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1380486440/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ20
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1381320681/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ21
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1382119195/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ22
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1382840090/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ23
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1383574216/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ24
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1384238013/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ25
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1384856239/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 18:06:19.57 ID:KYKsdX8C0
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ26
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1385547070/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ27
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1386475959/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ28
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1386940557/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ29
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1387723762/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ30
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1388464938/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ31
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1389022311/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ32
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1390059434/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ33
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1391096437/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ34
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1392125304/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ35
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1392982883/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ36
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1393563389/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ37
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1394106140/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ38
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1394641932/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ39
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1395268703/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ40
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1396090063/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ41
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1396882207/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ42
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1397480085/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ43
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1397922809/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ44
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1398434258/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ45
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1399120355/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ46
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1399737796/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ47
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1400408040/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ48
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1401299682/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ49
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1402221564/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ50
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1403520513/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ51
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1404917501/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ52
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1406450692/
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ53
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1408240480/

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 18:10:07.00 ID:H25UDIU30
立て乙

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 18:30:51.23 ID:tNBXUtmW0
立て乙です

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 18:40:46.38 ID:TlRgdwi4O
縦乙っす

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 19:09:15.16 ID:ZGfDD15F0
たて乙です

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 23:17:19.36 ID:vhWQf9qh0
立て乙
スカートめくり祭り会場はここですか?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 23:22:43.09 ID:KYKsdX8C0
由暉子「それではお願いします」ペッコリン

京太郎「おう! 任せておけ!」

今日俺とユキは近所のスタジオ借りて写真を撮りに来た。なぜかって?
いやね、インハイで活躍してユキの可愛さを全国に知らしめるんだーとか言ってたよ。
俺もユキはすっげー可愛いしちょっと話題になるのかなくらいには思ってはいたさ。

でもさ…まさかいきなりあの有名な麻雀雑誌からオファーくるとか驚きだわ…

京太郎「最後に確認しておくけど髪とか大丈夫か? メイクもそれでばっちりなのか!?」アセアセ

由暉子「ばっちりです、須賀くんこそカメラの用意は大丈夫ですか?」

爽さんが言うにはまだ載るの確定ではなく写真送ってそれが良ければ実際に採用されるらしい。
今日その写真を撮影するんだけど予算不足とか色々あって俺がカメラマンやらされてるんだよね。
俺の腕次第でユキが雑誌に載るか決まる、緊張するなぁ…

京太郎「何か衣装でも着るのかと思ってたけど普通に制服なんだな」

由暉子「いえ、それもいいと思ったのですがもう少し大胆に行こうと思いまして…」

京太郎「制服じゃないのか…? なら何着るか知らないけど早く着替えを…」

由暉子「いえ、すでにこの下に着てあるので大丈夫です」

京太郎「下に着ている…?」

由暉子「先輩方と話して色々と考えたんですが……水着にすることにしました」ヌギヌギ

ファッ!? 水着だって!?
いやユキは小さいけど胸大きいし水着とか破壊力抜群だけどさ!

由暉子「これなんですけど…似合っていますかね?」

京太郎「うわぁ…」ゴクリ

カラフルなチェックのビキニで下は短いスカート(?)みたいなのがある、なんというか大胆だ…
胸の部分とかやばいな…面積小さいし下乳も見えてるしもう目が離せないぞ。
あれだ、詳しくはメロブ特典参考ってことで。

京太郎「うん、すっげえろ…じゃないかわいいぞ!」

由暉子「ありがとうございます」

今からこれを撮影するの?
すっげー疲れるだろうな…精神的に…

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 23:23:41.04 ID:KYKsdX8C0
京太郎「……これだけ撮ればもう大丈夫かな? そろそろ終わりにしようか」

由暉子「ふぅ…どうもお疲れ様でした」

いや、ほんとにやばかった。
ポーズが胸を強調するのばっかだからもうほんとエロくてな…プルンと揺れる胸に何度理性が負けそうになったか…
それに胸だけじゃなくおしりもやばいな、程よい大きさで形のいい尻は撫でまわしたく…
とりあえずデータを先輩に渡す前にコピーして永久保存しておかないと。

京太郎「いい写真たくさん撮れてるな。これなら採用してもらえるんじゃないか?」

でももし採用されたらこれがたくさんの人に見られるのか。
このユキを見た男はきっとこの写真を使って…

由暉子「どうかしましたか? そんな暗い顔して…」

京太郎「なあ…やっぱりこのオファー断らないか?」

由暉子「どうしてそんなことを言うんですか?」

京太郎「うーん…やっぱりさ…」

京太郎「好きな子のこんな姿を他の人に見せたくないんだよな」

由暉子「……」

京太郎「でもこんなのいきなり言われても迷惑だよね…ごめん、忘れてくれ」

由暉子「そうですね、多くの人に迷惑がかかりますから今更止めるわけにはいきませんから。私も…」

京太郎「よし! いつまでもそんな恰好じゃ寒いだろ? 早く着替えちゃうえよ!」タタッ

勢いでなんか告白みたいなことして逃げてきちゃったけどこりゃ嫌われたかな…?
まあいいや…今は泣きそうな顔どうにかしてユキのために暖かいものでも用意しないとな…

----------------------

爽「ユキのアイドル化計画の第一歩が…」ズーン

揺杏「担当まじ見る目ねえな…」ズーン

しばらくして編集から結果が届いた、不採用だった。
そう聞いて周りは残念んがってるのに安心してしまってる俺って情けないな…

由暉子「でも正直ほっとしました」

揺杏「えーっ! どーしてだよ!」

由暉子「私はやっぱり多くの人ではなく須賀くんのアイドルにさえ慣れればいいと思いましたので」

爽「ちょっ! おまえらいつの間にそんな関係に!?」

京太郎「えっ!? 俺って振られたんじゃ…」

由暉子「……? 私も須賀くんのこと好きって言いませんでしたっけ?」

京太郎「えっ…ええぇぇぇぇぇぇっ!!」

カン!

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 23:31:16.71 ID:H25UDIU30
乙牌

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/05(日) 23:33:39.09 ID:vhWQf9qh0


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 00:37:50.03 ID:y1g6aM9BO
乙乙 ユキちゃんカワイイヤッター

スカートめくりかぁ…フヒッ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 02:57:05.99 ID:z0QHQoVU0
和「私が淫乱レズピンクだという風潮」

京太郎「なんだよいきなり」

和「だから、風評被害ですよ!」

京太郎「あー、俺もよくホモだとかゲイだとか言われるしな」

和「それはどうでもいいです」

京太郎「どうでもよくないよ!? だってハギヨシさんにはタコス作り教えてもらっただけなんだぞ!?」

和「私だってちょっと手をつないだり顔を赤くしてるだけなんですよ!?」

京太郎「……本当にそれだけか?」

和「……それだけですよ?」

京太郎「だってあのips発言はやっぱり……」

和「わー! わー!」

京太郎「ぐ、ぐるじ……くびは、やめ……」

和「若気の至りです! 優希のおふざけに乗ってみただけなんです!」

京太郎「わかった、ギブ、ギブ……!」

和「あ、ごめんなさい」

京太郎「ぶはっ! あー、死ぬかと思ったー」

和「そんな、少し大げさですよ」

京太郎「お前な……まぁいいや。それで、風評被害ってのはわかったけど、こんな話されてもどうしようもないぞ?」

和「私はそうでもないと思いますよ?」

京太郎「は?」

和「もし私たちが仲良しなふりをしてたら、その噂を払拭できると思いませんか?」

京太郎「なるほど……でも、俺でいいのか?」

和「正直抵抗はありますけど、他の男子よりはマシです」

京太郎「……喜ぶべきか悲しむべきか」

和「とりあえず一緒に帰るところから始めてみましょう」

京太郎「はいはい」

和「あ、接触は厳禁で半径50センチ以内には近づかないでください」

京太郎「お前さっき思いっきり俺の首絞めてたよね!?」

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 02:59:47.73 ID:z0QHQoVU0
――――――


京太郎「悪い、遅れた!」

和「もう、まがりなりにもデートなんですからしっかりしてください」

京太郎「だから悪かったって。まだ一分しか過ぎてないだろ」

和「でも遅刻は遅刻です。ちゃんと反省してください」

京太郎「わかったよ……」



和「ジェットコースター……ちょっと勇気がいりますね」

京太郎「そうか? 楽しいぞ?」

和「物は試し、ですね」

京太郎「ほら、早く並ぶぞ」

和「あ、隣の席は避けてくださいね」

京太郎「あのな……普段ならともかく、それじゃあんま仲良く見えないだろ」

和「むっ……じゃあ、今回だけ特別に許します」



和「メリーゴーランド……行きましょう!」

京太郎「あれ乗るの? 正直、いやかなり恥ずかしいんだけど」

和「置いていきますよー!」

京太郎「あぁもう、待てって!」

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:00:45.22 ID:z0QHQoVU0
――――――


和「お化け屋敷……ここはやめておきましょうか」

京太郎「怖いの苦手なのか?」

和「……わたしはただ幽霊なんて非現実的なものを題材としたアトラクションに興味を惹かれないだけでそもそも恐怖というのは未知という要素が――」

京太郎「あーはいはい。要するに怖いのね」

和「〜〜っ、入ります!」



京太郎「大丈夫か?」

和「幽霊なんて、しかもこんな作り物に怖がるわけ――ひゃっ!」

京太郎「……」

和「……///」

京太郎「接触は厳禁とか言ってなかったっけ」

和「わ、私からは良いんです! だ、だから出口までは……」

京太郎「りょーかい」



和「いいですか? あれはいきなり飛び出して来たから驚いただけで、怖がってたわけじゃないですから」

京太郎「わかったよ。もう昼飯時だけど、どうする?」

和「もうそんな時間だったんですか? 気づきませんでした」

京太郎「お、あそこでタコス売ってるじゃん。食べてみて後で優希に感想聞かせてやろーぜ」

和「あ、それ悪くないです」

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:02:37.40 ID:z0QHQoVU0
――――――


京太郎「射的だ。やってみるか?」

和(エトペンのキーホルダー……)

和「やりましょう!」

京太郎「うお、すごいやる気だな」



和「えい」スカッ

和「それ」スカッ

和「やっ」スカッ



和「……」ズーン

京太郎「まぁ、元気出せよ」

和「いいんです。所詮遊びですから……」

京太郎(いいんですって顔じゃないだろ)

和「次、行きましょうか」

京太郎「で、どれ狙ってたんだ?」

和「はい?」

京太郎「元全中王者が狙ったものを落とすってのは、良い腕試しになると思ってさ」

和「……なにバカなこと言ってるんですか」

京太郎「いいから。どれなんだ?」

和「あの、エトペンのキーホルダーです……」

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:03:23.02 ID:z0QHQoVU0
――――――


京太郎「よっしゃ、取った!」

和「す、すごい!」

京太郎「へっへーん、ゲットだぜ! ってな」

和「むぅ……」

京太郎「はいこれ。ほしかったんだろ?」

和「え?」

京太郎「落としただけで俺は満足だ。それにどうあがいても俺には似合わないからな」

和「そういうことなら、もらっておきます」

京太郎「じゃ、次行こうぜ」

和「あの……ありがとう、ございます」



京太郎「で、最後はこれに乗るの?」

和「はい、遊園地のデートの締めは観覧車だと聞いたので」

京太郎「そっちがいいならいいけどさ、結構狭いぞこれ」

和「あの、それだったら……半径二十センチまで、許します」

京太郎「……どういった心境の変化?」

和「と、とにかく乗りましょう!」

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:04:01.36 ID:z0QHQoVU0
――――――


京太郎「狭いな……」

和「そう、ですね」

京太郎「高いな……」

和「そう、ですね」

京太郎「顔、赤いぞ?」

和「そう、じゃないです。夕日のせいです」

京太郎「そうか」

和「……」

京太郎「……」

和「……やっぱり、やめにしません?」

京太郎「やめるってデートをか?」

和「その、仲良くするふりを……です」

京太郎「やっぱり俺じゃ荷が勝ちすぎてたかな?」

和「そういうことではなくて……普通に仲良くしたいと言いますか……」

京太郎「それって友達ってこと、だよな?」

和「はい。ひとまずは……」

京太郎「じゃあこうやって、手を握っちゃっても?」

和「ひゃっ」

京太郎「いやか?」

和「いやでは、ないです」

京太郎「抱きしめるのは?」

和「それはまだ……」

京太郎「まだ、ね」

和「……はい」

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:04:48.88 ID:z0QHQoVU0
――――――


和「今日は私のわがままに付き合ってもらって、ありがとうございました」

京太郎「いいよ。俺だって十分楽しんだし」

和「そう言ってもらえるとうれしいです」

京太郎「んじゃ、帰るか。送ってこうか?」

和「父が迎えに来るので」

京太郎「そっか……じゃあ俺は行くよ。明日学校でな」

和「はい、また明日」

京太郎「あ、そういえば一個言い忘れてた。耳貸して」

和「なんですか?」


京太郎「俺、和がいなきゃ麻雀部に入らなかったと思う」


和「――え?」

京太郎「そんだけ。じゃあなー」

和「それって、まさか……///」

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:05:35.04 ID:z0QHQoVU0
――――――


咲「ねぇ、今日の和ちゃん、なんか変じゃない?」

優希「そっかー? のどっちモードのときはいつもあんな感じだじぇ?」

咲「そうだけど、今は対局してないし」

優希「じゃあ風邪とか」

咲「熱でもあるのかな?」

久「二人ともはずれよ」

咲「部長、いたんですか?」

久「引退したんだから元部長よ」

優希「そんなことより、はずれってどういうことなんだじぇ」

久「よく見てみなさい」


和「……はぁ」


久「潤んだ瞳に、紅潮した頬。それに窓の外を見ながらため息と言えば、答えは一つしかないわ」

咲「やっぱり風邪じゃ……」

優希「わかった! ずばり、タコス切れだじぇ!」

久「ダメよダメねダメダメね。あれは――恋よ」

咲「恋? 和ちゃんがですか?」

優希「鯉? タコスじゃなくてお魚が食べたいのか!」

久「ほら、もうすぐ須賀くんが来るからよく見ておきなさい。特に優希は」


京太郎「戻りましたー」

和「――っ」


優希「おお、のどちゃんが鯉みたいに跳ねたじぇ」

久「あなたはそれから離れなさい」

咲「和ちゃん、まさか京ちゃんに?」

久「これは面白いものが見られそうねー」

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:07:02.07 ID:z0QHQoVU0
――――――


京太郎「よう、昨日ぶり」

和「ち、近寄らないでくださいっ」

京太郎「は?」

和「半径二メートル以内には近寄らないでくださいっ」

踞尾卯太郎「いや、いきなり広がりすぎだろ。昨日は手だって握ったのに」

和「そんなオカルトありえませんっ。とにかくダメったらダメなんです!」

京太郎「なに言ってんだよ。ほら、こうやって昨日も……」

和「ひゃっ」

京太郎「ん? 今日も顔赤いな。熱でもあるん――」


和「はっ、半径一キロメートル以内には近寄らないでくださいっ!!」

京太郎「学校いられなくなるからなそれ!?」



咲「……」

優希「……」

まこ「で、なにかあったんか?

久「あの二人よ」

まこ「和と京太郎……喧嘩でもしちょるんか?」

久「さぁてね……でもそのうち犬も食べなくなるんじゃない?」


カンッ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:08:51.09 ID:z0QHQoVU0
もう結構たったけどのどちゃんの誕生日祝いです
前に鈍感のどっちを書いた反動でこんなのになってしまった

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 03:13:20.85 ID:Y04urpmR0

踞尾卯太郎ワロタ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 04:43:26.51 ID:y1g6aM9BO
乙 またも新たな太郎が生まれてしまったか…

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 04:56:18.00 ID:nNwLz+XL0

けど京太郎が和目当てで麻雀部に入ったっていう風潮もいつから出来たのかね?
ちょくちょく見かけるけど

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 06:23:22.34 ID:y1g6aM9BO
>>26
咲さんやゆーきが京ちゃんに惚れてるとか京ちゃんにはモモが認識できるとかの設定が多いのと似たようなものじゃないかな
後はアニメ版で強化された妄想ぶりとか

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 06:29:01.02 ID:sv3Psxbp0
京太郎入部に関しては謎が多いからな
謎のまま終わるだろうが

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 07:40:28.50 ID:jktx2uEP0
プロットはあるらしいがなぁ
京-kyo-欲しいわぁ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 07:53:57.72 ID:2z4J/NWg0
咲本編が終わって大学生編の主人公の隣に普通にいる京太郎

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 08:11:48.94 ID:3cTEaGBs0
部キャプの名前呼び回と並べてやる機会がねえって言ってるレベルやけんな

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 08:33:33.40 ID:gQBuQFh00
京太郎「あーこー」ムニムニムニニ

憧「なーに…ってかお腹揉まないでよ、くすぐったい」

京太郎「じゃ胸」モミモミモミミ

憧「ぁん、もう…」

京太郎「」モミモミモミモミミ

憧「んんッ……ねぇお尻に当たってるんだけど、なんでまた硬くなってんのよ」

京太郎「いままで黙ってたけど、実は俺スケベなんだ」

憧「言われなくても知ってるわよ、えぇ世界中の誰よりもね」

京太郎「だからしかたがないんだ、うん」

憧「なんかその言い方だと誰でもいいみたい」

京太郎「は?」

憧「スケベな京太郎は、こういう風になったら誰が相手でも硬くしちゃうんでしょ」

京太郎「う〜ん、まぁそうだろうな」

憧「…そこは嘘でも、お前だけだよとか言うところじゃないの?」

京太郎「男ってのは単純だから、好きな子じゃなくてもできちゃうんだよ」

京太郎「というか、かわいい子とかスタイルいい子とかやれるもんならやりたいって、男なら誰でも思ってるしな」

憧「………」

京太郎「でも好きなのは……一緒にいたいとか、幸せにしてやりたいとかそういうのはまた別なんだよ」

京太郎「女の子はそこがイコールになるわけだろ?だから男と女は永遠に分かり合えないわけだ」

京太郎「ままならんよなぁ」

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 08:34:11.62 ID:gQBuQFh00
憧「なんかいいこと言ってる風だけど…」

京太郎「いいこと言ってただろ?」

憧「その間ずっと人の胸を揉んでる必要はあったのかしら?」

京太郎「おぉそれなんだけど、憧ちょっと大きくなってね?」

憧「え、ウソ!?ほんとに!?」

京太郎「うん、なんとなくだけどな」

憧「そっかぁ…そっかそっか」ニヘヘ

京太郎「いやー毎日揉んでた甲斐があったな!」

憧「毎日は言いすぎっ!でも…好きな人に揉まれると大きくなるって本当なのかしらね」

京太郎「好きな相手だと女性ホルモンが出て云々とか言うけどな」

京太郎「てことで、もっと女性ホルモンが出るようなことしようか」

憧「しませんっ」

京太郎「えー」

憧「シャワー浴びてこよーっと」

京太郎「憧ー好きだー愛してるー」

憧「はいはい、あたしも死ぬほど愛してるわよ」

バタン

京太郎「行けばできるだろうけど、絶対に後で怒られるだろうし……ぐぬぬ」



〜〜〜〜〜

憧「来なかったんだ」

京太郎「へ?」

憧「待ってたのに」

京太郎「!?憧、俺!」ガタッ

憧「ジョーダンよ、ばーか」フフッ

京太郎「……」


京太郎「かなわんなぁ」

カン

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 08:53:27.48 ID:Xtsos9eL0
あこたそ〜

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 12:28:54.88 ID:5kU+hbia0


和が無関係ならヒッサに口八丁手八丁で入部されたとか?
部活に入ったらスタイルのいい美人の彼女ができるかも>県大会で好成績残せたら他校と練習試合組めるから和みたいな逸材と
お付き合いできるかも>全国に行ったら和を超える逸材とお付き合いできるかも
見たいな感じでGS美神の横島見たいに毎度辞めるだの言ってたときにあっさりだまされて妄想するも
毎回その夢を打ち砕かれる京太郎ってのはたまに浮かぶな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 12:43:11.14 ID:Xtsos9eL0
パイを触らせてくれるという話を聞いて、ホイホイ付いていったら麻雀牌だったでござるの巻

しかし、今となっては麻雀牌すらも……

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 12:46:19.42 ID:ZrbnQM8G0
牌磨きの時にいくらでも触れるやろ。(すっとぼけ)

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 15:25:25.73 ID:hyXTJStL0
ヨ須賀ノソラ

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 15:25:33.46 ID:HwK7aXhhi
そして京牌に

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 15:37:24.94 ID:ixQntEIZ0
グルジアがジョージアに表記を変えるよう日本政府に要求してこれを飲んだってニュースを見たがこれで京ネリ書いてください

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 16:57:17.01 ID:04o2I6630
>>31
京太郎云々を考えなくてもあの見開きは本当に意味わかんなかったな
キャプテンも部長も好きなキャラだけどその2P他に回せるだろと

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 16:57:46.72 ID:04o2I6630
あれ、なんでsage解除されてるんだごめん

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 19:30:22.52 ID:wi4irjac0
お金のために京太郎に体を売るネリーだなんてそんな

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 19:36:48.16 ID:Uy76g5Fm0
麻雀強いなら、身体を売るより代打ちとかのが稼げそうじゃね?
京太郎の家がそこそこの金持ちでも、京太郎自身が買春できるほど金あるかどうか

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 19:50:23.17 ID:TiWLPR9M0
と、いうていで京ちゃんにゾッコンなんですね

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 19:51:30.10 ID:2zXdl+6E0
宝くじでも当たったことにすればいいんでは

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 19:53:39.58 ID:Uy76g5Fm0
なるほど、麻雀の運は無いけどその代わり日常的に色々運がいいということか

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 20:17:02.55 ID:MZX1mWev0
そんな麻雀以外のスペックがレベル最大の助っ人京ちゃんみたいな...。

京太郎が好き過ぎて変態気味な女の子が見たい

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 22:03:24.67 ID:cc8fNygD0
咲さんなら京ちゃんの使ったストローとか持ってそう

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 22:12:52.90 ID:nGRy0g+w0
京太郎が入院しててそこの使用済み尿瓶で用をたそうとする咲ちゃんでかなり笑った記憶があるな

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 23:05:28.39 ID:NkjuMehy0
ネリーが京太郎に名前で呼ぶよう要求したと聞いてやってきました

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/06(月) 23:12:56.95 ID:lgtxPgK70
あれは咲"ちゃん"と呼んでも良いものなのだろうか

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:34:10.06 ID:bLCx22IT0
スカートめくりで投下するわ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:35:13.62 ID:bLCx22IT0
京太郎「お疲れさまでーす」ガラッ

咲「あっ、おはよー京ちゃん」

京太郎「おっす咲、お前だけか。他のみんなは?」

咲「部長は生徒議会の仕事で、染谷先輩は実家の手伝いで遅れてくるって。優希ちゃんはタコスを買いに行って、和ちゃんはその付き添い」

京太郎「そっか、じゃあ2人が戻ってくるまで暇だな、お茶でも入れておくか」

咲「なら、私がやるよ。」トテトテ

京太郎「おう、頼むわ…ん?」

咲「フフンフーン」カチャカチャ

京太郎「おい、咲。スカートに糸クズ付いてるぞ」

咲「え?どこ?後ろ?……取れた?」パッパッ

京太郎「いや、取れてないぞ。俺が取ってやるから、じっとしてろ」

ピラッ

咲「……えっ?」

京太郎「あっ」←ゴミごとスカートをつまみ上げる

咲「きゃあああああああああああああ!!!///////」ギュルギュルギュル

京太郎「ちょっ、さき、すま」

咲「京ちゃんのバカああああああああああああああああ!!!!//////」コークスクリュー!

京太郎「グホォッッ!!」バキィィ

咲「なにスカートめくってるの!!?バカ!!エッチ!!変態!!//////」

京太郎「痛つつ……いや、えっと…すまん、咲。わざとじゃないんだ」

咲「そんなこと言って…ホントはわざとなんじゃ…」ジトー

京太郎「いや、和や部長ならまだしも、咲のスカートをめくったりはしないわ」キリッ

咲「バカああああああああああああああああ!!!!」カンッ!!

京太郎「グハァッッ!!!」バキィィィ!!

カンッ!!

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:36:00.81 ID:bLCx22IT0
イチャイチャさせたかったけど出来なかった
スカートめくりじゃないけど、もいっこ投下
パロってか他作品ネタ注意で

56 :他作品ネタ注意:2014/10/07(火) 00:37:13.47 ID:bLCx22IT0
京太郎「…………」ジー

京太郎「……おぉ……」

京太郎「終わった…凄いストーリーだったな、龍騎」

京太郎「まさか最終話目前で真司があんな…」

京太郎「まぁ、これは…ハッピーエンド、なんだろうな」

京太郎「うん、面白かった、見てよかったな」

京太郎(朝に映ってた仮面ライダーを『まだ続いてたんだ』とか『ちっちゃい頃見てたなぁ』とか懐かしくて、ついなんとなく見てたらハマってしまい)

京太郎(もっと見たくなってクウガから見始めたけど…さらにどハマリして、もう龍騎まで見てしまった)

京太郎「昔見てたときは内容とかよく分からなくて、ただ仮面ライダーが戦ってるのがカッコイイな程度しか思わなかったけど、こんなに大人向けのストーリーだったんだな…」

京太郎「子供向けの番組と侮ってた…」

京太郎(因みにどのくらいハマったかというと、咲たちとの会話に作中のセリフを思わず入れてしまったり、最近だと誰もいないトイレで鏡の前で変身ポーズ取ったり…)

京太郎(あとは雄介や翔一に憧れて、人の笑顔のために頑張ったり、料理に凝ってみたりか…)

京太郎(我ながらバレたら恥ずかしいよな…けど行動とかセリフとかカッコ良すぎて、つい真似したくなっちゃうんだよな…)

京太郎「よし、次のを見るか、次は…仮面ライダー555(ファイズ)か…なんとなく昔見た覚えがある気がする」

京太郎「俺が5歳のころだっけ?確かこの頃見てたんだよな…?そりゃ見覚えもあるか」

京太郎「さて、それでは試聴開始っと」ポチッ

――――――
――――
――

57 :他作品ネタ注意:2014/10/07(火) 00:38:12.40 ID:bLCx22IT0
――――後日

久「須賀君、買い出しお願い♪」

まこ「コラ部長、最近京太郎に頼みすぎじゃ。京太郎も、近頃牌に触っとらんじゃろ」

咲「そうだよ京ちゃん、買い出しは私が行くから、京ちゃんは卓に入りなよ」

京太郎「まこ先輩、それに咲も、気を使ってくれてありがとうございます」

京太郎「けど良いんです、みんなは全国大会が控えてますし、相手が素人の俺じゃすぐにトんじゃってあまり練習になりませんし」

まこ「そんなことは…」

京太郎「俺には麻雀の実力はありません…でも、雑用でみんなをサポートすることは出来ます!」キリッ

京太郎「ってなわけで、行ってきます!」

まこ「お、おい!…行ってもうた…」

久「良いじゃない、本人がああ言ってるんだから」

まこ「部長、あんたというやつは…」ワナワナ

咲「京ちゃん…」

和「仕方ありませんよ、宮永さん。部長の言うとおり須賀君がああ言っているのなら、今は彼のためにも全国に向けて頑張りましょう」

咲「原村さん…」

優希「………」

優希(………うーん?)

58 :他作品ネタ注意:2014/10/07(火) 00:39:01.01 ID:bLCx22IT0
――――さらに後日

久「4校で合同合宿をするんだけど、麻雀卓はどうしようかしら…?」

京太郎「なら、俺が旅館まで運びますよ」

久「え…ちょ、ちょっと須賀君?気持ちは嬉しいけど、流石にそこまでしなくて良いのよ?」

久「卓を運ぶなんてすごく大変だし、なにより今度の合宿には他校の女子ばかりだから、須賀君を参加させることは出来ないし…」

京太郎「良いんですよ部長、これぐらいしか役に立てないですし、それに俺、中学では運動部だったんで体力も自信ありますし」

京太郎「ですから部長、俺が(卓を)背負ってやります!」キリッ

久「そ、そう…?なら、お願いね?」ヒキッ

久(さ、流石に雑用させすぎちゃったかしら…?)

まこ(とか思っとるんじゃろうなぁ…こやつは…)ハァ

まこ(まぁ、いい薬と思って反省しとき、部長)

咲「京ちゃん…」

優希「………」

優希(…京太郎の言ってることに、なーんかデジャヴュを感じるんだじぇ…それも、特にキメ顔をするときだじょ…)ハテ

優希「………うーん?」

和「…ゆーき?どうかしましたか?」

59 :他作品ネタ注意:2014/10/07(火) 00:39:52.93 ID:bLCx22IT0
――――そのまた後日 合同合宿打ち合わせ

久「いらっしゃい。ごめんなさいね、わざわざうちまで来てもらって」

美穂子「どうあれ、どこかには集まるんですし」

透華「ええ、構いませんわ。それに、アイスティーにお茶菓子とこちらもおもてなしをしてもらって」

ゆみ「ああ、それにすごく美味しいしな。どこの紅茶と茶菓子なんだ?蒲原たちのお土産に店を教えてはもらえないだろうか」

久「あぁ…お茶は市販のよ?淹れ方にコツがあるらしいわ…お菓子はうちの部員の手作りのものよ…」

ゆみ「手作り!?凄いな…」

透華「とても良い腕をお持ちなのですね…うちで出しても問題ない程ですわ…」

美穂子「誰が作ったものなんですか?是非作り方を教えて欲しいわ」

久「…うちの男子部員の子よ、須賀君っていうの」

三人「「「男子!?」」」

久「ええ…何か最近、女子は大会があるからって雑用とか進んでしてくれるんだけど、それに合わしてメキメキ女子力というか、雑用力が上達してるのよ…」

久「部室の掃除をみんなでやる以上に完璧にしたり、牌譜整理も気付いたら終わらせてたり…」

久「休憩用のお茶やお菓子をいつの間にか、しかもお店の以上のを手作りで用意してたり…」

久「余談だけど、うちの咲が「女の子として負けた…」って凹んでたわ…」

60 :他作品ネタ注意:2014/10/07(火) 00:40:38.07 ID:bLCx22IT0
久「とにかく…これ全部、須賀君一人の仕業なのよ…」

美穂子「なんですって!?それは本当なの!?」

カンッ!!






――――全国会場

穏乃「の…和…?」

和「えっ……穏乃?」

京太郎「…この声…真理?」

穏乃「えっ…誰?」

もいっこカンッ!!






灼「知ってる…?麻雀っていうのは、呪いと同じで、途中で挫折した人は、ずっと呪われたまま…らし……」

灼「あなたの…罪は重い……!」ゴッ

健夜「!?」

さらにカンッ!!

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:42:11.21 ID:bLCx22IT0
55スレ目だから書かなくちゃと思った(使命感)
反省はしてないけど後悔はしてる
こういうSS投下後の賢者タイムってえげつないよね
豊音にスカートめくりしたい

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:44:10.59 ID:1Ny4FrCL0
二連続乙
剣まで見たら京太郎退部しねえだろうな…

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:50:11.06 ID:aUG2ljcT0

元ネタがさっぱり分からん…

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 00:56:41.07 ID:dcD7VXmC0
仮面ライダー龍騎
主人公役の人が須賀って苗字

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 01:02:06.84 ID:SciXwLUa0

タコスのスカートたくし上げに反応しない京太郎はそもそもパンツに興味があるのか

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 01:03:10.52 ID:lZxzjZrD0


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 01:10:01.24 ID:rYTgXFAA0
竜華「ふわぁぁ…よく寝たなぁ…」

―清水谷竜華の朝は早い、毎朝6時半には起床する。

竜華「ふんふふーん♪」

―起きてからは手早く着替えや化粧を済ませ学校へ行く準備を整える。

竜華「さて、今日も京くんを起こしに行かへんとな♪」

―そう言った彼女は自室の窓を開けベランダに出る。そして隣家のベランダへと乗り移る。

―隣の幼馴染を毎朝起こしに行くこれが彼女の日課の一つだ。

竜華「……京くーん?」コゴエ

京太郎「……」スピー

竜華「よし…まだ寝てる!」グッ

―だが起こす前に彼女には一つ大事な作業がある。

竜華「えっと…」ゴソゴソ

―幼馴染が起きる前に彼の部屋のごみ箱を漁り始めた。

竜華「すごい! 今日は3つもあるで! やっぱ京くんは性欲すごいなぁ!」

竜華「うわぁ…しかも濃くてええ匂いや…」クンクン

―見つけたらまずはにおいを嗅ぎテイスティングする。その様子はまるでソムリエだ。

―そしてそのティッシュを持参したジップロックに入れにおいが漏れないよう密封する。

―今晩自分が使用するまでできる限り品質を落とさない、それが彼女のこだわりだ。

竜華「ほら京くん、もう朝やでー」ユサユサ

京太郎「んっ………あふぅ…」

―そうしてようやく幼馴染を起こす作業に入るのであった。

京太郎「竜華さん……おはようございます……」ゴシゴシ

竜華「ほら、はよ着替えて歯を磨く! もうすぐ朝ごはんもできるんやで!」

京太郎「そうですね…じゃあ着替えますから…」

竜華「うん、ほなまた後でなー」

―そういって彼女は自分の部屋へと戻っていく……がこれで終わりではない。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 01:11:12.82 ID:rYTgXFAA0
竜華「今日のパジャマは…………これやね」

―自分の部屋の箪笥から彼の着ていたものと同じパジャマを急いで取り出す。

竜華「急がんと京くんが戻ってまう」

―そして急いで彼の部屋へ舞い戻り脱ぎ捨ててあったパジャマと交換する。

―彼が着替えて朝食を食べるわずかな時間、その間に静かに素早くそれをすり替える。

竜華「う〜ん…やっぱり涼しくなってきたせいで汗かかんからにおいが薄くなってきたなぁ…」クンクン

<ゴチソウサマー

竜華「やばっ!?」

―どうやら幼馴染が朝食を食べ終えたようだ。

―その声を聴き彼女は急いで部屋を後にする。もちろん使用済みパジャマは忘れない。

京太郎「あれ…竜華さんがいたような気がしたんだけど…」

―間一髪見つからずに済んだようだ。

京太郎「昨日パジャマもう少し汚れてたような……気のせいか?」

―そして自分も家に戻り朝食を食べ幼馴染と共に学校へと向かう。

京太郎「それで………ってことあって…」

竜華「あははっ! なんやそれ!!」

京太郎「ほんとおかしいですよねこれ」

竜華「あっ、そうや! 今日はみんなで部室でお昼食べるんやけど京くんもどうや?」

京太郎「お邪魔してもいいんですか?」

竜華「ええって、怜やセーラも京くんなら歓迎やって♪」

京太郎「そういですか…じゃあお邪魔しようかな」

竜華(よし、紙コップに部室のお茶淹れてあげて回収、もし学食のお弁当だったら割りばしも…)

―彼女の幼馴染グッズの収集は学校でもまだまだ続くのである。

カン!

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 01:32:11.81 ID:W3fvpOqt0


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 01:48:42.18 ID:ytWIL2+4i

変態的な行動が一番似合うのは誰だろう。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 03:06:18.08 ID:C6RaACPf0


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 08:39:13.77 ID:oooe/Wf50
乙。
>>70
咲。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 08:50:29.91 ID:aXBwzlKP0
乙です
>>70
シチュ限定で哩姫

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 13:37:53.92 ID:axLikpmg0
>>70
互いの尿を混ぜ合わせるのすら自然に書かれた咲さん

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 16:13:24.00 ID:5T+QZN/2O
おまけで書かれたアコチャーのことも忘れないでください

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:02:16.43 ID:YqVWAe5h0
竜華にお目覚めキスしてもらいたいんじゃ〜

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:06:57.19 ID:kAtR41qp0
>>76
はーい、ここ京太郎スレですからねー

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:11:24.62 ID:C/WkC02b0
京太郎に目覚めのキスして欲しいんじゃー

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:21:36.10 ID:IkdYyQaC0
>>78
………あれ?それでもいいと思える自分がいる←男

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:36:09.80 ID:PB+wM4GI0
京太郎がてるーに目覚めのキスをして欲しい
咲ちゃんの前ならよりGOOD

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:44:51.11 ID:aUG2ljcT0
そして自分にもキスしてほしいとせがむ咲ちゃん

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 19:52:41.78 ID:xe7xcbcI0
てるてるの前で京ちゃんと咲ちゃんにラブラブチュッチュッしてほしい

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 20:10:33.87 ID:h9jJrKd90
バカップルスレイヤーでやってたね、それ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 21:09:08.78 ID:AHpsEHTr0
淡と京太郎は3年生です。

淡「キョータロー」

京「ああ、淡か。パーティーはどうした、部長のお前がいなかったら意味ないだろ?」

淡「キョータローがいないと寂しいの!」

京「これはまたストレートに……」

淡「だーかーらー……」

チュッ

京「淡……」

淡「ずっと私のそばにいて……」

カンッ!

ーその夜ー

淡「キョー……タロー……っ! 激しいよーっ!」

京「イクぞ……淡……っ!」

淡「イッちゃう!イッちゃうよー!キョータロー!」

モウイッコカンッ!

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 21:12:33.20 ID:D6GqhnMR0
なんか色々とアレだな

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 21:14:43.76 ID:54ecsjDc0
3年である必要もないというかなんというか

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 22:00:41.50 ID:v+V1qBEX0
乙です

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:39:47.51 ID:jgdqHZLEO
「今日も元気に絹の忠犬やっとるなー、うりうりこのスケベ。
 ほなまた後でな。…あんのおっぱい星人め、これはちーっと可愛がりが必要やろなぁ」

 …おもんないなぁ。

「何雑用ばっかしとんねん。ああ、自分の事よりレギュラーの皆が沢山練習出来るようにとかそーゆう聞こえがええハナシは耳タコやで。ジブンも麻雀部員の一員で仲間っちゅうのは忘れんどいてほしいもんやねんけどなあ。
 …うん結構。ほんなら卓着こか、しごいたるから覚悟してな。京太郎くん」

 いっつも愛宕のおねーちゃんや末原ちゃんとばっかイチャついてからに。…それに絹ちゃんやスズちゃんには勝てる気せぇへん…無い乳は揺れんのや…
 はぁ…。ホンマ、何であんな若い子にマジんなってんやろ私。年甲斐もないってレベルやないで…これがショタコンゆうやつなんやろか?
 自分がこんな余裕の無い女とはなあ、気付きたなかった…。

「あの、監督?」

「え、す、須賀ちゃん!?何、どうしたん〜?」

 噛んでもうた…めっちゃハズイ…。
 って、近ッ!顔がこんな近くに…あ、まつげ結構長いんやな。それに肌キレーやな…高校生でこんだけ上背あって何でこんな可愛い顔しとるんやろこの子。お肌の曲がり角とか知らへんって感じ。
 いや当たり前か、まだ十六にもなってないんよね…。アカンなぁ、犯罪臭がより増した…末原ちゃんやないけどメゲそう。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:41:02.54 ID:jgdqHZLEO
 …って、そうやない。こんな至近距離まで気付かんなんてどんだけボーッとしとったっちゅうハナシや。

「大丈夫ですか?何だかお疲れのご様子ですけど」

「いやいや何でもあらへんよ〜。それで何か用〜?」

「ええ、もう皆さん今日はあがって片付けも終わりましたので後は部室に鍵をかけるだけなんですが…」

 そんな長い時間耽ってたんか…それこそいい大人が情けないって話やんな…

「うん、なら出よっか〜。ついでに途中まで一緒に行こか」

「はい、お供しますよ監督」

 監督。彼は私の事をそう呼んでくれる。

「須賀ちゃんは私の事をちゃんと監督さんて見てくれてるんやね〜?」

 ついそんな言葉が口をついて出る。

「え?だって監督は監督じゃないですか」

「そうなんやけど…末原ちゃん辺りはどうにも認めてくれてないっちゅうか…頑張ってるつもりなんやけどなぁ」

「ああ…確か、善野さんでしたっけ?詳しくは聞いてないし突っ込んで聞こうとも思わないですけど…そうですね。それはある程度仕方ない事かもしれません」

「仕方ない…?」

「多分恭子先輩は監督を認めてなくて代行、なんて言ってるんじゃないんだと思います。
 ただ、赤阪監督を監督代行ではなく言葉に出してちゃんと監督と言ってしまうのは先輩の中で不実にあたるのかもしれません」

「不実…」

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:42:03.32 ID:jgdqHZLEO
「ええ。想像ですけど部の中でも彼女は特に善野さんを慕ってたんじゃないでしょうか。
 なので代行ではなく監督として呼んでしまう事が自分で許せないとか…そんな印象をうけます」

 …よく観察しとるんやね。

「俺もこっちに越してくる前世話になった先輩がいて、自分の中で部長、って言うとやっぱその人の事になっちゃいますし。
 姫松には主将と呼ぶ習慣があったからその辺助かりましたね。それがあって恭子先輩も同じ感じなのかな、なんて思いまして」

 存外思慮深いんやろか。…それとなんやろ、何となくやけどまた女の影?

「だから呼び方の違いはあるかもしれませんが、俺にとっても先輩方にとっても赤阪監督は立派な監督だと思ってますよ。
 俺なんて色んな人に目をかけて貰ってるのに中々芽が出なくて…部長や主将たちや先輩方、監督にも自慢の教え子だって言って貰えるようなヤツになりたいんですけどね」

 はぁ…。何やのこの子。真面目な顔でそんな可愛い事考えとったん?年上殺しか。
 ふふっ、色んな悩みが吹っ飛んでしもた。

「…だいじょーぶ。須賀ちゃんはまだまだ強くなるよ、私が保証しといたる。
 それと…ありがとな〜。なんだか気が楽になったわ〜」

「いえ、力になれたなら何よりです。これからもご指導よろしくお願いします!」

 全く、人の気も知らんと勇ましい顔してからに。怖いお姉さんの毒牙にかかっても知らんよ〜?
 改造しちゃうぞ、なんてね。

カンッ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:43:51.60 ID:jgdqHZLEO
思ったより何が書きたかったのか分からんモノになってしまった
でもなんとか間に合ったいくたんイェイ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:44:19.28 ID:aUG2ljcT0


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:48:46.11 ID:lZxzjZrD0
乙ー
いくのんは年齢不詳可愛い

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/07(火) 23:48:59.34 ID:KPZ1G+5y0
乙です

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 00:12:58.22 ID:OVKmHJmlO

これは良いいくのん

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 00:36:48.97 ID:A26zTG9p0

1年くらい前だけど三箇牧のいくのんは可愛かったな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 02:14:12.09 ID:aFSvM2wI0

いくのんかわいい

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 02:22:32.63 ID:Se8kbjdZ0
京太郎は姫松なら優しくて親近感がある次鋒の娘がいいと思うのよー

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 12:31:58.68 ID:xGDq7xMj0
紳士京太郎が読みたい・・・。
おススメありますか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 13:41:03.79 ID:1XrpILjP0
紳士(変態)な京太郎?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 15:45:47.71 ID:iC1u10GZ0
変態という名の紳士だよ!!

102 :他作品クロス:2014/10/08(水) 21:39:08.00 ID:dsyGVEW60
麻雀が全世界的に親しまれるようになった時代

そんな時代だからか、一部の女性が対局中、先天的または後天的に超能力を発現させる事例が多々確認された

その超能力を研究する為、才能ある女性雀士をより良い環境で鍛える必要があった

その為、世界中から融資され、ある女学院が設立された

その名も“清華麻雀女学院“

小・中・高・大一貫のうえ全寮制

思春期の少女を刺激しないよう研究者、教員、用務員、事務員含め男子禁制。並びに、性教育は大学生になるまで禁止

また、卒業後どこに出しても恥ずかしくない女性にすべき、という意見により、麻雀・勉学だけでなく、礼儀作法、各種習い事も履修

悪い影響を受けないよう、学院の場所は秘匿され外界から隔離。加えて、関係者には情報規制を徹底

加えて、ここまで至れり尽くせりなのに学費無料

国籍も、家庭環境も問わない

入学資格はただ一つ

麻雀の才能、ないしは強さのみ

結果として、数年後には花形の女性プロを何人も排出

研究も徐々にではあるが進み、多くの恩恵が齎された

しかし、近年ある問題が浮上し始めた

103 :他作品クロス:2014/10/08(水) 21:40:30.08 ID:dsyGVEW60
外界から隔離され、男子禁制により男性と触れ合う機会が無かった影響か、卒業生達は男性に対し高い理想を抱く傾向がみられた

その結果、卒業後に現実と理想の差にショックを受け、“アラサーになっても結婚できない“事例が多発

このままでは、優秀な女性雀士の血を引く子孫が生まれて来ない

学院上層部は焦りに焦り、急遽カリキュラムを大幅に変更。加えて、一つの対抗策実施を決定した

それが、“男子サンプル“

社会に出る予行演習の一環として、外界から男子を一人この女学院へと編入させ、生徒に男子との触れ合いの場を設けること

104 :他作品クロス:2014/10/08(水) 21:42:32.84 ID:dsyGVEW60
そんな“男子サンプル“に選ばれた少年、須賀京太郎

選ばれた理由は幼馴染みの少女・宮永咲の誤解

咲が女学院入学を機に咲の両親経由で文通を開始し、今までその関係が続く

しかし、京太郎の手紙が学院に検閲され、情報が半端に削られた結果

咲「京ちゃんにはハギヨシさんって執事の彼氏さんがいるの」

という腐…もとい、天然な咲が悪意無く友人に話した結果である

実際はただの歳の離れた友人なのだが

105 :他作品クロス:2014/10/08(水) 21:45:10.51 ID:dsyGVEW60
選ばれた理由はどうあれ、どうにかこうにか女学院での生活にも慣れてきた京太郎

そんな京太郎が今何をしているかというと

咲「京ちゃん」

京太郎「んー?」マンガヨミツツジュースフクム

咲「子供ってどうやって作るの?」

京太郎「ぶほぉっ!」

という、“大人が子供に聞かれて一番困る質問“を幼馴染みからされていた

咲「きゃっ!ちょっと京ちゃん!汚いよ!」

京太郎「げっほ!げっほ!げっほ!さ、咲!おま、何をいきなり!」

咲「え?赤阪先生が京ちゃんなら知ってるから聞いてみたら?って」

京太郎「赤坂ーーーっ!」

咲「ね?京ちゃん、どうすれば子供って作れるの?」

京太郎「ぬぐっ…!そ、それはだな…」

咲「それは?」

京太郎「こ、コウノトリさんが運んでくるんデスヨ?」

咲「えーっ?うっそだー。赤坂先生が子供は夫婦で作るって言ってたもん」

京太郎「あーかーさーかーーーーっ!」

咲「京ちゃんの嘘つき」

京太郎「ぐっ…!」

咲「ちゃんと本当のこと教えてよ。子供ってどうすれば作れるの?」

京太郎「子供作る、子供作る連呼すんな!」

106 :他作品クロス:2014/10/08(水) 21:48:00.98 ID:dsyGVEW60
咲「えーっ?だって京ちゃんが子供の作り方ーー」

京太郎「教える!教えるから連呼すんな!」

咲「本当に?」

京太郎「お、おうよ。い、いいか子供はな…」アセダラダラ

咲「うん」

京太郎「…お」

咲「お?」

京太郎「…お、男と女が」

咲「男の人と女の人が?」

京太郎「…」

咲「?」

京太郎「ひ、一晩一緒に寝るとできるんだよ…」

咲「え?でも、昔私と京ちゃんって一緒に寝たことあったけどできなかったよね?」

京太郎「ぐっ…!…お、お互いに大人になってないと駄目なんだよ!」

咲「…」

京太郎「…」ダラダラダラダラ

咲「へーっ!そうなんだ!」

京太郎「ほっ…」

咲「先生に聞いても大学生になってからって言って、教えてくれなかったから気になってたんだー。教えてくれてありがとう!京ちゃん!」

京太郎「え?お、おう。良いってことよ…」

京太郎(あれ?もしかしてやっちまったか?…い、いや…ぎりぎり嘘は言ってないし…セーフだよな。うん)

咲「これで私、京ちゃん“に“大人の女にしてもらったんだね!」

京太郎「ぶーーーっ!」

咲「早速、赤坂先生に“京ちゃんに大人の女にしてもらった“って教えてくるね!」

京太郎「それはやめろーーーっ!」

カンッ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 21:51:30.33 ID:vgwIGidy0
赤阪なんだよなぁ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 21:53:26.42 ID:1wOO/5c10
赤阪と赤坂が混ざってるな

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 21:54:53.52 ID:dsyGVEW60
>>107
変換ミスりました。すいません

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 21:54:57.86 ID:Eh2db92+0
そのネタでスレ立てても良いのよ?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 21:55:28.77 ID:W9uWPvLA0

スレ立てはよ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 22:20:59.34 ID:ZkR9UR/k0


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 23:29:19.09 ID:dsyGVEW60
>>110-112
ありがとうございます!

>>110-111
スレ立ては導入部考えた後、短編を貯めて投下。1スレ埋めたら終わりみたいなのを現状考えてます

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/08(水) 23:53:45.62 ID:oRWz3yNfO
乙ー
庶民サンプルのクロスが来るとはたまげたじぇ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 06:58:07.25 ID:2djAz9JJ0
「ねぇ?京ちゃん?」

唐突に、俺をそんな風に読んだ彼女。
会ったのは二、三日前で、親しげな敬称に違和感を覚えつつ返事をする。

「なんでしょうか?宮永先輩」

幼馴染ともいえる少女の姉とはいえ当の本人とは初対面。
当然のことながら言葉づかいは固くなる。
そんな俺に軽く笑みを浮かべつつ、彼女は答えた。

「もう、そんなに固くならなくても…。なんなら、照って呼んでもいいんだよ?」

そう、俺の抱いていたイメージとは違って柔らかくほほ笑む。
その笑顔は見惚れるほどに美しかった。
状況が状況だけに俺は呆けるばかりであったが。


うん。色々な意味で敵いそうもない。
そんな感想を抱きつつ言葉を選ぶ。

「いえいえ、そんな恐れ多い…」


苦笑しつつそう答えた。
それすら周りの心棒者には不快そうだ。

「ふふっ…。まぁこれから仲良くなっていけばいいよね?」

軽やかにほほ笑む宮永先輩を横目に見つつ、これから白糸台で過ごすであろう波乱な日々を、なんとなく予感するのであった。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 06:59:39.61 ID:2djAz9JJ0
的な
白糸台って、色々捗るよね☆!

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 07:18:08.13 ID:/JpMtHgd0
姉より優れている妹なぞ存在しねぇ乙

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 08:12:38.21 ID:Cb3KVXV40


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 09:08:46.81 ID:4nMveKkx0


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 10:14:09.02 ID:myj6CA7l0
ヒロインのバリエーション的には完成されてるというか
正統派な感がある白糸台

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 12:59:01.20 ID:d0SdQ28f0
あわあわこそ至高

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 19:12:55.72 ID:ZBmPScmb0
またのんが好きなんや。
またのんが京太郎を釣り上げる(意味深)話なんて良いんじゃないかな

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 19:28:11.66 ID:u+BX4TzH0
たかみーが一番ほのぼのする

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 19:34:29.00 ID:KrwYktX50
お茶を振舞う京太郎にせっかくならおいしいお茶の入れ方選び方を教える名目で二人きりを狙うたかみー(妄想

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 19:48:01.23 ID:bGx+0CsZ0
無意識の振りして背中や腕に意識的おっぱいスキンシップいいゾこれ〜

126 :(1/5):2014/10/09(木) 20:19:09.91 ID:QPYnbsiKO
白糸台の流れですが5レス程


爽「なーそこのイケメンの持ち腐れ。ちょっとこのダイナマイトバデーなおねーさんの話に耳を貸してみないか」

 非実在女子高生がなんかいってら。

京太郎「何ですか幻想おっぱい先輩。またしょーもない事に巻き込まれて誓子先輩にひっぱたかれんのは勘弁ですよ」

揺杏「だいじょーぶだいじょーぶ、そーゆうのじゃないから。今日はユキにある実験をしてみたいんだ」

京太郎「あれ?今回も俺が酷い目に遭う気がしてきたぞ?」

爽「まあ聞きなって。ユキってさー基本ウチらが何しても無抵抗じゃん?それこそ揉もうがまさぐろうが」

京太郎「そろそろまぜろよ(あれ男の前でやるの止めましょうよ、正直目の毒と言うか仲間外れはよくないと言うか)」

揺杏「おーい少年、逆逆。ていうか建前も本音が隠せてないぞ」

 失礼、取り乱しました。て言うか普通に読心しないで下さい怖いから。

爽「そんで私は思ったのだ。ユキのヤツはもしかして羞恥心とが無いのでは、と」

京太郎「爽さんの口から羞恥心て言葉が出るってなんか面しブベッ!…ナマ言ってすいませんでした。
 まあ確かにいつも真顔で為すがままですもんね…ちょっと将来が不安に思いますよね」

爽「な?須賀ママもそう思うだろ」

「「……」」

爽「ゴメン…」

127 :(2/5):2014/10/09(木) 20:20:43.43 ID:QPYnbsiKO
揺杏「コホン、そんで私たちは仮説を思い付いた。あの無防備ぶりは相手が同性だからなんじゃないか…ってね」

爽「聞けばユキのヤツ小中学校とあまり異性と交流を持ったことがないそうだ。ま…同性となら仲良く出来てたってワケでもないみたいなんだが」

 さらっと重い感じの話を聞かせないでいただきたい。
 でも…そうか、それならあの無頓着っぷりも分かる気がする。多感な時期に性差を意識する機会が無かったんなら頷けなくもないか。

揺杏「つまりここで京太郎の出番だね」

 うん。……うん?

爽「だからー、同性相手じゃ恥ずかしがらないって仮定するんなら異性の手を借りてみよう!って事なんだよ」

京太郎「待って待って!ミッション系のこの学校でガチセクハラしろって言いました!?無理です確実に俺の人生インコンプリートですよ!確かに揉みたいですけど!!!」

 揉みたいですけど!超揉みたいですけど!こう、膝の上に座らせて後ろから包み込むようにもみもみフニフニねぶりこぶり…

揺杏「…ねえ」

 …うなじとか舐めたりしてもいいんだろうか。はぁ由暉子可愛いよ由暉k
揺杏「ねえ。ねえってば!おにーさんさ、話の途中なんだけどマジ」

京太郎「……すいません」

128 :(3/5):2014/10/09(木) 20:22:09.34 ID:QPYnbsiKO
爽「おいおい、何も触りまくれなんて言ってるワケじゃないんだぜ?流石にそれは言い訳がきかなくなるし。
 京太郎。アレがあるだろ?漢ならば誰もが思春期に一度はやると言う…腕一本で奇跡を起こし、神秘のヴェールを暴く禁忌の業が…!」

京太郎「な…!爽さん、まさかアンタあの禁じ手を…!?」

爽「いいねいいね。流石京太郎、察したようだねえ」

揺杏「くくっ京太郎もやっぱり昔は馴らしたクチかい?スカートめくり」

 …なんだろう。この空気、どこか懐かしいものを感じるような…。

爽「ユキのスカートの奥に秘められた楽園…見てみたくはないか〜?どうだいどうだい」

 あ、分かった男子中学生の会話だこれ。それでいいのかJK。

揺杏「ほらほら、丁度ユキ来たよ。これはもう行くっきゃないよね!GOGO!」

京太郎「本当にやるんですか…うぅ、先輩には逆らえない奴隷根性が嫌になる…」

爽「なー顔顔。セリフと全然合ってないよ?こんな目が輝いてんの初めてみたよあたしゃ」

 描写しなきゃ謎のままなのに何故解き明かしてしまうのか。
 ともあれ、ここまで来たらやるっきゃねえ!…だって俺も見てみたいし。

由暉子「京太郎くん。こんにちは、今日は早いんですね。…?そんなに早足でどちらへ…」

 今だ、烈風拳!
 一陣の、風が通り抜けて行った。

129 :(4/5):2014/10/09(木) 20:23:33.70 ID:QPYnbsiKO
 スカートをめくると、そこは──雪国だった──
 ふぁさ、と。まるで時間が戻って行くかのように重力に従い再び景色を覆っていくスカート。

京太郎「……」

由暉子「……」

 そして訪れる静寂。…どうしよう。

揺杏「うっわー完っ全に無反応。これは手厳しーな」

爽「普段通りの真顔だな。怒った人がなる無表情じゃないいつものユキだ、これはどっちだ?顔に出ないパターンかそれともマジで羞恥心無いヤツなのか」

 うわ超他人事だよあの先輩共、ホントどうすんのこれ。いやしかし絶景だったなぁ…うへへ。

由暉子「京太郎くん」

京太郎「は、はい!」

由暉子「やっと私を自分の物にする気になってくれたんですね。嬉しいです」

 んん?

由暉子「ですが公共の場でこういった事をされるのは困ります。私だって京太郎くん以外の男性の前で辱しめを受けるのは不本意なんですよ?
 そういったプレイが趣味だと仰るなら受け入れる努力はしないでもないですけど…出来たら貴方だけの由暉子でいたいです」

 つまり…どういう事だってばよ?

由暉子「それだけ分かっていただけたならもう何も言うことはありません、さあ気が変わらない内に私の部屋へ行きましょう。
 そういう訳で先輩方、すみませんが私達今日は早退させて戴きます」

爽「あ、うん。気を付けて帰れよ〜」

130 :(5/5):2014/10/09(木) 20:24:42.56 ID:QPYnbsiKO
由暉子「では失礼しますね。京太郎くん行きましょう」

京太郎「ちょ、待って由暉子引っ張らないで…意外に力持ちだ!?あ…ああああぁぁぁぁ……」

爽「行ってしまったか…うーん、思ってたのと違ったなぁ」

揺杏「チカセンがユキはかなり京太郎にベタ惚れしてるみたいとは言ってたけど、あの暴走ぶりは一体…あ、成香だ。ちーっす」

成香「こ、こんにちは!あの、ユキちゃん見ませんでしたか?」

爽「はろ〜。ユキなら今京太郎を拐かしてスゲー勢いで早退してっよん」

成香「ええ!?悪い予感的中です…」

揺杏「何々、どしたん?」

成香「それが…ユキちゃん最近好きな人が出来たらしくて、でも今まで恋をした事無かったからどうしていいか分からないって相談されたんですよ。
 でも私もそういうのは疎いので恋愛漫画を貸したんです」

爽「へぇ〜ユキのヤツ、乙女しちゃてるねー」

成香「それなんですけど今朝、間違えて…その…少々過激な内容の物を渡していた事に気付きまして…具体的にはご主人様に、奉仕とかそういう…」

揺杏「完全にエロ本だよな、何で持ってんだよムッツリめ。
 うわっちゃー…どう考えてもそれ原因だよな。ユキって結構思い込み激しそうだし…」

爽「やべー…とりあえずチカには内緒な、説教される」

成香「怖いです…」

誓子「まあ聞こえてたんだけどね?」

「「「」」」

 この後滅茶苦茶怒られた。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 20:25:50.26 ID:QPYnbsiKO
ユキたんイェイ
読み返したらユキちゃん全然出て来なくてワロタ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 21:09:39.79 ID:9yOUtL4g0

今日はユキちゃんの誕生日か

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 21:11:06.16 ID:ZgSh0mlS0
由暉子と京太郎って一緒に歩いてると通報されそうだな
なんとなくだけど

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 21:12:29.71 ID:myj6CA7l0

でも由暉子の方がお姉さん

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 21:22:09.39 ID:kXR4wZxWO

ユキたんイェイ
この後のユキと京ちゃんがすげぇ気になる

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 21:24:00.88 ID:bGx+0CsZ0
乙 成香ちゃんは愛読書の二次ドリを貸しちゃったのかな?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 23:15:03.19 ID:qyeh+u1Z0
嫁田くんが実は京咲派じゃねーのかと考えた。
嫁さん発言にもそういう意図があったんじゃなかろうかと

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 23:43:33.34 ID:pTQjzBdQ0
咲が完全否定してた辺り実は京太郎は照と親しかったのを知らず
京太郎の口から出る「宮永」って苗字を=咲と勘違いしてたに一票

だから京ちゃんのお嫁さんはわt照でたんに京ちゃんの友人君がどっかのポンコツと勘違いしてるだけ

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 23:49:12.39 ID:24pMqeg90
>>138
それ結構いいね

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/09(木) 23:59:50.79 ID:bLjeC+FM0
http://livedoor.blogimg.jp/g_ogasawara/imgs/d/c/dc57ccef.jpg
これは友達が勘違いするのも仕方ないよね!

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:01:58.09 ID:Y8swN1V00
もうあれだよ姉妹で仲良く共有財産でいいな

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:11:06.61 ID:JakzLqzv0
松実姉妹で?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:12:10.85 ID:vt7n4D3u0
愛宕姉妹で

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:13:01.06 ID:HU+orS9N0
新子姉妹だろjk

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:13:41.01 ID:JHXiTjR00
実際、姉妹ともに孕ませた時の征服感たるや
両親に土下座してボコボコにされる価値はある

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:24:24.98 ID:oBWwIGhLO
石戸姉妹はって思ったら、そういや従姉妹だったわ…

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:44:32.89 ID:iaWg+dLs0
>>145
女子高生雀士ならそうかもしれない
しかし、健夜んを孕ませたら…… どうなる?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:46:18.39 ID:jsLr7FfQ0
>>147
普通にいい奥さんになって幸せに暮らしそう

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:53:52.79 ID:d6pF7cxJO
>>146
永水で管理しよう

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 00:58:43.50 ID:cj8xABsh0
>>138
咲さんが嫁さん扱いをまんざらでもなくなったときにその真実を知るとかになるの大好物です

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 04:53:57.03 ID:WN2ZaAq80
最近の代行ブームに「あれ?誕生日だっけ?」と思いついた話。
--

 ――誕生日。
 自分が歳をとったということは、もちろん相手だって同じように歳を取っているという
こと。
 だから歳の差が縮まるなんてことはないけれど、また広がることだって無いはずなのに。
どうして誕生日を迎えると、こんなにも彼との間に距離を感じてしまうのだろうか。
 ――鬼も十八、番茶も出花。
 なんていうつもりは無いけれど。何事にも盛り、あるいは青春というものがあって。
 郁乃の年下の彼氏はもちろんのこと、化粧なんてまるで意識したこと無さそうな、愛宕
の色気のないほうだって、ただ盛りと言うだけで輝くような肌から花の香り。
 それに引き換え、自分はと言えば、最近では基礎化粧品にかける金額ばかりが増え続け
る始末。
 自分の盛りはすでに遠い過去で、彼と、それを取り囲む少女たちはその盛りの真っ只中
であることを認めざるをえない。
 例えるならば、これから咲き誇る花と、咲き切ってもう萎びていくしかない花のような
もの。結局のところ、同じ時を生きているようで、違う時を生きているということなのだ。
 皮肉なことに彼を想えば想うほど、彼に想われれば想われるほど、それを実感してしま
うのだ。それが寂しくて、辛くて。
(そんなん、京くんに告白した時から分かっているつもりはずなんやけどなあ……)
 それでも、あと十年ばかり、遅く産まれてきてさえいれば。同じように笑い合えたはず
なのに、同じ季節を生きていられたはずなのに。――こんな感傷とは無縁でいられたはず
なのに。
(恨むで……。おとん、おかん……)
 どうしようもない逆恨みがじくじくと胸を締め付ける。振り払うかのようにぎゅっ、っ
と京太郎の背中に抱きつく。
 それまでマンガを読んでいた年下の彼氏が「郁乃さん? どうしたんですか? 急に」
とのんびりと振り返ってきた。
「あんなー? 京くーん。あんま私を置いていかんといてなー?」
「何当たり前のこと言ってんですか、それにそっちからくっついて来ているじゃないです
か」
 そう苦笑する年下の彼氏の背中に郁乃はさらに顔を埋めると大きく息を吸って、目を閉
じた。

カン

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 08:08:13.47 ID:CFmPG6xL0
乙です

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 16:44:11.29 ID://canFrKO
乙なの

154 :庶民サンプルクロス:2014/10/10(金) 19:41:36.18 ID:pIW7u10C0
京太郎「トイレ、トイレっと」スタスタ

?「…」ジーッ

京太郎「ん?」

?「!」ササッ

京太郎「?」

京太郎(…なんかウサギの耳?みたいなのが壁からはみ出てる…)

京太郎(なんだろ?ちょっと覗いてみるか…)ユックリチカヅク

?「…」ヒョコッ

京太郎「お?」メガアウ

?「ぬっ!?」メガアウ

155 :庶民サンプルクロス:2014/10/10(金) 19:42:42.07 ID:pIW7u10C0
京太郎「…子供?」

?「衣は子供じゃない!」ウガーッ

京太郎「え?“子供“は子供じゃない?」

衣「衣だ!こ・ろ・も!子供じゃない!」

京太郎「そっか。ごめんな、衣ちゃん」

衣「ちゃんではない!衣はお姉さんなのだぞ!」

京太郎「…そうかー。お姉さんかー」アタタカイマナザシ

衣「ぬがーっ!!慈愛に満ちた目で見るなーっ!!」

京太郎「それで?衣ちゃんは迷子か?(小学校の)教室の場所が分からなくなったのか?」

衣「失礼千万!衣は迷子ではない!衣は貴様に用があって来たのだ!」

京太郎「俺に?何かな?あ、そうだ飴ちゃん食べるか?」

衣「貰おう!…って子供扱いするな!衣は高校二年生だ!」

京太郎「…そうかー。二年生かー」ナデナデ

衣「ふかーっ!!頭を撫でるなーっ!!」ウガーッ

156 :庶民サンプルクロス:2014/10/10(金) 19:45:41.28 ID:pIW7u10C0
京太郎「おっと、ごめんごめん。…あれ?そういえば、俺に用があるならなんで隠れてたんだ?」

衣「ぬっ…それはだな…」

京太郎「うん?」

衣「…男子サンプルの須賀京太郎は“同性愛者“だと聞いていたのでな、どう話し掛けようか迷っていたのだ」

京太郎「その話噂になってるの!?」

衣「ぬ?ハギヨシと交際しているのではないのか?」

京太郎「ちっげーよ!俺は普通に女の子が好きだよ!」

良子「Pardon?そうなのですか?」

京太郎「そうだよ!俺…は…?」

良子「Oh…それならばこの“ハサミ“で男性器をカットーー」

京太郎「“将来の夢は、日本を同性婚可能な国にすることです!“」

良子「That's right.安心しました。では、私は次の授業が有るのでシーユー」

京太郎「ふぅ…危なかった…」

衣「…」ジーッ

京太郎「はっ!?」

衣「…噂は本当だったのだな。ハギヨシのことを聞きたかったのだが、手間が省けたぞ」

京太郎「ち、違うんだ!これには訳が!」

衣「誤魔化さずとも良い。己の思慕の為、国すら変えてみせるという熱き思い、しかと聞いたぞ」

京太郎「聞いて!?お願いだから聞いてーーーっ!?」

カンッ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 20:17:06.82 ID:lizveUoN0


もうスレ建てちゃえよ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 21:14:57.41 ID:PfIVfKIK0
いやここでじゃなくてスレ建ててやれよ……

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 21:33:35.94 ID:pIW7u10C0
>>157
ありがとうございます!ストック貯めて建てます

>>158
すいません。こっちにはもう投下しませんのでご容赦ください

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 21:36:59.16 ID:TfSzBu3S0
彼を見てると2ch初心者だったころを思い出してしまうなぁ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 21:58:12.38 ID:VLBW++Ik0
>>160
スレ立てしろって何回言われてもここに投下し続けた聞き分けの悪い人が前にいたのに、聞き分けの良い>>159をそんなに弄ることはなくね?
かわいそう

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 22:03:37.69 ID:pnX2x+w1O
ただの追い出しが偉そうにwwww

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 22:11:26.34 ID:TfSzBu3S0
>>161
言われたことに全レスしちゃうようなとことかが初心者臭いなーって思っただけ
悪いように捉えすぎだろどんだけ捻くれてんだ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 22:23:14.26 ID:VLBW++Ik0
それはSS投下した後なら普通のことだと判断したから、レスしたんだけど、何言っても変にバカにされそうだから黙るわ

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 22:26:45.09 ID:TfSzBu3S0
ここでそんなことする奴なんてまずいないしスレでもやってるのほとんどいないだろ
これ以上言うと俺が頭おかしい荒らしみたいに思われるから黙るけど

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 22:36:43.56 ID:pnX2x+w1O
SS投下する人 ×
SS投下する装置 ○
聞き分けのない ×
気に入らない ○
本音が透けまくってんだ建前はいらねーぞ

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:19:38.66 ID:pgR9HoFg0
初心者くさいとかベテランの方ですか?
お前それどうなのよ?2ちゃんのベテランって…
相手バカにできることか?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:24:04.14 ID:3kwMhHmW0
そんなことより台風がやべぇことなってるけど
台風ネタって何かあるっけ?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:26:18.13 ID:JakzLqzv0
いつの台風の時か忘れたけど、清澄高校に泊まったネタなかったか

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:27:24.62 ID:mPQ4HSvH0
台風対策で工作する京太郎と労う九州勢とかかな?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:39:11.19 ID:TunLdEoG0
台風の中外ではしゃぐ穏乃

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:47:39.04 ID:hKtbqCmd0
>>165
何この人面白い、すごい芸人くさいからもっと頑張ってほしい

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:52:36.38 ID:MT1IgBRtO
強風によるパンチラとか

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/10(金) 23:54:30.62 ID:BL+mSIFA0
パンツがあればな……

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 00:17:07.06 ID:iBiwS/HS0
台風に限らずお泊りネタはなんだかわくわくするものがあるな

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 00:32:17.24 ID:0+BG2TT/0
京太郎のパンツがあるじゃない
個人的には咲の世界は普通の下着に成り代わってノーラインストラップレスショーツや二プレスが
デフォの世界だと思ってる。コレだったらタコスがパンツを京太郎に見せても矛盾しないし

ヒッサを筆頭に一部のキャラが京太郎にからかい半分でどれがか可愛いと思う?とカタログ見せて
京太郎(ってか大抵の男性)はコレのどこが下着?ってか可愛い?と理解できずガチで悩みそうな気はする

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 03:06:07.01 ID:yKMuJw+T0
有名なデパート火事の件が無くて今でも履く人殆どいない世界線じゃないの

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 03:12:40.36 ID:sgpnJ6TO0
履いても履かなくてもいい
ただ一ちゃんはノーパン

とリッツが明言してるからどっちでもとマジレス

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 03:49:06.89 ID:SF+rRknDO
洋榎ちゃんセーラ爽あたりも台風来たらわざわざ外行きそう

>>159
乙。
そのポジに衣って意外だ。絡ませやくするためかな、色んな意味で。スレ建ったら見に行きます

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 21:40:09.61 ID:Ida8McIE0
『そんでな、京太郎はこの前も……』

竜華「……」

『ひどいやろー、まったく怜ちゃんを……』

竜華(怜ってば最近はずっと須賀のことばかり…)

『もしもーし! ちゃんと聞いとるか?』

竜華「あ、うん! ちゃんと聞いとるで!」

『ならええんや、それで…』

竜華「というかあんた明日は朝から病院やなかったんか?」

『あっ、もうこんな時間やん! 明日起きられるやろか…』

竜華「なら早く寝んとな。それじゃおやすみー」

『ほーい、そんじゃおやすみー』ピッ

竜華「須賀か……うん、決めた」

--------------------

竜華「ちゅうわけで、今日は怜のことについて相談に来たでー」

京太郎「休日の朝っぱらに起こされてうまく頭が回ってないんですが……」

竜華「…んっ?」

京太郎「竜華さんという天使が俺に会いに来た最高の休日ってことだけはわかりました」キリッ

竜華「…とりあえず上がってもええ?」



竜華「それで怜のことなんやけど…」

京太郎「怜さんがどうかしましたか?」

竜華「とりあえずこの画像見てもらってええか?」

京太郎「えっとなになに…」

竜華「この前怜が送って来たんや……京太郎に着せられたってメールには書いてあったんや」

京太郎「怜さんですね……ってなんで俺の服着てるんだ?」

竜華「ほんまか!? 冗談やと思ってたけどほんまにあんたの服なんか!」

京太郎「ええ、お気に入りの服ですし間違いないかと」

竜華「ままっ…まさかあんた怜にえっ…エッチなことを…//」カァァ

京太郎「してない! してないですからね!」

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 21:42:44.08 ID:Ida8McIE0
竜華「じゃあなんで怜があんたの服着てるんや!」

京太郎「………………………………あっ」

竜華「『あっ!』ってことは心当たりあるんやな!」

京太郎「そういえばこの前の二人で帰ったときに大雨に降られて家で雨宿りしたんですよ」

竜華「うん」

京太郎「その時濡れた制服乾かしている間にあの服着てたなーって」

竜華「ふむふ……む?」

京太郎「シャワー浴びてるときに脱衣所に替えの服置いておいたのに間違えて洗濯かごにあったそれを着ちゃったですよね」

竜華「……」

京太郎「しかもそのときその服に口紅つけられちゃって大変でしたよ」ハハッ

竜華(マーキング!?)

竜華「ちょっと最近あんたら仲良すぎるんやないか?」

京太郎「そうですか?」

竜華「うち怜がこれ以上あんたみたいな変態と仲良くしてるの見てられへん!」

京太郎「酷い言われようですね…」

竜華「これ以上あんたと怜の仲を進ませないためには何よりもあんたの努力が大事なんや」

京太郎「俺としては怜さんみたいな人が彼女になってくれるとうれしいんですけどね」

竜華「というわけでまずは怜の気持ちを理解するために同じことをしてみようと思うんや」

京太郎「は?」

竜華「というわけで服着るから貸して」

京太郎「あの竜華さん言ってる意味が…」

竜華「ええからはよ脱ぐ!」

京太郎「別に脱がなくても洗ったのありますし…」

竜華「あかん! 須賀が着たのでないと怜の気持ちがわからんやん!」

京太郎「はぁ……」

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 21:43:29.07 ID:Ida8McIE0
竜華「ええか! こっち見たら殺すで!」ヌギヌギ

京太郎「わかってますって…」

竜華「ほんまにあかんからな?」モゾッ

京太郎「はいはい」

竜華「いまならちょっとくらい見ても腕一本で…」パサリ

京太郎「見たいですけど痛いのは嫌です」

竜華「……」モゾモゾ

京太郎「もう着替え終わりましたかー?」

竜華「……」

京太郎「竜華さーん?」

竜華「ああっ! もう須賀が振り向かへんからほんまに着替え終わってもやないか!」ウガーッ

京太郎「竜華さんまさか…」

竜華「はあっ!? 別にあんたに見てほしかったとかそういうわけじゃ…」

京太郎「……そこまで俺のことボコボコにしたかったんですか?」

竜華「ちがああぁぁぁぁぁうっ!!」

京太郎「てか俺も服着て…」

竜華「ふむ…怜がこれを着た気持ちも何となくわかるなぁ…」クンクン

京太郎「ってにおい嗅がないでくださいよ!」

竜華「ちなみにその後服乾くまで何してたんや?」

京太郎「えーと…怜さんがちょっと眠いから腕枕してって言ったので」

竜華「はっ…?」

京太郎「いやー、したはいいけど硬すぎるとか竜華の膝枕のがええとか散々な評価でしたよ」ハハッ

竜華「……」

京太郎「どうです竜華さんも俺の腕枕を…なんちゃって」

竜華「…る……」ボソッ

京太郎「えっ? なんですか?」

竜華「うちも須賀の腕枕してもらうーっ!!」ウガーッ

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 21:44:39.39 ID:Ida8McIE0
竜華「……ほら」ゴロン

京太郎「まじでするんですか…?」

竜華「勘違いしたらあかんで! これはあくまで怜の気持ちを理解するためのもので…」

京太郎「てかほんと服着ていいですか? ちょっと寒いんですけど…」

竜華「ちなみに怜のときは?」

京太郎「着てませんでしたね」

竜華「ならそのままや」

京太郎「はぁ…ならちょっと暖房つけよう…」

竜華「ほら、女の子いつまでも待たせるんやないで」

京太郎「じゃあ失礼して…」ゴロン

竜華「あっ…近い……//」

京太郎「はい、どうぞ」スッ

竜華「んっ…」ポスッ

京太郎「まさか竜華さんに腕枕するなんてなぁ…」

竜華「ふふっ…後でお礼にうちも膝枕したろか?」

京太郎「まじですか!?」

竜華「タダやないけどな」

京太郎「ちなみにおいくらですか…?」

竜華「そうやなぁ…」




竜華「須賀の生涯賃金の半分はもらわんとな」




京太郎「……」

竜華「……」ドキドキ

京太郎「いやいくらなんでも高すぎるでしょう…」

竜華「なっ! なんで察してくれへんのやこのあほおぉぉぉ!!」

カン!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 21:49:32.11 ID:ZNgkLNmX0
竜華の華はかわいいの華というのが良く分かったわ、乙!

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 22:03:12.42 ID:e/YRVFHO0


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 23:23:28.59 ID:OgQ2fPAp0

なんかの同人誌ネタだっけか

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/11(土) 23:58:10.28 ID:R5UvNmKS0
咲-saki-の京太郎で小ネタ part1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413037187/

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 00:47:34.04 ID:+jztQLi+0
凄いダメっぽい

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 01:15:46.36 ID:2jFz6CSOO
エイスリンのパンチラください

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 02:24:09.46 ID:+BLFQiAr0
荒しって言えばなんでも許される訳ではない

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:16:23.24 ID:8lZWK4sZ0
もう過ぎてるけどユキの誕生日記念に投下


揺杏「今日は新作のお披露目だけど、ちょっとしたミスしちゃったんだよね」

爽「ミスっていうか意図的だけどね。なんというかこう、首のあたりが物足りない感じになってるのさ」

京太郎「はぁ、楽しみですね」

揺杏「なに自分無関係って顔してんのさ」

京太郎「問答無用で椅子に縛り付けられればこうもなります」

爽「まぁまぁ、ユキが同じ部屋で着替えるっていうなら?」

京太郎「ガタッ!」ガタッ

爽「……自分の口で言う必要はないんじゃないかな」

京太郎「本当に! 本当に生着替え!?」

揺杏「見るのもお触りもダメだけどなー。ユキもさすがにそれはって言ってたし」

京太郎「そんな生殺しがあってたまるか!」

揺杏「落ち着けって。衣擦れの音だけでボルテージが上がるってもんだろ」

京太郎「上がったところで発散できなきゃ意味ないでしょ!」

爽「発散できるかどうかは君次第かな?」

揺杏「そうそう、ここは思い切ってストールとかマフラーでも買ってやんなよ」

京太郎「あ、意図的って……」

爽「ご明察。二人で出かけて良い雰囲気作っちゃいなよ」

京太郎「先輩……!」

揺杏「んじゃ、あとは頑張れよー。それじゃ」

爽「デートの結果、楽しみにしてるよ。それじゃあね」

京太郎「え、俺このまま放置なの?」

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:17:28.57 ID:8lZWK4sZ0
――――――


成香「あ、これ新しいのですか?」

由暉子「はい、できあがったばかりでまだ着てないんですけど」

誓子「うーん、まさに秋! って感じだね」

成香「素敵です!」

由暉子「でもデザインを見る限りでは首元が少し……」

誓子「ちょっと寒そう、かな?」

成香「デザインのミスでしょうか?」

誓子「上着でどうにかしろってことなのかな?」

由暉子「ストールでも巻けばいいんでしょうか」

成香「あ、それ良いです」

誓子「ユキはなにか良さそうなの持ってる?」

由暉子「見てみないことには……」

誓子「それじゃ、須賀くんと見に行ったらどうかな?」

由暉子「私の家に、ですか?」

成香「だ、大胆すぎますっ」

誓子「そうじゃなくて、一緒に買いに行ったらどうかなってこと」

成香「それって……デートじゃないですか!」

誓子「なんでなるかが食いついてるのよ……それで、どう?」

由暉子「……やってみます」

成香「チカちゃんどうしましょう……き、緊張します」

誓子「だからなんでなるかが……」

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:18:56.97 ID:8lZWK4sZ0
――――――


京太郎「ユキー、もういいのかー? 椅子に縛り付けられて手が痛い……」

由暉子「ダメです。まだこっち見ないでください」

京太郎「まだかよ。いまどこらへん?」

由暉子「スカートはいたところです」

京太郎「えっ!? じゃあ今上は……」

由暉子「まだブラは着けてないですけど」

京太郎「このっ、縄の結び目がっ、固すぎてっ!」

由暉子「だからダメですって。落ち着いてください、ほら」フニョン

京太郎「……ばっちり落ち着きました」

由暉子「?」



由暉子「どうですか、これ?」

京太郎「お、秋の新作?」

由暉子「はい。先輩たちに作ってもらいました」

京太郎「おー、似合う似合う」

由暉子「でもちょっと首元が寂しいですね」

京太郎「……」

由暉子「……」

京太郎「あのさ、じゃあちょっと見に行ってみるか?」

由暉子「ぜひっ」グイッ

京太郎「うおっ」

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:20:53.61 ID:8lZWK4sZ0
――――――


成香「ユキちゃん頑張って……!」

誓子「なるか出すぎ。ばれちゃうよ」

揺杏「あらま、京太郎の様子見に来たつもりだったんだけど」

爽「結局全員集合、だね」

成香「ひゃっ、揺杏ちゃんに爽さん?」

誓子「二人ともお出かけ?」

爽「多分チカたちと同じかな」

揺杏「二人のデートを見守ろうってとこだけど……」


由暉子「どっちがいいと思います?」

京太郎「どっちもいいと思います」

由暉子「じゃあどっちとも買っちゃいますね」

京太郎「いやいや待て待て、ここは俺が払おう。この前誕生日だったんだろ?」

由暉子「知ってたんですか?」

京太郎「知らなかったけど、後から先輩たちに言われてさ」

由暉子「……先輩たちに言われたから、ですか」

京太郎「そうじゃなくてもさ、ユキのためになにかしたいなって思ったんだよ」

由暉子「そうですか……あの、この後家で服と組み合わせてみたいんですけど、良かったら手伝ってください」

京太郎「マジ?」

由暉子「マジです」

京太郎「……ひゃっほう!」

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:21:49.47 ID:8lZWK4sZ0
――――――


揺杏「あの感じだと大丈夫そうじゃね?」

爽「そうみたいだね」

誓子「うん……じゃあせっかくだし、みんなでなにか食べに行く?」

揺杏「お、いいっすねぇ」

爽「それじゃ、決定ってことで」

成香「うー、でも二人のことも気になります……」

誓子「馬に蹴られたくないならこれ以上はね……ほら、行くよ」

成香「あーんそんなぁ」ズルズル


カンッ

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:22:38.92 ID:0MqfiBP00
乙ゥ〜

有珠山が最近増えてる気がしてうれしい

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:23:11.97 ID:+jztQLi+0


198 :はやりん+α(1/9):2014/10/12(日) 04:34:17.67 ID:FU/tKoRPO
乙です。
ちょっと長めになってしまった…

京太郎「暑い…コンクリートジャングル怖い…」

 激戦の全国を見事制したみんなは個人戦までの思い思いに過ごしている。
 長野から応援に来てくれた皆と優勝の喜びを分かち合う者、旧友と思い出話に華を咲かす者、この夏新しく出来た友人との親交に興じる者。…何か一人いつも通り昼寝してる奴がいた気がするが気のせいだろう。
 祝いの席には俺も誘われていたが辞退していた。この夏実際に大会で鎬を削った選手達の中に混じるのはどうにも無粋な気がしたのだ。

京太郎「部長は気にすることなんて無い、雑事に身を砕いてくれた俺がいてくれたからこその、皆で掴んだ優勝だ…なんて言ってくれたけど」

 いくら何でも大袈裟だ、俺はそんな大した事なんてしちゃいない。つか部長、普段あんな感じなのにいきなりあんな事言うんだもんな…ちょっと卑怯っす。
 そんな訳で、一人宛てもなくブラブラしてるんだけど…夏の東京ってこんなに暑いのかよ。何か色んな建物あってどこ入ろうかすげー迷うし。

京太郎「あっぢぃ…溶けちゃうよこれ。どっか涼める場所は…」

「あれ、もしかして京くん?」

 背後からかけられた声は、懐かしくて、胸が高鳴って、同時に焦燥感を覚えるもので…。
 燻っていた胸中に、今までとは違う感情がじわりと広がっていくのが分かる。

「やっぱり京くんだっ!」

199 :はやりん+α(2/9):2014/10/12(日) 04:39:01.20 ID:FU/tKoRPO
京太郎「み…瑞原プロ…ご無沙汰してます…」

 なんでこの人がここに。いや試合の解説してたみたいだしそりゃ東京にはいるだろうけど…こんなピンポイントの遭遇は想定してないって。

はやり「なんで他人行儀?昔みたいにはやりお姉ちゃんでいいよっ!はやりちゃんでも可。むしろ推奨☆」

京太郎「…久しぶり、はやり姉さん」

はやり「うんうん久しぶりだねっ☆わぁ身長随分伸びたんだね!昔はうんとちっちゃくて可愛くたのに。
 覚えてる?おんぶとか抱っことかいっぱいしてあげたんだよ♪懐かしいよね☆あ、でも女の子みたいに綺麗なお顔は昔のまんまだ!やーんお肌ツルツル〜。
 お姉さんも肌年齢には自信あるけど負けちゃいそう☆おや?でもでもよく見れば可愛らしい中にも何処か精悍な男らしさがあっていいお顔になったねぇ。
 これは背の高さも相まって女の子が放っとかないでしょ?引く手あまたで困っちゃうね☆弟のように思って可愛がってた京くんがこんな立派になってるとはねぇ。うんうん全くご同慶の至りだよ☆」

 うわぁ超喋る…何で久しぶりの再会でこんなハイテンション&マシンガントークなのこの人。無敵か。

200 :はやりん+α(3/9):2014/10/12(日) 04:40:27.71 ID:FU/tKoRPO
 はやりさんは俺が島根に住んでいた幼少の頃、仕事で家を空け勝ちな両親に代わりまだ小さかった俺の面倒を見てくれていた家の娘さんだ。彼女とその母親には大変世話になった。
 遊んでもらって勉強見てもらって、ご飯なんて下手すりゃこれこそお袋の味ってくらい作ってもらっていた。要するに頭が上がらないお姉さんだ。…なのだが…。
 猫だったら死んじゃうじゃないかってレベルで旺盛な好奇心の持ち主だ。将来研究者とかになるものと思っていたから、麻雀プロとしてメディアに出た時は驚いた。
 だから恩人である事に違い無いのだが、その知的好奇心?探求心?を満たすためのモルモットになるのは辛かった。
 心理的な実験と称して色々とからかわれたり人体の観察と称してひん剥かれたり…。ご褒美じゃんって思うかもしれないけど子供には何されてるかも分からなくて兎に角怖かったんだよ。
 女装させられる程度ならまだマシで、お医者さんごっこなんてトラウマもんだ。部長の悪戯なんて可愛いものに感じるくらい、と言えば少しは伝わるだろうか?
 お陰で内緒だけどこの歳で不能気味なんだぜ俺…あ、でもおっぱいに強く惹かれるようになった原因もはやりさんかも。俺ェ…。
 そんな感じで俺にとってはやりお姉さんは子供の頃抱いていた大好きって気持ちと思春期の今抱く苦手意識が同居していて、我ながら感情の向きが複雑な人だ。今もどういう態度を取るべきか測りかねている。

201 :はやりん+α(4/9):2014/10/12(日) 04:42:36.46 ID:FU/tKoRPO
はやり「って、どうしたのかな京くんっ。さっきから黙りこんじゃって、男の子は元気が一番だぞっ☆」

京太郎「ん…いやちょっと感慨に耽ってたと言いますか」

 喋る隙も与えられなかったと言いますか。あとそれはセクハラでしょうか。
 思考を現実に戻しはやりさんの顔を改めて見てみる。あーくそ、やっぱ可愛いな…あれ、この人確か俺の一回り上な筈だよな。じゃあこれで30手前って事になるね…嘘だろ?

「はやりちゃーん、急に走り出して一体どう…あら?もしかしてそこにいるのは京太郎ちゃんじゃない?やっぱりそうだ、メロンソーダ!
 久しぶりね〜、まぁどうしちゃったのこんなに大きくなって。聞くなって?やぁんもう京太郎ちゃんたらつれな〜い」

 上 に は 上 が い た !

 え?えっ、え!?はやりお姉さんのママだよね?いやいやおかしいだろ!何で俺の記憶の中のママさんと完全に一致するんだ!最後に会った時と寸分変わらないんですけど!?
 いや、お姉ちゃんあの時大学生だったな…大学生の娘がいてこの見た目って!子供ながらに綺麗でやさしいお母さんいいな〜なんて思ってたけど!
 考えてみたら若いなんてもんじゃねえ!姉妹にしか見えないよ!大体はやりさんの親って事は50前後?えー家の母さんより上に見えないって!それこそ精々アラサー位だろこれ!
 なんだこの親子、柱の一族か!あと駄洒落好きは知ってたけどちょっと親父ギャグ寄りになってらっしゃる!ダメだ、ツッコミきれねーよ!

202 :はやりん+ママりん(5/9):2014/10/12(日) 04:44:09.08 ID:FU/tKoRPO
はやり「ごめんねー京くんみたいな後ろ姿が見えたからつい追っかけちゃって。
 京くん、ママの事は覚えてる?解説の仕事も日程空くからママを東京に呼んで観光してたんだ☆」

 普通にママって呼んだ…あれ、確か昔はお母さんて言ってたような…ママさ、コホン。
おばさんの方も俺にはママって呼ばせてたけど娘と話す時は自分の事お母さんって言ってた筈だし娘をちゃん付けで呼んだりするタイプでもなかったよな。

美月「ふぅ〜。はやりちゃん、ママ走ったら疲れちゃったよぅ。京ちゃんとお話もしたいし涼しい所入ってお茶にしよう?」

 …うん、俺の記憶違いだな。然り気無く京ちゃん呼びに変わってるのも気のせい気のせい。大丈夫、全然アリだよ。ホラこんなに可愛いもん!

 〜〜〜〜〜

「コチラがメニューになりマス。お決まりになりマシたらお呼びくだサイ」

 ふぅ、一先ず暑さからは逃れる事が出来たぞ。じゃあまずは…

京太郎「改めて…おばさん、ご無沙汰してます。お元気そうで何よりです。…お世話になっていたのにこちらからは便りもあまり出してなくてすみません…」

美月「京ちゃんたらなんでそんなによそよそしくするの〜。おばさんなんて言わないでよぅ、美月ちゃんかママが推奨〜」

 親子か!……親子でした、見えないけど。

京太郎「…美月さ「ママ」…美つ「ママ」…あの「ママ♪」…はい、ママ…」

203 :はやりん+ママりん(6/9):2014/10/12(日) 04:46:31.80 ID:FU/tKoRPO
はやり「ごめんねー京くんみたいな後ろ姿が見えたからつい追っかけちゃって。
 京くん、ママの事は覚えてる?解説の仕事も日程空くからママを東京に呼んで観光してたんだ☆」

 普通にママって呼んだ…あれ、確か昔はお母さんて言ってたような…ママさ、コホン。
 おばさんの方も俺にはママって呼ばせてたけど娘と話す時は自分の事お母さんって言ってたよな。
 あと娘をちゃん付けで呼んだりするタイプでもなかった筈。

美月「ふぅ〜。はやりちゃん、ママ走ったら疲れちゃったよぅ。京ちゃんとお話もしたいし涼しい所入ってお茶にしよう?」

 …うん、俺の記憶違いだな。然り気無く京ちゃん呼びに変わってるのも気のせい気のせい。大丈夫、全然アリだよ。ホラこんなに可愛いもん!

 〜〜〜〜〜

「コチラがメニューになりマス。お決まりになりマシたらお呼びくだサイ」

 ふぅ、一先ず暑さからは逃れる事が出来たぞ。じゃあまずは…

京太郎「改めて…おばさん、ご無沙汰してます。お元気そうで何よりです。…お世話になっていたのにこちらからは便りもあまり出してなくてすみません…」

美月「京ちゃんたらなんでそんなによそよそしくするの〜。おばさんなんて言わないでよぅ、美月ちゃんかママが推奨〜」

 親子か!……親子でした、見えないけど。

京太郎「…美月さ「ママ」…美つ「ママ」…あの「ママ♪」…はい、ママ…」

204 :はやりん+ママりん(7/9):2014/10/12(日) 04:47:45.73 ID:FU/tKoRPO
京太郎「え、そうなんだ?」

はやり「忙しいと中々里帰りも出来ないからね〜。だからチームの地元にママと一緒に住む方が手っ取り早いかなって思って☆」

 思い立ったら即購入…部屋じゃなくて家だよね?プロって凄い、ぼくにはとてもできない。

はやり「そしたら、お休みの日はまた家に来てね☆」

京太郎「うん、楽しみだね」

はやり「遊んで、勉強見て、ご飯も一緒に食べて。勿論麻雀の特訓もね♪
 それと…あの時の続きもちゃんと…ね」

 うん…?あの時の続きって…もしかして!?

はやり「うん、京くんのおば様から聞いてるんだ。女の子が少し苦手と言うかある程度まではすんなり仲良くなれるけど…
 そこから踏み込めなくなっちゃうみたいって…ごめんね、まだ京くん小さかったのにはやりが悪戯したのがトラウマになってるんだよね」

 あ、それでさっきあんなに女の子が放っておかないとか、引く手あまたとか言ってたのか…気にしていたって事なのか?

京太郎「いや…その、はやり姉ちゃん…別にそんな大それた事じゃないんだ、年相応にエロは好きだし、って何言ってんだ」

 いざって時に失敗するのが不安とは言えないけど。キーワードは役立たず。

はやり「だから、はやりが治すよ。これからは何でも京くんの好きな事してあげる」

 !?

はやり「京くんの物だよ、はやりのぜんぶ」

205 :はやりん+ママりん(8/9):2014/10/12(日) 04:48:50.73 ID:FU/tKoRPO
 ななな…何て事!てか美月さんの前なのに…つかここ飲食店!そんな大きな声で…

美月「あっ京ちゃん京ちゃん、ママも混ぜてね♪」

京太郎「ブフォッ」

 スリーポイント!?はやり姉と美月さんと!?これが天使の3Pなの!?
 …ハッ、意識飛びかけた。可愛いお姉ちゃんと可愛いママがベッドで待ってんの想像したら天使過ぎて天国行きかけてたぜ、あぶねー…

京太郎「えと…美つ、ママは何の話してるか分かってる?」

美月「はやりちゃんとえっちするのよね?だから一緒にしましょ。仲間外れは嫌ぁよ」

 把握してた…!!剰え親子丼がお出しされるってそんなバカな、小学生だった俺に何のフラグが建つと言うのか。

京太郎「な…何で?はやりさんは兎も角、ママが何で俺の事…」

美月「え〜…だって、京ちゃんさっきあんまりお手紙くれてないって言ったじゃない?」

はやり「でもでも、はやりとママの誕生日には毎年欠かさずお手紙とプレゼント贈ってくれてるよっ☆」

美月「お母様が、お小遣い貯めたりバイトしたりして一生懸命悩んでプレゼント選んでるのよって仰ってたわよ♪
 もう、京ちゃんみたいな素敵な男の子にそんな事されたらおばさんでもときめいちゃうのよ」

 何で言っちゃうんですか、母上。…てか、こう客観的に聞かされるとですね。
 俺どんだけこの二人の事大好きなんだよっていうね…あー、恥ずい。

206 :はやりん+ママりん(9/9):2014/10/12(日) 04:51:39.72 ID:FU/tKoRPO
はやり「はやりはずっと京くんの事愛してるからね☆ショタコンとか言われても揺るがないよ!
 だって大人になってもやっぱり好きだから♪」

 潔すぎる…俺も声を大にしておっぱい大好きとか言ってみたい、いや言えるか。捕まるわ。

京太郎「嬉しいよ、はやりお姉ちゃん。今まで会いに行けなくてごめんね。
 これからは気持ちをちゃんと伝えていくよ。俺もお姉ちゃんの事大好きだ」

美月「ママとはやりちゃん二人とも京ちゃんのお嫁さんになるんだからね♪それとも、おばさんじゃいや…?」

京太郎「それこそ有り得ないよ。ママと話す大人の男にいつも妬いてたんだぜ俺。
 ママにちかづくな!はなれろ〜!ってさ。美月ママの事も他の奴の物にしたくない、大好きだよ」

 ガキの頃美月ママに超甘えてたのって今思えば絶対エロ心に目覚めてたよな。
 ママにしがみついて離れないの見て家のかーちゃんすげー冷めた目して呆れてたし。何てエロガキだ、俺か。
 しかしこうなると稼がないとな、お姉ちゃんのヒモになるのは嫌だし。
 …こ、こうなったらもう俺も雀プロ目指すしかないよな、腹くくれ!まずは来年個人制覇からだ!
 誰に無理って笑われようともう立ち止まったりしないぞ!可愛い嫁さん二人の為にやってやるぜ!
はやり「お姉ちゃんと」

美月「ママの事」

「「幸せにしてね」」

 両の頬に幸せ過ぎる感触。 …あれ、もうED治ってら。


 槓!

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 04:57:00.25 ID:FU/tKoRPO
うわ間違えた
>>202の次これです

美月「よろしい♪」

 うわぁ、いい笑顔。流石母親、美月さんははやりさんの上を行く強キャラだった。
 …て言うか俺、高校生になって人の親をママって…恥ずか死にたい。誰にも見られませんように…。

はやり「所で京くんも麻雀やってるって言ったよね?東京はインハイで?」

京太郎「いや、女子団体の荷物持ちだよ。恥ずかしながら地方予選落ちの身でさ」

 いい機会だしここまでの経緯や女子達の全国制覇を掻い摘まんで説明してみた。
 多少自嘲的なニュアンスが入ってしまうのが情けない。

はやり「そうだったんだ。大変だったんだね…」

美月「素直に優勝を祝ってあげたいけど割り切れない自分もいるのね」

 …やっぱり親代わりの人達には敵わないな、自分でも把握できない気持ちをさらりと代弁されてしまった。

はやり「じゃあ、来年は京くんが頑張る番だねっ☆自分の力で行きたいんでしょ、全国!」

京太郎「…え?」

美月「だって、京ちゃん男の子だもんね。このままは嫌でしょ?それなら頑張るしかないわ」

京太郎「あ…そっか、そりゃそうか…」

 俺、今凄い間抜け面さらしてるんだろうな。何だよ、こんな簡単な事だったのか。
 …へこたれてる暇なんて無いじゃん。

はやり「オフの時ははやりも鍛えてあげるよっ☆
 そうそう京くん、はやり今度埼玉に新しく家を買ってママと一緒に住む事にしたんだよ♪」

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 05:39:34.93 ID:+jztQLi+0
乙ー

ちょっと読みにくい

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 06:15:12.97 ID:LlIi1t+U0
乙ー
とりあえずはやりん可愛い
でも、美月さんは色々とキツ過ぎると思う

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 06:16:07.89 ID:DkiOyLOZ0


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 07:30:10.94 ID:6tWKkg150
キツいおつぱい

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 12:13:27.34 ID:DkL5KijS0
はやりんの痛さの伝染は親からではなかった筈だか...親にも伝染したんだろうか?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/12(日) 21:24:57.16 ID:Isg4TUKA0
美月さんの画像が見当たらない…

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 00:20:26.42 ID:z/NN9fS20
折角かいのーさんに特訓してもらったのに成果見せる以前に副将戦でのどっちが由暉子から役満上がって控室でボー然とする末原さんください

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 00:55:47.60 ID:82qkKb2w0
咲「京ちゃん、せっかくの読書の秋だし幼馴染物の恋愛小説でも読んでみたら?」
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1413127878/

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 15:06:39.39 ID:/sTAZEPy0
今日は体育の日だし運動会ネタができる日なので
借り物競走で京太郎が取り合われるSS下さい。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 16:04:56.21 ID:5s7w/f930
借り物競争って言われるとあずまんがのあれしか思い付かん

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:04:52.21 ID:0Bgcvh3V0
姫子の中の人プロ雀士試験に合格したのか

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:21:57.12 ID:vfj59G5W0
京太郎「おーい優希、レディースランチ食いてえから学食行こうぜ」咲「!?」
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1413202757/

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:29:35.87 ID:o9Mwn4Tk0
穏乃「うひゃー雨すげー」

憧「朝はあんなにいい天気だったのに」

穏乃「どーしよー私傘無いや」

玄「私たちはちゃんと持ってきたよ!朝、天気予報でお昼過ぎから雨が降るって言ってたからね」ドヤァ

宥「雨降るとあったかくない…」

灼「私は置き傘してるから大丈夫…」

京太郎「さすが部長、用意がいい」

灼「もっと褒めていいよ…」フフン

憧「あたしは折り畳み持ってるけど、あんたは?」

京太郎「かくいう俺も置き傘があるぜ!」

玄「さすが京太郎くん!用意がいいね!」

京太郎「前に、帰りには止んでて忘れてっただけですけどね」

玄「!?」

憧「そんなことだろうと思った」

穏乃「憧ーどーしよー、無視して走っていけるレベルじゃないよこれ」

憧「しょうがないわね、あたしの傘貸したげる」

穏乃「でもそれじゃ憧はどうするのさ?」

憧「あたしは京太郎に入れてもらうから」

京太郎「へ?」

憧「しょうがないでしょ、こうでもしないと誰か濡れちゃうんだから」

京太郎「それならサイズ的に憧と穏乃で…」

憧「じゃ、決まりね!はいシズこれ使いなさい」

京太郎「って、おい」

穏乃「おーありがとー!」

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:30:25.57 ID:o9Mwn4Tk0
灼「相変わらず不器用…」

玄「憧ちゃん昔からこういうところあるからね」

京太郎「まぁそれもかわいいとこなんですがね」

憧「な、なによっ!」

灼「ごちそうさまです…さ、帰ろ」

宥「憧ちゃんはかわいいねぇ」ナデナデ

憧「なんなのよぉ」

京太郎「ほれ、行くぞ」

憧「あ、うん」

京太郎「………?はやく入れよ」

憧「あの、えっと…」

京太郎「なんで自分から言い出しといて緊張してんだよ!」

憧「だ、だって!」


穏乃「憧ー京太郎ーなにやってるんだよー??」オーイ

京太郎「ほれ」

憧「わかってるわよ!」

憧「いま行くー!!」

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:31:04.42 ID:o9Mwn4Tk0


穏乃「それじゃまた明日ねー!」グッバーイ

憧「バイバーイ」

京太郎「コケるなよー」

京太郎「なぁ、憧さんや」

憧「なによ?」

京太郎「もっと寄ってくれん?濡れる」

憧「だ、大丈夫よ!?全然へーきだから!」

京太郎「いや、俺が」

憧「ふきゅ」

京太郎「お前が濡れないようにすると俺の右肩はビチャビチャに」

憧「ご、ごめんっ」

京太郎「もう俺たちだけなったんだから恥ずかしがることないよ、さぁおいで」キリッ

憧「なによそのキャラ」

京太郎「憧はこういうの好きかと思って」

憧「気持ち悪いからやめて」

京太郎「ひどいっ!」

憧「ほら行きましょ」ギュッ

京太郎「へいへい」

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:31:54.79 ID:o9Mwn4Tk0
後日

穏乃「うひゃー雨すげー」

穏乃「どーしよー私傘無いや」

京太郎「おい憧、傘貸してやれ」

憧「………」

京太郎「?」

穏乃「憧?」

憧「傘持ってきてない…」

穏乃「えー」

京太郎「はぁ?なんで」

憧「だって…」

穏乃「だって?」

憧「また京太郎と相合い傘できるかなって…」

京・穏「…………」

憧「ぅぅ〜…////」

京太郎「お前アホだろ」

穏乃「憧は昔からこういうところあるよね」

カン

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 21:33:50.71 ID:WI53po6u0


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 22:17:43.11 ID:wgzk2/Vi0
乙です

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 22:18:10.55 ID:gcBhCiz6O

アコチャーからポンコツ臭が…
京ちゃんに好意を抱いた子は漏れなくポンコツ化してしまうのだろうか

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 22:34:00.71 ID:wZ3xJkhpO

憧ちゃんめんどくさいい!

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/13(月) 22:38:25.43 ID:RrbB2Srx0


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 05:32:41.60 ID:fRgK8GSc0

実際アコチャーって友達の時から面倒臭そう
聖人京太郎なら問題無さそうだけど

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 10:21:57.53 ID:qvVx4m2c0
乙です
プクーとふくらませたアコチャーの頬を両側から指で突く京太郎とか
可愛く不機嫌になっている女の子に対応するシチュって良いですよね

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 13:39:19.18 ID:17cgW9sH0

憧ちゃんスレ増えないかなぁ…(他力本願)

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 13:50:19.02 ID:8Cq1kh550
現行で阿知賀系のスレってあったっけ?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 15:11:17.77 ID:Thq1NdZ10
ほぼ無いんじゃ?
阿知賀共学化は凍結してるし
強いて言えば魔物娘にアコチャーが出てるな

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 16:39:34.23 ID:vu0h4XFR0
一応ゾイドは阿知賀組がメインヒロイン扱いに近い気がするけど微妙か
クロス物でどうしても人選ぶし

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 16:59:38.45 ID:tj3BgkPF0
というか特定の高校での長編スレが少ない気がする

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 17:06:38.24 ID:dn/YRxRk0
特定高校だと長くやる意味が無いからねえ・・子供の頃から開始して延々続けるとかじゃ無い限り

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 17:09:47.44 ID:FBAcz8vR0
阿知賀9年スレはよく完走したもんだわ

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 17:26:24.38 ID:sb8dhz5k0
やはり自給自足しろということか…

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 19:04:43.31 ID:3U1JgGh80
元々長編が完結し辛いってのもあってか
高校単独の長編スレで完結したのなんて阿知賀スレとか清々荘程度のごく少数だもんな

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 22:19:50.49 ID:XffbJj2+0
京太郎「経験人数が分かる機械?」
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1413292623/

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/14(火) 23:26:38.70 ID:mOMZ+VX40
これは荒れる間違いない

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 00:49:13.44 ID:eptJFFme0
メンタル折れそうなスレタイだ...

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 00:53:35.18 ID:i7rUxD2v0
なんでVIPのコンマで好感度決める京太郎スレって透華が高コンマ出すんだろ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 01:04:50.06 ID:eptJFFme0
コンマ神がそう望んでいるから(適当)
急に「お前には許嫁がいる」と言われて最初はお互い不満を言いつつも満更でもない感じになる京透下さい

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 01:26:22.80 ID:Op0ISGdt0
>>244
京太郎がハギヨシを師事するように仕向けられたのは、お嬢様に相応しい男に育て上げる為だったんだよ!

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 01:39:37.40 ID:ZEHVHn0H0
ナ、ナン(ry

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 01:39:57.70 ID:eptJFFme0
途中まで見たけど心折れたから見なかったことにしておくわ...

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 01:58:02.09 ID:rc4b5VttO
「ごめんなさい…浴衣を着るのに時間がかかってしまいまして」

「待たせて…怒った?」

「いや全然。二人とも超可愛くてむしろ得した気分」

(原村和です、今日は同じ大学の須賀京太郎くんと滝見春さんの三人で縁日に来ています)

「和の浴衣はそれ、紫陽花柄か?落ち着いた雰囲気がすげー似合うな。髪もアップにしててなんかこう…いいな」

「ふふ。おだてても何も出ませんよ」

「手厳しいね。…春はやっぱ巫女服なんだな、余所の神社でそれはアリなのか?」

「問題ない…」

「何だそれ。お…髪、いつもの巻きポニテじゃなくて編んで横に流してるんだな。新鮮だ」

「京に可愛いって言って貰いたくてがんばった…どう?」

「ああ、すんげー可愛い」

「よかった。嬉しい…」

(今まで胸の大きな女性とは縁に恵まれなかった彼ですが)
(大学で再会した彼女にはいつの間にか懐かれていました)
(彼女は私同様、周囲に愛想を振り撒くのが苦手なタイプだった筈なのに…京太郎くん恐るべし)
(京太郎くんの『おっぱい大きい女子に甘えられたい』願望を凄い勢いで叶えていく彼女)
(なんですかその願望。何で私に望まないんですか)
(散々私がつれない態度取ったからですね、ええ分かってます)

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:00:18.73 ID:rc4b5VttO
「京、あれ食べたい」

「どれ?何でも好きなの買ってあげるよ」

(春さんは彼を京、と愛称で呼びます)
(そう言えば私が漸く彼の事を下の名前で呼べるようになったのは高三になってからでした)
(なのに春さんは呼び捨てどころか愛称で呼びます。…羨ましいとかじゃないです。本当ですよ、ええ)
(それにしても上手に甘えるなあ…京太郎くん嬉しそう…)

「美味しい…京も、あーん」

(あーん頂きました。私だってやった事ないのに!)

「俺にもくれるのか?あーん…旨いなコレ」

(神様、素直になれずに三年間彼に対してすげない態度を取り続けた私への罰ですか!?)
(だとしたら謝ります!だから高校の頃に戻して下さい!両思いですよ、ベストカップル間違いナシです!)

「京、ほっぺに食べかす付いてる。動かないで…ん、ちゅっ」

「☆!%※◎?」

(ああーーッ!?今ほっぺとか言って唇の端に口付けました!いえ、あんなの殆どマウストゥーマウスですよ!)
(私だって合宿とかで寝てる時しかちゅーした事ないのに!)
(て言うか今、自分で『ちゅっ』て言いましたよ!そんなあざといの彼大好きに決まってるじゃないですか!)

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:02:14.90 ID:rc4b5VttO
「んぅっ、れろ」

(って、京太郎くんが動揺してる隙に何普通にちゅーしてるんですか!べろちゅー駄目!舌絡めるの禁止ですうぅぅぅっ!)
(!?今こっち見て笑いました!う〜!やっぱり私への当て付けじゃないですか!)
(そんなにキスしちゃ駄目です!あああ…京太郎くん目がハートになってます…!)

「京…好き。大好き」
「鹿児島から一人出てきて知り合いもいなかった私に京は声をかけてくれて、優しくしてくれた」
「黒糖食べてばかりで浮いてた私に、好きなら別にいいんじゃねぇかって言ってくれた」
「薦めた黒糖があまり舌に合わなかった様子なのは残念だけど」
「あの時の事はずっと覚えてる。人と違っても好きな物は好きって言っていいって教えてくれた」
「あの時から貴方の事が好き。喋るのは得意じゃないけど…この気持ちは伝わって欲しい」

(何胸押し付けて告ってんですか!私だって起きてる時にやった事ないのに!)

「は、春…」

「いっぱいちゅーしよ…?んん、んむっ」

「も、もう食べかすは取れたでしょう!往来でいちゃつきすぎです!ほら、行きますよ!」

「う…。お…俺、焼きそば買ってくるよ、二人はちょっと待っててくれ!」

「残念」

(私にもあれ位の積極性があれば今頃は京太郎くんと…はぁ)

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:03:50.93 ID:rc4b5VttO
(京太郎くんが屋台に並んでる間、暫く私たち二人だけ…少し、話をしてみましょうか)
「春さんは京太郎くんが…その、胸の豊かな女性に目がないのは知ってますよね?」
「春さんは胸ばかり見られるのは平気なんですか?」

「…話してる時、目線が顔から下へ向かうのは感じる。でも別にそればっかりな訳でもない」
「それに、好きな人の好みに偶々自分が当てはまるのは僥倖だと思う…」

(その通り過ぎて何も言えません…彼が胸しか見ないような人ではないって事は、私が一番知ってる筈です)
(昔ゆーきにも贅沢な悩みだと言われれました。意中の男の目が自分に向くことの何が不満なんだ、と)

「和も京の事、好きだよね?」

「…突然の反撃ですね」
(まあ、さっきこっち見て笑ってましたしたね春さん。思ったよりいい性格をしています)
(私も流石に本人以外にはバレてるとは思いましたが。…なぜ本人は気付かないのでしょうか…)

「高校の時、京が寝てる間にキスしてたって聞いた」

「な、なな…誰からそんな…」

「昔、竹井さんに…」

(…あの先輩に隠し事って可能なんでしょうか…)

「…京は。どう見ても和の事が好きだよね」

「う…」
(ド直球で来ますか…)

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:05:07.09 ID:rc4b5VttO
「とぼけるのは無し。見れば分かるし…みんなそう言ってる」
「清澄時代、京に告白されたとも聞いた。…はっきりと好きって言ったんじゃないみたいだけど」

「…ええ。その時は臆病な私は逃げ出してしまいましたが」

「ふぅん…でも、和が今の態度のままなら私がとっちゃうから」
「手段選ぶつもりないよ…部屋に通ってご飯作って、キスして誘惑する」
「胸、誰も触らせてあげないみたいだし…私が触らせてあげるんだ。それで…揉ませて、挟む」

(も、揉ま…挟ッ!?)

「京にはおっぱいをゲットさせて、私は京のハートをゲットって言う寸法」
「因みに、和に負けたら二号狙いにシフトしていくからそのつもりでよろしく」

「…春さんは意外に破天荒な方だったんですね」

「京が認めてくれたこの性格が、今の私の自慢…」

(迷いの無い笑顔…全く、自分の悩みがとことん矮小なものに思えてきますね)
「敵に塩を与えて良かったんですか?…負けませんよ、私」

「勝負の相手は本気の方がいい…勝つのは私だけど」

(勝負の場に引き上げてくれた事へのお礼は言いいません。彼女の気持ちには全力で戦う事で応えてみせます)

「お待たせー。何か二人していい笑顔だな、何話してたんだ?」

(彼が戻って来て、私たちは悪戯好きな子供のように目配せをしました。返事は勿論こうです)

「「おっぱいの話」」

「俺も混ぜて!!」


カンッ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:06:59.34 ID:eptJFFme0
乙〜

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:14:23.19 ID:gOgv2SvZ0
乙ー
春つえー

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 02:36:57.28 ID:qUqUXC9d0
乙ー
途中までてっきり春ともう付き合ってるもんだと思って後半、春がNTR趣味に目覚めたのかと思ったぜ…
しかしおっぱい二人に迫られて片方は二号でも良いとか今の京ちゃんは我が世の春状態なんじゃないだろうか

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 03:41:41.00 ID:rc4b5VttO
>>255
そんな馬鹿な→見直す→ホントにそうとしか見えなくて草
NTRせ趣味の春ってなんかいいですね…誰か下さい

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 07:52:36.44 ID:2CqE4Z5p0
NTRは人を選ぶんだ、俺は大好物だけどな!

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 10:10:35.86 ID:VI3zh2Bt0
このノリの和なんか懐かしい

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 19:53:42.32 ID:mzWykWiD0
嫉妬で燃え上がってプレイが激しくなるのもアリだと思います

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 19:55:01.80 ID:PnMEe4m30
傷心の京ちゃんをアラサーがゲットしちゃう可能性もあるな

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:09:50.44 ID:uT2qKxvV0
>>260
おはすこやん

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:10:05.98 ID:5NT78oj/0
 俺はついに今日、咲に好きだという気持ちを告げた。
 長い付き合いでお互いのことよくわかっているし好意もあった、正直いけると思っていたが…

京太郎(付き合いが長すぎてもう京ちゃんのこと男として見れませんか…)

 逆だった、むしろその長い付き合いが足を引っ張った。
 もし中学のころに告白していれば結果は変わったのだろうか…

京太郎「はぁ…なんか疲れたな…」

 嫌な気分を変えるため外をうろついていたがいつのまにかずいぶんと遠くへ来てしまっていたようだ。
 身体と頭、心を休ませるため近くの公園へ入りベンチに腰かけた。

京太郎「ははっ…まさか咲にフラれるなんてな…」

 これを口にするのは何度目か…口してもなにも変わらない…はずだった。

「へぇ…君も失恋しちゃったんだ…?」

 いつの間にか俺の前に若い女の人が立っていた。

京太郎「……君も?」

「うん、とりあえず隣座ってもいいかな?」

 そう言われ俺は少し横にずれて女の人の分のスペースを空ける。
 ありがとうと一言言いその人は俺の横に座った。  

 ただこの人どこかで見たことあるような……あっ!

京太郎「もしかして…瑞原はやりさんですか?」

はやり「あっ、ばれちゃった?」

 軽く変装しているからわかりにくいが俺の隣にいる人は確かに牌のお姉さんの瑞原はやりだった。

京太郎「さっき”君も”って言いましたよね、ということは…」

はやり「うん、私もさっきずっと付き合ってた彼氏に別れようって言われちゃったんだ」

京太郎「ははっ、あの有名な牌のお姉さんに彼氏がいたなんて大スキャンダルですね」

 下手なアイドルよりはるかに人気のあるはやりんだ。もしばれていたらとんでもないことになっていただろう。

はやり「あの人収入が私より低いし家事もできなくてね、私といて自分が情けなく思えちゃったんだって」

 テレビで見かける姿とはまるで違う…なんというか語尾に☆がついていない感じがする、とにかくすごくまじめだ。
 確かにはやりさんはテレビや雀士としての収入が膨大だろう、家事もテレビ番組を見る限り人並み以上にできそうだった。

 その彼氏が劣等感を抱いてしまうのは俺もよくわかる。 

はやり「ほんとバカだよね。私はそんなこと気にしないし一緒にいられればそれでいいのに…」

 なんで男の子にはそれがわからないんだろう、そう言いたそうな顔をしていた。

はやり「よかったら君の話も聞かせてくれないかな?」

京太郎「俺の…ですか……」

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:11:34.55 ID:5NT78oj/0
京太郎「俺はですね…さっき幼馴染に告白してフラれました」

 少々悩んだが俺も打ち明けることにした。
 理由はよくわからないがただぶちまけて楽になりたかったのだろうか?

京太郎「もう長い付き合いで昔から好きだったんですよ…でもつい最近あいつが告白されたって知ったんです」

はやり「……」

京太郎「そして気が付いたら告白していて…でももう男として見れないって言われました…」

 話し終わったがはやりさんは何も答えない、少しの間沈黙が続く。
 お互いになんと声をかけたらいいのかわからない。  

はやり「失恋ってつらいねぇ…」

京太郎「ええ、つらいですね…」

 長い沈黙の後何とかお互いに言葉をひねり出した。

京太郎「今まで一緒だった人と関係が変わっちゃうのって本当につらいですね」

はやり「うん、本当につらい」

 もう咲とは以前のようにはいられないだろう。
 仮に表面上は変わらなくても奥底で絶対にしこりが残っているだろう。

はやり「こういう時に傷を舐めあえる人がいたらいいと思わない?」

京太郎「そんな人がいてくれたら楽ですよね」

 もう俺もはやりさんも心がボロボロなんだろう。
 まともな思考なんてしていない。

はやり「ねえ君、傷を舐めあう仮の恋人にならない?」

京太郎「そうですね、それもいいかもしれませんね」

 会って5分と経っていない、自棄になっているとしか思えない考え。
 そんなことをする理由はただ同じ境遇同士慰め合いたいと思っただけ。

はやり「お話したりデートやエッチなこともする、でもあくまでそれは仮初」

京太郎「お互いが立ち直るまでの都合のいい関係」

 互いに居なくなった人の代わりをするだけの関係、都合が悪くなったらいつでも捨てられる。

京太郎「これからよろしくお願いします、はやりさん」

はやり「これからよろしくね…えっと…そういえば名前聞いていなかったね☆」

京太郎「そうでしたね、俺は…」

 でも今の俺たちにはこれがちょうどいい。


カン!

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:21:56.63 ID:mzWykWiD0
>もう京ちゃんのこと男として見れません
そんな事言う咲さんには間違いなく男である事をやや強引に教えてやればよかったのに

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:23:11.10 ID:ZEHVHn0H0

そして咲さんアラフォーへ…

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:36:31.65 ID:bSxt6VT0O

そうだよな……いろんなフォローしてもらったから、お母さんに見えてるんだろうな

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:40:08.01 ID:gOgv2SvZ0


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:54:44.10 ID:J8nMUmWy0


日向ぼっこしてうたた寝してる最中に起こしに来た京太郎を寝ぼけて
ハグして頬ずりした後正気にもどってワタワタするユウチャーください

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/15(水) 23:55:15.01 ID:WdklOKIbO
もう(長年連れ合った旦那である)京ちゃんのこと(を今更)男として見れません

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 00:24:55.69 ID:CMtUZl0s0
>>269
京咲の悲しいセックスレス

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 00:53:26.47 ID:P06108MG0
京太郎が咲にフラれたと知ってチャンスだと思ってたら、その彼はいつの間にか牌のお姉さんと恋人(仮)になってて呆然とするタコスェ...

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 01:01:50.08 ID:1GH2dJWM0
宥「京太郎くーん、どこー?」

宥「ここかな?」

宥「いた」

京太郎「スースー」

宥「京太郎くーん」

京太郎「スースー」

宥「寝ちゃったのかな」

宥「京太郎くん起きて」ユサユサ

京太郎「スースー」

宥「京太郎くーん」

宥(京太郎くんあったかい)

宥「いいよね」

ギュッ

宥「ふふ、あったかーい」

宥「もうちょっと寄れるかな」

宥「京太郎くんあったかいな〜」スリスリ

宥「うぅ、私も眠くなっちゃった」ウトウト

宥「ねちゃだ……め……」スースー







「……さい」

「お…て……さい」

「宥さん起きてください」

宥「んうやっ」

京太郎「やっ、じゃなくて起きてください宥さん」

宥「あれ?京太郎くん?」

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 01:03:37.99 ID:1GH2dJWM0
京太郎「はいそうですよ。貴女の京太郎ですよ」

宥「そっか私寝ちゃったんだ」

京太郎「思い出しましたか」

宥「うん」

京太郎「ところであの」

宥「うん?」

京太郎「その離してもらえると嬉しいなぁって」

宥「あ、ご、ごめんね」ワタワタ

京太郎「いえ、俺も気持ち良かったゲフンゲフン」

宥「気持ち良かったってあうぅ」

宥(寝ていたとはいえ、あんなことしちゃった)カアァ

京太郎「そ、それは置いといてどうしたんですか?」

宥「えっと理由はないんだけどただ京太郎くんと一緒にいたいかなって」

宥「ダメかな?」

京太郎「それぐらいならいつでも構いませんよ」

京太郎「時間はまだありますしまだこうしていますか」

宥「うん」

カン

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 01:09:16.88 ID:tvbVY/1q0

暑そう(小並感)

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 01:17:21.35 ID:XavP4oS80

ゆうかわ

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 01:54:26.28 ID:n6q4BjsQO
>>268

「またこんな所で寝て…おーい宥さん、風邪ひいちゃうから」

「んぅ…?きょぉくんだぁ〜」

「ですよ。寝るんだったらちゃんと布団d「えい」…!?」
(うわ柔こくてイイにおい…じゃない、寝ぼけてるのか?いきなり抱きついてくるなんて…)

「おねーちゃんを選んでくれたんだぁ…嬉しいな…」
「それなら、二人でお布団入ってあったかくなる事…しちゃってもいいよね…?」

(あ、やばい。ちょっと可愛すぎですよこれは…息子が目を覚ましてしまう…!)

「…ん…あれ、京くん?」

「お…お早うございます…?」

「……、……」
「わ、わわわ…ち、違うの。これはそうゆうのじゃなくて…夢を見てただけで…」
「いつもえっちな事ばっかり考えてる訳じゃないんだよ。…ほんとだよ…?わたしそんなにはしたなくないもん…」

(まずい!涙目でプルプルし始めた!)
「だ、大丈夫です!俺そんな風に思ってませんから!」

 〜〜〜〜〜

「ふう、もう少しで叔母さんになってしまう所だったのです…それにしても真っ赤になって弁明するおねーちゃんきゃわわ」

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 02:57:49.28 ID:pQoK12bI0
玄「京太郎くんとお姉ちゃんが結婚すれば京太郎くんのことをお兄ちゃんって呼べる……!?」

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 05:25:50.05 ID:dz7FYrKY0
宥ねぇと汗だくセックスしたい

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 05:40:58.84 ID:uKVj+l+m0
 
例え話をしよう。
ある一匹の牡犬がいた、としよう。

それは、群れず一匹だけで餓えながら生きてきた犬だった。
それは、群れず一匹だけで吠えながら生きてきた犬だった。
それは、群れず一匹だけで己のみを頼りにして生きる犬だった。

しかし、最初からそうだったわけではない。
かつては、友が、仲間が、犬にはいた。確かに、そう、確かにいたのだ。
けれども、そんな暖かな場所を捨てたのは、犬自らの意思だった。

それは、傍から見れば嘲笑される行いだったかもしれない。
それは、ちっぽけな矜持だったかもしれない。

だが、犬は選んでしまった。孤独を。
そうしなくてはならない理由が……いや、衝動があった。

だから、犬は選んでしまったのだ。孤独を。
だから、犬は望んでしまったのだ。強さを。
強さの意味も、それを最初に望んだ理由も、顧みずに選んでしまった。

犬の目に映る世界には、もはや仲間などいなかった。
犬の目に映る世界には、もはや骨肉相食む同種の敵だけ。

故に、犬は孤独だった。
望んで得た、筈の、孤独だった。



やがて、犬は倒れた。
冬の街で孤独まままに倒れた。
争いに負け、命からがら逃げ、しかし倒れた。

さて、そこで別の犬がやってきた。
雌犬が彼の前に偶然、本当に偶然やってきたのだ。

それは、首輪でつながれ、人に飼われた雌犬だった。
それは、もはや彼と生きる世界を別にした雌犬だった。
それは、彼が決めた道を歩く限り、二度と会えない筈の雌犬だった。

彼女は倒れた彼を介抱し、やがて目を覚ました彼に食事を与えようとした。
何も聞かず寝床を与え、食べて、と言ってくれたのだ。

彼は自らの無力を噛み締めたのかもしれない。
己だけで一人生きてきたのに。彼女に施しを受けるなど。
自身の勝手で、一度は捨てた筈の彼女に、今更施しを受けるなど。

どれだけ好きだったとしても、一度は選んでしまったのだ。別離の道を。
だから、彼は進んできた筈だった。彼女とは二度と交わらぬ筈の道を。

彼はどうするべきだろうか?
彼女の言うことを聞くべきだろうか?
それとも、彼女の為に彼が選んだ、しかし彼女が、かつて彼に望まなかった強さの証明を、貫き続けるべきだろうか?

答えは――――。
 

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 05:42:27.16 ID:uKVj+l+m0
 
―――――回答。

昔、少年と少女がいた。
それは、仲が良かった二人だった。
それは、子供の頃から隣同士にいた二人だった。
けれど、ある切欠で離れてしまっていた二人だった。

二人は、大人になって偶然再会した。
六年ぶりだった。かつて別れた時と同じ冬だった。
二人にとって思いも寄らぬ、しかし心の奥底では願っていた再会だった。

そして彼女は、彼が何か言う前に、好きだよと告げた。
貴方の望む通りにするよ、とも。
だから、あの時止めなかった、とも。
今も貴方が望むなら止めない、とも。

彼は気付いた。判ってしまった。
別の道を選んだと思っていたのは自分だけだ、と。
彼女は決して、あの時、そして今も別れを口にしない、と。
好きだったと過去形で嘘を吐き、別れを口にしたのは自分だけだった、と。

言葉に詰まった彼に対して、彼女は涙を一筋頬に伝わせながら、嗚咽を堪える様に詰まりながらも、尋ねた。


「きょう、ちゃんは、いま、どう、したい、の?」


そして、彼は――――。
 

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 05:43:53.52 ID:uKVj+l+m0
 
「あれ……もしかして宮永プロ?」


と、思わず少女は呟いた。
小さな喫茶店の窓越しに、若手ホープの一角である麻雀プロ、宮永咲がいる。
有名人故の変装なのか、テレビで出演している普段とは、かなり趣が異なる装いだ。
更に眼鏡を掛け、伸ばしている後ろ髪をアップにしている手の込みよう。

なるほど、雰囲気が全然違う、これなら一見してバレないだろう――でも、わかる。間違いない。
自身の通っている清澄高校を出身とする麻雀プロ、宮永咲を、贔屓にしている少女が見間違える筈がなかった。

十年前に母校の麻雀部を優勝に導いた立役者の一人、そう、なんたって憧れの先輩の一人なのだ。
そもそも、現在清澄高校麻雀部所属の少女はOGとして、何度か直接会ったことがあるのだ。


「でも何で長野にいるんだろう?」


少女は、むむっと首を捻った。
オフシーズンとはいえ、宮永プロが所属する団体の本拠地、それは長野ではない。
麻雀部のOGとして来る時は、連絡が当然先にあるのだから、もしかして単なる里帰りなのだろうか。
なんて、脳裏に思い浮かべた瞬間、少女は気付いた。宮永プロと相席している男性がいることに。
二人、一緒にいる姿、浮いた話がない筈の宮永プロと、同年代に見える金髪の男性。
まさかのまさかのツーショットだ。もしかして逢引なのだろうか。


「うわー……うわー……」


頬が熱を帯びるのを自覚した。飛躍した勝手な想像ゆえに、だ。
でも確かに、逢引か何かならば、宮永プロの念入りな変装も頷ける。
プロなのだからゴシップを気にするのは当然。

喫茶店に入って直接話掛けてみても大丈夫だろうか?
先輩だし目こぼしして貰えるかな?

もちろん、そう、もちろん、吹聴する気はない。これは下世話な話でなくファンとしての純粋な好奇心。
それに、とある噂で、女子プロは未婚となる呪いがあるとか聞くし、ファンとしては心配なのだ。
うん、そうだ。心配。その線でいこう。

そんな感じで、少女の理論武装が見事に完了した時だ。

何やら、親しげに会話している二人が。
からかわれたのか、そっぽを向き年甲斐もなく拗ね……いや失礼、可愛らしく頬を膨らましている宮永プロと、悪戯っぽい笑みを浮かべている明るい金髪の男性が。
不意にその二人が、視線、交わらせ、互いに表情を柔らかく緩めて。
まるで十年来の友人同士か。長い間交際し続けている恋人同士みたいに。
ふと、互いの、そう互いの指と指をするりと、自然に絡め合う。


「…………」


うん、やはり今日はやめておこう。
人の恋路をなんとやらだ、馬に蹴られてはかなわない。
そう少女は決め、仲睦まじげに笑い合う二人を一度眺めた後、帰路についたのだった。



 

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 11:10:06.51 ID:uqCE97KZi
おつ

京ちゃんなんですぐ闇落ちしてまうん?

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 12:50:49.58 ID:n6q4BjsQO
「マホは、やっぱりダメダメです…」

「うん?急にどうした」

「プロの先生に師事して一年経っても、ミスが全然減らないです。マホ、やっぱり才能が無いんでしょうか…?」

(あー…裕子が言ってたな。未だに何かしら錯和しちゃうって)
「バカだな、マホが人一倍頑張り屋さんなのは俺が一番よく知ってるよ」
「焦らなくていいんだ。ほら、おいで」

「…京太郎お兄ちゃんはいつもや優しいです。あんまり甘やかされたら…マホ、お兄ちゃん離れ出来ないですよ…」

「俺がマホ離れしたくないんだ。マホに変な虫がついたらお兄ちゃん多分暴れるぞ」

「もう!だからマホは昔からお兄ちゃんと結婚するってずっと言ってるのに…」
「マホ離れなんてしなくていいから、マホをお嫁に貰ってくれればいいんです!」
「だから、マホだってお兄ちゃん離れしなくてもいいんだもん…」

「…マホ、顔上げて」

「んっ…、いきなりちゅーするのはずるいです…」

「マホが可愛いのが悪い」

「京太郎ー、マホちゃーん!ご飯出来たからそろそろお風呂上がりなさーい」


 カンッ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 13:40:49.98 ID:rGRqYUb80

やっぱりマホは天使やな
そういえばやえさん好きなんだけど阿知賀9年以外にやえさんメイン級のSSってあったっけ?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 13:47:42.81 ID:aCLp9iEz0
ホームレスの最初がやえさんだった
ただしあそこは終わり方が最悪レベルだが(やえさんの話の終わりではない

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/16(木) 23:08:32.31 ID:vv2PuXPZ0
プロスレが終わったか……

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 00:41:26.97 ID:0lt6m0ANO
体入れ替わりネタが見たい
和とだったら理性がヤバい

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 00:46:04.98 ID:ZDyol7lS0
小ネタだか何かで散々やってるスレならあった

289 :避難所から転載:2014/10/17(金) 00:53:32.53 ID:BtuHqlvC0
450 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/16(木) 23:54:09 ID:riLm1sgk
時期外れなネタを
誰か転載お願いします


京太郎「悪いな、卒業式終わってすぐなのに、部室まで呼び出して」

和「いえ、最後に部室を見ておきたかったので、大丈夫です」

和「それで……どうして呼び出したんですか?」

京太郎「あぁ……高校生活最後に、和に言わなきゃいけないことがあったんだ」

和「……はい、なんでしょう?」

京太郎「……初めて見た時から、忘れられなかったんだ」

和「!」

京太郎「今だから言えるけど、麻雀部に入部したきっかけもそうだった」

京太郎「入部して、1年の時も2年になって、3年になって、麻雀部を引退した後も、気付いたら目で追ってた」

和「須賀くん……」

京太郎「言わないでおこう、って思ってたんだけど……やっぱ、卒業するって思ったら、堪えられなくなっちまったんだ」

京太郎「お前がどう思っているかは分からない、でも俺の気持ちはずっと変わらなかったんだ」

京太郎「……和、聞いてくれ」

和「……はい」

京太郎「……そのおっぱいを揉ませて下さい!!」

和「……は、ぃえええええええええ!!!??」

290 :避難所から転載:2014/10/17(金) 00:54:08.25 ID:BtuHqlvC0
451 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/16(木) 23:54:43 ID:qckP0oY.
京太郎「今『はい』って言った!?言ったよな!?」

和「言ってませんし言いません!というかなんですか!?この流れでそれ!?」

京太郎「なんだよ!?ずっと俺がお前のおっぱい見てたの知ってるだろ!?」

和「知ってますけど!嫌ってくらい知ってますけど!!卒業式の後呼び出してそういうこと言います!?告白の流れじゃないんですか!?」

京太郎「告白だろ!?和におっぱいを揉ませてくれっていうさ!!」

和「それはセクハラです!!なんですか!?紛らわしい前置きとか普段見せないような表情までして結局はいつもと同じじゃないですか!?」

京太郎「同じじゃない、今日は真剣に揉ませてもらいにきたんだ。卒業したら……もう今まで見たいに会えないだろ?」

和「進学先同じ大学ですよね!?一緒に受験勉強したりしましたよね!?」

京太郎「それはそれ、これはこれ。受験勉強も、和のおっぱいのことを想いながら…」

和「返してください、返して下さいよ!!ついさっきまでのときめきとか、今までの時間とか!!」

和「そりゃ、私だって3年間あなたのことを見てきたわけですし、別に嫌いじゃないですしむしろどちらかと言えば…」

京太郎「揉ませて下さいお願いします!!」ドゲザー

和「話聞いてませんよね!?あぁもうなんでそういうところが致命的に駄目なんですか!?」

和「普通に付き合うとか考えてないんですか!?」

京太郎「考えてるさ!!普通に揉むことを!!」キリッ

ギャーギャーワーワー

咲「……結局駄目だったねー」

優希「なー、今度こそくっつくと思ったけど」

まこ「ありゃまだかかりそうじゃな」

久「傍から見れば両想いなのにねー……大学でどうなると思う?」

咲「和ちゃんが痺れ切らすんじゃないんですか?」

優希「どうかなー、のどちゃん肝心なとこで案外ヘタレだし」

まこ「ま、当面はあのままじゃろな」

久「そうよねー。まだまだ面白そうだからこっちとしては歓迎だけどね」



京太郎「分かった、片方だけ!片乳だけでも!!」

和「なんですかその譲歩!?普通にできないんですか須賀くんは!?普通に告白してくださいよ!!」


カンッ!!

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 01:01:38.15 ID:EQPpHeJC0

まったくのど乳は最高だぜ!

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 03:04:30.96 ID:esCXJrbY0


でもこれなんか見たことある気がするんだが

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 08:35:03.67 ID:afM5lRSR0


>>287
和と入れ替わるSSはあったと思うで

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 12:39:50.05 ID:AFUW77Hw0
>>285
遅れたけどありがとう
見てみるわ

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/17(金) 22:08:06.21 ID:fVAwMEGp0
【安価】京太郎「スパロボ学園?」咲「スパロボって楽しいよね!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413548734/

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:06:06.31 ID:Hq+bTZj3i
久「ねぇねぇ」

京太郎「(´・ω・`)なになに?」

久「真面目に聞かない豚は出荷よー」

京太郎「(´・ω・`)そんなー…んで、なんです?」

久「よく照れ隠しとかごまかしで『処女賭けても良いわよ!』ってネタあるじゃない?」

京太郎「知らねえよつかいきなり下ネタ吐くなや真面目に聞く姿勢だして損したわ」

久「あれって基本その場しのぎにすらなってないこと多いわけだけどさぁ」

京太郎「話聞いて。もういいですけど…それで?」

久「つまりあれって遠まわしの告白なんじゃないかと思うの」

京太郎「ほほー。根拠はなんです?」

久「根拠っていうかその発言をするときって大体相手に好意を抱いてる状況だしねぇ…」

京太郎「創作の世界ですからまぁそうですよね」

久「そして言われた方は込められた意味に気づかないという」

京太郎「テンプレテンプレ」

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:06:17.15 ID:+IY4KO1R0
ここも段々と過疎ってきたな...。
新規の京太郎スレが多いからだろうか?

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:07:45.30 ID:Hq+bTZj3i
久「つまりそういうわけなんだけど」

京太郎「どういうわけなのかさっぱりです」

久「えー?そのぐらいわかるでしょー?」

京太郎「わかりたくないってことをわかってくださいよ。もしくは異性の先輩に下ネタを振られたときの微妙な気持ちを察して」

久「その台詞を男視点から考えると『童貞捧げてもいいよ!』ってなるわけだけど」

京太郎「聞けよ」

久「童貞もらったところで嬉しいかって話よねぇ」クスクス

京太郎「さっきから俺の心削って楽しいですか?」

久(やっばい…!楽しい…!)

京太郎「こんな下らん場面でその台詞使うなや!」

久「あっはっはっはっ!」バンバン

京太郎「あーもー…なんなのこの人もー…」

久「ふふっ、ごめんなさいね。私は好きな人にはつい意地悪しちゃうタイプなの」

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:08:24.86 ID:uL98vXt00
(´・ω・`)おつよー
(´・ω・`)らん豚は「なにかな?」じゃないかしら、あと君眉毛ふといね

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:08:59.06 ID:Aw6/Iqm6i
京太郎「どうせ冗談でしょう?」

久「あら、信じてくれないの?」

京太郎「むしろどこに信じられる要素があったんですかね」

久「ぶー。その言い様はさすがの私でも傷ついちゃうわよー?」

京太郎「まぁ、さっきの話であったみたいに処女を賭けてもいいと言うなら信じるのも「いいわよ?」…はい?」

久「だから、処女。賭けてもいいわよ?」

京太郎「…実は既に無いから賭けてる可能性は「なぁに?切り落とされたいの?」一体何を切りおといや何でもないですはい」

久「まったく、人が一世一代レベルの告白をしてるって言うのに…これでもすっごい恥ずかしいんだからね?」

京太郎「全然そんな風には見えないんですが…」

久「伊達に17年間生きてないですよーだ」ベー

京太郎「…」

久「…で?」

京太郎「え?」

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:09:12.04 ID:GJ3jXfi/0
アッ完全の間違えた無視してくださ

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:10:22.71 ID:Aw6/Iqm6i
久「『え?』じゃないわよ。返事、くれないの?」

京太郎「…あー…」

久「…」

京太郎「えっと、その……………………………保留ってのは」

久「意気地なし」

京太郎「ぐっ…」

久「甲斐性なし。ろくでなし。種なし」

京太郎「すみませんこの空気でなんですけど最後のはさすがに物申したいんですが」

久「大好き」

京太郎「ぬっ…………う、れしい………です………はい…………」

久「ん。今はその言葉だけで許してあげる。その代わり早めに答えは出すこと。いいわね?」

京太郎「…………………っす」

久「それじゃあ私はもう帰るから。戸締まりよろしく!」タタタタタ

京太郎「えっ!?ぶちょ」「じゃあね!」ガラッピシャンッ「………う…………」

シーン………

京太郎「……あー……………」

(最後…扉が閉まる直前の部長の顔…ちょっとだけど赤かったな……)

京太郎「鬱陶しくて、つかみ所がなくて、下世話で…でもどこか憎めなくて、時たま可愛くて、それにいつも真剣で…」

(そんな部長を…俺は………)

カンッ

書きたかったネタ詰め込みすぎてこんがらがった感やばい

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:11:52.45 ID:GJ3jXfi/0
今度こそ乙!ちょっとゲームしながら書き込んだらこれだよ申し訳ない

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:12:36.62 ID:czyTjUTq0
乙。
割り込んですまんかった。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:17:21.61 ID:ptk2/NbG0


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:32:14.05 ID:giJCdqXN0
乙です
ついでに保管庫更新完了のお知らせ―

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:39:15.41 ID:1iYqgurn0
久「あう〜…」PiPiPi…

京太郎「えーっと…あらら、39度越えてら…」

久「じゃあデートはぁ…?」

京太郎「当然無しに決まってるじゃないですか…おでこにシート貼りますよー」ペトッ

久「うー…楽しみにしてたのに…」

京太郎「あのねぇ…昨日布団いくらかけなおしても暑いからって蹴っ飛ばしたらそうもなるっつの」ペチン

久「はうっ」

京太郎「ほら、首うーってして」

久「はーい…」シュルシュル、キュッ

京太郎「ひとまずはこれで良しっと…食欲はありますか?」

久「んー…」コクッ

京太郎「おかゆとうどん、どっちが好きです?」

久「う、ん…味がわからなくなってるわけじゃないしうどんがいいな…」

京太郎「りょーかい。ほんじゃ鍋焼きうどんにしちゃいますか」

久「やった…卵も入れてね?」

京太郎「わかってますよ。ちょっと時間かかりますからゆっくり寝ててくださいね?」ナデナデ

久「ん…」コクッ

――――――――――――――――――――――――――

ん………………さん………………久さん

久「う………………ぅん………………?」クシクシ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:39:54.00 ID:vaPxCm2+0
si (wiki乙)

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:40:34.35 ID:1iYqgurn0
京太郎「お、起きた。うどん、出来ましたよ。体起こせますか?」

久「ん…大丈…」フラッ

京太郎「っと」ガシッ

久「ありがと…ぁふ……」

京太郎「一人で食べれそうですか?なんなら食べさせても…」

久「過保護ねぇ…大丈夫よ、そのくらい」

京太郎「う〜ん…」

久「でも、そのかわり…食べてる間も、ちゃんとそばにいてね?」

京太郎「…うっす」

久「ありがと…それじゃ、いただきます…」

京太郎「ちゃんと落ち着いて食べてくださいよ?」

久「わかってるわよ、私はもう子供じゃ…あつっ…!」

京太郎「やっぱり…」

久「わ、悪かったわね…もぅ…」

―――――――――――――――――――――――――――――――

久「けぷっ…ご馳走様でした」

京太郎「お粗末様です。それじゃ使い終わった食器洗って来ますから何かあった、ら…?」クイッ

久「あ…」キュ…

京太郎「どうしました?何か欲しいものが?」

久「えっと…その…」

京太郎「?」

久「洗い物は…後にして…今はそばにいてくれない、かな…って…」

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:41:51.31 ID:1iYqgurn0
京太郎「…」

久「あ…ご、ごめんなさいね?ちょっと心細くなっただけだから…その…」

京太郎「…」ナデナデ

久「…ぁぅ」

京太郎「こんな感じでいいですか?」ナデナデ

久「うん…ごめんね…」

京太郎「別にこれぐらい、謝らなくていいですよ。洗い物だってそこまで手間のかかるものでもないし、風邪引くと弱気になっちゃうもんですし…それこそ、いつも元気な久さんがこんなになっちゃうくらいに」ナデナデ

久「…なんか馬鹿にされた気がする」ムゥ

京太郎「はっはっは、まさかそんな」ナデナデ

久「…まぁ、そういうことにしておいてあげる…だから、手、離さないで…」ギュウ

京太郎「仰せのままに」ナデナデ

この日一日大人しくしたおかげで翌日にはずいぶんと和らいでいたそうな…

カンッ


普段暴れまわってる娘の病弱姿ほど萌えるものはないという真理
>>306
保管庫乙

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 00:49:12.59 ID:f3Nbblxz0
乙〜
保管庫も乙〜

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 01:09:25.28 ID:jWOr+jvl0

やはり京久はいい

保管庫更新もマジ乙

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 02:17:57.37 ID:8Js5U36y0
保管乙ー

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 15:58:20.66 ID:uimRLocm0
投下乙
ANDまとめ本当に感謝

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 16:00:56.01 ID:3MUgLhym0


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 19:35:51.77 ID:6FbX7YS3I
まとめてくれる人も大分減ったからなぁ

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/18(土) 19:40:15.89 ID:WbpH0IMY0
元々まとめてくれる人なんていなかったし、大して気にはしないなあ

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 01:41:27.60 ID:XKtsfSQJO
しかしここのwikiの充実っぷりはすごい

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 01:52:22.06 ID:eJ2Qhbw40
カップリング更新しといた

ミスあったら修正よろ

320 :6レス程:2014/10/19(日) 03:52:22.35 ID:qHba4pvKO
久「ねー京太郎、私オムライス食べたい。作ってー」

京太郎「突然人の部屋来て酒盛り始めた挙げ句何言ってんの?普通に迷惑なんだけど」

ゆみ「つれないね君は。昔は年長者をたててくれる素直で可愛い少年だったのに」

京太郎「あんたらいつも俺をひどい目に会わすじゃん…今更何を敬えって言うのさ」

智紀「京太郎に会うとつい意地悪しちゃうの…これって恋?」

京太郎「故意でやってんのは確かでしょーね」

久「卵割りながら悪態ついてる。可愛いなーもう」

ゆみ「口は悪くなっても世話焼きな所は相変わらず、かな」

智紀「リアルツンデレ…」

京太郎「うっさい黙れ」

 ─麻雀部関係で年上の女に接する機会が多かったけど、こいつらと関わると碌な事がない。
 ─巨乳の子紹介するよなんて甘言に踊らされて扱き使われて。それだけならまだしも心に傷を負わせてくるから酷い。
智紀『そんな先輩共に敬語なんて阿呆らしく思って、高校を卒業する頃にはもう俺はタメ口で話すようになっていた─』

京太郎「えっ今のモノローグ智紀が言ってたの?」

久「うわー智紀、京太郎の物真似上手ねー」

ゆみ「胸が大きな女なら智紀と仲良くなれたじゃないか」

京太郎「お近づきになれた感ゼロなんだけど。きっつい下ネタや自分が題材にされたBLトークをかまされてどうしろってんだ」

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 03:53:38.28 ID:qHba4pvKO
久「私たちは巨乳の子、ちゃんと紹介したでしょ」

京太郎「福路さんや東横さん、困った顔してたけど?こっちも気まずいからあーいうのやめて」

ゆみ「モモと言えば、最近ちょっと依存ぶりが過剰な気がするんだがどう思う?」

京太郎「知らないよ馬鹿。口説いたの自分なんだろ」

久「流石にモモちゃんも美穂子もそこまでガチじゃないと思うけど…」

智紀「友情(グラビティ)」

京太郎「もうちょい構ってやったら?とは思うけど。おら出来たぞ食らいやがれ」

ゆみ「ありがとう。…む、美味しいな。また腕を上げたな」

智紀「萩原さんも太鼓判押すレベル…え?ちょっと上達し過ぎじゃない?」

久「おいしー…ねー京太郎ー。私に毎朝味噌汁作ってー」

京太郎「いいよ、時給二千円で承る」

久「もーホント捻くれちゃって。お姉さん悲しい」

智紀「ツンデレで皮肉屋…捗る!…あ、でもこの腕なら透華も欲しがるかもなー。働き口に困らないね」

京太郎「ハギヨシさんと同じ職場ってのは魅力的だけどお嬢は勘弁だ…あのキャラの濃さは俺の磨耗した精神を粉砕しかねない」

ゆみ「男性相手に今日一番の食い付きって…何か悔しい」

京太郎「ハギヨシさんは仕方ないだろ。大体ゆみだって東横さんの体の感触がどうとか言ってくるじゃん。自慢か畜生」

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 03:54:48.64 ID:qHba4pvKO
久「あ、おっぱい好きは相変わらずなんだ」

智紀「それは彼の根深いカルマ…あ、おかわりある?」

京太郎「智紀、さっきからキャラぶれ過ぎじゃない?…ほらよ、たんと食いなされ」

ゆみ「ふーごちそうさま。京太郎もこっちに来て一緒に飲もう」

京太郎「もう寝たいんだけど。…一杯だけね」

久「へへ、じゃあ改めて…彼女いない歴21年を祝って、かんぱーい」

智紀「ガイアが俺に独りでも強く生きろと囁いてる(笑)」

京太郎「息をするように人の事傷付けるよね」

ゆみ「でもどうなんだ実際。私たちが卒業してから新入生で可愛い子とかいただろ?仲良くなる機会だってあったんじゃないか?」

久「ゆみ、親戚のおばさんみたい…」

京太郎「伝説の先輩達のM奴隷の称号をほしいままにしてる俺に新入生の子がなんだって?」

智紀「伝説の先輩…一体何井久なんだ…」

ゆみ「只者ではないだろうな」

京太郎「自分達を除外すんな。おめーらもだよ畜生」

久「あ、じゃああの京太郎に懐いてた娘は?ほら和の後輩の」

京太郎「ん、マホの事?」

ゆみ「ああ、あの萌えキャラ」

京太郎「変なあだ名付けるなよ…マホは妹みたいなもん。俺を今でも先輩と慕ってくれる可愛い後輩だよ」

智紀「おやおや、犯罪的な香りが漂ってきましたよ」

京太郎「妹って言っただけで犯罪って。もう言論の自由どころの騒ぎじゃないよね」

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 03:55:44.65 ID:qHba4pvKO
久「もしかして内木のヤツより京太郎の方が高段位者だったんじゃ…」

ゆみ「安心しろ京太郎。例えお前がどんな性癖でも我々の友情に変わりはない」

京太郎「ロリコンを強そうに隠喩するな。ゆみちゃんも人を特殊な人間に決めつけない。てかマホ今年成人するんだけど」

智紀「ここに衣お姉さん(23)の写真があるけど、こいつをどう思う?」

ゆみ「凄く…ロリータです…」

京太郎「そういうのどこで覚えてくんのお前。っと電話…お、噂をすればってヤツか。おうマホ、どうした?」

久「……」

ゆみ「どうした急に静かになって。さっきまでそんなにチビチビ飲んでなかったろう」

智紀「人の不機嫌で今日も酒が旨い…っと」カタカタ、ターンッ

久「自爆テロしてやろうか」

ゆみ「悪かった落ち着こうじゃないか」

智紀「ささっ姐さんぐぐっともう一杯」

京太郎「これから?駄目だ、何時だと思ってる。後ウチ今酔っぱらい共が屯してるから。教育によくない」

久「今教育とか聞こえたんだけど」

『駄目ですかぁ…?それにわたしもお酒飲んでみたいです…』

京太郎「もう少し待ちなさい。十二月になったらお祝いに買ってあげるから。ただし節度をもって飲み過ぎないようにしような」

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 03:56:45.73 ID:qHba4pvKO
ゆみ「物言いが完全に父親のそれだな」

久「んー…確かに娘に甘いお父さんみたいな…いや、でも…」

『分かりました…。でも先輩達楽しそう…わたし寂しいです』

京太郎「ああもうそんな声出すなよ。明日どっか連れてってやるから、な?」

『やった、デートですねっ!』

京太郎「何故そうなる…まあいいか。じゃあ早めに寝ろよ?温かくして風邪引かないようにな」

久「どっかで見たと思ったら、咲にしてるのと同じ対応だこれ」

京太郎「はいはい俺も愛してるよ。うん、それじゃお休み」

智紀「ブフォッ」

ゆみ「どど、どういう事だ京太郎!あ…愛してるって!」

京太郎「んだよ汚ねーな。…ただのごっこ遊びだよ、恋人がいるってのがどんなか体験してみたいんだとよ。可愛いもんだろ」

久「…。ぜったい牽制だ…」

京太郎「何のだよ…まあマホは俺にとって最後の癒しだからな、お願いされたらなるべく叶えてやりたいんだ」

智紀「京マホキテル…」

久「きてない!」

ゆみ「ふふ、何だか興奮してきたな。すまないがお手洗いを借りるよ」

京太郎「その前置きいらなくない?つか今の会話のどこに興奮する要素があったんだよ」

久「ゆみはフリーダムだから」

京太郎「久ちゃんがそれ言うんだ…」

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 03:57:45.33 ID:qHba4pvKO
ゆみ「やあスッキリした。色んな意味で」

京太郎「もうやだこの人」

久「あれー?京太郎が三人いる…そっか忍者だったんだー」

智紀「あはははは超ウケる。3対3で丁度いいね、よしじゃあ脱ごっか」

京太郎「こっちは出来上がってるし…待って智ちゃん服は着てようね、それ以上は駄目だって!」

ゆみ「なあ、いいだろ京太郎…あの夜の事が忘れられないんだ」

京太郎「心当たりゼロなんだけど。全員へべれけってどうすりゃいいんだよもう」

久「きょうたろー、お布団連れてってー」

京太郎「結局泊めるハメになるのか…今敷くから待って。はぁ、休日なのに休めない…」

ゆみ「天井の…染みを数えていれば…ぐぅ」

智紀「Zzzz…イッたから…和姦成立…」

京太郎「ひっでー寝言だなぁ。ほら久ちゃん、布団出来たよ」

久「抱っこ」

京太郎「えー…」

久「抱っこして運んで。してくんなきゃここで寝る。ねーいいじゃんダッコダッコ!」

京太郎「分かったよもう…」

智紀「あ、次は私もお願いしたい」

ゆみ「では私も」

京太郎「起きてるだろ君ら。よいしょ」

久「えへへ」

京太郎(…まあいいか。寝顔は可愛いし)

智紀「『【速報】須賀氏デレる』…どうせなら声に出してオナシャス!」

京太郎「寝てろ。心を読むな」


 カンッ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 04:16:39.89 ID:YXbiB5aP0


ゆみさんすっかり駄目な人になって……

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 04:20:04.08 ID:6cLH4DVd0

完全に女として目覚めてけん制するマホ可愛い
他の女との電話に出ただけで不機嫌になる久可愛い
NTR趣味に目覚めてそうなゆみ可愛い
ともきーはフリーダム可愛い

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 04:46:31.50 ID:pLg/6BAB0
乙ー

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 09:35:26.02 ID:5o+IWqmp0
>ねーいいじゃんダッコダッコ!
たまらねえぜ

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 10:31:49.85 ID:xaMb7CXs0
まあ酔った上で間違いが起こるのはともきーなんですけどね。(おもち的に)

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 11:11:31.37 ID:csCoiXj40
いやぁ、どうだろう。これ部員共スレのメンバーが大人化した感じだから京ちゃんの精神力はカンストしてると思う

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 13:26:00.83 ID:6dmVqCR00
仙人京ちゃんか…

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 14:24:48.35 ID:4OlVLW+t0
つまりおさげでうなじ!出来る人が勝つんですね

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 14:25:29.17 ID:vXjMbxIH0
精神力がカンストしていようと3人がかりで襲われればひとたまりもあるまい

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 16:45:55.30 ID:rbCxS2OH0
仙人なら軽気功でかわせるはずだ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 19:49:30.92 ID:TXYMw3rF0
>>84の前日譚的な話です。


淡「はぁ……」
京「どうした?」
淡「キョータロー……私、怖いよ」
京「そうだな……四月からは部長として白糸台を引っ張ることになるからな」
淡「うん……でも自信がないの……」
京「淡……」

スピーカー【http://youtu.be/ZjHSWHhbWiU

ギュッ

京「俺が支えてやるからな」
淡「キョータロー……ありがと……」

-After the rain-

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 20:02:22.55 ID:YXbiB5aP0
前も微妙だったしまた微妙だな

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 20:12:55.81 ID:lycY8VvA0

まーずっと在籍してれば傍若無人じゃいられないよね、普通に成長できるなら

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 20:20:54.73 ID:6cLH4DVd0

100年生だった淡が部長となって皆を率いるとか胸が熱くなるな。
ただ文句をつける訳じゃないんだけど、ちょっと簡潔にまとめすぎている気がする。
キャラの心情なんかを()で伝えるようにすればもっと感情移入出来て良くなると思う。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 20:27:39.14 ID:KI/Y/PRy0
好きだぞ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 22:45:56.42 ID:6uhNw4bz0
正直BGMとか付けちゃってるのは痛い

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 22:48:13.98 ID:xL37mxKa0
前に散々叩かれておきながらまたそういう訳わからない文を投稿できるその根性だけは尊敬できる

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 22:49:55.39 ID:l+LpeIOo0
ボッコボコでワロタ
>>339の言う通り、簡潔過ぎて必要最低限すらないように見えるわ

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/19(日) 23:45:40.31 ID:4OlVLW+t0
すこやん「デリヘル」恒子「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413713736/

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 01:08:32.09 ID:s3dyEngi0
デリバリーヘル……

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 02:08:27.43 ID:yb6Q7Fp20
京太郎「プロ雀士のマネージャー生活?」【エロあり】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413737003/

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 03:23:54.89 ID:xKuiqZWz0
とりあえず>>339は地の文を考えるところから始めようか。
会話文だけのもの作りたいなら参考にすべきssは多々あるし。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 03:33:31.12 ID:aGh4fv7C0
地の文で参考に出来るのってどこがいいだろうね

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 03:52:58.26 ID:ZSWCWNv70
地の文なら小説でいいじゃん

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 07:02:38.27 ID:awSlH/J/0
改行とかBGMとかいろんな部分がやばいから何をどう勉強したって無駄だろ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 15:02:58.87 ID:S0SN7vyk0
別にBGMでもそれを貼る理由とかちゃんと内容に合っていれば演出として楽しめるんだけどね、某都市伝説スレとか某ロボットクロスのスレとか
問題はやっぱり使い方

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 15:15:10.77 ID:I76HHRE10
都市伝説の人はほぼ即興だからノリノリで書いてたら貼り忘れてたとか時々やらかしてたな
穏乃の蔵王権現とかいい曲だよね

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 20:21:40.67 ID:kdWc1FMUO
劔谷メインのSSこないかな

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 20:29:54.01 ID:ACPewsDk0
二年前にあったよ

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 21:20:07.77 ID:9vdD+S6/0
ここ最近立ったスレのヒロインは個別でのSS自体が多いキャラばっかりなんだよな
劔谷とまではいわないけど、もっとマイナーどころを発掘してもいいと思うんだけどね

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 21:27:10.31 ID:HCVfuAU50
発掘してもいいも何もそのキャラが好きじゃなきゃ書けないし、安価スレで人気キャラが選ばれるのは当然でしょ
マイナーキャラは人気が無いからマイナーなんだから

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 21:32:28.39 ID:ReHUjl3C0
それにキャラを掴めない子とかだと必然的に独自解釈になっちゃうからそういうのがダメな人からそっぽ向かれちゃうしね

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 21:38:15.10 ID:yedOkxPN0
ユキちゃんが可愛くて仕方ないので京ユキください

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 22:41:57.79 ID:Sk//uUgZ0
発掘って最早何のためにss書いてるんだよ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 22:49:28.45 ID:880RTCxeO
「うぅ…微妙に届かない…」

 授業に使う資料を取ってくるよう頼まれたのはいいけど、こんなに高い棚の上なんて聞いてなかったよ先生。
 私の無駄に高い身長でも届きそうで届かない。普段コンプレックスなんだからこんな時くらい役に立ってくれればいいのに。

「これ、取ればいいのか?」

「せ、先輩?」

 背後から声がかけられたと思ったら、事も無げに資料を掴む手。振り向けばそこには須賀先輩がいた。

「ほらミカ、これ」

「あっ、ごめんなさいありがとうございます!」

 いけない、少しぼーっとしちゃってた…。
 今まで知りようも無かったけど、自分の背じゃ届かない所にある物を取って貰うシチュってこんなにときめくものなんだ…。

「先生のおつかいか。生徒をパシリに使うのやめてほしいよな」

 私が言うのもなんだけど、先輩は結構背が高い。
 男子にデカ女ってからかわれてばかりの私には、同じくらいの目線で話してくれる男の人というのがとても新鮮に思えた。

「っと、喋ってたら休み時間終わっちゃうな。じゃあまた放課後、部室でな」

「はい。あ…あの、ありがとうございました!」

 はー…。なんか顔が暑い。よく分かんないけど、不思議な気分だ…。
 何となく…あくまで何となくだけど、先輩ともう少し仲良くなれたらいいな…なんて、そんな事を考えていた。


 カン

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 23:25:12.59 ID:ACPewsDk0

顔が暑い……ミカちゃんも空気なのか

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 23:45:25.91 ID:880RTCxeO
熱いだよね間違えた
ミカちゃんごめん

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/20(月) 23:49:42.63 ID:DvfzABnfI
須賀る見てると京ミカがメジャーなカプのように思えてくる

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 00:10:13.81 ID:k42YbW6j0
心肺がとまっちゃーう

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 00:16:31.33 ID:fpj6JuyN0
コミックス派にはピンと来ないミカちゃん

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 12:34:27.28 ID:I10Ls6KH0
和とタコスの後輩だっけ?
純ニキや豊音に比べてお餅が残念nゲフンゲフン

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:05:06.30 ID:A8pImx4d0
咲「…っくちゅん!」

京太郎「うおっ!?きったね!こっち向いてくしゃみすんな!」

咲「あーうーっ…。ごめーん」ズビズビ

京太郎「…ん?どうした、咲?風邪か?」

咲「けほっ…。そうかも…喉も痛くなってきた…」

京太郎「マジか?どれどれ熱は?」オデコクッツケル

咲「うーっ…」ナサレルガママ

京太郎「うおっ!熱い!病院行かねぇとダメだろこれ!」

咲「えーっ?病院きらーい…」

京太郎「アホか!ほら、行くぞ!」セヲムケテスワル

咲「…うーっ。京ちゃんの意地悪…」セニノル

京太郎「じゃ!すいません!お先に失礼します!」トビラシメツツ

久・まこ・優希・和「」ポカーン

これでも付き合ってないと言い張る二人である

カンッ

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:05:42.30 ID:CQxm9Ur10
おつおつ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:08:44.39 ID:rqSZ+Bat0

純然たる京咲はどんどん増えるべき

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:26:47.86 ID:tPn8Fhyq0
京太郎「…ん?和も今日は学食か?」

和「あ、はい。須賀君も学食ですか?」

京太郎「おう!和の分も運んでくるから、代わりに席取っといてくんね?」

和「わかりました。でしたら、カツ丼をお願いできますか?」

京太郎「へえ、和にしてはボリュームあるのを食べんだな?」

和「すいません、今朝は朝食をあまり食べていなくて・・・」

京太郎「了解、まかせとけ!!」

数分後

京太郎「おーい和、待たせたな。場所取りあんがとな」

和「どういたしまして。須賀君、私の頼んだものは?」

京太郎「おう、ほいカツ丼」トン

ソースカツ丼「」ハーイ

和「須賀君、これは?」

京太郎「え?カツ丼だけど?」

和「ソースカツ丼ですよね?」

京太郎「え?」

和「え?」

長野県民は、ソースカツ丼を『カツ丼』と呼び、カツ丼を『煮カツ丼』と呼ぶらしい。

 カンッ

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:30:01.15 ID:tPn8Fhyq0
和は長野出身じゃないけど、中学時代は長野だから無理あるかな

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:39:37.16 ID:CuES04Qb0
中学は給食だし外食あまりしないなら知らなくてもそんなに無理ある設定でもないんじゃね
学食って設定なら相手和しかいない訳だし

それなら和はカツ丼なんて頼まないって言ったほうが納得できる

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:39:50.88 ID:CQxm9Ur10
乙ー
でもどっちもカツ丼じゃね?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:41:40.86 ID:CuES04Qb0
乙忘れてた

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:42:25.09 ID:q1TAGsTC0
京咲も和も乙ー
ナチュラルにイチャイチャする京咲はやはり良い
和の方は大体>>372と同意見
ソースカツ丼とカツ丼の違いが分からない身としてはメシテロ覚悟で検索するべきか悩む

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 21:45:30.71 ID:33dWqYDkO
この後、部長に話すと
どっちでも同じ的なことを言ってカツ丼プロに20分くらいかけて、違いを説明された
なんてことを死んだ目でどんよりつぶやく久が……
なんて妄想が浮かんだ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 22:13:38.96 ID:A8pImx4d0
【???】一ヶ月前 昼休み

咲「ふわぁっ…」アクビ

京太郎「ん?眠そうだな?」

咲「んーっ…。あんまり寝てなくて」

京太郎「…また本読んで夜更かししたな?」

咲「うっ…。つい、この前買った本に夢中になっちゃって…」

京太郎「はーっ…。程々にしとけよ」

咲「うん…分かってるんだけどね…ふわっ…」

京太郎「おいおい、今日はまた一段と眠そうだな?」

咲「あふっ…最近練習も遅くまでやって疲れてるから余計に眠いのかも…ふわぁっ」

京太郎「はーっ…。ったく、しょうがねぇな…ほれ」アシノバス

咲「んーっ…。ありがとう、京ちゃん」ネコロガル

京太郎「やれやれ…手間のかかる姫様だな…」

咲「姫様違う…くーっ」ネル

京太郎「…」アタマナデル

咲「んーっ…」ムズガル


【???】→【交際】

信じられるか?こいつらまだ付き合ってないんだぜ?

カンッ

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 22:36:02.88 ID:rqSZ+Bat0

いいぞいいぞ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 22:36:54.23 ID:CQxm9Ur10

京咲ラッシュすばらっ

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 22:50:05.46 ID:87qhcslh0
ケンミンSHOWでやってたね
何でカツ丼さんはソースかつ丼じゃなくて卵とじ食べてるんだろうとか思った

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 22:51:19.16 ID:fpj6JuyN0
???「京ちゃ、京太郎はわた、宮永照にぞっこんラブだから、咲なんかは眼中に無いってことだねわかる」

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 23:21:37.42 ID:x48NHo/w0
タコスって京太郎と幼馴染か中学一緒かと思ってたら違うんだな
いくらタイプじゃないといっても入学からひと月ふた月の時点であんなに懐かれたらドギマギするよなあ

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 23:23:04.75 ID:hKxXj5q10
咲さんでもう慣れてるから……

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 23:23:45.92 ID:LnsfErLd0
>>382
そのポジションはわた咲ちゃんのものだからね

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 23:29:39.40 ID:CuES04Qb0
咲さんはもう慣れすぎてタコスと違ってドギマギしないから

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 23:47:58.91 ID:K/Exvf2U0
>>377乙です
>>377みたいな関係から告白するが、もう異性とは見れないと言われ失恋する咲ちゃんが見たい

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/21(火) 23:53:28.96 ID:CQxm9Ur10
逆バージョンなら>>262にある

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:07:17.15 ID:oPqfFhh80
二人は幸せなキスをして終了こそ純然たる京咲(暴論)

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:20:45.58 ID:Rid6Nd0b0
そういや一緒に寝る、乳モミまでやる仲なのにあくまで従姉妹(幼馴染)でしか見られず
意中の少年の部活の先輩にかっ攫われた幼馴染が居たな

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:25:34.49 ID:bUCJp3nt0
一昔前は幼馴染=大正義だったのに最近はかませなパターンが多いからね
そういう風潮を打破するために京照咲はよ

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:29:57.88 ID:oPqfFhh80
ちな属性別で言えば3割打者以上だけどね

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:47:08.00 ID:kpupeNvp0
幼なじみ三人嫁にしそうなどっかの総長

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:53:00.63 ID:oPqfFhh80
 
はるやすみ、みやながけ。

京太郎「あー! 駄目だ!」

咲「いきなりどうしたの? わからないとこでもあった?」

京太郎「いや、わからないっつーかな……」

咲「わからないと言うか?」

京太郎「再考するに俺達日本人は日本語がわかればいいのでは。まっこと英語とか無駄な労力。咲さんもそう思わないかね」

咲「何その気持ち悪い喋り方……言い訳はいいから、もう少し頑張ろうよ。今年の受験で困るよ?」

京太郎「ってもなあ……やる気が起きないもんは起きないからなー」

咲「あっ、そこ、週刊誌読み出さない! 昔からだけど、それ京ちゃんの悪い癖だよ」

京太郎「……咲さ、ジュウドウズってかなり面白くないか? あと銀魂ってこれ明らかにもうちょっとで終わるよな」

咲「露骨に誤魔化してるし……テスト勉強しようって言い出したのは京ちゃんだからね? まだ一時間も経ってないのに……」

京太郎「ほら、休憩ってやつだって。急がない急がない。いきなり詰め込むと脳がパンクする」

咲「もうっ、いつもいい加減なこと言うんだから……少しだけだよ?」

京太郎「りょーかい。わかってますって」

咲「そう言って、わかってた試しがないんだけど……」

京太郎「前向きに検討しとく」

咲「絶対、検討だけしてしないパターンだよね、それ」

京太郎「今回は大丈夫だって……多分」

咲「ハァ……別にいいけどさ」


京太郎「…………」

咲「…………」

咲「ね……ねえ、京ちゃん」

京太郎「んー?」

咲「え、えっとね……」

京太郎「おう」

咲「その、さ……あの……」

京太郎「咲……はっきり言ったらどうだ? 何かあるのか?」

咲「て、提案、なんだけど、ね……息抜きに遊ばない?」

京太郎「遊ぶって、ゲームでもするのか?」

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:54:29.54 ID:oPqfFhh80
 
咲「えっと……ゲームと言えばゲームかな……」

京太郎「ま、休憩できるなら何でもいいけどな。で、何をするんだ」

咲「……」

京太郎「……」

咲「…………おうさまげーむ」

京太郎「…………は?」

咲「だからっ! 王様ゲーム!」


京太郎「……」

咲「……」


京太郎「あー……二人で? 王様ゲームを?」

咲「……うん」

京太郎「なんで唐突に、そんな……」

咲「……ほら、何かあった時の練習とか、そういうこともあるかもしれないし……」

京太郎「つーか、そもそも二人でやるもんなのか?」

咲「もう! 何でもいいって言ったのに、京ちゃんしつこいよ!」

京太郎「いや、だってなあ」

咲「ほらっ、京ちゃん、どっちか引いて!」

京太郎「うおっ、どこから出したんだよ、それ……」

咲「細かいことは気にしない! 赤い印がついてたら王様だからねっ!」

京太郎「…………ハズれだな」

咲「ということは、私が王様だね!」

京太郎「……あんまり変な命令は勘弁してくれよ?」

咲「へ、変な命令なんてしないよっ。え、っと……お、おうさまがひざまくらする」

京太郎「…………は?」

咲「王様の命令! ほらっ、京ちゃんは膝枕される!」

京太郎「いや、って、あれ? ちょ、強引に引っ張るなって!」

咲「よいっ、しょっと――」

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:55:11.75 ID:oPqfFhh80
 
京太郎「……」

咲「……」


京太郎「……咲」

咲「……何?」

京太郎「耳、真っ赤だぞ」

咲「きょ、きょうちゃんだって……」


京太郎・咲「……」


京太郎「で、俺はいつまでこのままなんだ?」

咲「……私が満足するまで、かな?」

京太郎「なんだよそれ……って髪を撫で回すのはやめい!」

咲「仕方ないなぁ……じゃあ、このままもう一回しよっか。王様の命令で解除できるかもよ? はい、どっち?」

京太郎「……とりあえず右で」

咲「残念ハズれ」

京太郎「……イカサマしてないか?」

咲「してないよ?」

京太郎「何か凄い騙されてる気が」

咲「んー……次の命令はどうしよっかなー」

京太郎「いや、聞けよ」

咲「……京ちゃん、目、閉じて」

京太郎「えっ?」

咲「だから、目を瞑って!」

京太郎「えっ、あっ、はい」

咲「……ん」


京太郎・咲「…………」


咲「……はじめて、なんだからね」

京太郎「……俺だって、そうだっつーの」

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 00:56:18.09 ID:oPqfFhh80
 
咲「……もう一回。これで最後」

京太郎「……最後も右で」

咲「ん……またハズれ。運が悪よね京ちゃんって」

京太郎「……そうだな」

咲「これは運がいい私が一緒にいてあげないと駄目かも……京ちゃんが良ければだけど」

京太郎「……で、最後の命令は?」

咲「……」

京太郎「……」

咲「……京ちゃんの、気持ちを、教えて欲しい」

京太郎「……」

咲「……だめ?」

京太郎「……嫌いなら一緒にいないし、されるがままにしてないけどな」

咲「っ!」

京太郎「あー……今更かもしれないけどな」

咲「う、うんっ!」

京太郎「俺は、咲が――――」


ってなかんじで……きょう、はるのはなが、さきましたとさ。

カンッ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:01:00.92 ID:5JQGGnlP0
乙ー
咲ちゃんは可愛いねぇ

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:03:43.48 ID:sE+WlUyVi
おつおつ

>>389
あれパラレルありのやつで激しく結ばれてる

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:04:19.02 ID:Rid6Nd0b0


>>390
秋季大会に向けての合宿中に合宿先の宿場町で二人で旅行に来てた京照と偶然出会う咲とな
合宿とかで京太郎が参加できないシチュは見方を変えたら可能性が広がるかもしれん

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:15:04.40 ID:qRFgsMia0
幼馴染単品だと弱点属性っぽくなるけど年上属性や姉属性を付け加えると一気に強属性よ
幼馴染の姉は強キャラ つまり京照最高!

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:16:01.57 ID:5JQGGnlP0
いざとなれば照は幼馴染属性捨てれるからな

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:18:42.45 ID:SXEuGyCi0
ぽんこつにされること多いけど原作と咲日和だと天然さんって感じだし
みんなにお菓子を買ってきたりとお姉さんキャラもいけそう

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 01:22:27.95 ID:oPqfFhh80
>>400
アニメ化するのはともかく、よくある三人以上の誰とくっつくかって恋愛レースみたいな場合
幼馴染みがいたら実に5割近く勝つという恐ろしさ
でもタイトルヒロインは流石に負けなくてこのパターンが最初からカマセ扱いされてる

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 12:42:21.73 ID:YrjxN/TV0
普段はぽんこつで大事なところはちゃんとお姉ちゃんする照が好き

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 13:20:58.72 ID:uWY9L+ON0
照をぽんこつにして京太郎を介護人にするのら嫌い

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 14:01:42.93 ID:2FwSPwpE0
>>404
でも口元にクッキーとかの食べカスついてそう

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 14:01:59.92 ID:dcHt4e4NO
第1回チキチキ 初めて見るタコスでドーン!
料理自慢のゆかいな仲間大集合! タコスだ! 料理だ! レシピを創れ大会!

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 14:04:52.96 ID:fmjh2Jp80
照に限らずこの手のやつは、1を語ると10になって、10を表すと100になってる

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 14:13:48.71 ID:YrjxN/TV0
ぽんこつというより度の過ぎた素直クールな照が好きな気がしてきた

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 14:45:51.94 ID:gLciQU990
照はぽんこつというか不思議ちゃん入ってるけど何だかんだしっかりしてるの好き
つまり咲日和めいたあれ

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 22:00:23.52 ID:JkXPbE8N0


咲「京ちゃん…。私、京ちゃんが好き」

京太郎「咲…」

咲「幼馴染みとしてじゃなく、男の人として、京ちゃんのことが大好きです。…だから、私とお付き合いして下さい!」

京太郎「…」

咲「…」ドキドキ

京太郎「…ごめん」

咲「!!な…なんで!?」

京太郎「…お前のこと、そういう風に見れない。…本当にごめん」

咲「…そ、そんな…」グスッ

京太郎「…ごめん。俺ーー」

咲「…うっ、うぅっ…」シクシク

京太郎「おもちが無い女とは付き合えないんだ」ドドーン

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 22:02:10.07 ID:JkXPbE8N0
咲「…へ?」ポカーン

京太郎「本当にごめん。せめて、お前がもう少し…いや、もっとおもちが大きければ…」

咲「な、な、な…!」ワナワナ

京太郎「ごめん、咲。そういうことだから」スタスタ

咲「なんだそりゃーーーっ!!」



咲「なんだそりゃーーーっ!」ガバッ

京太郎「うおっ!?どうした、咲!?」

咲「…はえ?」ポカーン

京太郎「ん?」

咲「…あ、あれ?京ちゃん?」

京太郎「どうした?変な夢でも見たか?」

咲「…夢?」

京太郎「おいおい…。寝ぼけてんのか?さっきまで寝てたんだぞ、お前」

咲「…」ボーゼン

ーー 京太郎「おもちが無い女とは付き合えないんだ」ドドーン ーー

咲「きょ、きょーー」

京太郎「ん?」

咲「京ちゃんのおっぱい星人ーーー!!」バチーンッ!!

京太郎「なぜに!?」フットブ

カンッ

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/22(水) 22:06:39.08 ID:t5IGZN7w0
乙ー

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 00:41:22.96 ID:CPo/0wwE0
回線が重い…

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 01:30:55.31 ID:RAunauFpO
http://www.saimoe2014.info/


本日の試合 10/23(木) 本選3回戦 R3組 X3組 の出場者は
以下の4名です。
R3組
<<九条カレン@きんいろモザイク>>
<<南ことり@ラブライブ!>>

X3組
<<佐天涙子@とある科学の超電磁砲S>>
<<宮永咲@咲-Saki- 全国編>>

↓昨日
有効コードがある票の順位
1位 159票 原村和@咲-Saki- 全国編 2位 101票 天江衣@咲-Saki- 全国編
有効コードがある票の順位 1位 116票 西木野真姫@ラブライブ! 2位 72票 橘佳奈@極黒のブリュンヒルデ

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 12:17:29.78 ID:1w9Ai8iJ0
>>415
関係ない物貼ってんじゃねーよ死ね

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 12:35:48.13 ID:HGJw5Hxr0
>>416
サワルナ キケン デスゾ?

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 13:15:48.90 ID:ZaGfUjXu0
なんで馬鹿は反応しちゃうのか

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 15:17:21.77 ID:Lkf3ZSHe0
自演だからじゃね?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 16:41:04.23 ID:NU3/T9Dj0
バカばっか

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 16:57:07.42 ID:Su0WRkAF0
うっかりプロ勢の婚姻届に印鑑押しちゃう京ちゃん?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 17:38:11.24 ID:ekyWrYp70
京太郎が進学した大学の麻雀部に呼んでもないのに毎日のように押し掛けてくるアラフォー?

423 :5レス程投下します:2014/10/23(木) 18:45:42.50 ID:wmOpEwIUO
>>422
望月峯太郎の絵で想像したら怖かった


憧「困ったなぁ…しずと一緒に来るんだった…」

 三人で東京見物をしていると、見覚えのある少女が何か困ったように立ち尽くしているのに気付いた。

和「憧じゃないですか?こんな所で何を…?」

憧「あ、和…と、部長さんに……えっと……」

 まあ俺の事なんて他校の選手が知ってる筈もない、いいとこマネージャーとか雑用扱いだし。

憧「そうだ!片岡さんの専属シェフの人!」

 どうも清澄の空気雑用です。本日新たな称号を賜りました。

和「あ、憧!」

久「決勝ではどうも、竹井久よ。こっちはうちの部の黒一点、須賀京太郎くんね」

 フォローが入る。なんだか最近部長が優しい気がする…俺の事が実は好きだったりするんだろうか。しないか。

京「初めまして、タコス給仕係こと須賀です」

憧「あ!いやこれはその…ご、ごめんなさい…」

 あたふたしながら謝ってくる。なんだこの娘可愛いな。

京「いいよいいよ。新子さん、でいいんだよな?なんかそこの木を見上げてたみたいだけど何を……猫?」

憧「そうだ猫ちゃん!あの子、木に登ったのはいいけど降りられないみたいで…あたしじゃ助けに行けないし」

京「あー、女の子にはあの高さは無理だな」

和「いえ、不可能では無さそうな女子はいるのですが…」

憧「生憎の不在でさ、ホントどうしよ。猫ちゃん震えてる…」

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 18:46:45.59 ID:wmOpEwIUO
 ああ高鴨さんの事か、和の話じゃかなりの野生児らしいな。
 あのちっこい体のどこにそんなパワーが…いや、ウチにも似たようなのいたな。

久「須賀くんなら登れそうだけど、あの枝の細さは…」

 俺の体重に耐えられそうには見えないな。

京「よし、俺に任せてくれ。和、荷物頼めるか?」

和「ええ。でもどうするんですか?」

京「こうする」

 枝を目掛けて跳躍。
 落下開始前の僅かな静止時間を利用して勢いを殺し、猫をそっと腕に抱く。
 地面に戻ると変な物を見るような視線を向けられた。何故。

憧「今三メートル位ジャンプしなかった!?」

和「二秒程、空中に留まっていたように見えたのですが…」

 人をゼット戦士みたいに言わないでほしい。

久「須賀くんは中学時代、ハンドボールをやっていたのよ。大会でもかなり活躍したんですって」

 あれ、部長に言ったっけ。咲に聞いたのかな?

和「何故部長が得意気に説明するんですか…と言うかそれだけで三メートル跳躍したり空中で静止出来るとは…」

憧「ハンドボールのプレイヤーなら仕方ないわね」

和「…私がおかしいんですか…?ハンドボールとは一体…」

 俺も理解してやってる訳じゃ無いからなぁ…なんとか力学とかよう分からんかったし。

京「おっとそれより、ほら」

憧「猫ちゃん!…良かった、怪我とかしてない…」

 新子さんは猫の無事を認めると優しく抱いて撫で始める。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 18:47:44.81 ID:wmOpEwIUO
憧「よちよち、お兄ちゃんが助けてくれてよかったでちゅね〜。運がいいのね、おまえ」

 何やら喋ってはいけない空気。空気に徹するのはまかせろー。
 あ、猫頬擦りされてら。いいなあ…。

憧「須賀くんがいてくれて良かった…。どうもありがとうね」

『いてくれて良かった』。『いてくれて良かった』…。
 何だろう、とても報われた気分だ…。

憧「頼りになるのね、男の子って」

 はにかむような笑顔を向けられた。結婚しよ(結婚しよ)。
 て言うか、これがボーイとガールのミーティング的なイベントで、お近づきになれたりしないだろうか。
 頼む、そうであってくれ。もう『いい人だとは思う』とか言われたくない!可愛い娘と仲良くなりたい!

憧「それでね、お礼とかしたいから…良かったら番号とか、その…」

 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

京「もちr」

久「いやー、猫に何事もなくて何よりね!」

和「では憧、私たちはこれで!穏乃や玄さんに宜しくお願いします!」

憧「え?あ、あの…」

京「そんなー」

 ドナドナドーナー以下略。

和「もう!須賀くんの馬鹿!」

 暫く歩くと、和に突然罵られる。なんでだ。

久「これ以上ライバル増えんのやーよ、私」

京「何ですかライバルって。決勝戦は勝ったでしょう」

 そう言ったら二人に半眼で睨まれた。おい、新たな扉を開いちゃったらどうするんだ。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 18:48:44.61 ID:wmOpEwIUO
和「やはり無自覚の犯行でしたか…。一人で出歩かせなくて正解でした」

久「そうね、どこで女の子ひっかけて来るか分からないものね」

 人を盛りのついた犬みたいに言うな。てか何だそれ、事実無根すぎる…。
 ん、何かポケットに入って…これ、新子さんの電話番号!?

和「いつの間に…流石は憧、抜け目ないですね」

 マジか…?俺にもとうとう春がやってきたのか!?これ、本当にかけてもいいの?

久「気付かなかった…警戒が必要な相手みたいね。和、ここは手を組まない?」

和「そうですね、憧は一筋縄ではいきません。一時休戦としておきましょう」

 部長たちは何を言ってるんだろうか、何だか剣呑な気配。
 ふと右を見ると部長が俺の腕を両手で掴まえていた。反対側を見れば和ももう片方の腕をしっかりと抱えている。

和「もう、手っ取り早く体から骨抜きにしちゃいません?どうせ私その内するつもりでしたし」

久「そうね。大会終わってからのご褒美のつもりだったけど…その前に横からさらわれたんじゃたまらないものね」

 うわ〜…和の胸は言うまでもなく、部長も手とか肩とか超柔こいし左右からいい匂いする…

和「まあ、最後に笑うのは私になるんですけどね」

久「言ってなさい。今だけ共有させてあげるけど、誰にもあげないんだから」

 首を間に挟んで喋らないで…五感が幸せすぎて、頭が、はたら…かな…

和久「ふふ、ふふふふ…」

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 18:49:45.80 ID:wmOpEwIUO
 …あ、あれ?こんな所歩いてたっけ?なんか見慣れない感じの似たような建物がいっぱい…?

和「今まで我慢させちゃってごめんなさい。これからはもう溜め込まなくていいですからね」

久「夢を叶えるの、手伝ってくれて有難う…私、とっても嬉しいわ。一杯お礼するから、受け取ってくれる?」

 の、和?対局中でもないのにそんな顔を赤らめて…やばい可愛い結婚したい…
 う、部長の上目遣い!パネェ…エロい可愛い結婚したい…

久「ここなんて丁度いいんじゃないかしら?」

和「私は詳しくありませんので…部長にお任せします」

久「失礼ね。私だって知らないわよ」

 …?ここ…入るんですか?はい…お供、します…

和「はあ、色んな部屋があるんですね…」

久「適当に決めちゃいましょ」

 なんか…夢現って、こういう感じなのかな。頭の中に霞がかかったような…

和「まずは、お背中流してあげますからね」

久「サンドイッチよ、嬉しいでしょ?」

 …蜘蛛の巣にかかったような気分だけど…もういいや、抗えない。身を委ねてしまおう…


 カンッ



憧ちゃん書こうとしてたはずなのに、おかしいなあ…

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 18:56:14.60 ID:tb7y9FlR0


憧ちゃんもまだチャンスはあるから(震え声)

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 19:26:46.65 ID:nfWBSzdp0


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 19:35:20.15 ID:bMRvqK7Q0
乙ー

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 19:37:00.17 ID:NHvlahTN0

美人局には勝てなかったよ…

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 21:30:23.18 ID:9Yj+SCxJ0
こう、あれだ
病んだ京咲が見たいです
京太郎→咲は何も出来ないヤツだから俺がいなきゃ駄目なんだ…
咲→京ちゃんは私が何でもさせてあげなきゃ駄目なんだ…みたいな
依存してるのは咲なようで実は劣等感の塊である京太郎もだったみたいな

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 21:56:29.46 ID:umSkR2NqO
ある日のこと

和「あ、あの! 須賀くん!」

京太郎「ん? どうした、和?」

和「あ、あの……あのですね……咲さんとしてた、背中合わせに座って本を読むっていうのをやってみたいんですが……」

京太郎「あー……まぁ、構わんが……っと、理由を聞くのも野暮か。 んじゃ、俺はこの辺に座るから……さぁ、どうぞ」

和「理由を聞かないでくれるのはありがたいです。
それでは、背中お借りしますね」




なぁんて感じで、あまずっぱーいのが見たいから書いてくだちい

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 22:38:47.98 ID:wmOpEwIUO
もうちょっと書いてみようか
大丈夫そこまで書いたならいけるいける

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 22:41:16.30 ID:pYn4kBvVO
あとは流れを考えて会話を付けるだけの簡単なお仕事だ
お前ならできる

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 23:08:51.38 ID:umSkR2NqO
わかった、頑張ってみる





和「やっぱり、男の人って背中は大きいんですね……それにあったかいです」

京太郎「まぁ、ガタイはいい方だしな……そういう、和もあったかいよ」

和「なんか……ちょっとドキドキしますけど、凄い安心感っていう感じで……その、クセになっちゃいそうです」

京太郎「ははは、俺はちょっとじゃないくらいドキドキしちまってるが……その、安心感を与えられるってんなら、俺は嬉しいよ」

和「咲さんはいいなぁ……」

京太郎「どうしてだ?」

和「だって、咲さんは須賀くんのくれる、このあったかい感じを昔から知ってて……」

京太郎「あー……あんま、解決にならんと思うが……こんな背中でよけりゃ、いつでも貸すからな?」

和「ふふっ、そうですね。でもありがとうございます。これから、度々お借りしますね。」

京太郎「そーいや、和はどんな本を読んでるんだ?」

和「ひ、秘密です! (このシチュエーションで恋愛小説とか、まだ言える訳ないじゃないですか!」


なんて、部室でのヒトコマ

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 23:16:38.95 ID:NHvlahTN0

よくやってくれた

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 23:21:04.72 ID:wmOpEwIUO

いいねいいね

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 23:35:28.29 ID:D740eNyq0


なんか京太郎と玄の組み合わせ既視感あるなと思ってたら黒神のクロと慶太にダブるんだ

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 23:42:23.06 ID:bMRvqK7Q0


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/23(木) 23:58:44.14 ID:qqOu444l0

咲「この泥棒猫…」

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 00:56:08.59 ID:OsQq2ivkO


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 01:05:10.70 ID:rM0v/38z0
【咲-saki-】優良物件争奪戦【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414079588/

444 :5レス程:2014/10/24(金) 15:25:47.30 ID:bKVjHWijO
煌「ホントの勇気見っせーてーくれーたらー♪」

姫子「花田、嬉しそうやね。良かことでもあったと?」

煌「あっ姫子。へへ、やっぱり分かる?」

姫子「そりゃ、そがん楽しそうに歌いながら歩いとったら…」

煌「えへへ。実は私、明日誕生日なんだけど…彼氏の家に泊まりに行くんだ。丁度家に誰もいないらしくて」

姫子「あー、例の遠恋の彼。へー、誰もいなか彼氏の家へ…って、えぇっ!?そ、そいって」

煌「うん、まぁ…そのつもり…えへ」

姫子「ひゃ〜…そいけん、あんなん浮かれとったと…。…ばってん花田も彼もまだ高校生やけん、すっぎいかんよぉ…」

煌「それはそうだけど…。彼、私と付き合い始める前は私の後輩の事好きだったみたいで…」

姫子「そいって…原村さん?」

煌「うん。彼とおんなじ学校だし、私は遠距離だし…信じてはいるけど、やっぱり不安に思う事もあるって言うか…」

姫子「花田…そか。そいない私は何も言わん、花田の事ば応援すっとよ」

煌「姫子…ありがとう!」

姫子「あ、避妊ば忘れたらいけんよ?やぐらしか事んなるのは花田やろ」

煌「ひ、姫子!もう!」

姫子「きゃー!おっかなか、退散退散。そいぎ、また来週!よか土産話期待してるけん」

煌「う…ま、またね!」

煌(避妊ヒニン…うぅ、『する』って思うと生々しい…今絶対顔真っ赤…こう言う時に使うんでしょうか。…ぬっか、です)

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 15:26:45.02 ID:bKVjHWijO
 〜夜〜

煌「え…明日、駄目になったんですか…?」

京太郎『申し訳ないです…急遽親の用事に付き合わされる事になってしまって』

煌「い、いえ…親御さんの都合なら仕方ないですね」

京太郎『でも、折角の煌さんの誕生日なのに…こんなんじゃ俺、彼氏失格ですよね…』

煌「もう、すばらくないですよ?別に他の日だってデートは出来るんだから」

京太郎『はい…この埋め合わせは必ずしますから』

煌「ふふっ。ええ、楽しみにしてますからね」

 〜〜〜

煌「そんな事が…優希の悪戯好きは相変わらずですね、困った後輩です。…ん、もうこんな時間…そろそろ寝ないと」

京太郎『ですね。…本当ごめんなさい…』

煌「だからぁ、謝るのはナシ!今度会った時はいっぱい甘えさせて下さい。それでチャラにしましょう?」

京太郎『は、はい!任せて下さい!』

煌「よろしい。それじゃ、お休みなさい」

京太郎『ええ、お休みなさい』

 ツー。ツー。

煌「はぁ…ショックぅ…なぁんて事は!……ありますよね、そりゃ…楽しみだったし、覚悟も…少し期待もしてたし…」

煌「カッコ悪ぅ…姫子になんて話そう…」

煌「部長たちにも当然広まってるでしょうし…」

煌「誕生日に彼氏にキャンセルされました、どうぞ笑って下さい!とか?」

煌「江崎先輩あたりはウケてくれるかも?」

煌「アハハハ」

煌「はぁ…寝よ」

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 15:27:44.91 ID:bKVjHWijO
 〜翌日〜

煌「さて…今日はどうしましょうか。完全に予定が消え去ってしまいましたね」

煌「部の皆の所へ顔出すのはあれだし…春大会に向けてネトマに費やしますか。レギュラーの座も実力で磐石にしたいし」

 カチッ、カチカチ

煌「はぁ…京太郎くんに会いたかったなぁ…」

 ピンポーン

煌「…?郵便か何かでしょうか?はーい、今出まーす」

 ガチャッ

京太郎「こんにちは。来ちゃいました」

煌「……え?」

 〜〜〜

煌「それじゃあ、あれから直ぐに電車に?」

京太郎「ええ。親父に頭下げて許可貰って、鈍行乗り継いで行けるとこまで行って…朝になったら即効こっちへ向かいました」

煌「朝を待ってからでも良かったのでは…?」

京太郎「まあそうなんですけど。でも煌さんに会いたいって事しか頭に無くて、気付いた時には既に電車に揺られてました」

煌「…ちょっと呆れた。大体、お義父様には何と言って説得したんですか?」

京太郎「男同士の話をしました。俺の一番大切な人の大切な日だから、日を改めてくれ…と」

煌「………………馬鹿」

京太郎「ですね。どうやら俺、惚れたら一直線みたいです」

煌「ぅ…で、でも!それならそれで連絡の一つでもくれれば良かったのに」

京太郎「何と言うか…その…サプライズって言うんですか?やって見ようと思いまして」

煌「……」

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 15:28:44.90 ID:bKVjHWijO
京太郎「…はは、やっぱ柄じゃないですよね…って、えぇ!?泣かせる程に駄目でしたか!?」

煌「うぅん…ぎゅってしてくれる?」

京太郎「ええ、勿論」

煌「あったかい…今日は駄目だと思ってたから、会えて嬉しい」

京太郎「…煌さん、手を出してもらえますか?」

煌「…?はい。……あ」

京太郎「誕生日おめでとうございます。これ、プレゼントです」

煌「これって…」

京太郎「ええ、俺もしてます。ペ、ペアリングって奴ですね」

煌「ありがとう…えへへ、嬉しいな…」

京太郎(どう控え目に見ても天使の笑顔だ)

京太郎「どう控え目に見ても天使の笑顔だ」

煌「ふぇっ!きょ、京太郎くん…天使って」

京太郎「おっと、思考が駄々漏れだった」

京太郎(いつかエンゲージ的な指輪買うまではそのリングでリザベーションさせて下さい。とは流石に言えないけど)

煌「何だか…婚約したみたいだね…なんちゃって」

京太郎(やっぱ天使だわ。絶対結婚しよう)

煌「あ…京太郎くん、力強いよぉ…ちょっと苦しい」

京太郎「うわっ、ごめん!痛かったですか?」

煌「大丈夫です。熱烈なハグですばらでした…でも今私、汗臭いかも知れないからそこだけはすばらくない」

京太郎「いやいや、なんか甘くていかにも女の子って感じのいい匂いでしたよ?正直最高でした。ごちそうさま」

煌「えっち…そういう恥ずい事言う口は塞いじゃいます」

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 15:29:45.39 ID:bKVjHWijO
京太郎「……」

煌「も、もう!見てないでかがんでよぅ!背伸びしても届かないんだから!」

京太郎「すみません…あまりの愛しさに感動してました。じゃあ…」

煌「んっ……えへへ、大好き…」

京太郎「俺も大好きです」

煌「な、何だか暑くなってきちゃった…汗も気になるしちょっとシャワー浴びてくるね」

京太郎「あ、じゃあ一緒に入りましょうか。なーんちゃって…嘘です、だからジト目はやめて…」

煌「全く…そういう所だけはすばらくない」

京太郎「調子こいてサーセンした…」

煌「…いいですよ」

京太郎「…え?」

煌「一緒に入りましょう。こ、恋人なんだし…」

京太郎「ま、マジっすか?」

煌「何度も言わせないで…恥ずかしいから」

京太郎(マジかマジなのか。そりゃ当然期待はしてたけど…うおぉ心臓バクバクいってら…)

煌(姫子…今はもう、不安だからとかじゃなく私自身…したいと思ってるよ。…言えないけど)

京太郎(ここから先はお見せ出来ないんだ、すまない…。一つだけ言えるのは、サイコーだったって事かな)


 カンッ

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 15:31:27.56 ID:bKVjHWijO
冒頭で姫子出そうと思って書きはじめてから方言さっぱり分からん事に気付いて絶望
きらたんイェイ〜

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 15:36:23.83 ID:GIlWMOZH0


しれっとお義父様呼びしておる

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 18:10:51.39 ID:U98Jvha40


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:07:25.21 ID:/Mvg4RTq0
京太郎が麻雀部に入った理由として和に対しての憧れ一目惚れ的な話がよくあるけどこの憧れ一目惚れ枠って他の高校だと誰になると思う?
風越ならキャップが割と鉄板かなと思うけど他高校だと悩むわぁ

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:08:59.14 ID:LL5+x2Ij0
白糸台なら菫さんで敦賀ならかじゅあたりかな

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:10:09.60 ID:fMGocJTn0
有珠山なら中学でユキとの王道ラブコメができる

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:16:32.30 ID:Y3/I5z9U0
白糸台なら照もいい

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:16:51.10 ID:r3Du26xQ0
千里山:竜華
姫松:絹
風越:キャップ
宮守:シロ
白糸台:たかみー
有珠山:ユキ
あとは該当者なしじゃないかね胸部装甲的に

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:23:53.71 ID:cLOEp0td0
永水は悩むな、王道の姫様に一票

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:35:55.54 ID:/Mvg4RTq0
胸のこと考えるなら>>456みたいになるかなぁとも思ったけど憧れとか一目惚れだとあんまりおもちは関係無いかもなぁと思ってね

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 19:51:46.64 ID:FuW5jeTr0
クロチャーに一目惚れするも中身を知って落胆とかありそう

>>458
一理あると思う。白糸台で憧れるんならたかみーより圧倒的に菫さんか照だと思う

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 20:07:20.36 ID:1qQOvd/t0
永水と龍門渕は部の成り立ちが特殊っぽいから一目惚れしても入れないんじゃ

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 20:17:20.21 ID:ZtuC3NfU0
>>460
じゃあ逆に京太郎に一目惚れしたらOKだな!

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 20:26:11.63 ID:3zJOGyJ50
>>461
いいね

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 20:53:39.47 ID:7g5ThYQG0
龍門渕で京太郎に一目惚れっていうと修羅場なイメージ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 21:00:04.11 ID:yhg6+2IN0
ハギヨシさん繋がりで何とか

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 21:35:47.62 ID:/pD+N9sz0
つ、繋がる…?

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 21:38:03.39 ID:wc4s6Vq/0
申ホN

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 21:42:11.32 ID:6edSJQkBO
かっこよさに憧れ惚れたとかなら麻雀時の末原先輩とか池田とかすばらとかもアリ

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 21:48:14.02 ID:lnq2E7OE0
中学時代ハンドやってた京太郎に一目惚れした子が高校でハンド辞めた京太郎を麻雀部にスカウトするだって?

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 22:29:45.92 ID:bKVjHWijO
その路線ならスポーツやってた絹ちゃんはいいんじゃない?

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 22:33:35.12 ID:ZtuC3NfU0
ハンドボール練習試合で他県に行くことはありそう

471 :京透:2014/10/24(金) 22:48:18.97 ID:aUQh7BjS0
(透華による旧龍門渕麻雀部の殲滅が1年遅れている設定で)


友人が麻雀部に入った。

だから俺も麻雀部に入ることにした。

部活なんてどこでもよかった。

ただ、帰宅部だと何かもったいない気がして、それで選んだ部活だった。

友好関係を作るための、ある種のステータスとしての部活選びだった。

それが俺がこの部にいる理由。

勿論、不真面目だったわけではない。

部活時間中は麻雀に精を出していたし、小さな練習試合とかだって頑張っていた。

それでも、負けたら負けたで仕方がない。

麻雀は好きだけど、友達同士で和気藹々と打ったりするとすごい楽しいけれど。

真面目に強くなろうという気はあまり無かった。

透華「失礼いたしますわ!」

バン、と扉が勢いよく開かれる。

麻雀をやっていた人も、あぶれて喋っていた人も、みんながみんなそちらをいっせいに向く……勿論俺も。

そうして目に入ったのは凛とした少女の姿だった。

透華「御機嫌よう。私、龍門渕透華と申しますの」

透華「早速ですが、麻雀部の皆様方」

透華「この部活をお譲りくださいまし」

その人は唐突にそう言った。

頼む、というより命令しているように聞こえる。

胸を張って、堂々と。

自分が正しいことを疑いもしないように。

「……はい?」

「ごめん、えっと……龍門渕さん。ちょっと言ってる意味が――」

透華「弱者は必要ありませんの」

透華「ですから、今日でこのお遊び麻雀部は廃部」

透華「そして、今日から私が部長として麻雀部を新設しますわ」

「……あのさ、私たちも別にお遊びでやってるってわけじゃないんだよ?」

「皆、真剣に全国目指して頑張ってるの」

472 :京透:2014/10/24(金) 22:48:47.55 ID:aUQh7BjS0
透華「知っていますわ」

透華「でも実力が伴っていないのならお遊びも同然でしょう?」

むか、と部室内の雰囲気が一気に険悪なものに。

今まで楽しく頑張ってきたこの場所に入ってきた異物に向かっての悪意がそこかしこ向けられる。

ひそひそ、と聞こえる声はおそらく彼女への罵声だろう。

「……言ってくれるじゃない」

「じゃあ、さぞかし貴方はとても上手なんでしょうね」

透華「ええ。あなた方よりずっと」

皮肉交じりの声をさらりと受け流す。

――いや、違う。

本当にそうだと確信している。

自分の方がここの誰よりも強いと確信している。

そんな表情だった。

透華「疑っているのなら証明してさしあげましょう」

透華「そして、理解したのなら出て行ってくださいまし」

透華「貴女達は邪魔ですわ」

そして彼女は確かに証明してみせたのだ。

部長が指定する部内の猛者を――そして部長さえも、凛とした表情も変えることなく倒してみせたのだ。

透華「理解できたかしら?」

対面側の席でブルブルと震える部長に尋ねる。

……が返事は返ってこず。

彼女はそれを無言の肯定と受け取ったのか、一息ついた後立ち上がり。

この部室に入ってきたときと同じように胸を張って

透華「それでは、今日から新しく麻雀部を設立させていただきますわ!」

と、自信に満ち溢れた表情で言ってみせたのだった。

俺はそんな表情に。

いや、表情だけじゃなく、彼女の全てに見とれてしまった。

そして、同時に、憧れてしまった。

自分もこうありたい、と。

473 :京透:2014/10/24(金) 22:49:26.14 ID:aUQh7BjS0
――一週間後。

俺は部長が変わったこの部室に訪れていた。

こんこん、と扉を叩く。

……つい先日まで何もせずに入っていたから少し違和感が。

透華「どなたですの?」

京太郎「あ……えっと」

透華「あら……貴方は確かあの時いましたわね」

京太郎「あ、はい。元麻雀部の須賀です」

姿だけでも覚えていてくれたことがほんの少しうれしい。

透華「それで、どうしたのかしら、須賀君?」

京太郎「えっと……龍門渕透華さん」

京太郎「俺を麻雀部に入れて――!」

透華「断りますわ」

頭を下げきる前に拒否された。

若干メゲる……が、予想通りだ。

これで入れるはずがない、なんてわかっていたじゃないか。

透華「貴方も聞いていたでしょう?」

透華「貴方達は邪魔なんですの」

透華「そこには須賀君も入っていたのですけれど……理解できなかったのかしら?」

京太郎「……いいや、わかっています」

透華「それじゃあ、どうして入部したいだなんて、いいましたの?」

京太郎「わかっても、理解はできませんでしたから」

透華「……なんですって?」

ピクリ、と反応する。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 22:49:41.61 ID:L2/os0GK0
>>448

すばら先輩が甘えた口調になったら破壊力がヤバすぎる

475 :京透:2014/10/24(金) 22:49:55.82 ID:aUQh7BjS0
京太郎「だって、俺は龍門渕さんと打ってませんから」

京太郎「対局は見ていましたけど、もしかしたら俺でも勝てるかなって思いましたし」

京太郎「そんな俺だったら邪魔にならないでしょう?」

ピクリピクリ、と龍門渕さんの体が震える。

あの日呼ばれていたのは部長が信頼する強い人だけだ。

つまり、格下と思っていた相手に言われていることになる、舐められていることになる。

……そりゃ怒るだろう。

京太郎「ですから……そうですね、龍門渕さん」

京太郎「俺が勝ったら俺を麻雀部に入れてください」

もう一度頭を下げる、今度は最後まで下げることができた。

1秒、2秒、3秒。

しばらく待っても、返答は帰って来ない。

……もしかして、流石に呆れられて部室に戻ったのか、いやそれならドアの閉める音が聞こえるはず――なんて考えながら顔を上げると。

透華「……いいですわ」

透華「ええ、勝負してあげましょう」

透華「そんな生意気な口が利けなくなるくらい」

透華「そんな夢物語が語れなくなるくらい」

透華「こてんぱんに叩きのめしてやりますわぁっ!」

と、闘志を燃やした透華さんの姿があった。

うむ、計画通り。

一「……どうしたのさ、透華」

透華「麻雀の準備をなさいまし、一!」

透華「今からこの無礼な男子に身の程を思い知らせてやりますわ!」

476 :京透:2014/10/24(金) 22:50:50.19 ID:aUQh7BjS0
京太郎「」

親すら回って来ずに負けた。

京太郎「……対局ありがとうございました」

透華「はいはい、ありがとうございましたわ」

はぁ、とため息を吐かれる。

それもそのはずだろう、なんてったって俺は雑魚なんだから。

自慢することじゃないが、俺は部内でも下から数えたほうが早いくらいの強さだ。

そんな俺があんなに自信満々な宣言をする……なんて想像つかなかったのだろう。

闘志に目を燃やしていた龍門渕さんは消え。

そのうち、俺に呆れるような目線を向けながら麻雀を打っていた。

透華「まったく……あんなの初心者でも振り込みませんわ」

京太郎「つまり俺は初心者の枠に入りきらない初心者の神――初神者ってことですかね?」

透華「わかり辛いですわ」

京太郎「じゃあ初心神ですかね?」

透華「『しょしんじん』なんて言われても私にはどういう漢字を使っているのか検討もつきませんわ」

京太郎「えっとですね、初心者の『初』に――」

透華「言われなくてもわかってますわ。皮肉もわかりませんの?」

はぁぁ、と一際大きなため息を吐かれた。

それで、呆れとかそういった感情を全部吐き出し終えたのか、急にきりっとした表情に戻ってこちらを向いた。

透華「……で、理解できましたの?」

透華「これが私と須賀君の差ですわ」

京太郎「……」

実力差。

そんなの。

京太郎「……いいえ」

わかりきっていることだ。

透華「そうでしょう。それじゃあもう――」

透華「――いま、なんといいましたの?」

京太郎「いいえ、理解できませんでした」

透華「……」ピクリ

477 :京透:2014/10/24(金) 22:51:18.40 ID:aUQh7BjS0
透華「こ、こんなに惨敗しておいてかしら……?」

こうして麻雀をしてくれたことから考えても、彼女は多分流されやすい。

京太郎「ええ」

京太郎「なんせ俺は始めたばっかりですから」

京太郎「遊び半分でやっていましたから」

京太郎「真剣になったら余裕ですね」

透華「……余裕?」ピクピク

京太郎「ええ、余裕も余裕ですよ」

京太郎「ちょちょいのちょいで龍門渕さんなんて倒せるようになりますから」

……イメージするのはあの時の龍門渕さん。

あの時みたいな、凛々しく、自信満々に、真っ直ぐに。

透華「ふ……ふふ」

透華「いいですわ!」バン

雀卓を勢いよく叩いて立ち上がった透華さんは、敵意をむき出しにしたままびしりと俺に人差し指を向けた。

透華「いいですわよ、ええ、わかりましたわ!」

透華「それなら、私は何度でも貴方を叩きのめしてさしあげますわ!」

透華「もう立ち上がらなくなるまで、立ち直れなくなるまで!」

透華「その喧嘩、買ってさしあげますわ!」

そして、これもまた計画通り。

こうして、俺は憧れの人と会う口実ができたのだった。

透華「ですからハギヨシ! 須賀君を教育するのはまだやめてくださいまし!」

ハギヨシ「承知しました」

京太郎「俺何を教えられる予定だったんですか!?」

……龍門渕さんが乗ってくれて本当によかった。

478 :京透:2014/10/24(金) 22:51:58.85 ID:aUQh7BjS0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


透華「……来ましたわね?」

京太郎「ええ、今の俺なら龍門渕さんなんて余裕ですよ」

透華「ふん、その実力ためさせてもらいますわ」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


透華「また来ましたのね。惨敗しましたのに」

京太郎「あの時の俺はまだ努力が足りなかったんです」

透華「それじゃあ、今の須賀君には足りているのかしら?」

京太郎「ええ、余裕ですよ」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


透華「懲りずにまた来るんですのね」

京太郎「今回の俺は一味違いますからね」

透華「……その自信はどこから湧き上がってくるんですの?」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


京太郎「今の俺なら龍門渕さんなんて余裕ですよ」

透華「そういって惨敗したのは何日前だったかしら?」

京太郎「過去の俺と現在の俺は異なる人物ですから」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


京太郎「あ、お邪魔してます」

透華「……なんでもう中にいるんですの?」

一「透華が来るまで外で待機させるのもアレじゃない?」

透華「須賀君は部員じゃないんですもの。気にする必要なんてありませんわ」

479 :京透:2014/10/24(金) 22:53:23.52 ID:aUQh7BjS0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

透華「……ねぇ、須賀君」

京太郎「何ですか?」

透華「どうして貴方はこの部に執着しますの?」

それはふと気になった疑問だった。

この男子は、私が何度大差をつけて勝利しても諦めずにやってくる。

その原動力は果たしてどこからくるのか、それが気になった。

京太郎「……いえ、俺は別に部には執着してませんよ?」

透華「どの口がそんなことを言うのかしら?」

透華「現に今、こうして私と入部をかけて麻雀していますのに?」

京太郎「ええ、部には執着していないんです」

透華「?」

どういうことかしら。

部に執着しないとして、入部する理由になるもの。

……。

透華「……誰かに一目ぼれでもしましたの?」

京太郎「一目ぼれ……まあ、そうなのかもしれませんね」

あら、あたった。

純? 智紀? 一? ……もしかして、衣?

須賀君の好みに合いそうなのは――。

京太郎「――憧れたんです」

480 :京透:2014/10/24(金) 22:54:11.71 ID:aUQh7BjS0
透華「憧れですの?」

京太郎「ええ」

京太郎「その凛々しさに」

京太郎「その格好良さに」

京太郎「自信家であるところに」

京太郎「真っ直ぐであるところに」

京太郎「一目ぼれして、そして憧れました」

京太郎「俺も、こうありたいって」

京太郎「そして思いました」

京太郎「この人と話してみたいって」

京太郎「麻雀してみたいって」

透華「そうですの……」

透華「……ふふ、胸をくすぐる話ですわね」

どなたに対しての感想か知りませんけれど。

相手の子は彼を知っているのかしら?

……いいえ、こうしてここに来てるってことは知らないんでしょうね。

透華「……でも、残念ですけど、その願いは叶うことはありませんわ」

透華「だって、今日も私が勝つんですもの――リーチっ!」

京太郎「……いいえ、龍門渕さん」

京太郎「それはもう叶ってるんです――ロン!」

タン、と須賀君の手配が倒される。

その手は――逆転できるほど高い手ではなかった。

裏ドラは乗らず……逆転することは無く、対局が終わった。

京太郎「残念、また、負けちゃいました」

透華「……私と貴方の差。理解できましたの?」

京太郎「いいえ」

京太郎「これくらいの差なら、次は余裕で勝ってみせますから」

京太郎「覚悟していてください、龍門渕さん!」

と、彼は嬉しそうに立ち上がり、そして逃げるように立ち去った。

481 :京透:2014/10/24(金) 22:55:10.31 ID:aUQh7BjS0
残された私は彼の手牌をもう一度見て。

……彼の憧れの対象を理解して。

透華「……ふふ、面白い、面白いですわ!」

透華「次の挑戦を待っていますわ、須賀君!」

扉の向こうに消えていく彼に声を投げかけた。

勿論、負けるつもりは無い。

手加減るつもりも無い。

けれど、彼が上手くなっているのは事実だ。

もしかしたら……本っ当にもしかしたらだけど、負けることがあるかもしれない。

そうして、彼が憧れに手を届けることができたのなら。

その時は彼は邪魔でなくなる。

彼を入部させる理由ができる。

その日までまだまだかかりそうですけど。

透華「……ふふっ」

憧れといわれて嫌な気分になんてなるはずない。

この胸の中のほんのりと暖かい気持ちを抱えながら、次に訪れる日を待つとしよう。


カンッ!

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 23:02:34.19 ID:wc4s6Vq/0


483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 23:08:30.68 ID:/Mvg4RTq0

速攻でネタにして使うなんてまるで部員共スレの人みたいだわ

484 :閲覧注意:2014/10/24(金) 23:15:35.93 ID:yB6I9vgU0
4レスほどいただきます
もやっとしたり、キャラdisととらえられるかもなので一応ご留意を

名前欄に「閲覧注意」と表記するので見たくない方はNGお願いします

17分ぐらいから投下します

485 :閲覧注意:2014/10/24(金) 23:17:14.24 ID:yB6I9vgU0
「はぁ…今日の男はハズレだったなぁ…」

肌寒くなってきた秋空の下、私は独りごちる。
確かにその男は真面目そうな雰囲気ではあった。
しかしそこから隠しきれない下劣な感情がにじみ出ており、視線もどこか下の方を向いていた。
端的に言うならば「どうにかしてこの女とヤりたい」という欲望に満ちていた。

いやいや、男はみんなこんなもの、それだけじゃ良し悪しは判断できないと思って若干引きつった笑顔をしつつしばらくは付き合ってみたものの
本を流し読みして身に着けたような薄っぺらい知識を自慢げに語るわ、良いのは見てくれと値段だけなさして美味くもないレストランに連れて行くわ、
挙句に「俺はどうやら君に酔ってしまったようだ」と臭いセリフを欲望を隠そうともしない笑みを張り付けながら手を仰々しく握ってきたのだ。

「その酔いの原因はあのクソみたいな味のワインのせいだっつーの」とどれだけ言いたくなったことやら。

ともかくそこでとうとう限界が来てしまった私は男の制止の声も振り切り、帰路へとついて今に至る。

「あ〜あ…どこかに味が分かって、落ち着いてて、出来ればお金持ちで、性欲に忠実じゃない男はいないもんかしらねー…」

まぁそんな男はいるわけは…いや、金持ちではないが一人いたか。

「たっだいま〜。ご飯まだ残ってる〜?」

486 :閲覧注意:2014/10/24(金) 23:18:08.64 ID:yB6I9vgU0
ドアを開けて開口一番そう言うと中から足音とともに返事が返ってきた。

「ああ、お帰り憧。明日の弁当のおかずにしようと余らせてはいるけど…飯は食ってくるんじゃなかったか?」

「それがねー、聞いてよ京太郎。あいつの連れてくレストランの食べ物、若干焦げてるわ市販調味料の味がするわ髪の毛が混入してるわ…ワインもワインで香りだけ良くて味はうっすいわで散々でさー…

『君って結構小食なんだね』ってアンタの連れてきたここのご飯がクソ不味いだけよって何度言いたかったことか…」

あぁ、思い出すだけで腹が立ってきた。くそう。

「ははは…そりゃ災難だったなぁ。だったらすぐに暖めるけど…外寒かったろ?風呂沸いてるから先に入るか?」

「うーん…やっぱ先に食べたいかも。小走りで帰ってきたからお腹空いた」

小走と言えばやえさん、元気にしてるかなぁ…ここ最近全然地元に帰ってないからわからない。
プロ雀士になったとは聞いたけど。その時も噛みっ噛みだったので必死に笑いをこらえつつ「おめでとうございます」としか言えなかった。

閑話休題。

「じゃあついでにホットワインでも用意するよ。…ああ、もちろんちゃんとしたワインで、な」

彼はにやつきながらそういうと私の怒りの矛先が向く前に台所へと引っ込んだ。
若干もやっとしたものの私のわがままで働かせているため、大人しく着替えることにした。

◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇

487 :閲覧注意:2014/10/24(金) 23:19:17.14 ID:yB6I9vgU0
彼と出会ったのは数年前、大学を卒業して社会に出始めたころ。
大学時代から付き合っていた男と別れた夜、飲んだくれて酔いつぶれた私を家まで運んで介抱してくれたのが始まりである。
…なんというか、我ながらすごく情けない話ではあるのだが。

その時の彼も今と同じように性欲のかけらも見せず、ただただ私の体を心配してくれていた。
酔っていた私は「結構カッコいいしもうこの人でいっか」とやはり情けない考えを抱いた私は特に抵抗もなしに家へと連れ込んだのである。

まぁ、結果から言うと手は出されなかった。
和ほどとは言わないけれど、胸も高校時代から成長していたし男の好きそうな仕草も勉強していた。
だからそこらの男ならつい手を出さずにいられないだろうと正直思っていた私の自信は見事に砕かれたである。
その翌日、彼の作ってくれた味噌汁を飲みながら(私のよりも無駄に美味しかったのがさらに粉々に砕いてくれた)「どうして手を出さなかったの?」と聞いたところ、

「どんな綺麗な人が無防備でも俺は同意も無しには絶対手を出さない。ヘタレって言われようとこれが俺の誠意だから」

と、真剣な表情で言った。その真摯な雰囲気の彼を見た時少し濡れたことは一生の秘密である。

488 :閲覧注意:2014/10/24(金) 23:20:19.32 ID:yB6I9vgU0
そんな衝撃的な出会いを経て、話してみると意外と趣味があったり、生活嗜好も似ていたり、近所にある私の住みたかったが家賃で断念していたマンションに住んでいたことを知ったり、
一部屋が広いし部屋数もあるしどうせならと彼にシェアハウスすることを提案したりで今に至るわけだ。

ここまで言うと「はいはい男自慢乙」と言われそうだが、私と彼は別に付き合っているわけではない。
これは同棲ではなく単なる同居なのだ。彼との関係も、セフレでもなく恋人でもなく、はたまた夫婦でもなく、単なる同居人。
なので彼は彼で女性とお付き合いをしているし私も私で良い男を探している…まぁ、私の方はさっぱりなわけであるが。

「というか、あいつがやたらに出来すぎるせいで最近男を見る目が肥えてきた気もするのよねぇ…」

私は再びため息をついた時、件の出来すぎる男から声がかかった。

「これで私が行き遅れたら、責任とって結婚しなさいよねー」

自分でも無茶苦茶な言い様だと思う考えを口にしながらも、私は今日も彼の料理に舌鼓を打つことにした。

カンッ

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 23:31:30.57 ID:iOvu7Bsv0
乙、アコすばらでした

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 23:56:56.50 ID:rM0v/38z0
京太郎短編集
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414162063/

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/24(金) 23:58:36.20 ID:U98Jvha40
乙ー

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 00:29:39.86 ID:eK879xzfO
乙ーこういうのも新鮮だね
京ちゃん誰と付き合ってるんだろ

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 02:51:15.92 ID:kbGCNluU0
咲「これ、京ちゃんの携帯だよね…」
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1414173002/

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 10:23:19.84 ID:wBue91xP0

ビッチアコチャもかわいいけどやっぱり浮気されて涙目アコチャがかわいい

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 13:35:19.28 ID:saTuKll10
影で穏乃と付き合ってるなこれは

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 13:47:15.82 ID:j5j458xJ0
prrrrrrr

憧「もしもし初瀬?どうしたの?」

憧「え…そう、なんだ…」

憧「………ごめん、なんて言ったらいいのかわかんなくて、ごめんね」

憧「あんまり落ち込まないでね?その…男なんて他にもたくさんいるんだしさ」

憧「うん…うん…またね」

ピッ


憧「…………」

憧「フフ、フフフ…」


prrrrrr

憧「!」

憧「もしもし!」

憧「うん、いま初瀬から電話があったよ」

憧「うん、泣いてた」

憧「そうね、最低」

憧「あたしもね」

憧「え?いまから?」

憧「うぅん、大丈夫。あたしも会いたい」

憧「わかった、じゃあまた後でね京太郎」

ピッ



憧「あはっ」


憧「あたしってほんとサイテー」

カン

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 13:53:10.07 ID:WCEL5s7R0


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 15:19:56.70 ID:NE9cLaC50
寝取りアコチャー最高やな!

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 16:24:33.48 ID:g9fCOvKC0
隙間を埋めて補完したくなるな

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 16:36:02.38 ID:wBue91xP0
アコチャーーーーーーーーーーーーかわいいよーーーーーー浮気かわいいよーーーーーーー

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 19:01:54.81 ID:u/GX7n/w0
迷いを捨てたアコチャーだな

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 19:07:13.13 ID:yu0PUsC70
京太郎「じゃあここは…桂馬いただきますね」タンッ

爽「にゃろう…ならお返しにポーン討取ってやる!」パチッ

由暉子「すいません遅くなりました…って2人は何をしているんですか?」

京太郎「何って見たまんまだけど?」

爽「将棋vsチェスでいま3回戦目かな」

由暉子「すいません意味が分からないです」

京太郎「チェスだと俺が強すぎて…」

爽「将棋だと私のが強いから…」

京爽『ならお互いの得意分野で戦えばいいんじゃねって!』

爽「というわけで3一にビショップ置いてまた私の勝ちだね」

京太郎「うがああぁぁぁぁ!! やっぱ将棋だけ持ち駒ありとか無理ゲーですって!」

由暉子「…こうして遊んでいると夏に全国優勝したのが嘘みたいですね」ボソッ

爽「それなー、インハイ終わってからはまた色んなゲームする部活に逆戻りしちゃったよなー」

京太郎「俺は初めからそのつもりで入ってたんですけどね」

由暉子「まあ今でも麻雀はよくやりますけど頻度は下がりましたよね」

爽「なんつーかユキの可愛さを広めるって目標達成したからなんか燃焼しきっちゃったんだよなー」

由暉子「でも良かったじゃないですか、思い残すことがなら勉強に集中できるんじゃないですか?」

爽「うわー、なんかまた麻雀ガンガンやりたくなってきたなー」

京太郎「おい受験生勉強しろよ」

爽「大丈夫だって、インハイで頑張ったからいくつかの大学からオファー来てるし」

由暉子「大学ですか…来年の私たちどうしているんですかね…」

京太郎「爽先輩いなくなっちゃうし来年のインハイきっついかなー」

爽「なんだよー、そこは俺が代わりに頑張りますくらい言えよ」

京太郎「男の俺にどうがんばれと?」

由暉子「それに須賀くんの実力では先輩の代わりになれませんし」

京太郎「……」ショボン

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 19:07:50.74 ID:yu0PUsC70
爽「だけど京太郎はよく幽霊にならなかったよな」

由暉子「ですね、夏までは須賀くんの苦手な麻雀しかやってませんでしたし」

爽「それに雑用もたくさんやらせちゃったし……Мには嬉しかった?」

京太郎「Мじゃねーよ!」ドンッ

爽「まあ冗談だって……ほんとの目的はこれだもんな!」モニュ

由暉子「流石に須賀くんの前で揉まれるのは恥ずかしいのですが」

爽「まあまあ減るもんじゃないし…それにしてもユキのはでかいし柔らかいな」モミモミ

京太郎「ぐぬぬ…うらやましい…」ギリッ

爽「そうだな、三麻で勝てたら京太郎にも…」

京太郎「〜っ!!」ガタッ

由暉子「揉ませません」キッパリ

京太郎「……」ショボン

由暉子「もう…少しは真面目に麻雀もやろうという気持ちはないのですか?」

京太郎「俺だって来年こそはと思って少しは頑張ってるんだぞ」

由暉子「本当ですか…?」

京太郎「やっぱみんなが輝いてるの見て俺もあそこに立ちたいなって」

爽「おぉ…けっこうマジな感じだ…」

京太郎「まあそれに…」チラッ

由暉子「……?」

京太郎「男としてちょっとかっこいいとこ見せたいですしね」

爽「それでユキの胸揉めるようになりたいと?」

京太郎「ちがあああっぁぁぁう!!」

カン!

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 19:13:25.80 ID:JiRJtq9R0

ユキちゃん可愛いんじゃ〜

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 20:23:02.70 ID:saTuKll10
将棋対チェスって面白そうだな

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 20:56:39.17 ID:YFTlfpvt0
この爽くんとの距離感好き

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 23:43:24.86 ID:yu0PUsC70
ハオ「そういえば近くにいい感じの喫茶店を見つけたのですがちょっと寄って行きませんか?」

明華「喫茶店ですか…?」

京太郎「あっ! あの新しくできたフルーツサンドがおいしいって評判な!」

ハオ「そうです! あそこのフルーツサンドとてもおいしいですよね!」

明華「フルーツサンドですか…」

京太郎「生クリームに果物たくさん挟んであって……」ジュルリ

ハオ「ただちょっと高いですがその分の価値はありますよ」

明華「……」

京太郎「どうかしましたか…?」

明華「その…非常に魅力的なお誘いなのですが…」

ハオ「来ないのですか?」

明華「えっと…この後少々用事がありまして」

ハオ「そうですか、残念ですが仕方ないですね」

明華「ぜひ2人は楽しんできてください、ではまた明日」

京太郎(う〜ん…なんか様子がおかしかったような…)



ネリー「おばちゃん! 私ピザパンとカレーパンに……」

京太郎「コッペパンを要求する!」パーン

「2人一緒でいいの?、合わせて500円で……はい、ちょうどだね」

ネリー「えへへ…きょーたろーありがとね!」

京太郎「教科書貸してくれた礼だ、気にすんなって」

明華「……」チャラッ

京太郎「あっ、明華さんもパン買いに来たんですか?」

明華「京太郎にネリーですか、確かに買おうと思ったのですけど…」

ネリー「お財布の中見てたけど…もしかしてお金ないの?」

京太郎「パンのお金くらいなら出せますけど何か買ってきましょうか?」

明華「いえっ…そうではなく……すいません用事思い出しました!!」タタッ

ネリー「……どうしたんだろう?」

京太郎(やっぱ最近ちょっとおかしいよなぁ…)

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 23:44:06.02 ID:yu0PUsC70
「ああっ…マジで金ないわ…」

京太郎「ならバイトでもすればいいじゃねえかよ」

「お前さぁ…簡単に言うけど留学生はバイトやるのめんどくさいんだって」

京太郎「どういうこと…?」

「あくまで勉強のためこの国来てるからバイトするにも行政の許可必要なんだよ」

京太郎「へぇ…知らなかったな…」

「それに俺はスポーツ留学って建前だから部活もあるしバイトなんてできないって」

京太郎「待てよ…ということは明華先輩も…?」

「明華先輩ってあの麻雀部のめっちゃかわいい人か? あのなんかぜったいバイトなんてできないわな」

京太郎(まさかこの前喫茶店に来なかったのもパンを買わなかったのも全部…)

京太郎「お金がなかったせい…なのか?」



智葉「さて…もう12時過ぎているし昼休憩とするか」

メグ「私は学食でラーメン食べマス。皆さんも行きませんカ?」

ネリー「私も行く!」

ハオ「久しぶりに学食のハンバーグ食べたいですし行きますかね」

智葉「私は弁当を持ってきたから遠慮しておこう」

明華「私も遠慮しておきますね」

京太郎「明華先輩もお弁当なんですか?」

明華「あはは…実はお財布を忘れてしまいまして…」

京太郎(きたっ!!)

京太郎「ちょうどよかった、今日おかず作りすぎちゃってお弁当2つ持ってきてるんですけど食べませんか?」

ネリー「えーっ! 一人だけずるい!」

京太郎「まあお前にも今度作ってきてやるからさ、明華先輩どうですか?」

明華「京太郎のお弁当…」グウゥゥ

智葉「どうやら腹も減っているみたいだしちょうどよかったじゃないか」

明華「……//」カァァ

京太郎「さあさあ、どうぞどうぞ!」

明華「じゃあそういうことなら…いただきます」

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 23:46:00.28 ID:yu0PUsC70
京太郎「明華さーん! 今日もちょっとお弁当作ってきたんですけど!」

京太郎「あっ、俺友達と学食行くことになったんですけど良かったらどうですか?」

京太郎「おべんと…ってああ、お前の分も作ってあるから安心しろ」

京太郎「明華さんお弁当いりませんか? 今日の自信作なんですけど…」



明華「あの…最近京太郎はいつもお弁当を作ってきてくれますけどどういうことですか?」

京太郎「いやー最近料理というかお弁当作りにはまってて…」

明華「嘘ですね」キッパリ

京太郎「いや、そんなこと…」

明華「だって前は朝弱くてつらいって散々言ってたじゃないですか?」

京太郎「その問題はもう改善したというか…」

明華「京太郎…ほんとはどうしてなんですか…」ジトー

京太郎「あは…あはは……はぁ…」

明華「観念しましたか?」

京太郎「あのですね…最近様子がおかしいしご飯もあんまり食べてなかったじゃないですか」

明華「ええ」

京太郎「言いにくいんですけど…留学生ってお金とか厳しいって話を聞いてて…」

明華「あなたバカですね」

京太郎「えぇっ……」

明華「流石に食べるの困るレベルでお金がないんだったらどこからか補助くらいは出ますよ?」

京太郎「言われてみれば…」

明華「それに私はこれでも世界ランカーですよ? 母子家庭とはいえ食べ物に困るほどお金には不自由しません」

京太郎「じゃあなんで最近はご飯も食べずに…?」

明華「それは…その…だ……と…」ゴニョゴニョ

京太郎「えっ、 なんだって?」

明華「ですからダイエットしていたんですっ!!」

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 23:46:58.21 ID:yu0PUsC70
京太郎「ダイエットって…明華さん痩せてるし全然必要ないじゃないですか」

明華「女の子には色々あるんです!」プンプン

京太郎「なんで女ってこんなダイエットしたがるんだろうなぁ…わからん」

明華「でも安心してください、京太郎の大好きな私の胸はダイエットで小さくなったりはしていませんから」

京太郎「ふぁっ!?」ビクッ

明華「むしろウエストが細くなってよりスタイルは良くなりました!」ドヤァ

京太郎「へっ…へぇーそうなんだー」チラッ

明華「……見てみたいですか?」

京太郎「見たいですっ!!」クワッ

明華「ダメですっ♪」

京太郎「」デスヨネー

明華「まあでもお弁当のお礼にこれくらいなら……えいっ!」ムギュッ

京太郎「うおぉぉぉぉぉ!!」

明華「ちょっと抱きついて当てるくらいならやってあげます、いかがですか?」ムニムニ

京太郎「もう大きくて柔らかいのが俺の胸のとこにいぃぃぃ!!」

明華「どうやら気に入っていただけたようですね」

京太郎「ええ! とにかく最高です!」

明華「なら一つお願いしたいことがあるのですが…」

京太郎「はい! なんでしょうか!」

明華「明日からもお弁当よろしくお願いしますね、京太郎♪」

カン!

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/25(土) 23:49:37.47 ID:WCEL5s7R0
乙ー

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 00:33:35.63 ID:Jx4M+hcM0
転載1/2

誰か転載お願いします


インハイ終了後、2学期が始まった辺りの時期です

京太郎「……俺って、麻雀部員だよね?」

咲「いきなりどうしたの?」

和「えぇ、当たり前のことじゃないですか」

優希「だな。タコス食うか?」

京太郎「あぁ、サンキュ。タコスはいいから」

京太郎「最近さぁ……いろんな部活から『マネージャー』として勧誘されることが多くてな……」

咲和優希「「「あー……」」」

京太郎「おいその納得って感じの顔やめろ。なんつーか、男としてどうだって思ってなー」

和「うーん。でも形はどうあれ、評価されているってことじゃないんですか?」

優希「だじぇ。今日のタコスも絶品だぞ?」

咲「うん、京ちゃんインハイ辺りから誰かのお世話したりするのが、すごく合ってる気がするし、執事みたいになってるし」

京太郎「世話されてる筆頭がぬかすな。まー、評価されてるか。そー考えれば悪い気もしないけどなー」

京太郎「でも……女子の部活からの勧誘はなぁ……」

咲「え!?」

和「はい!?」

優希「じぇ!?」

京太郎「麻雀部で男1人でやってたからか、女子の部活からよく勧誘されててなぁ」

京太郎「『その手腕をうちの部で!』とか『須賀くんの料理を食べてみたい!』とか色々言われてるんだ」

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 00:34:25.65 ID:Jx4M+hcM0
2/2

京太郎「あぁ、そういや優希がタコスを他校に分けたりしてただろ?あれもあってか、インハイで知り合った他校の人にも誘われてな」

優希「うぉぉぉ……花田先輩ぃぃぃ……」

京太郎「どっからどーいう流れか、2回戦や準決勝、決勝で当たった高校からも来ててさー」

和「そういえば穏乃や憧がアドレス聞いてきましたけど……」

京太郎「そうそう、照さんなんか『卒業したら私個人のマネージャーにならない?』とか聞いてくるんだぜ?まぁ、冗談だろうけどな」

咲「お姉ちゃん……」

京太郎「他にもプロとか、卒業したら大学で、とかそういうのもあってなー」

京太郎「まぁ、悩んではいたけど、お前らが言うみたいに悪いことじゃないか」

京太郎「いっそ、どこか軽く手伝ってみるのもいいかもなー」

咲「……京ちゃん」

和「……須賀くん」

優希「……京太郎」

京太郎「ん?どした?」

咲和優希「「「絶対駄目(です、じぇ)!!」」」

京太郎「な、なんだぁ?」


カンッ!!

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 00:44:07.56 ID:B9w4mszf0
おつおつ
一部に一人須賀京太郎

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 01:01:51.01 ID:LYRKbbjo0

すこやん「ドラフト一位、須賀京太郎君!」

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 02:48:15.31 ID:8Ud5iGQT0
久「須賀君、将棋対チェスをしましょう」

京太郎「いきなりどうしたんですか」

久「みんな遅れるから暇なのよ」

京太郎「まぁ、俺も暇ですし構いませんが」

久「ところで須賀君は将棋できる?」

京太郎「できますけど」

久「どっちが強いかやってみない?」

京太郎「ルールが違うじゃないですか」

久「それなら大丈夫よそれぞれのルールでやるから」

京太郎「将棋は将棋のルールでチェスはチェスのルールでってことですか?」

久「そうよ」

京太郎「わかりました、盤はどうしますか?」

久「将棋にしとくわ」

京太郎「部長はどっちを使いますか?」

久「チェスよ」ニヤッ

京太郎「なら俺は将棋ですね」

久「須賀君の先攻でいいわよ」

京太郎「わかりました」

対局中

和「遅れました」

京太郎「おう、和」

和「なにやってるんですか?」

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 02:49:04.76 ID:8Ud5iGQT0
京太郎「将棋VSチェス、それぞれ互いのルールで」

和「はぁ」

久「これでどう須賀君!」

京太郎「あー、すいません部長王手です」

久「ならこれで」

京太郎「王手詰みです、ありがとうございました」

久「悔しい、須賀君に負けるなんて悔しい」

和「部長落ち着きましょう、たまたまですよ」

京太郎「酷い言われようだな」

久「たまたま、何かじゃないわ」

久「須賀君、取った駒一切使わなかったんだから」

和「」

京太郎「あー、ばれましたか」

久「私をバカにして、許さないんだから」

京太郎(やばい、目に涙溜めてる)

久「勝てるまで何度でも挑戦してやるんだから―」ビューン

バタンガチャ

咲「部長が泣きながら走って行ったんだけどどうしたの」

京太郎「ハハハ」(めんどくさいことになったな)

カン

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 05:37:16.10 ID:Hz+UQ+Dh0
乙ー
考えてみれば将棋で取ったチェスの駒って同じ色だから使ったらどっちの味方かわかんねえな

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 10:54:27.52 ID:vZmcH+cT0
片方将棋になってるぶん使ってないほうの色使えば良いじゃん

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 17:19:41.27 ID:XkEL0C850
白い駒が敵に取られたら黒くなるのか。
悪堕ち妄想が捗るな。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 18:56:41.66 ID:SyHoH/XV0
ナイト役の菫の悪落ちは容易に想像できる

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 19:43:16.46 ID:ojtWX8vS0
くっころからのアへ顔Wピースですか

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 20:29:19.25 ID:DFcE266KO
菫さんが本当は犯されたがってるってほんとうですか?
失望しました…淡ちゃんのファンやめます

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 20:34:01.79 ID:MXLX71sX0
京太郎「誰かのために何でもする」
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1414322252/10n-

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 20:39:05.87 ID:5fvYM4FO0
【咲-Saki-】京太郎「麻雀部(仮)?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414321516/

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 21:13:38.96 ID:QN8WFyKW0
咲ちゃんはゴムに穴開けてそうなタイプな気がする

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 23:37:48.83 ID:X08W+2XOO
色んな人にゴム渡して反応見たい

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/26(日) 23:47:07.70 ID:VjsM69n70
水に解いた片栗粉をゴムに入れて枕元に置いて反応を見たい?(難視)

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 00:08:46.13 ID:Dta3NnU+0
もし自身が10歳若返る薬と京太郎が10歳年を取る(老けるとは言わない)薬
があったらアラサーたちはどっちを選ぶんだろうか?
戸籍とかややこしいことはどうなるかって? そのとき、ふしぎなことが起こって辻妻が合います。
 

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 00:26:30.78 ID:LDbwTU4e0
 
十月二十七日、誕生日。

そう、宮永咲にとっての誕生日だった。

生まれた日を祝福する、その人にとって特別な一日。

しかし誕生日が憂鬱に感じる様になったのは、いつの頃からだろうか。

アルバムを捲っていると、そんな考えが咲の脳裏にふと過った。


「少なくとも……この頃は考えもしなかったよね」


言いつつも、そもそも十代の年齢なんて気にせずにいられた頃と、丁度三十路となった今を比較するのは、間違っているのかもしれないと思う。

一般的には、肌だって今はもう曲がり角を過ぎている歳だ。

それは咲にも当てはまっている。

若く見られたいという欲求が強いわけではないが、やはり少し悲しい。

それに、見られることに羞恥を覚えてしまうのも、致し方ないことだろう、とも思う。

慣れているとはいえ、こればかりは仕方がない。いや、慣れているからこそ、昔と比較されたくないという感情があるのだ。


「本当に……昔はこんなこと考えもしなかったんだけどな」


高校時代の写真を見ながら、過ぎ去った日々を想う。

須賀京太郎、原村和、片岡優希、染谷まこ、竹井久。友人がいた。仲間がいた。

鮮明に思い出せる場面もあれば、もはや朧気にしか記憶していないものもあった。

けれど、明確に憶えているかどうかによらず、在りし昔日が酷く懐かしい。

清澄高校麻雀部での、咲にとって眩しく輝いていた日々。

思わず目を細めてしまいつつも、アルバムのページを捲っていく。


「そう言えば……次の同窓会はいつするんだろ?」


誰が決めたという訳でもないが、夏と冬に定期的に行っているのだ。

勿論、各自の仕事の都合もあるのだが。

毎度、幹事を務めるのは、いい加減に見えて、意外にそういうことに如才ない竹井久と――須賀京太郎。


「聞いてみればいっか」
 

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 00:26:54.95 ID:LDbwTU4e0
 
咲がそう呟いた時のことだった。


「おかあさん! おかあさん! ケーキ食べていい!?」


誕生日ケーキが入った箱に目を輝かせている娘。そのあどけない声が聞こえた。

夕食も摂っていないのに、気の早いことだ。

こういうところは誰似たんだろうと一瞬過るが、答えは簡単。


「ったく……ケーキは晩御飯食べてからって言っただろ? 我慢しろって」


その似た原因だろう彼が、キッチンから娘を窘めた。


「えぇー……お父さんの意地悪っ!」

「い、意地悪って……いや別に、そういうわけではなくてだな……」


娘に弱い彼のこと。

このままでは押し切られてしまう可能性もあるかもしれない。

そう判断して、咲は助け舟を出す。


「お父さんを困らしちゃ駄目だよ?」

「……むぅー」


不満も露わに頬を膨らませる娘。

なんだか既視感を覚える表情に、思わず苦笑いしてしまう。

例えば何か嫌なことがあった時に、鏡に映った自身がしている類に良く似ている……こういった所作は、自分に似たのだろうと咲は思った。


「むくれても駄目……京ちゃん、やっぱりお料理手伝おっか? その方が早く出来るよね」

「あー……このままだと、うちのお姫様が我慢出来そうにないか……誕生日なのに悪い」

「ん、気にしないで」


見えはしないだろうけども、なんだか申し訳なさそうな声音の夫に対して、微笑みを一つ。

そうして、お揃いのエプロンを片手に、もはや自身の指定席とも言える京太郎の隣へと、咲は進むのだった。



 

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 00:30:08.81 ID:aW3CQTIa0

咲ちゃん誕生日おめでとー

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 02:34:07.15 ID:r3QpFP+q0
大人勢以外で京太郎襲いそうなのって誰がいるかな

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 02:40:09.75 ID:K83GgdxD0
>>533
哩姫はまあ除外してパッと思い付いたのが透華(既成事実)あたりかなあて

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 03:15:49.88 ID:WWhCXQ970
>>533
ハギヨシ
冗談抜きなら霞さん(手刀本的な意味で)

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 03:38:00.01 ID:8viLYXRY0
>>533
フランスの女性は男性よりもキスに積極的だそうだ
つまり一度許したら明華はすごそう

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 11:08:08.08 ID:NuZzv1d50
良いSSであった乙

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 15:17:10.79 ID:aW3CQTIa0
>>533
ドスを持ってる智葉

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 17:31:20.93 ID:1KpHoccQ0

咲ちゃんおめでとー

誕生日SS増えてもいいのよ?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 19:53:38.10 ID:WWhCXQ970
京太郎「まおゆう?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414400835/

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 23:02:42.74 ID:r3QpFP+q0
京太郎「咲―、誕生日おめでとう」

京太郎「ほれ」つ

咲「ありがとう、京ちゃん」

京太郎「いやー、探すの結構苦労したんだぜ」

咲「そうなんだ」(もしかして私が好きな作家の本かな)

京太郎「近くの本屋じゃ売ってなくてな」

咲「……京ちゃん」

京太郎「ん?」

咲「何これ」

京太郎「何って地図と方位磁石だよ」

咲「京ちゃんのバカ―!」

翌年

京太郎「咲、ほい誕生日プレゼント」

咲「」ジー

京太郎「なんだ、いらないのか?」

咲「去年のプレゼントが酷かったから今年もそうなんだろうなって」

京太郎「酷くはないだろ」

咲「酷いよ!」

京太郎「あれを持ってたおかげで俺が探さずに戻ってこれたことが何回あったかな?咲さんや」

咲「うっ」

京太郎「それを酷いと申すのかお前さんは」

咲「で、でも、もうちょっとましなやつでも」

京太郎「お前には本や麻雀よりも一番必要なもんだろうが」

咲「そ、それで今年は何をくれるの?」

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 23:03:16.06 ID:r3QpFP+q0
京太郎「今年はこれだ!」つ

咲「腕輪?」

京太郎「ああ、これなら咲も喜ぶだろうと思ってな」

京太郎「いくつか種類があるから出かける日は必ずつけろよ」

咲「うん、京ちゃんありがと」

咲「〜♪」

和「咲さん今日はいつもよりも元気ですね」

咲「そうなんだ和ちゃん」

咲「京ちゃんからね、昨日これ貰ったの」

和「可愛いですね」

和(でもどこかで見たことある気が)

咲「〜♪」

和(思い出しました)

和(犬の迷子防止用の首輪のデザインと似てるんです)

カン

京太郎「ありがとうございました、ハギヨシさん」

ハギヨシ『いえいえ、これぐらいなら安いものですよ』

ハギヨシ『ですが、宮永様にこのことは伝えなくてよろしいのですか?』

京太郎「はい、あいつも腕輪の中にGPSが仕組んであることは流石にわからないでしょうから」

京太郎「あいつに言うと恥ずかしがって着けませんからね」

ハギヨシ『そうですか』

京太郎「はい」

ハギヨシ『ところで、来年は何を渡すおつもりで?』

京太郎「来年はネックレスにしようかと」

モイッコカン

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/27(月) 23:06:58.37 ID:/iWST8XL0

咲ちゃん誕生日おめ

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 00:07:51.06 ID:fe44CY1A0
大遅刻、かつ駄文を晒す。スランプはいまだ脱却せず。
お目汚しをお許し頂きたい。


何故?どうして?いつから?まとまらぬ思考のまま、自分の頬が火照っていることに気付いた。
宮永咲は痛む胸を抑え、どくんどくんと鳴らす鼓動を手のひらで受け止める。その痛みの理由を、知ってしまったから。
片岡優希とベタベタしてくっ付いている彼を見て、痛くなった。
染谷まこに指導を受けて真剣な表情をしている彼を見て、痛くなった。
竹井久にからからわれて振り回される、苦笑している彼を見て痛くなった。
原村和を、憧れと、そして異性として意識する彼を見て痛くなった。

「苦しい、よ。京ちゃん」

彼と一緒にいるだけで、痛みは和らぐ。
彼と会話をするだけで、心は穏やかになる。
彼と食事を一緒にするだけで、喜色満面な顔に自然となる。
──彼を想うだけで、胸の痛みは強くなり。熱は猛火の如く燃え盛る。

「……もう、我慢できないよ」

自分と、彼以外にいない部室。その彼も、夜更かしをしたせいで寝不足ということで、ベッドで寝ている。
もう、どうなったっていい。どうなったって構わない。
制服のリボンを外し、一枚ずつ制服を脱ぎ、下着姿となる。
残暑も通り過ぎた秋空は、裸に近い姿では肌寒い。しかし、火照る体はその涼しさがとても心地がいい。
眠る彼の側に潜り込んで、唇を重ね合わせる。

「ねぇ、起きて京ちゃん」

──こんな勝手なことをする、私を許さないで。起きて私を、咎めて。
僅かに残った理性が、彼にそう伝える。しかし、彼は起きる気はなく。
彼女の中の獣性が、本能のままに動き出す。少女の中に確かに存在する、女のサガのままに。

「ごめんね、京ちゃん」

涙声が混じった声は、誰も聞こえない。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 00:29:13.76 ID:kmeGgs0r0
ん?終わり?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 01:09:41.41 ID:HdJX6Tkf0
京太郎「……」

智葉「それで私達に相談というのはなんだ? 部活後密かにということはそれなりに深刻な話か?」

ハオ「明華だけいないということは彼女についてのことですか?」

ネリー「ねーねー私おなかすいたー」

メグ「ラーメンならありマスガ?」

京太郎「この前明華さんの家に行った時の話なんですが…」



明華「そうだ、この前フランスの母から私の好きなジュースが届いたのですが少し飲んでいきませんか?」

京太郎「いいんですか?」

明華「ええ、一人で味わうというのも寂しいですし量もありますからね」

京太郎「そういうことなら是非ご馳走になります」

明華「ただ摘まむものがチーズくらいしかありませんね…何か買いに行きますかね」

京太郎「ちょっと冷蔵庫の中見せてもらってもいいですか、あるもので軽く作りますよ?」

明華「そうですか? でも今はたいしたものが…」

京太郎「ふむふむ…これだけあれば十分ですね、じゃあちゃちゃっと作っちゃいますか!」



智葉「まずさらっと男子禁制の女子寮に入ってることにツッコミたいのだが」

ネリー「というかずるい! おいしい物食べるならネリーも呼んでよ!」

ハオ「フランス産の"ジュース"ですか…」

メグ「この後の展開が何となく予想つきマス…」



京太郎「いやー! 確かにこのジュースおいしいですね!」

明華「気に入ってもらえたようで何よりです」グビッ

京太郎「ちょっとオーブンのジャガイモの様子を……あっ」フラッ

明華「あら? もう酔ってきたのですか?」

京太郎「酔うって…まさかこれお酒なんですか?」

明華「アルコールほとんど入っていませんしジュースですよ。あっ、このおつまみおいしいです」パクッ

京太郎「……これ学校にばれたりしたら停学じゃないですか?」

明華「大丈夫ですよ、ラベルもフランス語ですし捨てる時少し注意すればまずばれませんよ」

京太郎「それもそうですね! 細かいこと気にせずに楽しみますか!」

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 01:10:30.41 ID:HdJX6Tkf0
ハオ「はい、アウトですね」

京太郎「俺だって飲む前に酒とわかっていればっ…アルコールで思考が鈍っていなければっ!!」

智葉「おいメグ…」チラッ

メグ「ちょっと小腹が空きました…ちょっと学食行ってきマス。ネリーも行きましょう、奢りマス」

ネリー「ほんとに!? やったー!!」

京太郎「そしてその後に…」



明華「うふふ〜きょーたろーのんでましゅか〜」

京太郎「あははーみょんふぁさんろれつまわってないですねー、なんかかわいいですー」

明華「かわいいー? わたひかわいいですかー?」

京太郎「はいーめっちゃかわいいですー!」

明華「ほんとですかー? ならちゅーしてくらしゃい! ちゅーして!」

京太郎「わかりましたー!」チュッ

明華「んっううっ♪」

京太郎「はむっ…じゅるっ……ちゅぱっ…」

明華「あふっ…きょーたろぉ…」トローン



智葉「お前なぁ…流石に仲間のそういう生々しい話を聞かされるのは…」

ハオ「ちゃんと避妊はしてましたか? してなかったら今からもしもの時のことを話し合って…」

京太郎「待ってください! 朝お互いに服着てましたしそこまでは行ってません! キスだけです!」

智葉「いや、それでも十分アウトだからな」

ハオ「それで相談というのは気まずくなった関係をどうにかしたいということですか?」

京太郎「その時のことは俺が責任取るって話になって解決したんですがその後が問題で…」

智葉「おい待て! いまさらりと重大なこと言っただろ!」

ハオ「でも解決したならほかにどんな問題が…?」

京太郎「えっと…それからというもの明華さんが…」



明華「京太郎おはようございます。おはようのキスお願いします♪」

明華「今日は沢山打って疲れました…ですから京太郎成分いただきますね!」チュッ

明華「学校でキスはダメ? でもここなら誰も来ませんし……ありがとうございます♪」

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 01:12:43.18 ID:HdJX6Tkf0
京太郎「…明華さんキス魔だったみたいでところ構わずキスしてってせがまれて」

ハオ「そういえばフランスの女性はキスに対して積極的らしいですよ?」

智葉「ああ、確かにそんな話を聞いたことはあるな」

京太郎「明華さんとキスするのが嫌とかじゃなく流石に見られながらというのは……」

明華「まだ誰か残っているのですか?」ガラッ

京太郎「〜ッッ!!」ビクッ

明華「あら? 3人で何かお話していたのですか?」

智葉「ああ、京太郎からお前たちが付き合い始めたという報告を受けてな」

ハオ「いきなりだったので驚きましたよ」

明華「まあ! 恥ずかしいから内緒にしてくれと言っていましたが決心したのですね!」

京太郎「いや…まあそんなところです…」

明華「それより京太郎! 一緒に帰ろうとメールしたのに返事してくれないとはどういうことですか!」プンプン

京太郎「メールなんて……ってサイレントマナーになってんじゃん」

明華「彼女を待たせた罰としてキスを要求します! たくさん!」

京太郎「智葉さんとハオもいるからそれは帰ってからで…」

明華「まあまあ、もう話してしまったのならいいじゃないですか」

智葉「私達は邪魔みたいだな、先に失礼するぞ」

ハオ「ええ、なので思う存分しちゃってくださいね」

明華「はい♪」

京太郎「あの明華さん…誰かが戻ってきて見つかったりしたら…」

明華「あの京太郎?」

京太郎「はい?」

明華「部室でというのもスリルがあっていいと思いませんか?」

京太郎「思いません、流石にあぶな…」

明華「というわけでいきますね♪」チュッ

京太郎「いきっ…んっ…ひうっ……はぁっ……」ビクン

カン!

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 01:22:18.53 ID:kmeGgs0r0

明華エロ可愛い

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 01:24:18.60 ID:4/yqXJ7C0
乙ー

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 01:43:23.46 ID:Wucr0T/40


ちなみにフランス人女性は頻度もさることながらキスのやり方も積極的
フレンチキスっていうぐらいだから
何が言いたいかっていうとやっぱり明華はエロい

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 04:58:27.89 ID:9takoGj30
京太郎「おっと、メールだ」カチカチ 咲「むぅ…」
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1414434006/

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 07:27:35.37 ID:UaEPWZ/D0
転載1/2

咲さん誕生日だけど関係ないネタを
最初と最後辺りがやりたかっただけです


京太郎達が2年生の初めくらいです


「ろ、ロンです!」

京太郎「なん……だと……!?」

和「須賀くんが4位だったみたいですね」

優希「ククク……奴は2年生4人の中でも最弱……」

咲「い、1年生如きに負けるとは2年生の面汚しよ……?」カンペミナガラ

まこ「……何しとるんじゃお前ら」

咲「あ、染谷部長」

優希「ちょっと四天王ごっこだじぇ」

まこ「お前らは1年生が入ってきたばっかで……」

優希「最初は京太郎が『新入部員?ならまずは俺からやらせてもらおう!』とかそれっぽいこと言ったからだじぇ」

和「私は普通に結果を言っただけです。咲さんのカンペまで用意したのは優希ですよ?」

咲「ちょ、ちょっと面白そうだったんで……」

まこ「こう言うのもなんじゃけど、そもそもお前ら3人と京太郎じゃ差が大きすぎるわ」

和「ですね。それに須賀くんが相手した3人も、1年生とはいえ中学でもやっていた子ばかり、流石に初めて2年目の須賀くんじゃ厳しいですよね」

京太郎「ごふっ!!」

優希「あ、のどちゃんがとどめ刺した」

「す、須賀先輩大丈夫ですか!?」

「気を確かに!!」

「衛生兵!衛生兵!!」

和「え?え!?」

咲「あー……京ちゃん大丈夫?次は私が代わろっか?」

まこ「おい、1年生相手にやりすぎるなよ」

咲「大丈夫ですよ。あんまり勝ちすぎたり負けすぎたりしなければいいのは慣れてますから」

まこ「おいやめろ。+−0で1年生を退部に追い込む気か」

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 07:29:50.74 ID:UaEPWZ/D0
転載2/3

優希「んじゃ私だな。京太郎の敵討ちだじぇ!」

京太郎「いや死んでねぇよ。去年から散々飛ばされたりしてんだ。これくらいで死ぬかって」

「え……去年から……」

「そういえばこの部って須賀先輩以外は……」

「須賀先輩、なんて環境でやってたんだ……」

まこ「良かったな京太郎。1年生から優しい目で見られとるぞ」

京太郎「良くないですよ!ったく。優希、タコスはいるか?」

優希「んー、まだいいじょ。茶でも頼む」

「あ、それなら私達が…」

京太郎「あいよ、紅茶だ」コトッ

優希「サンキュー」

「!?」

「おい、今一瞬で紅茶を取り出さなかったか?」

「そんなまさか……」

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 07:30:21.52 ID:UaEPWZ/D0
転載3/3

京太郎「ほら、対局する1年と、他のみんなの分も淹れといたぞ。あ、クッキーも出しとくわ」スッ

「え?アレ!?いつの間に!?」

「しかもすっごく美味しい……」

「このクッキーどこの?美味しいけど食べたことない……」

京太郎「あー、それさっき作った奴だ。手作りとか無理な奴いるか?」

「え?店で売ってる奴じゃない!?」

「うっそ、下手な専門店のよりはるかに美味しいのに!?」

「しかも紅茶とすっごく合う……」

和「須賀くん、また腕を上げたみたいですね」

優希「ククク、奴の女子力は麻雀部で最強!」

咲「正直敵いません」

「女子なのに女子力で勝てる気がしないんですけど!?」

和「諦めなさい」

優希「私達はとうに諦めたじぇ」

咲「あっという間に追い抜かれました」

まこ「ほんっと麻雀以外はなぁ……」

京太郎「アレ?悪いことしてないのに何この酷い奴みたいな空気」


カンッ!!

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 07:35:58.94 ID:UaEPWZ/D0
改行が多すぎでエラーが出てしまった
そのせいで各スレの最初の行にある転載番号がおかしくなってしまった。申し訳ない

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/28(火) 23:24:49.76 ID:p7uX6GswO


558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 03:37:53.49 ID:h/uQS8CF0
先輩になっても立場変わらないのが余裕で想像できるぜ……

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 11:34:56.96 ID:vOZn5a3J0
ふと思ったが、今後どんな京太郎スレを建ててほしいと思う?

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 12:31:23.10 ID:l+vtgiLl0
1スレ完結型の増えて欲しいな
この前の洋榎のやつみたいな

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 12:31:51.80 ID:XaBeH6CG0
好きに建ててくればいいと思うよ…

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 12:35:13.17 ID:ScJf9FG10
何でもいいや。建ててくれるなら
なにせ明らかに勢いが落ちたからなぁ
今定期更新してるのって学園都市とゾイドとスパロボと魔物くらい?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 12:48:12.66 ID:HdNDbkSTO
途中で更新途絶えなきゃ、それでいい

途絶えそうなら、更新出来なくなりそう、と一言あれば止まったときに諦めやすい

思いつくままにスレ乱立して、全滅するとかの馬鹿すぎるネタは自分のブログでやる

放置して落とすヤツは自分の家でチラシの裏に書けばいい

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 14:41:43.15 ID:k6ZqPgyW0
もっともだがもうちょっと余裕持って接してやろうぜ。最近殺伐としててこわい

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 17:19:02.70 ID:JxZI/jjl0
この頃オリジナル要素が強いのが多いから、学園都市やゾイドみたいな奇抜な設定がなく
1話が1〜2スレぐらいで終わる中編の普通の恋愛ssを何周もする感じのスレが良いな

俺はエタっても良いからどんどんスレは立てて欲しいな。プロが書いてるわけじゃないんだし完結しなくてもしょうがないと思える

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 17:21:07.80 ID:r1P0tuWM0
供給がないなら自分でしてやるという気概をもってSSを書くという行為に踏み出すんだ

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 17:46:17.47 ID:UQnCiIWp0
>>565
流石にそれはおおらかすぎでしょ
自分で勝手に書くんじゃなくてスレ立てという形式を取った以上せめて一周は完結させるのが誠意じゃねえの?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 17:58:51.78 ID:mn7/8HLY0
こんな娯楽程度の場所で誠意とか言っちゃうのか

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 17:59:26.04 ID:r1P0tuWM0
それは書く側は個人として意識するなら美点であるがその書いてる人以外が強要するなら醜悪としかいいようがない

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:05:27.22 ID:r1P0tuWM0
あっSS書いてたら言ってもいいって話じゃないからね
その「特定のSSを書いてる人」が終わらせるように考えるのは最初から投げ出すという考えよりは美点
その話を書いてる人以外が外野から強要しだすのは趣味な以上感情面では理解できるが難しいだろう

というか最初からエタらせる前提の人は少ない気はするけどね
何かしら事情があるだろうそれを不快に思うか思わないかは個人個人だが強要は本質的に続けさそうと強要はできない

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:06:06.36 ID:fC4ltIYa0
安価スレは食傷気味なんでできればヒロイン絞った中編が増えてほしいとこだなあ

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:06:30.02 ID:PNkDtTdX0
二次創作でなんでこんな話してんだ
そういう話なら小説家になろうとかの方が相手にしてくれると思うぞ

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:11:45.37 ID:Wj7Fw+dg0
一次だろうが二次だろうが変わらんがな
書く側から言えばエタるのは叩かれるもんは叩かれるのは仕方ない
でも叩かれようが続けるかどうかは別なだけ

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:13:45.52 ID:JxZI/jjl0
俺のせいで変な空気になったみたいですまない

ただエタるとか叩かれるとか気にしてスレ立てないとかよりは
もっと気楽にスレ立てて多くの人にssを書いて貰いたいと思っただけなんだ

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:14:10.25 ID:G/sdQw2F0
俺は臨海安価スレを待ってるぞ

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:14:19.80 ID:fC4ltIYa0
とはいえ読む側が幼稚すぎるというか、どうしてこう書く側のモチベーション下げるようなこというかねということはよくある
続き読みたいなら黙って待ってればいいのに

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:17:32.16 ID:aNdtnhU00
なんか二次創作だからって理由になってないこと言う人いるよね。
二次創作だから何しても受け入れられるもんではない。
とはいえ趣味なんだし好きにやればいい外野に文句言われようが擁護されようが気にし過ぎるとハゲる。
好かれるのも嫌われるのもどっちもあり得るだから、それを念頭にやればショック薄いんじゃないかな。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:18:07.54 ID:QodhNkShO
姫子スレが一番見たい

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 18:21:17.13 ID:MqGaFQPW0
>>576
書いててスルー出来ないぽい人が喧嘩し出すのが一番萎える
なので自演だと思うようにしてる叩かれるのと荒れるのは少し違う

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 19:55:20.68 ID:ElSm11yG0
京ユキスレ立たないかなぁ…

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 19:58:49.17 ID:ZM3uxXFR0
共学化とか酷かった
よくこんな中、続けるなぁと思ってたら案の定止まったけど

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:00:30.43 ID:PLPeHhgB0
学園都市の舞台設定は好き

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:01:14.63 ID:2a1ly6FWO
>>576
煽りや喧嘩腰な一言とか多いのはネットだから仕方ないとも思ってる
でもだからと言ってネットを理由に不快なことを言って良いってのはアカンよなぁ…

とりあえずそういうのを見たら
「あぁ…現実でストレスがヤバいんだろうなぁ」と考えてからスルーしてる

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:07:11.91 ID:imcTZWkW0
学園都市は昔から見てるしスパロボもゾイドも俺得設定だから好き
とりあえずこのまま荒れずに平和に完結してくれればいいよマジで、荒れて消滅していくスレ見るのが一番きつい

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:15:21.26 ID:324WFV3I0
>>581
糞みたいなレスつける外野が悪いのは前提としても、
しばらく書き溜めてきます→(どうせ書き溜めてないんだろという外野のレス)→お察しの通り書き溜めはできてない(キリッ
は流石にどうかと思ったわ。百合豚みたいな突発的なのもあるけど、荒れる要因が作者のほうに全くないとは言えない事も多いんじゃないかな

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:26:43.58 ID:7sA05Efy0


587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:28:13.73 ID:5i9ra7dt0
頭の中で長編書きたいなーと思って構想だけ練って結局スレは建てない
寝る前に妄想はするんだけどな!

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:30:06.20 ID:5i9ra7dt0
sage忘れゴメンナサイ……

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:34:03.35 ID:1WdaeO+F0
もうこの界隈は末期だし、一旦このまま過疎った方がいいかなって思う
このまま読者が少なくなっていけば、スレが荒れる原因になってた頭の弱い読者たちも少なくなるだろうし
それでまた二年後くらいに奈良遠征とか大きくなったねみたいなSSが現れて京太郎SS界隈を活気付けてくれれば、また面白いSSを書いてくれる人が増えるんじゃないかと思う

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:39:07.01 ID:ElSm11yG0
そういう寝言はそれこそチラシの裏に書いてくれませんかね

>>587
もっと熱くなれよ!

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:55:22.82 ID:ScJf9FG10
>>589
それは無い。前例を見れば分かるが衰退したものが盛り上がる事はほぼ無い
特に咲なんて百合派が主流なんだから、一旦過疎ったら京太郎SSは勢いを取り戻せないだろうな
結局誰かが書き続けないとそれで終わりになってしまう

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 20:56:58.61 ID:dnzgA8Ls0
原作では影、二次では光る漢、それが須賀京太郎クオリティッ!!!!!!!!

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 21:05:31.80 ID:PLPeHhgB0
>>587
わかるよ

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 21:28:30.61 ID:aw/jcjQ90
何か書きたいけどネタがない
そんな時どうしてる?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 22:02:23.75 ID:QodhNkShO
別作品のSS読んだり書くキャラとかネタ決まってるならここで募集してみたり

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 22:04:25.15 ID:cCy8PuPI0
他の漫画や小説読んで良さげなネタを参考にして書くかなぁ。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 22:17:08.36 ID:PLPeHhgB0
名言・迷言集とか見てセリフから場面を連想したりとかもするかな

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 22:31:30.10 ID:ElSm11yG0
季節的にハロウィンネタなんてどうかな?(催促)

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 22:51:51.86 ID:dkffK2vx0
エタって落ちちゃったSSの続きを書いてくれる人とか出てきて欲しい

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/29(水) 22:57:45.41 ID:TuKJJnpo0
奈良遠征って咲の暴力ヒドインっぷりが酷かったアレか

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 02:00:53.66 ID:aWDAh8iA0
都落ち

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 06:12:29.77 ID:dNG9H7qH0
ハロウィンって結局なにするイベントなの

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 09:56:06.63 ID:q6kawjHw0
トリックオアトリックと襲い掛かってくるアラフォー二名
トリック(カツ丼)オアトリート(カピーをワシャワシャ)でガチ悩みするカツ丼さん
一緒にカボチャの彫刻彫る豊音とか色々やれるんじゃね?

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 09:56:15.74 ID:q6kawjHw0
トリックオアトリックと襲い掛かってくるアラフォー二名
トリック(カツ丼)オアトリート(カピーをワシャワシャ)でガチ悩みするカツ丼さん
一緒にカボチャの彫刻彫る豊音とか色々やれるんじゃね?

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 10:07:38.60 ID:uy4Pc9OVO
>>602
悪霊が悪さする時期に、悪霊に仮装することで仲間と思わせてスルーしてもらう
とか、だったはず……と思う

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 10:32:14.33 ID:lRvVQ4ER0
問答無用でお菓子を渡される咏さん

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 10:55:43.51 ID:pc1I9Bpt0
黒くなる盛り塩
2階の窓をトントン叩く音
??「トリックオアトリートだよー」

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 10:55:45.58 ID:6xdhOGPV0
見切り発車でスレ立てしようとしてる人にはどうせ長期間続けるようなスレは大抵完結しないんだから
短期計画で臨んでもらいたいね

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 11:09:56.57 ID:3Kql0f560
ネタが無いッ!!

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 11:22:47.16 ID:v6Zt9CyZ0
>>603
言っておくけど、「トリック」はイタズラで「トリート」はお菓子って意味だよ。
つまり「トリックオアトリート」はお菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ、って意味で

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 11:27:00.02 ID:uy4Pc9OVO
そんなときゃ、過去スレでアイデアだけでたネタとかで考えるとか?

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 11:29:53.48 ID:CAXmVufx0
その昔『trick or treat ?』というエロゲがあってだなぁ……あれは確か親の都合でアメリカに引っ越したら親の上司の娘さん(ロリ)に『trick or treat (意味深)』するorされるという奴だったな。
……つまりこれを京太郎に置き換えれば!

相手は咏さんかな?(すっとぼけ)

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 11:30:59.95 ID:5g3Z/zyU0
絶望先生でお菓子をあげるからイタズラさせて!ってあったなぁ

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 12:44:06.11 ID:q6kawjHw0
>>610
書いたあとカツ丼とカピーワシャワシャが逆だって気づいたorz

カボチャの彫刻をカピーにかじられしょんぼりするユウチャーと
余ったカボチャでパンプキンパイ作ってフォローする京太郎下さい

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 13:38:44.68 ID:gc+Ww1Yr0
京太郎にパンプキンパイとか作れるのか?

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 13:42:48.38 ID:Aer7Wo300
パンプキンパイはパイ生地さえあれば簡単に作れるから

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 16:33:30.08 ID:JAy688FL0
パンプキンパイパイに見えた

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 17:07:04.00 ID:FC03RjmR0
カボチャサイズのおもち…霞さんかな?(すっとぼけ)

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 17:39:57.79 ID:5N0VPRHA0
むしろカボチャパンツの似合う娘を考えるべき

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 17:45:19.00 ID:TL3LfikK0
京太郎「咲がボクっ子になっただって!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414657925/

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 19:03:44.46 ID:WJ/v9PKwO
部長の命令で部室をハロウィン仕様にするも急に参加メンバーの都合がつかなくなり一人取り残される京ちゃん

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 19:50:22.36 ID:HI3MCIAJ0
>>621
そこにさっそうと現れるわt…照
そして二人は幸せなキスをして終了
完璧

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 20:22:10.82 ID:ODIJYYQ80
幸せのキスの前にお菓子食べてて口元に食べカスついてそう

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 20:41:34.11 ID:uy4Pc9OVO
つまり、幸せな甘いキスをするんですね

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 20:51:21.49 ID:hXLOM3XO0
幸せなしょっぱいキスの可能性も・・・

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 21:52:54.37 ID:TL3LfikK0
咲「京ちゃん、何やってるの?」京太郎「脱衣麻雀」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414673464/

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 21:53:42.30 ID:75mUxmok0
トリックアンドトリートって言いながら甘いキスもエッチないたずらもしちゃうかいのーさんください

628 :避難所から転載:2014/10/30(木) 23:29:07.35 ID:bBHTCwdV0
458 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:11:42 ID:V4onD09w


ハロウィンネタです

久「Trick or Treat」

京太郎「はい、カップケーキです」

久「ありがと。上手くできてるわね」

京太郎「最近ちょっと凝ってまして……つーか俺に作らせるだけですか?」

久「やーねー、そんなことしないわよ。ちゃんと作ってきたわ……まこが」

京太郎「人任せじゃないですか!」

和「こんにちわ……あら、いい匂いですね」

優希「おーっす。お?なんだじぇそれ」

咲「あ、それクラスでもあげてたケーキ?」

京太郎「おう、ハロウィンだからって部長が言いだしたんで、昨日作ったんだ」

まこ「おぅ、遅れたか?」

京太郎「あ、染谷先輩。Trick or Treat」

まこ「ん?あぁ、ほれ。店で配る奴と同じじゃが、クッキーじゃ」

久「えー?手作りじゃないのー?」

まこ「お前は自分で作らんかい。ったく言い出すだけ言いだしてもらうだけか?」

久「後であげるわよー。Trickの方」

京太郎「ハロウィンってそういうイベントじゃないでしょう」

優希「京太郎、京太郎」

京太郎「あん?」

優希「Trick or タコス!」

京太郎「せめてTreatって言えよお前。予想できてたけどさ」

咲「京ちゃん、Trick or Treat!」

京太郎「お前朝やったじゃん」

和(これは……私も言う流れでしょうか)

和「須賀くん」

京太郎「ん?なんだ?」

629 :避難所から転載:2014/10/30(木) 23:30:10.38 ID:bBHTCwdV0
459 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:12:19 ID:V4onD09w
和「と、Trick or Treat」

京太郎「……Trick」

和「……え?」

京太郎「だからTrick」

和「……えと、この場合は私が須賀くんにイタズラするわけですが、それでいいんですか?」

京太郎「その通りだよ。だからほら、Trick」

和「え、えぇ……」

久(和ったら困ってる困ってる。私がやろうと思ったネタを先にやるなんて須賀くんもやるわねー)

まこ(お前も大概酷いな。まぁ、面白そうじゃけしばらく何も言わんどくか)

和(い、イタズラ!?須賀くんにイタズラって何をやればいいんでしょうか!?)

優希(おーおーのどちゃん困ってる困ってる)

咲(京ちゃんも隠してるけど、多分内心すっごく面白がってるよね)

京太郎(さーて和はどうするかなー。やべー、超おもしれ-)

和「……す、須賀くんっ!」

京太郎「お、おう」

和「動かないでくださいね?」

京太郎「え?」

630 :避難所から転載:2014/10/30(木) 23:31:13.78 ID:bBHTCwdV0
和「……えいっ」デコピン

京太郎「…………」

咲優希久まこ「…………」

和「……イタズラ完了、です?」

京太郎「…………っく、あっははははははは!!」

和「わ、笑うことないじゃないですか!!」

久「こ、これはおかしいわ……」

まこ「っくっくくく……面白いわー」

優希「今のとこ、花田先輩やムロマホに見せてやりたいじぇ」

咲「ふふふ、悩んだ末にデコピンって……和ちゃん可愛い……」

京太郎「くくく……あぁ、いいTrickだった。ほい、Treatやっから、もうデコピンすんなよ?」

和「もうやりませんっ!もう……」

久「まこー、Trickやっていい?」

優希「よーし、私もTrickやるじぇー」

まこ「『えいっ』って言うのも忘れるなよ?」

咲「京ちゃん京ちゃん、Trick or Treat?」

京太郎「よしTrickこいや」

和「みんなやめてくださいっ!!」

この後めちゃくちゃからかわれてデコピンされた


カンッ!!

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 23:34:57.57 ID:4y/ZOFnX0

和むわー

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 23:48:04.05 ID:nYmFwNj10
転載乙
のどっち可愛い

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 23:56:51.85 ID:+MvQ1rZG0
お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞって言われて、しろよって返してみたい

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/30(木) 23:59:13.98 ID:gbhfiXAIO
乙んこ
trickが何かの隠語に見えてきた

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 00:45:13.94 ID:cFWhSzq80
規制解けたかテストさせてください

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 01:17:01.92 ID:vm6JENNi0
だめです

637 :ハロウィン京一:2014/10/31(金) 01:40:22.95 ID:Tza9Gk4w0
一「トリックアンドトリート!」

京太郎「……」

一「あれ、反応なし?」

京太郎「えっと……一さん。それ間違ってますよ?」

一「ん、何が?」

京太郎「アンドじゃなくてオアですよね?」

一「一般的にはそうだね」

一「でも、僕にとっては間違ってないよ?」

京太郎「……はい?」

一「さあ、京太郎君。トリックアンドトリート!」

京太郎「……」

一「お菓子を頂戴?」

一「悪戯してあげるからさ」

京太郎「……生憎今お菓子の持ち合わせがないんです」

一「それじゃあ僕が京太郎君にお菓子をあげるよ」

一「今日はハロウィンだからね」

京太郎「おっと、悪戯を封じられてしまった」

一「京太郎君は僕に悪戯をしたかったの?」

京太郎「はっはっは」

一「……どういう意味の笑いなのかなー、それ」

638 :ハロウィン京一:2014/10/31(金) 01:40:54.63 ID:Tza9Gk4w0
一「ま、いいや、京太郎君」

一「トリックアンドトリート!」

一「お菓子を頂戴!」

一「悪戯してあげるからさ!」

京太郎「今お菓子の持ち合わせが――」

一「君の右手にあるじゃない」

京太郎「すごい本末転倒ですね!?」

一「大丈夫大丈夫、最終的に京太郎君の下に戻ってくるから」

一「ちょっと僕の手に預けるだけだよ、すぐに悪戯して返すつもり」

京太郎「最初からそれ使って悪戯すればよかったと思うんですけど!」

一「やだなぁ、京太郎君から何かを貰えるってことが重要なんだよ」

京太郎「これもともと一さんのものだったんですけど、いいんですか?」

一「考えてみて、京太郎君」

一「京太郎君が作ったお弁当を、僕がお箸で『あーん』って京太郎君にしたらすごいうれしいでしょ?」

京太郎「……あー」

京太郎「確かに、天にも昇る気分になれそうです」

一「それと同じさ」

京太郎「……なんか納得しちゃった自分が恨めしい」

一「さ、京太郎君、トリックアンドトリート!」

京太郎「……」

京太郎「あーん」

一「あーん」パクッ

京太郎「嬉しいですか?」

一「ん、すっごい嬉しいよ」ングング

京太郎「それはよかった」

639 :ハロウィン京一:2014/10/31(金) 01:41:57.71 ID:Tza9Gk4w0
一「それじゃ、次はトリートだね」

一「んー……」

一「ちゅっ」

京太郎「んうっ!?」

一「ん……んっ……んーっ…………ぷはっ!」

京太郎「ぷはぁ……っ……は、一さん……」

一「ふふっ……ほら、ちゃんとお菓子は戻ってきたでしょ?」

京太郎「いや、そうですけど、そうですけども……!」

京太郎「び、びっくりした……」

一「作戦成功っ!」

一「悪戯っていうのはやっぱりびっくりさせないとね、えへへっ!」

京太郎「心臓に悪いですよ……もう」

一「ドキドキしちゃって?」

京太郎「……その通りですよ、畜生」

一「ふふっ、やっぱりアンドで間違ってなかった!」

一「それとも、やっぱりオアの方が正しかったって思う?」

京太郎「どう考えてもアンドが正しいですね」

一「だよね?」

一「……ところで京太郎君」

一「実は僕まだお菓子いっぱい持ってるんだけどね」

京太郎「……」

京太郎「トリックアンドトリート!」



カンッ

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 01:54:36.51 ID:SJ321ixrO
乙ーはじめちゃんには参るね
自分も短い奴投下


姫子「犯しくれんきゃイタズラばい」

京太郎「ん、ちょっと耳が腐ってたみたいです。もう一度言ってもらえますか?」

姫子「犯してくれんかったらイタズラするとよ」

京太郎「腐ってるのは俺の耳じゃなくてあんたの脳だったようですね、よかったよかった。それじゃまた明日」

姫子「急な放置プレイの厳しか…いやいや、私はいつでん京太郎ん全て受け入れる覚悟あっと」

京太郎「話が通じねえ(二重の意味で)…もうやだこの先輩」

姫子「今度は言葉責め!?私ん事ばどうするつもりと?」

京太郎「すげえや、何言っても快感に変えちまう。淫乱ポジティブ先輩と名付けよう」

姫子「んんッ…、はぁ、はぁ…こ、こいも京太郎の調教の成果やけん」

京太郎「してないのにした事になってるって哲学的だなあ」

姫子「…ね、このボタン押して見たらきっと楽しかよ」

京太郎「なんの事かは分かりませんがその辺にしときましょう。ほらお茶入りましたよ?」

姫子「カフェインで私の腎z」

京太郎「そこまでって言ってんでしょ!…はぁ全く。ちゃんとお菓子も用意してありますから」

姫子「京太郎は素直じゃなか…。でも、そんなトコもやーらしか!」

京太郎「…黙ってればあなたもそうだと思うけど」


 カンッ

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 02:19:03.29 ID:2h5dyWeo0


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 02:50:21.92 ID:SJ321ixrO
京「春はいいですよね」

灼「突然なに…(ハルちゃんの事、呼び捨てだっけ?)」

玄「うんうん分かるよ京太郎くん、おもちも相俟って素晴らしいの一言だよね!春ちゃんは」

京「春にお餅ですか?」

灼「確かに素晴らしいけど…玄が認める程お持ちかな…もう少しあってもいいと思…」

玄「なんと!あれで足りないなんて灼ちゃんは欲張りさんだったんだね」

京「まあ、幾らでも食べれちゃいますよね」

玄「た、食べッ!?」

灼「そんな関係だったなんて…」

京「関係?ほら、意外と年中売ってるものじゃないですか。あれって」

玄「う、売って…って、そんなの駄目だよぉ!」

灼「…買ったの?」

京「?ええまあ。良かったらお二人もどうですか?確かまだ家に…」

玄「えぇっ!?…そんな急に言われても…心の準備とか…」

灼「…は、初めてがよんぴー。よんぴー…」

京「…うん?」

 この後誤解は解けたけど暫く二人からは目が合うと顔を逸らされる事になった。何故。

 カンッ


季節外れにも程があるけど折角思い付いたので

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 08:43:04.76 ID:mDFxlIS50


644 :1/2:2014/10/31(金) 14:19:52.24 ID:cFWhSzq80
和「あなたは本当に人の話を聞きませんね。テキトーに戸棚でも何でも漁ってみたらどうですか」

淡「だってだって! ファンの子たちがくれた栗まんじゅうも高級モナカも全部食べちゃったし」

和「栗まんじゅうはともかく、モナカの方は私がいただいたものだったはずでは?」

淡「いひゃいいひゃい! おいひく食べたから許ひてよ!」

和「相変わらずよく伸びるほっぺですね。一度きな粉でもつけて焼いてみるのはどうでしょうか」

淡「恐ろひいこと言うな!」

京太郎「お疲れさまです」

淡「おちゅかれひゃま」

京太郎「なに、いじめ?」

和「いじめだなんてとんでもありません。淡が私のお菓子をくすねたので少し教育をしようかと」

京太郎「仲いいな」

淡「和はお菓子なんかいくらでももらってるでしょうが! チーム牛姫のリーダーなんだから!」

和「そのろくでもないチーム名を口にするなといつも言っているはずですよ。また伸ばしますか」

淡「だって去年は虎姫で優勝したんだからあやかりたいじゃん? それにほら」

和「なっ!?」

淡「こんなに立派なものをぶら下げてちゃ『和牛の原村』なんて通り名がつくのも納得だよね?」

和「ちょっと淡! 須賀くんもガッツポーズしてないで止めさせてください!」

京太郎「俺が言ったって淡は聞きやしないよ。それに部室のオーディエンスたちも期待してるし」

和「渋谷先輩に言いつけますよ」

京太郎「やめるんだ淡! 恵まれない子どもたちだっているんだから気軽におっぱい揉むな!」

尭深「京太郎くんの言う通りだよ」

京太郎「そうとも流石尭深さん、話がわかる! ところでマイハニーはいつからここにいたの?」

尭深「心配しなくてもダーリンが和ちゃんのおっぱいに鼻の下を伸ばしてたのは見てたよ」

京太郎「笑顔でわき腹をつねるのめっちゃ可愛いですよ。やめてくれたらもっと嬉しいですけど」

尭深「ヤキモチ焼きな彼女さん、いいよね」

京太郎「いい……」

和「コホン。お二人とも、部室でイチャイチャするのはあまり褒められたことではありませんよ」

京太郎「よくない……」

尭深「後輩に怒られてしまった」

淡「尭深も来たことだしこれから皆でおやつ食べに行こ? 近ごろ桃パフェ分が足んないからさ」

645 :2/2:2014/10/31(金) 14:20:55.02 ID:cFWhSzq80
和「練習は」

淡「だって私と尭深はもう一軍じゃないし、京太郎だってマネージャーじゃん」

和「須賀くんは一軍付きのマネージャーですよ。交流戦も近いんですからあまり気を抜かれては」

淡「須賀くんは私たちチーム牛姫のものです! たとえ恋人でも渋谷先輩や淡には渡しません!」

和「ぶっ殺しますよ。なんですかその裏声」

京太郎「まあまあ淡、原村さんにも事情があるんだよきっと。たしか門限とか結構厳しいんだろ」

和「あ、いいえ。最近はちゃんと連絡すれば少しくらい帰りが遅くなっても怒られたりしません」

京太郎「そうなんだ」

和「麻雀をやめさせるなんて言いつつ白糸台に編入させたり、なんだかんだ父は私に甘いので」

淡「じゃあ決まりだね! 早いとこパパンに連絡しちゃってよ、メールでも電話でもいいからさ」

和「はあ」

淡「和?」

和「わかりましたよ。ただし遊びにいくのはちゃんと部活が終わった後ですからね」

淡「やった! 誠子誠子、今日の部活はこれにて終了ってことでいいよね!」

誠子「え、普通によくないけど。どうしたんだ急に」

淡「そんなこと言わずに部長権限でなんとかしてよ。部活が終わったら皆でパヘしにいくんだ!」

誠子「なんというか、宮永先輩が卒業してからマジでやる気なくなったよねお前」

淡「部内での順位はトップなんだからいいじゃん! ファンの子だっていっぱいいるんだぞう!」

誠子「そうやって才能に胡坐をかいてたら栗まんじゅうの人だっていつかお前を見放すかもだぞ」

淡「バイバインさんは私を裏切ったりしないもん! 一個が二個に二個が四個に増えるんだよ!」

和「バイバインって。応援してくれる学友の名前くらい覚えたらどうですか」

淡「バインバインさんは黙ってて!」

和「本当に私の胸がお気に入りのようですね。いい機会ですからお望み通りにしてあげましょう」

淡「うっわめちゃめちゃ軟らかい、これ絶対窒息死する奴だって! 私が悪かったから放して!」

和「ふはは」

京太郎「…………」

尭深「京太郎くん」

京太郎「みみみみ、見てない! よこしまな目でなんか見てないし羨ましくなんかないですよ!」

尭深「帰りはそのままお部屋にいくから。そのつもりで」

京太郎「Oh...」

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 14:21:34.96 ID:cFWhSzq80
投下終わり

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 15:03:11.24 ID:jDJTRZl80
設定って大事だねというのがよく分かりました

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 15:23:19.52 ID:Bfxs8eUz0
もうなんか色々言いたいことはあるけど、とりあえず作品をもう一回読み直すことを推奨

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 18:55:17.23 ID:2OpIopNy0
乙です
たかみーいいね!

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 18:56:06.13 ID:7H8+WupR0
ムダヅモ的な感じで麻雀勝負が国同士の交渉に用いられるようなったんで政府が全国各校の有力麻雀部を
部ごと集めて学校作ったらほぼ素人だけど清澄にいたから京ちゃんも転校することになったよ的な設定を考えたが
よく考えたら麻雀学園都市みたいなもんだった。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 19:27:11.67 ID:5mO7c/Xi0
とうかさんおつ

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 21:52:09.90 ID:w2L3/v/v0
一緒の部屋にいます

宥「京太郎くん、トリックオアトリート」

京太郎「は?」

宥「えっとトリックオアトリート」

京太郎「どうしたんですか?」

宥「今日はハロウィンだからねお菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうよ」

京太郎(どうする京太郎)

京太郎(お菓子はあるが宥さんの悪戯も捨てがたい)

京太郎(どうする、どっちにする!?)

宥「京太郎くん大丈夫?」

京太郎「え、ああ、はい大丈夫です」

京太郎「っとお菓子です」つ

宥「ありがとう京太郎くん」ニコニコ

京太郎「宥さん俺からもトリックオアトリートです」

宥「え?えっと、あの、その」ワタワタ

宥「今は持ってないから後でじゃだめかな?」

京太郎「ダメですね、今じゃないと」

京太郎「ですので悪戯します」

京太郎「というか今からします」

宥「え?わわわわ」

ギュ  京太郎の足の間に宥がいます

京太郎「これが俺からの悪戯です」

宥「あの、これって」

京太郎「はい宥さんには今日一日二人の時はここに座ってもらいます」

宥「で、でもこれって」

京太郎「何か問題が?」

宥「玄ちゃんに見られたら恥ずかしいよ」

京太郎「だから悪戯なんです」

宥「恥ずかしいよぅ」カァァ

カン

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 21:55:48.50 ID:r4F/rGKa0
乙ー

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 21:57:24.10 ID:4pXW6RsE0
宥姉に悪戯とか如何わしい妄想が止まらない

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 22:03:39.76 ID:40PjUK/80
宥姉に悪戯というと「?いて確かめようぜー」しか思い浮かばない

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 22:14:50.24 ID:6asHcnlZ0
やめるのですぼくたち!

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 22:45:26.55 ID:3rxnrjrj0

宥姉にいたずらしたい

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 22:52:49.16 ID:Ch1bUPqLO
宥への悪戯で、前田慶次と前田利家の氷風呂のエピソードが浮かんできて……


俺って、人でなしなのかな?って、ちょっと凹んでる

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 23:30:26.31 ID:wRkoe9tc0
照「京ちゃん、トリックアンドトリート」

京太郎「はい、どうぞ照さん」手作りパンプキンケーキ

照「……」

京太郎「どうかしましたか、照さん。お気に召しませんでしたか?」

照「ううん、そうじゃないの」

照「私が欲しい甘いモノは、別にあるから」

京太郎「あ、すいません。今からでも作りますよ」

照「大丈夫、作らなくていい」

照「もう、ある」

チュ

京太郎「んっ!?」

チュパチュ

照「ん……」

レロレロ

京太郎「……はぁっ!照さん、いきなり……」

照「……やっぱり、甘い」

京太郎「……もっと、欲しいですか?」

照「うん。もっとちょうだい」


カン

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 23:36:34.67 ID:j7Qp89+z0
あまーい

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 23:37:59.77 ID:aXV1EFSJ0
これは正統派
やはり京照か

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 23:57:48.81 ID:0TI71DzR0
京太郎「…」カタカタカタカタ

久「やっほー…ってあら?須賀君だけ?」

京太郎「ん?あ、どうも。部…竹井先輩」

久「言い切らなかったから不問にしておいてあげるけど…まこが泣いちゃうわよ?」

京太郎「う…すんません…何というか慣れちゃって…」

久「ま、それはそれとして。他の子たちはいないの?」キョロキョロ

京太郎「ええ。最近暗くなるの早いですから遅くまで残らせるのもあれですし、あとはこれだけですから」

久「ふーん…」ストン

京太郎「…何で椅子に座ってるんです?」

久「あら、この夜道をか弱い乙女を一人で帰らせるつもり?」

京太郎「まだそこまで暗くはないんですけど…」

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 23:58:49.21 ID:0TI71DzR0
久「細かいことは気にしなーいの。もてないわよ?それじゃ」チッチッ

京太郎「はぁ…わかりましたよ、わかりました。とりあえず紅茶でも淹れましょうか…お茶請けも持ってきてますしね」

久「あら?準備がいいのね」

京太郎「ほら、今日は…ハロウィン?らしいですからね。それにちなんでカボチャのクッキーをば」トポポポポ…

久「…もてない理由ってやっぱり高すぎる女子力よねぇ」ボソッ

京太郎「何か言いました?」

久「何でもなーい」

京太郎「さいですか…はい、どうぞ」コトッ

久「いただきまーす」ヒョイッパクッ「ん、美味しいわねこれ…やっぱり手作りよね?」

京太郎「そこまで手間のかかるもんでもないですしねー…さて、それじゃこっちも手早く終わらせちゃいますかねっと」グッグッ

久「がんばれー」サクサク

京太郎「…力抜けるなぁ、もう…」

ーーーーーー
ーーー


664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/10/31(金) 23:59:51.88 ID:0TI71DzR0
京太郎「あ゛ー…終わった…」

久「お疲れ様。今度は私が紅茶を淹れてあげるわ」カチャカチャ

京太郎「…」

久「? 呆けちゃって、どうしたの?」トポポポポ…

京太郎「いえ…珍しいこともあるもんだなーって」

久「あらあら、紅茶に何を入れるのがお望みかしら?塩?にがり?それとも梅ジャム?」ニコニコ

京太郎「割と冗談ですんで勘弁してください」

久「割とってことは幾分本気なのよね」

京太郎「その答えはこの一年を思い出せばはっきりしますよ」

久「うっ、頭が…」

京太郎「都合のいい頭だなあ…」

久「それほどでもないわ」

京太郎「褒めてません」

久「とりあえず、はい。さすがに須賀君ほどは美味くないけどね」コトッ

京太郎「いただきます…」ズズッ「はー、凍えた身体にしみわたる…」

久「大袈裟ねぇ…そういえばハロウィンってトリックオアトリートってあったわよね」

京太郎「あぁ、確か『お菓子をくれなきゃいたずらするぞ』でしたっけ」

久「そんな感じね。でも私思うのよ、『それじゃつまらなくない?』って」

京太郎「子供向けなんですし別にそれでも…」

久「だから私はこう言うの!」

京太郎「話聞かないなあ…」ズズズ

久「トリートオアトリック!(いたずらさせないと菓子ぶんどるぞ)」

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 00:00:44.64 ID:0TI71DzR0
京太郎「酷い暴君をみた」

久「まぁ訳したらそうなるかは分からないけどニュアンス的には伝わるわよね」

京太郎「まぁ、割と浸透してきましたしね」

久「というわけで」

京太郎「ん?」

久「トリート、オア、トリック」ニヤニヤ

京太郎「えぇー…」

久「さぁ、どうするの?いたずらされるか、お菓子を渡すか!」

京太郎「…お菓子で」スッ

久「なんだ、つまんないの」ヒョイッパクッ

京太郎「まぁ、なにされるか分からない物よりはマシですし…」

久「ふぅん…あ、そうそう」スッ…

京太郎「?」

久「−−−−−−−−−−−−−−−あげたからって、いたずらされないとは限らないわよ」

京太郎「それってどういう…」

久「ん…」チュ…

京太郎「……っ!?」

久「ん、ちゅるっ…ぷはっ…ふふっ、どうかしら?」

京太郎「な、にを…」

久「いつまでたっても気付かないし手を出さない朴念仁のヘタレに効きそうなイタズラ♪」

京太郎「…うそん」

久「冗談であげるほど私の初めては安くはないわよ。で、感想は?」

京太郎「…甘かったです、すごく」

久「…そう、それじゃ私は先に…『トリートオアトリック』…!」

京太郎「…今度は、俺の番です」

久「…くすっ、それじゃあ…イタズラをしてもらおうかしら?」

京太郎「よろこんで」

カンッ

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 00:52:22.44 ID:OZn5AaEQ0
おおおなんだこの投下ラッシュ
みんな乙、超乙

俺も早くこの波に乗ってここを盛り上げたいとは考えてるんだけどSSってこうそうは浮かんでてもいざ書くってなったら全然進まないのな
書いてる人ってどの程度まで考えてから書いてる?ある程度のプロットまでなのか、キャラの細かいセリフとか仕草までなのか、行き当たりばったりなのか

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 01:00:52.45 ID:FVo9DsN/0
書きたいやりとりを思いつく

前後に適当に肉付けをする

適当にオチをつける

おわり

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 01:04:13.76 ID:LgNKTKH00
俺は肉付けまではいつも順調だけどオチに困るわ

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 01:06:28.69 ID:r7igHw8DO
脳の命じるままに書く
     ↓
書いたものみて悶える
     ↓
いらんとこを削って修正
     ↓
南無三!と念じて投稿

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 01:07:53.40 ID:m8LQvwW30
出来上がったら一日置いてから投稿してるなぁ

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 01:23:58.91 ID:LwNzFq1y0
>>666
一場面なら思い付きですぐ
ある程度整合性もって長いの書くならアイディアだけで書ける人が多数ならどの界隈もエタなんてしない

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 01:26:43.52 ID:jnBAjkIl0
ほほう

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 02:15:57.17 ID:BqO+ugj8O
基本的には>>667>>669の通りだよな
あとはこのキャラだったらこの台詞を言いそうとか口調を正したりとか

どうでも良いけど>>670を見てカレーを食べたくなった

ついでに京ちゃんがカレーの妖精(ハギヨシ)からカレータコスを伝授されるも
部室内におけるカレー臭テロによる苦情からカレータコスを封印され
後に優希がカレータコスを食べに京太郎の家に行くって京タコを受信したけど
別にカレーに拘らなくてもいいなコレ、イチャイチャ成分も無いし

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 02:34:30.37 ID:OZn5AaEQ0
そうかもしれんがやけにそのカレータコスとやらが食べたくなった

なるほどありがとう
いつか透華できるように頑張るわ

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 02:46:28.07 ID:1Jenm5wg0
>>673
そこは
タコスだけどカレーだから一晩置いたほうがおいしくなるかも
→明日の朝イチで食べたいから無理やりお泊りする優希
→なだれ込むようにイベント発生
とかできるかも知れないし…

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 03:53:09.32 ID:INsWtObl0
蒲原「あ、須賀。ワハハ、ちょうどいいところに」

京太郎「あ、蒲原さん…もしかして、またですかね」

蒲原「ワハハ、お察しの通りだ。早速で悪いんだが…」

京太郎「……まぁ、いいですけど」



蒲原「んん…やっぱり嗅いでると落ち着くなー」スンスン

京太郎「前から思ってましたけど、変わってますね。男の匂いが好きだ、なんて」

蒲原「ワハハ、よく言われるよ。普段嗅いでないから、その分魅力的に感じるのかも」

京太郎「それにちょっと、距離が近くないですかね。仮にも男ですよ」

蒲原「んー?須賀は男って感じしないし、これぐらいいいじゃないか」

京太郎「……さいですか」

蒲原「……」クンカクンカ

京太郎「……」

蒲原「ワハ、どうしたそんなに見つめて?さして面白くないと思うけど」

京太郎「いや、自惚れだったりしたらアレなんですけど」

京太郎「俺のこと、好きだったり……しないかなーって」

蒲原「……あー、うん。ワハハ」

蒲原「……よく、分からん」

京太郎「……そうですか。今の奴、忘れてください。恥ずかしいんで」

蒲原「…うん」クンクン

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 03:57:29.35 ID:ugkGrvC9O
カレータコス美味しそうだな、実際あるんだろうか
そういえばカレーの妖精と遭遇する子はとーかと中の人同じだっけ

話に肉付けしていく内に贅肉だらけになって本題が行方不明になっちゃう現象の名前を教えて下さい

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 03:58:15.21 ID:INsWtObl0
京太郎「……」ナデナデ

蒲原「こら、気安く先輩の頭を撫でるんじゃないよ」

京太郎「あ、すんません。ついうっかり…」

蒲原「ワハハ…別に続けてもいいぞ、私が言えた事じゃないからな」スンスン

蒲原「……でも、そうやって撫でられるの好きかもしれない」

蒲原「優しい感じがするから、好きだ。ワハハ」

京太郎「……そうですかね」ナデリ



蒲原「ワハ、今日はこのへんにしとこうかな」スッ

京太郎「あっ……そうですか」

蒲原「じゃあ、また今度会ったらお願いするよ、ワハハ」

京太郎「あの」

蒲原「?」

京太郎「今度の時…俺も嗅いでいいですかね」

京太郎「…なんて、今のは忘れてください!じゃあ、また」

蒲原「あ、ああ……また今度なー」





蒲原「……別に、構わないのにな……ワハハ」

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 03:58:46.97 ID:INsWtObl0
おわり なんか両方奥手になっちゃうのは何でだろう

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 04:29:04.45 ID:ugkGrvC9O
乙です
割り込んじゃってすんません

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 13:26:25.54 ID:fmQMXlXS0
モモの匂いをくんかくんかしてみたい

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 17:39:14.32 ID:BfMZh6z20
宥姉に冷えピタクールをはってプルプル震えてる様子をつぶさに観察したい

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 17:43:08.34 ID:QbBhF65O0
おに!あくま!たけい!だいこう!

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 18:15:09.15 ID:JznF8Zyt0
>>683
が焼き鳥になっている!?

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:11:09.21 ID:f4wY8z1J0
雀卓やデスクトップPCを運ばせる部長もアレだけど
仲間、という言葉の連想に京太郎が出てこない和もなかなか…

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:16:09.94 ID:OZn5AaEQ0
咲…京太郎のお土産を買い忘れかける

優希…タコスを使いっ走らせる

和…仲間として認識していない

久…数々の雑用、荷物運びをさせる

やはりまこさんは大天使…?

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:31:13.49 ID:bD3K75FX0
和って言うほど京太郎に冷たいかね

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:37:49.23 ID:O1GZ8bOH0
本編だと普通
咲日和だと普通

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:40:19.26 ID:hS/ddj2g0
ただしアニメ、てめーは駄目だ。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:43:53.07 ID:ugkGrvC9O
冷たいってか無関心に見えるな。描写に割く余裕が無いんだとは思うけど
アニメ一期の『目指せ上級卓です』とかは悪くない心証だと思う

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 19:54:07.80 ID:WwQ9bK2z0
興味がないんだろ
表面上のコミュニケーションは取るけどそれより先に立ち入ろうとはしない
同じ部活にいる人程度の認識

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 20:05:53.69 ID:W25unamG0
原作だと無関心、アニメ・咲日和では優しいって印象(咲が忘れてた土産の件を覚えてる、池田に京ちゃんを紹介する時にちょっと申し訳なさそうとか)
なおアニメでも仲間から連想はしてもらえなかったもよう

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 20:43:11.29 ID:BfMZh6z20
リッツもほとんど存在わすれてるよ

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 20:45:56.83 ID:d/cJjSC70
でも俺達は忘れない

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 21:17:04.57 ID:VeySQHpJ0
京太郎が似合いそうな職業って何だろう?

各校で話し合ったら色々出てきそう

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 21:21:46.02 ID:juBZrjnf0
少なくとも、タコス一品とはいえ教わってそれを実行できる程度の料理の腕はあるんだろう
ならば、適切な教育があれば調理師関係ならそうそう大失敗するようなことはなさそう

世の中には、指導されてもその通りに料理できない連中がリアルでいるんだよねホント

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 22:31:40.31 ID:jz7FbsZ80
>>692
アニメだって個人一回戦敗退して戻ってきた時にお弁当分けてくれてるし…

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 22:48:29.87 ID:5r0iQVVc0
職業か
普通にスポーツ選手やれそうなフィジカルしてるんだよな

絶対他の部活の連中になぜ文化部なんだと言われてるわ

699 :名無しさん@お腹いっぱい:2014/11/01(土) 22:51:49.94 ID:vSRF+dpX0
むしろ麻雀部をやめて他の部員がどうにかなるのがみたいが書けない

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 22:54:49.48 ID:fSuwwr0p0
ハンド辞めた理由がいまいち分からんのだよなー

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 22:56:55.02 ID:LgNKTKH00
考えてるけど明かせないんだよな
まあ中学から高校で部活変えるのは珍しくないけど

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:23:20.23 ID:OqQ1ydcs0
清澄にハンドボール部が無かったとかじゃないの
そんなにどこの高校もあるもんじゃないでしょ
他のスポーツにしても高校であんまりガチでスポーツやる気なかったとか
タコスがあんなに懐いてるのは中学の頃から塾かなんかで知り合いだったかもしれない
んでそのタコスが巨乳の美人と一緒に麻雀部入ったって聞いて自分もフラフラ〜と入部

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:26:06.29 ID:JznF8Zyt0
学生塾か、長野勢ならそれ使えそうな気がするな

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:35:51.19 ID:juBZrjnf0
ならなんでそこに進学したんだって話ではあるが、カピバラ飼育できるだけの経済力ある家庭なわけだし、偏差値と近いからなんだろうなw

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:40:41.85 ID:bD3K75FX0
ハンドボール部に入る気マンマンで清澄に入学→和に一目惚れして麻雀部に
って京和スレ考えてた時期もあった

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:46:59.68 ID:ZYNzvWQe0
本気で和を狙いに行く京太郎いいね

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:53:49.84 ID:03rrw/R70
よくある設定だと一人だけ練習量が突出しすぎて周りがついてこなくて辞めた
部or同好会を承認させる代わりに今年度の夏(秋?)まで麻雀部で雑用を交換条件にヒッサと取引した
ヒッサに唆されて(麻雀してたら巨乳の女の子にモテル等)or和に一目ぼれで入部
この辺か?

すこやんとも面識があるっぽいし、わt憧れの初恋のお姉さんである健夜さんの後を追いかけるために
麻雀を始めた可能性もあるよね

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/01(土) 23:55:57.69 ID:LgNKTKH00
わた咲ちゃんがほっとけなくて一緒に清澄に進学したんだよ

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 00:06:23.57 ID:BVaIeTT30
県大会決勝で負けてここまでって諦めた場合もあるか

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 00:17:36.37 ID:UOdoSaLe0
その辺めちゃくちゃ深い理由があったら面白いと思うけど、原作には期待出来んなぁ...

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 00:24:43.41 ID:bcqSKeAj0
一応プロットあるらしいから、そういう経緯は決めてあるっぽいんだけどな

和に一目惚れとか、ハンド部が無かったからとか、中学の時に怪我したとかだろうけども

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 00:26:35.88 ID:uNbqMoW30
でも県大会決勝まで行ったら普通は高校でも続けそうなもんだけどなぁ身長も高いし推薦とれそうだし
謎だ…

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 00:29:10.74 ID:M4j/xVeP0
>>712
意外とそうでもないぞ
中学の時県や全国まで行って高校で違う競技始めた人何人か知ってるし

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 00:58:29.83 ID:RbfZt/WV0
久「県予選の決勝まで行ったの?凄いじゃない!」

「いや、全然。中学のハンドボール部なんか殆ど無いですから出場校も少なかったんで。
誰も決勝まで行けるって思ってなかったですもん。
長野のレベル自体が低いですから
決勝で当たったとこはほんとガチで異次元なくらいで。ボロ負けでしたけどね」

みたいな感じちゃう?

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 01:24:00.29 ID:ctA/lnfB0
膝に矢を受けてしまった可能性

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 01:39:36.24 ID:uiQcvgq90
ラッキースケベでおもちの素晴らしさを体験してハンドボールよりおもちを選んでしまったのか
高校生だししょうがないね
ということは和が煎餅だったら京太郎は入部しなかった可能性もあるのか

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 01:45:23.10 ID:rC7AVwL/O
プロットがマジで見たくなってきた

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 01:51:26.72 ID:6Me8S7kv0
どうせ本編でやる機会なんか無いんだし、ネームがあるならサイトで公開してくれればいいのになw

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 01:51:54.18 ID:ctA/lnfB0
プロットはマジで見たいが
本編が遅いとかそういう段階に無いから

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 02:19:48.86 ID:M4j/xVeP0
今でも台詞無しで姿出ただけで百合豚が発狂するのに公開なんかできるわけない

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 02:34:42.57 ID:rC7AVwL/O
流石にもう速報以外は百合豚とかアンチは消えた気がする

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 02:44:34.30 ID:TDmrtCz80
いやー流石にそれは無いだろいるとこにはいるよノイジーマイノリティは

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 02:45:17.07 ID:DST+pHoF0
ん、どうしたんだ和?

へ?俺がなんで麻雀部に入ったのか知りたい?

ん、分かった。多分少し長くなるから座れよ。スペース開けるわ

じゃあ麻雀部に入る前に中学の頃の話する…麻雀部に入ったのにも関係があるからな

中坊の頃、俺は何か皆と違うものを求めてハンドボール部にやってきた

まぁ、最初は何となくだったんだ

そしたら、その部は人数が少なくて、廃部寸前だったんだ。オマケに先輩達…といっても全員合わせて2、3人はやる気がない

俺はそんな部活が嫌だった。だって、せっかく入ったら言った通りの有り様だぜ?

だから、先輩達を説得して、人数ギリギリ先輩達と集めて。そしたら……皆が協力し始めたんだ

最初は全然上手くいかなかった。だけど、皆楽しかった。

最初の大会では他校に色々言われたし、ケンカもあった

それでも、諦めないで大会に出たんだ。そしたら、準優勝出来たんだ

すっげー嬉しかった。達成感があった。諦めない力を知った

結局、その後は廃部になったけど、あの感動は忘れないよ

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 02:47:56.17 ID:DST+pHoF0
少し喋り過ぎたな…それで俺は、高校に入った

人と話すのは得意だから、すぐにクラスメートとも仲良くなった

そしたら、噂を聞いたんだ。それは、学校の議会長が、廃部寸前の麻雀部にいるっていう話

実際に行ってみたんだ、そしたら竹井前部長と染谷現部長がいたんだ

二人とも、楽しそうだったし、麻雀を全く知らない俺でさえ麻雀が楽しいって感じるくらいだった

その時、中学のハンドボール部を思い出したんだ

ほんの少しでも力になりたいって思った。廃部にならないでほしいとも思った

だから俺は、この麻雀部に入ったんだ。こうすれば、廃部は防げるんじゃないかってね

その後は知っての通り、優希や和、そして咲が入った

そして、全国優勝。本当に凄いと思った。部長が、あなたがいてくれたから優勝できたって泣きながら言われた時は、ちょっとドキッとしたけど…

一方、男子は予選一回戦敗退。悔しかったと同時に泥を塗ってしまったと思った

だから、まだ止められないよ。俺も全国優勝したいし同じ場所に立ちたいから

そんなこんなで以上が俺の話だ。少し長くなったな…すまん…

寒いし飲み物買ってくるわ、何がいい? …ミルクティーね了解。すぐ買ってくる

和「行きましたかね…」キョロキョロ

和「あんな話聴いたら…惚れ直しちゃうじゃないですか…//」カァァ

カンッ

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 03:19:55.45 ID:NP6q8WpfO

アリですね

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 03:44:33.72 ID:bcqSKeAj0
乙、いいねこれ、ちょーいい

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 07:09:08.12 ID:NP6q8WpfO
和「咲さん咲さん咲さん」

……。

桃子「男が先輩に近付くなっす!」

……。

智紀「……米」

……。

 〜〜〜

久「永水の娘達と合宿する事になったわ」

京太郎「買い出しですね、リスト貰えますか」

久「……?はい、お願いね」

〜合宿当日

京太郎「荷物ここで大丈夫ですか?」

久「う、うん……ありがと」

京太郎「では失礼します。皆さん楽しんできて下さいね」

久「……物分かり良すぎない?巨乳率高い永水だし、参加するって言い出すと思ってたんだけど」

咲「確かに……最近京ちゃん胸の大きな人に会ってもテンション高くならないんですよ。どうしちゃったんだろう……」

京太郎「いや、大した事じゃないんで。ちょっと世界の真理ってヤツに気付いただけで……」

久「真理……?」

京太郎「俺はおっぱいの事好きだけどおっぱいは俺の事好きじゃないんだって……」

咲「」

京太郎「大体レズで、相方狙いに思われて敵視される。そうでなくても精々無関心がいいとこ」

久「あ、あの……」

京太郎「ああ、退部とかは考えてないですよ。心を無にして働きますとも」

久「いや、そういう事じゃなくて……」

咲「京ちゃん……酸素欠乏症にかかって……」

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 07:10:59.17 ID:NP6q8WpfO
京太郎「それじゃ失礼しますね、帰ってネトマのレーティング上げるのに勤めます」

久「……どうしよう」

咲「京ちゃんが京ちゃんじゃなくなっちゃったよ……」

〜〜〜

小薪「こんにちは」

京太郎(一見フレンドリーだけど異性慣れしてないただ無邪気なだけの妹尾さんパターン)

霞「清澄の方ね?貴方は参加しないのかしら」

京太郎(柔和な態度に思えるけど探りをいれてる……これは東横さんパターンだろ)

春「……」ポリポリ

京太郎(我関せずって感じだな。沢村さんパターンかな?何にせよ俺に興味は無かろう)

霞「……あの?」

京太郎「失礼。女子の集いに参加する訳にも行かないですからね、自分は単なる荷物運びです」

小薪「そうなんですか……残念です」

京太郎(並の男はそれだけで惚れちゃうから自重してあげて下さい。はぁ……なんで戦争は無くならないんだろ)

〜〜〜

美穂子「あら?須賀くんじゃない?」

京太郎「風越の部長さん……」

美穂子「うえ……じゃない、久から合宿って聞いてたけど?」

京太郎「あー、女子はそうですね……黒一点の俺は留守番です」

美穂子「え……?久がそう言ったの?」

京太郎「あ!いや、そういうんじゃないです。飽くまで自主的なものですよ」

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 07:11:57.12 ID:NP6q8WpfO
美穂子「虐めとかではないの……?久の事庇ってない?」

京太郎「無いです。……てか、福路さん、部長の事好きなんじゃ……?」

美穂子「いいお友達とは思ってるわよ?でも部員に酷い事してるなら話し合いが必要よ」

京太郎(……もしかしてこの人レズじゃないのか?)

美穂子「そうじゃなくても須賀くんの事は気にかけてるのよ?困った事があったら言ってね」

京太郎「あ……ありがとうございます(くそ、巨乳にはもう惑わされないぞ!)」

〜〜〜

和「おかしいです……男性は百合趣味の女を自分のモノにしたがると聞いたのですが……」

桃子「ツンデレが流行りと聞いたのに全然効果無いっす……」

智紀「ミステリアス系が人気と聞いた……んだけど、須賀くん最近龍門渕に遊びに来ない……」


カンッ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 07:28:59.71 ID:BVaIeTT30

悟り開いちゃったかー

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 07:37:41.78 ID:IuISc9990
彼女が出来て余裕が出来るとなぜかモテる現象……

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 08:37:08.38 ID:QnQtjMKW0
ハンドボールの試合で怪我をして一週間くらい入院することになったんだけど
そこで大阪で教師をしてるという一人の女性と出会い「先生」と呼んで慕っていた
先生はしばらくしたらまた大阪の病院に転院していって
月日が経って受験の忙しさとかでそんなことすっかり忘れてたけど高校に進学して部活はどうしようかって時に
そういえば先生が麻雀部の顧問をしていたって話を何故か思い出して誘われるように麻雀部の部室を訪れて

みたいなのを考えたことが

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 08:51:04.32 ID:rnvOyo0v0
>>728
小薪の誤字は流石にどうかと思う

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 08:57:09.44 ID:b/X/kz9Y0
何故か下着限定のラキスケが起きる能力が手に入ると言う電波を受信した

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 09:23:22.12 ID:4ul109xM0
京太郎「ばりぼり」

洋榎「ばりぼり」

京太郎「せんべいうまいっすね」

洋榎「ハロウィンやねんしもうちょい気のきいた菓子用意しとけや」

京太郎「安かったんですよプロ雀士せんべい」

京太郎「おまけが新しくなるせいかワゴン行きだったんですよ」

洋榎「ウチは集めてへんけどカードええの出たん?」

京太郎「そこそこ。といってもはやりんと戒能プロのカード以外全部売りました」

洋榎「このおもちスキーが…どんぐらいになったん?」

京太郎「それはですね…ゴニョゴニョ」

洋榎「まじか」

京太郎「いえす」

京太郎「そのお金でパンプキンケーキを買って来ました」

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 09:24:49.01 ID:4ul109xM0
洋榎「おかえりハロウィンの話題」

京太郎「愛宕家に帰ったら皆さんでいただいてください」

洋榎「家に来てもええねんで?」

京太郎「雅枝さんの俺を見る目が野獣の眼光なので却下」

洋榎「聞きたくなかったなそれは」

京太郎「Trick or Treat?」

洋榎「唐突!?…なんもないわ」

京太郎「お互いにベッドの上で裸ん坊ですもんね」

洋榎「言うなや恥ずかしい」

京太郎「じゃあイタズラしますね」

洋榎「おう来いやメイド姉妹幼馴染み先輩後輩同級生お嬢様」

洋榎「眼鏡ツインテールツーテールおさげ屋内屋外」

洋榎「様々なプレイを経験したウチが恐れるものなんかあんまないで!」

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 09:25:50.61 ID:4ul109xM0
京太郎「結婚してください」

洋榎「…ウェディングプレイ?」

京太郎「違うそうじゃない」

京太郎「…給料、三ヶ月分です」

洋榎「なんちゅうか、お決まりの値段やな」

京太郎「ベタでしょ?でも、本気です」

洋榎「あー 」

洋榎「うー 」

洋榎「…まぁ」





洋榎「ふつつかものですがよろしくな」

京太郎「よろしくされます」



カン!!

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 09:30:30.40 ID:im6wzsU80


雰囲気が既に熟年夫婦のようだ

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 10:23:58.95 ID:7zX+qQWy0

洋榎お嬢様見てみたいな……

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 12:50:43.44 ID:D57eLGDu0

落ち着いた愛宕
胸も落ち着いてる

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 16:02:36.15 ID:rC7AVwL/O


>>734
詳しく書くべき

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 16:18:13.49 ID:PnxhbVbo0
京太郎自身が下着になることだ
エロゲであったなこれ

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 16:24:58.91 ID:M4j/xVeP0
Toloveるでもあったな

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 16:28:05.19 ID:b/X/kz9Y0
急に風が吹いてスカートがめくられたりとかきがえ中にばっかり出くわすとか雨が降ってきて制服が濡れて透けるとか

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 16:39:19.79 ID:nNrUEr3L0
普通過ぎる

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 16:50:40.94 ID:vgLBb7kMO
風が吹いたらシャツがめくれあがって鍛えられた腹筋チラリとか、着替えでパンイチのときにふみこまれて慌ててスッ転び丸出しとか、雨にうたれてシャツが透けて乳首がうっすらとかを
京太郎でやればいいんだ

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 17:03:49.45 ID:5CPAdRpb0
逆転の発想で女の子を下着化させよう

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 17:10:39.35 ID:PnxhbVbo0
>女の子を下着化
一見下着姿にするという字面だから叙述トリックに使えそう

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 17:29:07.34 ID:X4EubLijO
>>742
ぬ〜べ〜でもあったな

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 17:35:46.05 ID:NP6q8WpfO
>>733
うわっマジだ…やるまいやるまいと思ってたのにこれだよ
小蒔ちゃんゴメン

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 21:12:24.12 ID:rC7AVwL/O
>>744
風がふいてスカートめくられは大人数で見たい

あと白糸台の制服すごい透けそう

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 21:15:44.97 ID:uiQcvgq90
ライエル化した面子が京太郎の仕草一つ一つで鼻血を出して失血死とな

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 21:25:54.48 ID:TDmrtCz80
【咲・安価】『次は?巌戸台?巌戸台?』京太郎「……ん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414927625/

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/02(日) 21:57:18.54 ID:KAUQqhXD0
和の胸部に危機感を覚え京太郎を尻フェチにしようと奮闘する咲とニーソフェチにしょうと画策する優希ください

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 11:09:40.69 ID:feRR0/rW0
>>753

本当はスレタイに波ダッシュ塚いたかったんやけど使えなかったんや……(血涙)

だから本来のスレタイは『次は〜巌戸台〜巌戸台〜』なんや……すまぬ……すまぬ……

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 13:40:04.61 ID:iPa/DvInO
あぁ、たまに〜が・や?になってるみたいだし……ちかたないね


それにしても、浮かんだネタがカタチにならない
1 部室で居眠りしてる京太郎
2 京太郎を起こそうと声をかけるキャラ
3 寝ぼけてちょっとスペース開けて「わかった、わかった。ホラ、来いよ」と手招きの京太郎
4 こっから浮かばない
誰か、カタチにしてくれ……

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 15:05:51.46 ID:m/JOksIZ0
裸で入り込んで既成事実捏造しようとする咲ちゃんですねわかります

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 15:07:05.12 ID:QHcDfQZE0
あわあわかな?

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 15:57:54.56 ID:feRR0/rW0
>>756

本命 咲、照、衣、タコス、淡、シズ、宥
対抗 和、久、憧、池田、玄
大穴 まこ、灼、菫、霞

と言ったところか……?

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 16:55:37.03 ID:F7CNq2iq0
>>759
姫様がいないことについて言い訳を聞こうか

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 17:50:27.45 ID:rzIJhOkb0
寝ぼけてカピーと勘違いして姫様を抱き寄せて頭を撫でる京太郎とな?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 17:58:26.02 ID:yItP/jd/0
毎日カピーを抱いて寝てるんですよーって言ったら恋人の名前と勘違いされて修羅場る京太郎とな?

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 18:12:02.58 ID:IIvMMS0Q0
カピーって名前で恋人か
日本人ではないだろうな

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 18:41:03.22 ID:aIdoSFjb0
>>760
すまぬ……すまぬ……!

>>763
つまり臨海メンバーが彼女という可能性……!

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 18:51:22.37 ID:QYGSBW7q0
カピバラに有名な女優とか人間ぽい名前を付けていて、それを勘違いされるってのならありそうだ。
カピorカピーだとどっちにしても人間の名前とは認識されないんじゃないかなー、外国人含めても。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 19:28:10.35 ID:nPolZfxt0
カピーじゃ名前ってよりあだ名と思われるだろうな
誰よりも親しげに名前を呼ばれるカピーとは何者……って感じに勘違いされそう

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 20:26:57.63 ID:F7CNq2iq0
加鳥雛という子がカ(加)ピー(雛鳥の鳴き声)と呼ばれるのか(天啓)
あ、咲キャラには当てはまんねーわ。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 20:30:47.26 ID:VAMKKN+y0
エイスリンと名付けよう

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 20:31:09.55 ID:SnKk33K50
ツイッタとか顔本でカピバラ大好き@〜とかいうアカウントの人と仲良くなってカピーって呼んでるとかでいいでしょ

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 20:33:51.37 ID:QHcDfQZE0
いやーアイツ(カピー)が一晩中甘えてきたせいで今日は寝不足なんですよーと爆弾発言をする京太郎だって?

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 21:25:08.85 ID:QYGSBW7q0
中学からの仲だから咲とか名前を付けるはずもないが、小学生からの仲って過去設定にすれば、宮永姉妹の名前を付けるのはありえる
ソレを言ったらあらゆる女性キャラと幼なじみ設定するだけで可能なんだけどさ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 22:33:57.32 ID:E/p2xWBA0
カピだからカーちゃんというあだ名を命名すれば「京ちゃん家のカーちゃんに会いたい」と言わせることも可能なのではないだろうか?

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 23:01:01.51 ID:ohwwEPnY0
カピバラのどこか一文字なら、バーちゃんもいけるぞ

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 23:20:33.30 ID:NeeVNgxZ0
>>773
つまりトシさんか……

京都市…… 閃いた!!

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 23:32:48.40 ID:HfBvj/uX0
京都市でデート?

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 23:38:21.74 ID:XGccG75/0
京都の名所ってどこだ?

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/03(月) 23:50:40.41 ID:tIongfSO0
京太郎「安価で催眠術をかけてみる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415017532/

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/04(火) 00:08:41.75 ID:6Xr9P9sh0
京太郎「この度はご結婚おめでとうございます、望さん」

望「お、京ちゃん。ありがと〜」

京太郎「でもいいんですか?俺なんかが出席しちゃって」

京太郎「見た感じ、親族しかいないような…」

望「何言ってんの、オトウトが姉の結婚式に出るなんて当然でしょ」

京太郎「まだ弟違います…って何回やるんすか、このやりとり」

望「そりゃあ、本当になるまで?」

望「ところで憧は?」

京太郎「親戚の人と話してます。俺は居場所が無かったんで逃げてきました」

望「あはは、そりゃそうよね。でもまぁ顔見せだと思って、ね?」

京太郎「外堀埋められてんなぁ俺」

望「逃がさないわよ?」

京太郎「今のところ逃げる気は無いんでいいですけど。ところで神前式?ってどんなことするんですか?」

望「ん〜、基本的なことは教会でやるようなのと同じよ」

望「違うのは…キスはしないわね。あとは御神酒飲むくらいかな、三三九度ってやつ」

京太郎「サンサンクド?」

憧「あれって見てるだけでもめんどくさいのよね」

京太郎「おぅ憧。で、サンサンクドってなに」

憧「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%B8%89%E4%B9%9D%E5%BA%A6

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/04(火) 00:09:23.11 ID:6Xr9P9sh0
望「何年かしたら京ちゃんもやるんだから、ちゃんと見とくのよ」

京太郎「でもこいつウェディングドレス着たいって言ってましたよ?」

望「へぇ、そういう話してるんだ〜」

京太郎「いやいやいや、穏乃とかとそういう話題になっただけですから!」

憧「そんな力いっぱい否定しなくてもいいじゃない」

望「はいはい、拗ねないの」

憧「べつに拗ねてないし…」

望「ちなみにウェディングドレスなら私も着て、写真だけとったわよ」

京太郎「へぇ、だってさ憧」

憧「いやあたしは知ってるわよ」

望「あとで見せてあげるわね」

京太郎「楽しみにしときます」

望「惚れちゃダメよ〜?」

京太郎「ご心配なく、俺にはこれがいるんで」
憧「ふきゃっ」

望「せっかくだしあんたたちの式も一緒にやっちゃう?」



かん

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/04(火) 00:19:38.21 ID:sFeJ1gC60
甘い!


781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/04(火) 01:23:08.73 ID:b/owphev0
京太郎「部のみんなに女の子としての点数をつけよう」 [転載禁止]&#169;2ch.net・
http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1415014873/

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/04(火) 20:22:55.23 ID:T9WClZ6RO
明華に奉仕される京太郎見たい

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/04(火) 21:50:00.07 ID:Pfx5KbSN0
http://www.saimoe2014.info/

2014/11/05咲陣営投票用テンプレ

[[AS14-7-AAAAAAAA-AA]]-00000

<<新子憧@咲-Saki- 全国編>>

世界1位


◆投票方法
@
http://rose-lilac.sakura .ne.jp/code/index.html
ここで投票コードが取れる

画像認証したら1時間後にまたアクセスして再度画像認証を行うこと
それでコード取得完了

最終発行だと投票猶予3分しかないから21時34分までに一回目の画像認証を終わらせておくといい

A
コード取得したらここで投票を行う

http://saimoe.thread .jp/test/read.cgi/ast/1410697047/

ここで注意して欲しいのは萌え文と一緒に書き込まないと投票は無効になるということ
何でもいいから適当な一文を書き加えておくように
また投票時間は01:00:00(.00)〜23:00:59(.99)



[[AS14-7-AAAAAAAA-AA]]-00000 ←投票コード
<<高鴨穏乃@咲-Saki- 全国編>> ←投票キャラ
<<園城寺怜@咲-Saki- 全国編>>
<<福路美穂子@咲-Saki- 全国編>>
トリプル!3順先や! ←萌え文

B
後はPCやスマホで別々にコードを取得することで多重投票することが出来る
例・・・デスクトップPC、ノートPC、自分のスマホ(携帯)、家族のスマホ(携帯)

注意点
・スマホ、携帯はID、IPが被らないようにWi-Fiは切る
・PCはルーターのコンセントを差し替えてID、IPを変える
・投票時にIDが被らないように気を付ける

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 01:31:51.28 ID:c5zHlMGBQ
http://www.saimoe2014.info/
本日の試合 11/05(水) プレーオフ FL6組 の出場者は、以下の4名です。
<<御坂美琴@とある科学の超電磁砲S>>
今日の咲陣営一押し→☆<<新子憧@咲-Saki- 全国編>>
<<佐倉杏子@劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語>>
☆<<天江衣@咲-Saki- 全国編>>

【↓昨日の暫定結果です、昨日は多大な協力ありがとうございました。】
投票数:922レス 23:00:58現在 1位 476票 宮永咲@咲-Saki- 全国編
2位 363票 鹿目まどか@劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
3位 39票 桐崎千棘@ニセコイ
4位 37票 中川かのん(アポロ)@神のみぞ知るセカイ 女神篇

785 :3レス性悪のどっち:2014/11/05(水) 03:14:02.86 ID:FhHfeHYfO
「こんにちは」

 部室に入ると須賀くんが茶菓の準備をしているのが目に入る。

「よっ和、今日は遅かったな」

「ええ、掃除当番で少し遅れました。……須賀くんだけですか?」

「あー、他のみんなは風越の皆さんを迎えに行ってるよ。俺は留守番兼お茶の用意」

 言われて練習試合の日だった事を思い出す。

「折角福路さん来るんだしお茶には気合い入れるぜー。どうせ対局中は空気だろうし」

 ……最近の彼は口を開けば風越のキャプテンさんの事ばかり。
 須賀くんからの好色な視線にうんざりしていた私はそれから解放されて清々していた。……はずなのだけど。

「福路さんビターなの好きかな?気軽に摘まめるように今日のクッキーはカロリー控え目にしてみたんだけど」

 何故だか……釈然としない。

「そうだ、こないだハギヨシさんに茶葉の蒸らし方のコツを教わったんだよ。紅茶はちょっと自信アリだぜ」

「ふふ……そうなんですか。それは期待のハードルが上がってしまいますね」

「プレッシャーかけてくれるなよ……あー、喜んで貰えるといいんだけど」

 ……いや。正直言って苛々している。

「この頃は部長と三人とは言え、時々遊んでくれるんだよ。このまま仲良くなれないかな〜」

 それは聞いていない話だった。意外と須賀くんもやり手らしい。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 03:14:58.05 ID:FhHfeHYfO
 ……辟易としていた彼からの熱視線が他の人に向けられて、やっと解放された……それが最初の感想。
 次に抱いたのが福路さんも大変ですね。御愁傷様です、と言った感想。
 今抱いてる気持ちとしては……。

「そろそろいらっしゃるかな……やべ、緊張と高揚がいっぺんにやってきた」

 ……ペットが他人に尻尾を振っている、と言うのが近いかもしれない。
 どうも私は自分で考えていたより大分性格が悪かったようだ。
 須賀くんを犬呼ばわりするゆーきを窘めていた自分がこれなのだからどうしようもない。
 でも……自分のモノが他の人を見ているのがどうにも許せないと、今はそう思う。
 これまで気が付かなかったそんな自分の卑しさに戦慄する。
 それでも彼の手綱を手渡しなくないなんて、今更ながら強く感じる自分の薄暗い感情にはむしろ笑えてくる。

「あ、来たみたいだな。……皆さんこんにちは、お待ちしてまsッの、和!?」

 突然腕を抱き締められて焦る彼は小動物のように見える。
 それが体格にそぐわなくて何だか妙に可愛らしく思えた。

「遠路はるばるお疲れ様です、ようこそ清澄高校へ。……本日は胸を借りるつもりで打たせて戴きます。宜しくお願いしますね」

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 03:15:55.19 ID:FhHfeHYfO
「こ、こんにちは。今日はお世話になります。……あの、お二人はそんなに仲が良かったかしら?」

「い、いや、その……俺にも何が何やら……」

 須賀くんは私からのスキンシップに混乱しているようだ。
 あ、後ろの方でで部長達も固まってる。
 まあ、私のこれまでの彼への態度を鑑みれば栓のない事かもしれない。

「さ、こちらへどうぞ。ほら須賀くん、皆さんにお茶をお出しして」

「は、はい!」

 何が起きてるのか理解出来ないなりに言われた通り動く彼。パタパタ揺れる尻尾が見えるようだ。
 ああ……ゾクゾクしてきた。
 もう決めた、須賀くんは私がずうっと飼い殺しにする。
 性悪女で申し訳ないけど、一度でもこんな女に尻尾を振った自分を恨んでほしい。
 ……ふふ。そんなに不安そうな眼をしなくても大丈夫ですよ。
 いい子にしてたらちゃあんと、御褒美あげますからね、京太郎くん♪

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 03:40:25.96 ID:MnJEWZQ70
これは乙でいいのか?

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 03:42:22.30 ID:EslNLOM00
面白かった乙

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 03:42:58.09 ID:FhHfeHYfO
あ、スンマセンこれで完です

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 03:44:05.44 ID:+amN23Ng0

続きがすげぇ見たい

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 07:47:49.40 ID:pyOjTESt0

キャップの視点が見たい

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 09:14:08.60 ID:ryXlCzKx0
夏が終わった。

団体戦準優勝という結果は残せた。
だが、私はなにかイヤな予感がしていた。
なにか大事な事を見落としているような、だけど、それに気づけば今の自分で居られなくなるような、そんなイヤな予感。

「……なんなのかしらね。」

今日は学生議会も無い、麻雀部も休みだと聞いている。だからだろうか?部室のベッドに横たわりながらこの違和感の原因を探っていたのは。

「あれ?ぶちょ……竹井先輩。どうしたんすか?今日は部活無いっすよ?」

「あー……ちょっと考え事をね?そういう須賀くんこそどうしたの?部活も無いなら部室に寄る用事も無いんじゃ……?」

……まただ。この違和感。須賀くんを見るとこの感じは途端に強くなる。咄嗟に被った『竹井元部長』の仮面に綻びは無いだろうか?彼にこれ以上の迷惑は……『これ以上』?

「あ、俺は部室の掃除と買い出しっす。俺は麻雀弱いからせめてこういうところで……竹井先輩?」

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 09:15:02.86 ID:ryXlCzKx0
『ソレ』に気づくな。と叫ぶ自分が居る。『ソレ』に気づいてしまえば自分は壊れてしまうから。
『ソレ』を認めろ。と叫ぶ自分が居る。『ソレ』は自分が起こした事なのだから。

「あ、あぁ……」

「竹井先輩?大丈夫ですか?」

そんな優しい目で私を見ないで、二律背反の私には、その優しさは致命の蜜(どく)なのだから。

「ごめん……なさい……」

ホロホロと涙が零れるのを感じる。そうだ、私は……

「逸材が居るからとか……言い訳して……私は……あなたの一年を奪ってしまった……!」

最初の一年、私は一人だった。名字が変わっても人の口に戸はたてられない。上埜という悪名は一人になるには十分だった。
次の二年、私達は二人になった。まこという理解者を得て私達は奔走した。でも駄目だった。たった二人の部活。私は全国という大舞台への憧れに身を焦がした。
最後の三年。私達は六人になった。逸材ばかりの一年生達。これなら全国を目指せる!その欲望に私は目が眩んだ。

一年生には麻雀部にただ一人の男子が居た。彼は弱かった。全国を目指すなら彼に優先的に教える事はできなかった。

……そう、私は彼を切り捨てたのだ。全国という大舞台への憧れを誰よりも知っている筈だったのに、同じ地平に立てない悔しさを誰よりも知っている筈だったのに……!

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 09:16:21.58 ID:ryXlCzKx0
正直に言って、ぶちょ……竹井先輩が俺の前で泣くなんて事は俺には想像もつかない想定外も想定外の事態だった。

それに言っている事も俺には正直分からない。なぜ先輩が謝らなくちゃいけないんだ?だって、先輩は……

「先輩?なんで先輩は俺の一年を奪ったなんて思ってるんすか?」

泣き出して座り込んでしまった竹井先輩をつい抱き締めて頭を撫でてしまう。それはきっと、その泣き顔が見てられなかったからだと思う。

「だって……私、須賀くんにろくな指導も……してないし……!合宿も一人だけ置いていった……!いつもの部活でも……!須賀くんをずっと雑用でコキ使ってた……!」

あー、うん。そういえばそんな事もあったな。確かに合宿の時は寂しかった。でも……

「先輩?いや、部長。」

あえて竹井先輩ではなく竹井部長と呼ぼう。きっとそれがいい。

「俺は部長達が全国の大舞台で輝いてるのを見て嬉しかったです。そりゃ全自動卓を運ばされた時は疲れましたし、合宿に置いてかれた時は寂しかったです。
……でも、それ以上に楽しかった。咲や優希、和やまこ先輩、そして部長。皆がのびのびと麻雀してるのが見ていて楽しかった。俺が雑用を引き受けてコイツらの楽しそうな顔が見れるんなら、雑用の百や二百ソッコーでおわらせてやる!ってくらい嬉しかったっす。
だから……部長もいつも通りニヤッと笑っててください。しおらしい部長も可愛いですけど、俺はいつもの部長の方が好きですし。
……俺が雑用してたのは部長に押し付けられたからじょないっす。俺が自分でやりたいから率先してやってたんですよ。」

だから泣かないでください。言葉にはしない。だけどきっとそれでいいんだ。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 09:30:10.78 ID:ryXlCzKx0
須賀くんは私を許してくれた。だけど、私は私を許せない。だから、須賀くんにおねがいした。

「ここでリーチするのは危険よ?この場合は多少攻めてが遅れるのは容認してオリも視野に入れていきましょう?」

「あー、なるほど。今までだとリーチの危険性とかそこまで考えてませんでした。この前教わった通りっすね。他家の河見れば相手がアガリ寸前ってのが分かるっすね。」

私は須賀くんに個人指導をさせて貰う事にした。ほっといたツケ……と言っても須賀くんは受け取らないだろうから、その言い分は私の胸の中にしまってあるが。
推薦でほぼ決まりだからヒマ潰し。彼にはそう言ってある。実際に推薦も決まっている。でも、今はそんな建前もどこかに言ってしまう程に須賀くんへの指導が楽しくなっていた。アガれば喜び、トベば泣く。表情がコロコロ変わる須賀くんは見ていて飽きない。

「……もしかして本気になっちゃったかなー?これは」

「?どうしたんすか?竹井先輩」

「ん?別にぃ。ちょっと須賀くんを全国まで送っていきたくなっただけよ」

「え゛っ」

私と彼の夏は……きっと今始まった。

カンッ!

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 09:32:53.09 ID:ryXlCzKx0
という訳で唐突なヒッサage。

なんか見直してみると色々違和感ががが……

泣き顔ヒッサは絶対可愛い(確信)

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 10:32:22.69 ID:uPQecfuk0


799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 10:53:37.91 ID:zPEjnal70

久かわいい

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 11:32:56.21 ID:4NwH5+nK0
乙。
良かった、回想シーンで京太郎の扱いをモブ以下に置く部長なんかいなかったんだね!

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 13:33:03.45 ID:SF0wG2s90
良いゾ〜

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 17:34:07.16 ID:qfuyv8T60
>>785>>793が同じ世界線だったら、楽しくない?楽しくなくない?

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 18:20:40.72 ID:FhHfeHYfO
ぶちょかわ乙

>>802
まこさん辺りの胃に穴が空いてしまう…

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 19:47:46.69 ID:7rIIxFwv0
>>802

咲ちゃんが咲さんになってしまうのでやめてください(迫真)

ただでさえ部長の急接近を見て不安定になってるんだから……(続編話)

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/05(水) 20:18:07.62 ID:UE1VH7HP0
>>802
誰か書いて下さいお願いします

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 03:21:41.95 ID:jbV04iHc0
お?修羅場?

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 09:45:42.29 ID:0bIHg38s0
今日はお見合い記念日の日だけど、お見合い(縁談)と言えば
「『偽の恋人役』を誰かに頼んで望まない縁談やお見合いを断る(破棄する)のに協力して貰う」
ってのがドラマやラブコメみたいな恋愛モノとかでよくある話だけど
もし京太郎がその立場になったら誰に『偽の恋人役』を頼むんだろうね?

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 09:56:06.48 ID:koR1LOP90
相手が全くこっちの事を知らないなら咲さんでいいんじゃない?

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 09:57:52.15 ID:AUb99n6j0
咲ちゃんだと親が知ってるから無理
和は本命だからヘタレて頼めない
まこは真面目で頼みにくい
タコスはタコスだから厳しい
って事で案外、久辺りなんじゃないかなぁと予想

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 11:11:44.64 ID:sSTwaoB80
>>807
それ自体が親経由とかお家関係とか限定される状況だから親しければ誰でもいいんじゃない?
単に一般的に見合いするだけなら受けて自分で断るだろう

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 12:28:12.68 ID:lnkcC6QI0
フェイクのつもりが親に対して自分の良さを京太郎が語るうちにフラグが立つヒッサとかあると思います

ヒッサの場合肩書き(義会長&清澄をIHに導いた立役者)と高い社交性で気付いたら両親の外堀埋め立てて
建築物を完成させそうではあるけど

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 12:38:59.99 ID:YJEjorMy0
話を根本的に否定するようだが、むしろ頼まれる側だと思うね。
そしてそれが切っ掛けでフラグが建っていくという

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 13:43:14.12 ID:eQureXbw0
キャップが久を通して頼む
フラグ立つ
キャップの話を聞いて今度はかじゅが頼む
フラグ立つ
なんか面白くない久
フラグ立つ
こんな感じ?

つか個人的にキャップとかじゅは一度はお見合いをさせられる印象

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 17:41:03.36 ID:AUb99n6j0
京太郎がお見合いするんだとしたら相手は誰になるんだろうな
個人的には姫様、サトハ、菫辺りが有力候補な気がする

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 17:58:02.44 ID:f1MI3QqxO
宥姉は?
松実館の跡取りを考えたら

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 19:31:20.69 ID:CmR1jmHhO
お嬢様っぽいたかみー

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 19:57:17.41 ID:BGIWMFN/0
能力的にも実は隠れお嬢様だった属性ありそうなかおりんを推そう

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 19:59:55.52 ID:RLLHNbAPO
ワハハさんとか……

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 20:01:25.35 ID:dNSw0fKc0
案外百合ぽい奴が(桃、姫子)が
「本当は先輩がよかったけど、男じゃないと意味ないから仕方なく、そう仕方なく」
ってな感じからっでもいいと思うの

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 20:27:36.01 ID:DNzUezTJ0
智葉さんとお見合いとか怖すぎる・・

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 21:11:01.04 ID:lnkcC6QI0
明日(カピーの)お見合いなんですよ。相手は可愛くて活発的で(カピーも)一目惚れしまして
ウチもですけど相手先の両親も今から早く(カピーの)子供の顔が見てみたいと張り切っちゃってるんですよ
困っちゃいますよね
とにこやかに地雷踏み抜いたらどうなるんだろうか?

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 22:07:50.33 ID:Tczodqup0
協力監禁エンドかな?

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 22:08:14.37 ID:ZAwAIzeL0
>>820
絶対和服着てくるだろうなあ
長ドス装備してる可能性があるが

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 22:10:05.78 ID:0fHNZrrd0
>>821
本人はペットの話をしてるのに「相手先の両親も」とは言わないだろ

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 22:44:12.82 ID:33e6y+m50
>>824
ペットを子供代わりにする夫婦とか普通にいるよ
それに合わせて両親って発言してるんだろ

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 23:19:33.56 ID:EJMz4P7I0
なんで京太郎単体なのに夫婦の話出すん??

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 23:26:25.78 ID:EJMz4P7I0
あ、相手方のことかと書いてから気づいた

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/06(木) 23:48:41.93 ID:NuzrJ6uV0
京太郎「そろそろ(カピーの)嫁さん見つけないとな…」、とかでもいい修羅場を引き起こせそうだな
そう考えるとなかなかカピーは有能だな

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 00:23:25.34 ID:HaHvr2bt0
今日は麻雀が強くて優しくも美しいお姉さんの誕生日だそうです

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 00:50:50.67 ID:vVgPEoOQO
なるほど竜華の誕生日だったか

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 00:57:44.95 ID:tVpqjL1+0
咲「いつになったら抱いてくれるの?」京太郎「だかねーよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415289102/

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 00:58:37.93 ID:tVpqjL1+0
>>814
とーか

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 04:42:24.44 ID:ffVh5Ftm0
>>831
ホモはNG

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 04:52:06.64 ID:tVpqjL1+0
>>833
URL貼った時はまだホモスレかどうか分からんかったし...
怪しいなとは思ったけども

835 :シノハユ混じり、六レス:2014/11/07(金) 06:51:02.11 ID:t3HLcb8WO
京太郎「ただいま〜……はぁ、また姉ちゃんに怒られるかな」

閑無「おー帰ったか。おかえりおかえり〜」

京太郎「ね、姉ちゃん……帰ってたんだ。……怒ってる?」

閑無「んー?ああ、今年も県予選突破出来なかったな。まー準決まで残ったなら上出来上出来」

京太郎「インターミドルはまだ遠かったよ……姉ちゃんに鍛えて貰ってるのに不甲斐ない弟でゴメン……」

閑無「まだ来年があんだろ。あんまクヨクヨすんなって」

京太郎「ありがと……」

 〜〜〜

京太郎「姉ちゃん、ご飯出来たよ〜」

閑無「サンキュー。おっうまそうだな、食べよ食べよ!いただきまーす……うまっ!」

京太郎「ホント?やったぜ」

閑無「……我が弟ながら勉強運動家事まで何でもそつなくこなすんだけどなぁ。なんで麻雀だけ中々芽が出ないんだろ」

京太郎「ぐふっ……それは言わない約束だよねーちゃん」

閑無「……悪い」

 ピンポーン

京太郎「あれ、誰だろ」

閑無「いーよ私が出るから座ってな」

 〜〜〜

閑無「はいはいどちらさん……」

はやり「閑無ちゃんこんばんは〜」

閑無「なっ!?瑞原てめーこっち帰ってたのかよ!」

はやり「突然お休み貰える事になったんだ〜。はいこれお土産のお饅頭」

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 06:51:57.35 ID:t3HLcb8WO
閑無「おっ悪いね。……って、いきなり来てんじゃねーよ!こっちにも持て成しの用意とかあr」

京太郎「姉ちゃん大声出してどうしたのさ」

閑無「オホンッ、な、何でもない!」

はやり「わぁ京太郎くん?久し振り〜。大きくなったねえ」

京太郎「みっ、みみみ瑞原さん!?お久し振りです!こっちに戻ってらしたんですか!?」

はやり「あはは流石きょーだいだ、リアクションがおんなじだね。ていうか瑞原さんなんてよそよそしいなぁ、はやりでいいのに」

京太郎「い、いえその何と言いますかその、あはは……」

閑無「くそぅ、こっぱずかしい……」

 〜〜〜

はやり「それじゃ慕ちゃん達にも挨拶してくるね。明日都合が合えばみんなで遊ぼう?京太郎くんも良かったらおいでよ」

京太郎「えっ、いえあのその、ご迷惑では……」

閑無「中坊がンな事気にしてんじゃねーって。慕もお前と遊びたがってたぞ」

はやり「うんうん、みんな一緒の方が楽しいよ」

京太郎「ですかね……それじゃあ、ご一緒させてもらいます」

はやり「やった!じゃあ閑無ちゃん、後でまた連絡するね」

閑無「ん、分かった」

 〜〜〜

京太郎「はぁ〜。き、緊張した……」

閑無「……姉弟共々瑞原を前にするとテンパっちまうのは血筋なんかね」

京太郎「や、テンパると言うか何と言うか瑞原さん美人だし優しいし緊張するのも仕方ないと言うか……」

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 06:52:52.89 ID:t3HLcb8WO
閑無「んなもん杏果や慕だって似たようなもんじゃねーか。あいつらお前の事スゲー可愛がってるぞ」

京太郎「そ、それは……」

閑無「奴らとは別なわけだ。認めちまえよ、好きなんだろ?瑞原の事」

京太郎「…………うん」

閑無「よしよし認めたな。そうと決まればガンガン攻めるぞ!あんな奴は私の妹にしてやれ!」

京太郎「えぇ……(てか姉ちゃんも大概瑞原さんの事好き過ぎるよなぁ)」

閑無「何か言ったか」

京太郎「何も……」

 〜〜〜

慕「わァ、京太郎くんちょっと見ない間にまた大きくなったんだね!」

悠彗「今中二だっけ。ね、ねえねえ!気になる男友達とか出来た?」

京太郎「皆さんご無沙汰してます。……あの、ゆ、悠彗さんは一体何を」

杏果「あーごめんね、悠彗ちゃんのそれは只の発作だから。気にしないで」

京太郎「は、はぁ……?」

はやり「お待たせ〜。おっ京太郎くんちゃんと来たね、エライエライ」

京太郎「……!?瑞、じゃなくてはやりさん!?」

はやり「あっ、ごめんね?中学生の男の子なんだから、もう気軽に頭撫でたりしたら駄目だよね……」

京太郎「……いいえ、そんな事無いです。はやりさんに褒められるのは嬉しいです」

はやり「京くん……!」

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 06:53:53.42 ID:t3HLcb8WO
閑無(あん?何だこいつら。うちらで焚き付けてやんなくても勝手にくっつくんじゃねーの?)

慕(はやりちゃんがちょっと落ち込んだのに気付いたね)

杏果(姉と違ってヘタレずにしっかりフォローも出来てたのも好印象)

悠彗(意外とデキる子だね、弟くん。これで相手が♂なモガッ)

閑無(杏果うっさい。よし、二人にしてやると見せかけて覗き見してやろうぜ)

慕(わー、かんなちゃん悪いんだ〜)

杏果(そう言う慕ちゃん笑顔が黒いよ〜?)

悠彗(モゴゴゴ……もう変な事言わないから、稲村さん手をどけてぇ……!)

はやり「はは……気付いたらみんな、どっか行っちゃったねぇ?」

京太郎「?……あれ、ホントだ。……え、これって」

はやり「そーゆう事だよねぇ?……アハハ、京くんもこんなアラサー予備軍と二人きりにされても困っちゃうよね」

京太郎「……そんな事ありません」

はやり「え……」

慕(わ……これ、くるんじゃないかな?)

閑無(男を見せろ弟!)

杏果(ちょっと閑無、いいトコなんだから笑わせないで)

閑無(いくら何でもひどくねー?)

京太郎「お、俺……」

はやり「……京くん?」

悠彗(なんか、こっちまで緊張してきたね……)

慕(悠彗ちゃんシッ!)

悠彗(ひどっ!?変な事言ってないのに……)

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 06:54:54.96 ID:t3HLcb8WO
京太郎「俺……」

はやり「……」

京太郎「…………俺、俺!はやりさんの事が好きです!前からずっとずっと大好きでした!俺と付き合って下さい!」

はやり「……」

京太郎「……やっぱり駄目ですか?」

はやり「……わたしで、いいの……?京くんが大人になる頃には、わたし、おばさんだよ……?」

京太郎「正直……それにはどう答えていいのか分かりません。そんな事無いと言うべきか、年齢なんて関係無いと言うべきか」

はやり「え……」

京太郎「どっちで答えればはやりさんに好かれるのか。そんな事ばかりが頭の中を堂々巡りになってますよ」

慕(……)

京太郎「はっきり言って誠意の欠片も無いです。……だから、自分が今考えてる事だけ。簡潔に伝えたいと思います」

閑無(ごくっ……)

京太郎「俺ははやりさんがいいです!他の誰かの事なんて考えられません!」

悠彗(おお……)

京太郎「待たせてしまう事ばかりは申し訳無く思います!……でも!俺、はやりさんの事誰にも渡したくないです!」

杏果(……やるぅ)

京太郎「……自分の言いたい事だけ捲し立ててごめんなさい。でも、これが俺の正直な気持ちです」

はやり「……」

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 06:55:53.66 ID:t3HLcb8WO
閑無(……ど、どうだ?)

慕(かんなちゃんステイ。後ははやりちゃん次第だよ)

はやり「……」

京太郎「……沈黙が答え、でいいのかな。……分かりまs」

 ギュッ

京太郎「た?」

はやり「……いつの間にそんなにオトコノコになっちゃったの?」

京太郎「はやりさん……?」

はやり「見た目の背丈だけじゃない、こんなにがっしりしてる。私の知らない内にどんどん大人になってたんだね」

京太郎「そ、それって……!」

はやり「後でやっぱり若い娘がいいって言ったら怒っちゃうからね……?」

京太郎「……ッ!!有り得ません!生涯はやりさんだけを愛しますから!」

悠彗「えんだあaアボッ!?」

慕(悠彗ちゃんはしょうがないなぁ。大人しくしてなきゃ駄目じゃない)

閑無(恐ろしく早い手刀。私じゃなきゃ見逃してるね)

杏果(はいはい、おふざけはその辺にして悠彗ちゃん連れて今度こそずらかるよ)

閑無(……やったな、京太郎!お前は立派にやり遂げた。姉ちゃん少し淋しいけど……それ以上に嬉しいよ、おめでとう!)

はやり「これからは好き好きオーラ隠さないから、そのつもりでいてね☆」

京太郎「身に余る僥倖ですが望むところです!はやりさん、大好きだーっ!」


 終われ

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 07:18:34.21 ID:ZGZcHdxX0


842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 12:27:27.42 ID:2rdLzeYt0

すこやんの誕生日にアラフォー仲間に恋人ができるSSとか……

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 13:44:52.18 ID:CXvOqUAn0
竜華に惚れて気を引く為にアレコレと部の為に奔走して
いざ竜華と付き合うことになったら


竜華「なぁ、京くん」

京太郎「すいません、ちょっと今手が離せないんで」


と構って欲しいけど雑用が忙しくて構って貰えない竜華みたいなのが思い浮かんだ
付き合う前は京太郎→竜華で色々アプローチかけてたけど
付き合いだしたら竜華→京太郎になる、みたいな

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 15:10:41.50 ID:r9WkJxPB0
親戚の赤子の面倒を見ることになった京太郎と、京太郎の家に遊びにきた咲ちゃんが一緒に赤ちゃんの世話に奔走するハートフルな京咲が見たい

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 16:32:50.13 ID:tVpqjL1+0
京太郎「閉ざされた扉」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415345117/

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 16:53:37.28 ID:X08BLNjN0
>>835
おぉシノハユのは珍しいな


847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/07(金) 23:44:14.45 ID:dFDPU/Hq0
う咲ドロップとな?

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 00:04:47.38 ID:tVpqjL1+0
【安価】京太郎「ストーカー怖い」咲「ふーん?」【咲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415371382/

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 22:50:00.46 ID:0qYBiYUJO
哩さんに性的にからかわれるSSが見たい

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:01:46.96 ID:bixf9omUO
すこやんの誕生日が加齢にスルーされていたことに今気付いた

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:03:11.10 ID:pIDkgR6s0
>>850

加齢に?
うまいことを言う………おっと、誰か来たようだ

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:07:07.32 ID:kI62p48R0
すこやんだししゃーない

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:08:03.66 ID:tOH2njeP0
京太郎「先輩達遅くないか?」

泉「そ…そうやな…」

京太郎「まったく…泉の誕生日だから遊ぼうって言ったのは先輩達なのに…」

泉(ほんまはよ来てくださいよ…須賀くんと2人きりとか心臓に悪いです…)ドキドキ

京太郎「もう待ちあわ……」プルルルルル

泉「電話…もしかして先輩達?」

京太郎「もしもし…怜さんですか…えっ? はい……そういうことなら…」ピッ

泉「なんて言うてた?」

京太郎「なんかみんな急に用事ができたとかなんとかで来られないらしい」

泉「えっ…えぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?」

京太郎「なんかよくわからんが2人きりになっちまったな」

泉「ちょちょっ! 私園城寺先輩に電話してみます!」ピポパ

「やっほー! 楽しんどるか?」

泉「やっほーやないです! 一体どういう…」

「まあまあ、せっかく2人きりにしてやったんやしちょっと勇気出して頑張りや」

泉「そんないきなり無理ですって! 私にも心の準備が…」

「ほな頑張ってなー」ブチッ

泉「ちょっと先輩!?」

京太郎「なんだって…?」

泉「…とりあえずみんな来ないことだけはわかりました」

京太郎「これからのこと話すにしても外は寒いな…あそこのスタバ行こうぜ」

泉「はっ、はい! わかりました!」カチコチ

京太郎「……なんで敬語?」

泉「きっ…気にしないでくらはい…//」

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:08:42.42 ID:tOH2njeP0
泉(ふぅ…少しは落ち着いてきたわ)

京太郎「とりあえず今日どこで遊ぼうか」

泉「須賀くんエスプレッソとかよく飲めますね…大人やなぁ…」

京太郎「俺からしたらコーヒーにそんなクリームやナッツトッピングするほうがわからんけど…しかも高いし」

泉「ええやん、甘くておいしいんやし」

京太郎「ここのエスプレッソも十分甘いと思うけどな」

泉「へぇ…今度試してみよかな?」

京太郎「飲みたいのか? 今度と言わずちょっと試してみるか?」スッ

泉「えええぇっ! ええんか!?」

京太郎「別にちょっとくらいならいいぞ」

泉(でもこれ須賀くんが飲んでて…さっきまでここに唇が…)ドキドキ

泉「……//」ゴクッ

京太郎「なっ? エスプレッソだけど甘いだろ?」

泉「うん…めっちゃ甘いわ…//」カァァ

京太郎「んじゃ俺もちょっともらうぞ」グビッ

泉「あっ…ああぁぁぁぁぁぁあっ!?」ビクッ

京太郎「女の子ってこういう甘いのほんと好きだよなぁ…俺も嫌いじゃないけど」

泉「すすす須賀くん今私の口つけたところに…!?」

京太郎「あっ、泉ってそういうの気にするタイプ?」

泉「そそそそんな乙女の唇をそんな扱いですかっ!!」

京太郎「まあ誕生日だし今日は色々奢ってやるからこんくらい許せって」グビッ

泉「ってまた飲んでる!!」

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:09:10.14 ID:tOH2njeP0
京太郎「しかし映画とはまたベタというかなんというか…」

泉「ええやん、外は寒いしちょうど見たい映画あったんやし」

泉(それに映画ってなんかデートっぽいやんか…//

京太郎「ちなみにこれってどんな映画なんだ?」

泉「主人公の女の子が鈍感な同級生の男の子と恋人になろうと頑張る話や」

京太郎「恋愛ものか…俺には縁のない話だな」

泉「主人公の女の子が鈍感な同級生の男の子と恋人になろうと頑張る話や」

京太郎「…なんで2回言った?」

泉「大切なことやからな」

京太郎「確かにどんな話かくらいは知っておかないとな」

泉「そういうんやないんやけど…」

京太郎「そういえばさ、映画館の席とかってどっちの肘置き使えばいいか悩まないか?」

泉「あっ、確かに! 端っこの席でもないとちょっと考えるわ」

京太郎「まあ今回は両隣空いてるからそこまで気にしなくてもいいんだけどさ」

泉「この真ん中のは本来どちらのものなのか…」

京太郎「あと片手だけ肘置き使ってもう片方はフリーってのもなんか変な気がするよな」

泉「なら……こうしてみるか?」ギュッ

京太郎「…いきなり手を握ってどうした?」

泉「こっ、こうすれば1つの肘置き2人で使えるやん!!」

泉(うわぁ…須賀くんのあったかくて大きい…//)

京太郎「……そんなに肘置き使いたいなら譲るけど?」

泉「そうやないっ!」

京太郎「じゃあなんだ…俺の手を握りたかったとかじゃないだろうし…」

泉(いや…その通りなんやけどな…)

泉「とにかくこれでええの!」

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:12:54.77 ID:tOH2njeP0
京太郎「今日は楽しかったか?」

泉「ええ、楽しかったですよ」

泉(でも今日一日色々アピールしたのに普段と変わらんかった…)

泉「私って魅力ないんかなぁ…」ボソッ

京太郎「それじゃあ最後にプレゼントを渡しておかないとな」ゴソゴソ

泉「……なんですかこれ?」

京太郎「それ泉に似合うと思ってな、それ帰ったら開けてみてくれ」

泉「うん…ありがとな」

京太郎「それじゃあ今日はもうこのくらいにしておくか」

泉「あっ…その……」

京太郎「どうかしたか?」

泉(好きって言わないと…せっかく先輩たちが機会作ってくれたんやし…)

泉「あんな…す……や…」

京太郎「……?」

泉「いや…今日は楽しかったで…」

京太郎「おう! 俺も楽しかったぜ!」

泉(うわーーーっ! 私のへたれーーっ!)

京太郎「じゃあ気を付けて帰れよ、それじゃ!」

泉「…せめて家まで送ってくらい言えばよかった」

-------------------------

泉「はぁ…結局好きって言えへんかった…」ボスッ

泉「……あっ、そういえばプレゼントまだ空けてないやん」ゴソゴソ

泉「……ネックレス?」

「それ泉に似合うと思ってな」

泉「私に似合うか…」カチャカチャ

泉「……」

泉「うん、今はまだこれで十分やな……今は」

カン!

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:18:20.12 ID:ozrHIyIpO
乙乙
いずたんイェイ

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:25:37.92 ID:Ayyh08Rx0
おいおいグッドなSSじゃないか
おつです

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:42:10.39 ID:lKf1l2XF0
泉誕生日おめでとうさん

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:45:38.55 ID:msH14KcP0
マホ「抜け駆け?心外です。マホまだ一年生ですよ?先輩方は2年間、720日もチャンスがあって何してたんですかぁ?」

マホ「十月十日あれば赤ちゃんが生まれててもおかしくないのに……マホとっても不思議です」ニヤニヤ

咲優希和「・・・・・・」ギリリリリ

みたいのも見たいの

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:53:25.00 ID:7uP08+JX0
抜け駆けも何も恋は戦争よ
と言うわけで京マホクレクレ

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/08(土) 23:57:49.78 ID:IPqehaYc0
730じゃないんですかね

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 00:01:13.86 ID:BmUARy950
悪い子ぶっても計算間違えちゃうマホかわいいってことでしょう

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 00:04:38.33 ID:uEjSwk2D0
それすら計算のうちなのでは…と疑心暗鬼になってくる

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 00:06:52.65 ID:wM+iqXsb0
三つ巴の間に第4者にかっ攫われるのか…

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 00:07:58.08 ID:Qp2sYnUF0
颯爽と奪い去る照とな?

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 00:28:15.00 ID:QcFPpnU90
学校休みの日とかあるから(適当

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 01:22:42.96 ID:tvpZy1Ia0
【安価】京太郎「……何も思い出せない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415458870/

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 04:12:51.51 ID:tvpZy1Ia0
【咲】京太郎「目指せポケモンマスター!」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415472735/

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 07:45:37.53 ID:6pNQzgCHO
【咲】京太郎「目が覚めたら十年後だった」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415478089/

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 08:40:04.52 ID:9AlUdAVtO
>>860
書いてみたけど大分違うモノになった、ゴメン。マホ好きな人もゴメン
次から五レス

872 :(1/5):2014/11/09(日) 08:47:43.26 ID:9AlUdAVtO
咲「あれ〜?ここどこだろ?京ちゃん迎えに来てー」

優希「いつも犬を扱き使ってばっかりじゃアレだからな!たまにはヤツを労わなきゃならんし今日は私が来たじぇ!」

咲「優希ちゃん、ありがとう」ギリッ

 ──

優希「きょーたろー、今日のタコスは……」

和「そうそう、今日のタコスは私が作ってみたんですよ。須賀くんも練習に割く時間は必要ですからね」

優希「のどちゃんの手作りとは畏れ入るじぇ」ギリリッ

 ──

和「きゃあっ!……あっ、ごめんなさい!急にしがみついちゃって……私、お化け屋敷って初めてで」

咲「もー、暗いからっていきなり抱きついちゃ駄目だよ和ちゃん。違う人にやっちゃったらどうするの?」

和「……ええ、相手が咲さんで良かったです」ギリギリギリギリ

まこ「おんしら、ちったぁ落ち着きんさい。ムロの歓迎会で遊園地に来とるんにあんたらがハシャイでどうするんじゃ」

裕子(和センパイが雌の顔してる……)

京太郎(この頃あいつら仲良いよなー。清澄二年トリオここにありってか?ハハハ、実はもう一人二年生がいるんすけどね……)

優希「幼馴染みのアドバンテージなんて活かさせる訳にはいかないじょ」

咲「何の事かなぁ?和ちゃんもあんまりだらしない体を人に押し付けるのはよくないんじゃない?」

和「それこそ何の事でしょう?あ、関係無い話ですけど、逞しい人って身を預けてみたくなりますよね。関係無いですけど」

873 :(2/5):2014/11/09(日) 08:50:14.51 ID:9AlUdAVtO
 ──

マホ「夢乃マホですっ!先輩達に憧れて入部しました!よろしくお願いします!」

咲「よろしくね(胸無し、ロリ特有の京ちゃんに懐く素振り無し。合格)」

優希「また一年可愛がってやるじぇ(私同様、京太郎の範疇外。言ってて悲しいが、安心できるじぇ)」

和「マホちゃんは久し振りですね(言ってはなんですが、優希よりお子様。相手になりません)」

京太郎「ようこそ清澄へ。これから宜しくな」

 ──

優希「京太郎、数学なんだけ」

和「そこでしたら」

 ──

和「はぁ……何だか熱っぽいですね……」

咲「えっ、今日は送っていってくれるの!嬉しい、一緒に帰るの久し振りだね」

 ──

咲「きょ、京ちゃん!ブラックサレナが──」

優希「ふんっ!(うぅ、気持ち悪い、背に腹は変えられないとはこの事だじぇ……)」

 ──

咲「いよいよ私達も卒業……だね」

和「決着を付けるには丁度いい節目かも知れないですね」

優希「結局三年間足を引っ張りあっただけな気がしないでもないが、ここまで来たら誰が選ばれても恨みっこナシだじぇ」

咲「そうだね。……私、自分がここまで他人と張り合うなんて考えて無かったよ」

和「ふふ……泣いても笑っても最後の勝負です」

優希「……!来たじぇ」

京太郎「皆ここに居たのか。……三年間色々あったけど、まずはお疲れさまだな」

874 :(3/5):2014/11/09(日) 08:52:07.80 ID:9AlUdAVtO
咲「京ちゃん……!」うるっ

和「私たち結局、最後まで須賀くんに支えられてばかりでしたね」ぐすっ

優希「きょうたろうがいてくれたから、私たちは……」ぐしゅぐしゅ

京太郎「……よせよ、俺だってお前たちには夢を見せて貰ったしな。麻雀部、入って良かったよ。三年間ありがとうな」

「「「こちらこそっ!」」」

京太郎「だから今日はそんな湿っぽい話は抜きにしようぜ。それで、その代わりと言っちゃあ何だが……皆に報告があるんだ」

咲「……?」

京太郎「もういいぞ、出てきてくれ」

マホ「先輩方、御卒業おめでとうございます!マホ、自分の事のように嬉しいです!」

優希「マホ?おぉっ、ありがとうな!」

和「そう言って貰えて私達も嬉しいです。これから部の事は頼みますね」

咲「後輩ってあったかいね、京ちゃん」

京太郎「お前の口からそんな言葉が聞けただけでも、三年間頑張った甲斐があったな」

咲「京ちゃん!?もう……それで、報告って言うのは?」

京太郎「ああ、ちょっと前から俺、マホと付き合う事になったんだよ。今まで言ってなかったし、報告しとこうと思って」

咲「……は?」

マホ「はいっ!マホたち、大晦日からお付き合いさせて頂いてます!」

京太郎「進路とか色々あるし、卒業式まで伏せとこうと思ってさ。な?」

マホ「そういうわけです。内緒にしててごめんなさい……」

875 :(4/5):2014/11/09(日) 08:53:32.03 ID:9AlUdAVtO
優希「……あのマh」

咲「そ、そうなんだ!良かったねぇ京ちゃん、念願の可愛い彼女が出来たんだね!」

京太郎「おお〜ありがとな、咲!欲を言えばもう少し肉付きが良ければ言うことナシなんだけど」

和「須賀くん、女性に対してそれは……」

マホ「いいんです。マホはこれから先輩の手で女らしい体にしてもらいますから。……ね?京太郎センパイ?」チラッ

京太郎「ばっ、マホお前何を……!」

咲(今……!今、私達の方を見て笑った……)

京太郎「とと、竹井先輩から電話だ。そういや打ち上げしてくれるって言ってたぜ?ちょっと待っててくれ」

和「……」

優希「マホ……お前」

マホ「マホ、何か悪いことしましたでしょうか?須賀先輩、どなたともお付き合いしてませんでしたよね?」

咲「そ、それはそうだけど!」

和「今までそんな素振り見せなかったのに……」

マホ「素振りを見せたら邪魔されるんですよね?二年間観察させてもらいましたよ」

優希「うぐっ」

マホ「なので、横槍が入らないように水面下で事を運ばせて頂きました」

咲「んっ……うぅ〜……」

和「……こんなに強かな子だったなんて」

マホ「うふ、下に見てたマホに出し抜かれて悔しいですよね?」

優希「おまっ、どういう意味だ!?」

876 :(5/5):2014/11/09(日) 08:55:01.37 ID:9AlUdAVtO
マホ「そのままの意味です。下克上って言うんですか?えと……こんな時なんて言うんでしたっけ」

和「一体何を……?」

マホ「あぁ、こうでしたね。『ねえ、今どんな気持ちですか』?ぽっと出の後輩にかっ攫われて、どんな気持ちなんです?」

優希「マホ!!お前ーっ!」

咲「……よそう優希ちゃん、今マホちゃんを怒っても京ちゃんの心証悪くするだけだよ」

和「咲さん……」

マホ「賢明なんですね。流石に先輩と無駄に一緒にいただけはありますよね」

咲「ふふ。ふふふ……。今は言いたいように言えばいいよ」

マホ「では言いたいついでに一つだけ。先輩、もう童貞じゃないですよ?」

優希「な、ななな、何を言ってるんだじょ!?」

和「ふふふ……初めてですよ、ここまで私をコケにしてくれたお馬鹿さんは……絶対に許しませんよ!」

裕子(あ、和先輩が一番怒るのそこなんだ。だから淫乱ピンクとか言われるんじゃ……)

マホ「まあ、精々足掻いて下さい。皆さんが新生活で忙しくしてる間にセンパイはマホが骨抜きにしちゃいますから」

咲「……上、等」

「「「「うふふふふ……」」」」

久「何だか面白い事になってるじゃない?」

まこ「そう思うんはあんた位と思いたいとこじゃな」

京太郎「おし、皆揃ったし移動しようぜ!……ほらマホ、手」

マホ「わぁ〜いいんですか?」

京太郎「こ、恋人だからな」

 ギリギリギリギリッ


終わって

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 08:56:16.64 ID:RbdBwtqB0


なんかマホが本当に京ちゃん好きなのかが

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 09:08:14.74 ID:9AlUdAVtO
書いてて思ったけどやっぱそうか
もうちょいちゃんと恋愛してるマホにしたかったけど何もかんも空回りする三人が楽しいのが悪い

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 09:12:18.48 ID:wscCstPK0

こういう悪女っぽいのすき

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 09:13:20.37 ID:thzzoS840
乙ー
むしろ京太郎がヒロインっぽさを出してるな

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 09:30:09.78 ID:u5mLWgqI0
むしろ先輩達に屈辱を味わわせるためのダシに使われてる気がするのがやだな...。
秘密裏にマホが惚れるシーンというか、回想を最後に差し込めばそういうのはなかったと思う

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 10:32:07.99 ID:q69RUFUJ0
せっかくマホ書いてくれた人がいるからネタを出そう
鈍感な京太郎をものにするために打倒咲を目標にして、白糸台に入学し淡とかの弟子入りしてインハイ会場で清澄の前で宣戦布告と告白をするマホ下さい

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 11:22:49.83 ID:bRuGPKqD0
×ネタ出し
○クレクレ

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 12:13:30.82 ID:wscCstPK0
麻雀だけじゃなく人格までコピーできるようになったヤンデレマホが見たいです

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 12:46:06.67 ID:jTdnh2uq0
某マフィアのボスみたいに人格の変化で肉体までもが変化し和辺りの凶暴なおもちで迫ってくるのか……。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 18:00:58.11 ID:Ndrkok6t0
京太郎の恋人をコピーしてなり変わっちゃうマホ?

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 19:25:46.27 ID:9AlUdAVtO
なんだかホラー染みてきたな…

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 20:09:51.79 ID:pvchB4CS0
ピンクボールなマホ?(乱視)

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 20:48:10.97 ID:zxAPMCbeO
いちごパンツ履いてそうな咲キャラといえば

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 20:55:13.53 ID:u5mLWgqI0
ちゃちゃのん

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 20:58:23.98 ID:BmUARy950
>>889
池田ァ!

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 21:13:51.46 ID:UrQnmgps0
一見、そんなかわいらしいのを履かなそうなキャラが履いてて、うっかり京太郎に見られてしまうのもいいよね
まあそんなうっかりさんはごく少数しか居ないだろうけど

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 21:22:13.56 ID:LbrpphOQO
わた咲ちゃんは京ちゃんにパンツ見られちゃったこと普通にありそうだよ
だから京ちゃんは責任取ってわた咲ちゃんをお嫁にもらうべき

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 22:43:44.04 ID:xWyUYbet0
 須賀君、私です (ハギヨシボイス)

 優希「......」ビクッ

 久「...あら、どうやら恋人からのお誘いかしら?」 ニヤニヤ

 京「ぶ、部長〜!からかわないでくださいよ...」 テレッ

 久「須賀君も今日はもう先にあがって良いわよ」

 京「い、良いんですか?それじゃあお言葉に甘えて...」 イソイソ

タッタッタッ あっ、ハギヨシさん? どうしたんですか...

ええっ! 結婚してほしい!?

 久「...行ったわよ、優希」

 優希「......」 ポロポロ

 久「私の胸を貸してあげるから好きにしなさい」 ハイ

 優希「......」 ギュッ

 久「...須賀君も罪作りね、こんないい子を泣かせるなんて...そう思わない、まこ?」

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 23:48:59.26 ID:p0Rbbrp50
ホモォ……

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 23:52:30.17 ID:8LTh6O6r0

京ちゃんが同性愛者であることが知って、ショタ的な意味で自分の体ならいけるんじゃないかとアプローチをするロリ組が見たい

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/09(日) 23:59:21.46 ID:TqhvyxWn0
おホモ達かよ……
早くおホモ断ちしなきゃ(使命感)

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:19:21.85 ID:lo0JtaXU0
クソみてぇな文投下すんなよ

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:23:09.98 ID:LswK2lbp0
生理的嫌悪はこの際置いといても、スレチである以上NG出すべき

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:28:56.99 ID:vYXrSlmOO
今更なにいってるんだ?
ホモネタだってまとめてあるし、京太郎が全くいないのだってまとめてあるし、露骨なエロだって問題なしにしてるんだし
気に入らないとスレ違いは意味が違うんだよ

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:33:45.52 ID:PUjBtLv20
京太郎がおもち好きである事は周知の事実なのに創作ではやたらと煎餅と絡む
煎餅は固い

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:43:15.95 ID:Dg+d5MRG0
これは>>900の正論

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:49:26.16 ID:1rfdXfa60
>>900>>902
>>1をちゃんと読もうね
纏められてるから〜じゃなくてちゃんと>>1を読もう

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:53:58.27 ID:vYXrSlmOO
その>>1を無視したものをスルーしてまとめてきたんだぞ
だから、今更なにいってるんだ?
都合の悪いときだけ守ってこなかったテンプレを盾にするなよ

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 00:58:29.74 ID:lSED4z+L0
まとめられてるから投下して良いというのは違うかと

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:03:14.14 ID:XuOmiqmY0
そもそもメインがタコスで、京ちゃんに恋人が出来て失恋するタコスというssだからスレチじゃないだろ
恋人役がハギヨシだったから変になってるが、恋人役が咲や和なら良くある失恋ssだろ

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:04:58.43 ID:1Hh8X2HR0
それでも大体事前に注意書きされてるパターンが多いわけだし京太郎自体がホモなネタなんて無かっただろ
どんだけホモに執着したいんだこいつ

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:06:24.25 ID:OGHnWLMS0
ある程度の線引きをしないと失恋SSという名のホモSSアンチSSが投下されるかもしれないな

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:08:02.78 ID:1rfdXfa60
>>906
恋人役がハギだしダメダメだと思うよ
本当に>>1をちゃんと読もうね

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:11:10.65 ID:zwLmaIPt0
設定改変は多々あるし、ハギヨシが女だったと考えればええねん(暴論)

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:12:54.75 ID:vYXrSlmOO
テンプレをちゃんと守って投下してる側からしてみりゃ、ふざけんなって言葉だろうけど

テンプレ無視の投下、注意への罵倒、一部の投下が気に入らないから追い出そうとする、都合の悪いときにテンプレ持ち出す
これが、このスレの住民がやってきたことだよ

>>907
まとめのh39-56とかは京太郎がホモのネタだよ
ホモへの執着じゃないんだか、そう思いたいならそれでいいよ

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:14:19.16 ID:PUjBtLv20
いや、守ってる人が居るんだからそっちに尊重しろよ
破ってる奴いるから俺もって子供じみてるよ

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:17:28.34 ID:AydX9ZC90
こちらは「咲-Saki-」の登場人物、須賀京太郎と女の子達がキャッキャウフフなことをしている妄想を楽しむスレです。

京×女の子ならハーレムなど、なんでもOKです。職人様大歓迎!どんどん投下してください。


はい、おしまい
いいね?

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:19:25.66 ID:1Hh8X2HR0
言ってることは分かるしある種正しいとも思うがだからといってテンプレ破りが許されるかというと別問題だろ
そう思うならせめて自分だけでも守ろうと皆が思わなきゃルールが崩壊するんだから

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:27:48.21 ID:LswK2lbp0
大体スレチな奴だったらその度色々言われてただろ。
まとめてくれる人がそれを判別するのが面倒だったろうってだけで

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:32:22.86 ID:njpjb/VS0
ここの住人なんて自分の気に入らないSSが投下されたら設定が無茶苦茶だのキャラおかしいだの文句つける奴ばっかりじゃん
それが今回はテンプレがどうのと喚いてるだけで所詮いつもの流れにしか見えんわ

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:33:12.59 ID:XuOmiqmY0
>>894はあくまで京タコスssだと思ったからスレチじゃないと判断したんだが
>>909はなぜスレチと判断したんだ?>>894の何処がテンプレに違反したと考えたんだ

たしかに>>907の言うとおりホモ注意の前書きはあった方が良いとは思う

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:35:33.03 ID:+mqf0YSS0
もうこんなことで荒れるぐらいなら最初からテンプレにホモネタNGとでも入れとけよ
アホらしい

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:36:59.55 ID:PUjBtLv20
>>918
それでいいね

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:39:22.06 ID:Sv3AEv3I0
>>894
せめて注意書きでもしておけばなあ
不用意な行動のせいで他の人が迷惑する

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:45:06.27 ID:LswK2lbp0
>>911
h39-56確かめて見たけど、あれ京咲が付き合っててガチホモ&ガチレズのハギヨシと和が振られてる話だよ

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 01:56:04.22 ID:vYXrSlmOG
キーワードで絞り込んだあとに見間違えてたし、京太郎がホモのネタはこのスレネタじゃなかった

この点に関してはすみませんでした

見間違いでとんでもねーレッテル貼ってしまい、>>921氏がすぐ剥がしてくださったとはいえh39-56様に深く謝罪します
申し訳ありませんでした

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 02:01:50.86 ID:7ZXHUmbP0
つーか投下前にホモ注意とか一言あれば問題ないと思う
カプ総合なんだし邪険にしすぎるのもねぇ

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 02:03:59.99 ID:Sv3AEv3IS
>>923
でもホモは無しでしょ
今までだって京太郎がホモなのなんてここでは見てないよ

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 02:12:28.62 ID:vyPQ0VH20
ホモはどうでもいいんだが
なんで優希が失恋して京ハギになったかの説明が全くないからわからない

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 02:12:48.79 ID:qEgLPRV80
ホモになる代わりに麻雀が強くなるSSがあってだな

ぶっちゃけ別にいいと思うけど んなこと言ったらシノハユだって対象外

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 02:23:29.59 ID:OGHnWLMS0
>>894のホモで流れ変わりすぎてて草不可避

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 03:00:24.06 ID:ooKR2uVYS
>>926
ん? シノハユ関係なくね?

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 03:18:34.79 ID:sKRD/Y5RS
前にシノリチャ要素が混ざってて荒れたこともあるんよ

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 03:30:12.51 ID:ooKR2uVYS
そりゃシノリチャ要素を無理矢理ねじ込んだら荒れるというか他所いけとなるんじゃね
というかこれだけ荒れてるの見て懲りずホモssを投下する奴がいたらソレは荒らしだろ

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 03:42:07.20 ID:iI1pobOu0
珍しく伸びてると思ったらやっぱ荒れてるだけか

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 04:01:29.44 ID:3tEQrWxJ0
まあまあ落ち着いて前スレ>>1000のスカートめくりネタでも考えようや
意図せぬところで一ちゃんのスカートというか布めくっちゃって前貼りにびっくりするとかさ

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 04:32:02.62 ID:QPMNi9CwS
キャップにやったらエロい下着でびっくり!とか?

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 04:37:39.90 ID:BUQK9Zr10
黒紐パンのキャップ…

ヒッサとお揃いかな?

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 04:49:09.02 ID:xTMBAQ8h0
釣竿投げたと思ったらスカート釣ってたでござるってのはお約束だけど、せーこちゃんスパッツだしなあ
スカートでもせいぜいキュロットスカート止まりな気がする
3人以上で釣り行けばいいのかも知れないけどそれだと出汁にしてるみたいになるし
しかし、創作ではよくネタになるけどこちとら小学生のときにすらお目にかかったことがないよ…
女子のスカートめくりする悪ガキとか都市伝説じゃねーのって思っちゃう

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 04:57:56.54 ID:obi8dqwfG
ホモこわい
四レス下さい

937 :(1/4):2014/11/10(月) 04:59:00.11 ID:obi8dqwfG
良子「グッドモーニング」

京太郎「夜ですけど。…こんばんは戒能さん」

良子「まあまあ。それより今日こそは色好い返事を貰えないものかな?」

京太郎「何度も言ってますけど、俺まだ高校生ですよ。マネージャーやれと言われましても…」

良子「なに、学業の邪魔になるつもりはないよ。オフコース学生の内は本文優先にして貰って構わない」

京太郎「いやいやそう言われましても…今は部の皆のサポートで手一杯だし、第一なんで俺なんですか」

良子「……一目惚れって言ったらビリーバブル?」

京太郎「はぁ、一目ぼ……はぁ!?」

良子「藤田プロから長野に妙に献身的なボーイがいると聞いて、興味本意で見に来たら私のストライクだったんだ」

京太郎「えぇ……見た目って事ですか」

良子「いけないかい?人格なんて後から幾らでも知れるよ。男性だって相手のルックスがいいに越した事はない筈だろう?」

京太郎「それは…まぁ、否定出来ませんね」

良子「…それにだ。今は君の穏やかな物腰や、仕事の丁寧さなんかは理解しているつもりだよ」

京太郎「あ、いや」

良子「マネージャーなんて言っても、傍に置く以上信頼出来る人間にしておきたいしね」

京太郎「それは分かりますけど…」

良子「まあ色々言ってるけど、要するに私は君を口説いているんだ」

938 :(2/4):2014/11/10(月) 04:59:59.13 ID:obi8dqwfG
京太郎「ハハ、俺も結構単純ですけど流石にその手には引っ掛かりませんよ」

良子「……これはアレなのかな。ナチュラルさんかな?かなりストレートに言ってるつもりなんだけどな」

京太郎「よく女子にからかわれるんです。そろそろ同じ轍は踏まないようにしないと」

良子「まさかとは思うけど、女性に興味が無いとかでは……」

京太郎「いえ?普通に異性が好きですよ(むしろ興味津々です)」

良子「…ふむ。なら私は今から君を全力で口説く。いいね?」

京太郎「はぁ…(これからお前を騙す宣言されてんのかな、これ)」

良子「……金ならある!!」

京太郎「……?」

良子「……」ドキドキ

京太郎「……えと、もしかして今の口説き文句だったんでしょうか?」

良子「いえす」

京太郎「誰かにアドバイスとか受けましたか?」

良子「ええ、経験豊富そうな佐藤アナに」

京太郎「多分それ玩具にされてます。完全に中年男性とかが若い女の子を釣ろうとしてるセリフです」

良子「……りありー?」

京太郎「残念ながら」

良子「」

 ──

良子「一思いにキリングミー……」

京太郎(それそう言う時に使う言葉だったかなぁ?よっぽど混乱してるのか、俺の知識が間違ってるのか…どっちでもいいか)

京太郎「ま、まあまあ戒能さん。誰でもこういうのは起こりえる事ですし」

良子「……しにたい」

939 :(3/4):2014/11/10(月) 05:01:09.96 ID:obi8dqwfG
京太郎(うーん、弱ったな…かなり落ち込んでいらっしゃる)

良子「……って下さい」

京太郎「はい?」

良子「京太郎、私を貰って下さい!」

京太郎「飛躍しすぎて何がなんだか!?」

良子「こうなればもう当たってブレイクです!貴方が好きです、付き合って下さい!」

京太郎「え、え(なんか敬語になっとる)」

良子「それでマネージャーになって貰ってゆくゆくは私の事も貰って下さい!

京太郎「いや、ちょ」

良子「冗談とかじゃないです、ちゃんとラブです!付き人の仕事はして欲しいですがそれ以外は尽くしますよ!あと処女です!」

京太郎「ちょっと今なんか」

良子「駄目ですか!」

京太郎「……くはっ。あはははは!」

良子「え」

京太郎「変わった人ですね。……でも本気なのは伝わりました。夏の大会が終わってからでよければですが」

良子「そ、それじゃあ」

京太郎「ええ、お話受けさせて貰います。卒業までは臨時マネージャーって形になっちゃうと思いますが…」

良子「全然!全然それでいいよ!…ありがとう」

京太郎「戒能さん、思ったより激情の人だったんですね。もっとクールな感じだと思ってました」

良子「う…出来ればフォーゲットしてほしいんだけど」

京太郎「ちょっと難しいかなぁ。……可愛かったし」

良子「かわっ!?……コホン。それはつまり告白の方の返事も期待していいと取ってもいいのかな?」

940 :(4/4):2014/11/10(月) 05:02:13.74 ID:obi8dqwfG
京太郎「そうですね……あんなに情熱的に口説かれたのは初めてでした」

良子「…………あ、いやあれはその」

京太郎「俺も綺麗なお姉さんは好きですよ。…なのでこれからお互いの事、知って行けたらって思います」

良子「…じゃあ、オッケーて事なのかな」

京太郎「はい、俺でよければお付き合いさせて下さい」

良子「本当に?……嬉しいよ京太郎!」

京太郎「モガッ!?(顔に幸せな感触が!嬉しいけど息が出来ない!!)」

良子「京太郎…私の京太郎!」


 この後三途の川の向こう岸でお祖母ちゃんが手招きするまでハグされた。

 カンッ

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 05:25:05.32 ID:LwQND4Ql0
おつおつ

切羽詰まって素が出た感じなのかね

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 05:36:57.03 ID:obi8dqwfG
洋榎ちゃんには普通の口調だったけど敬語キャラの印象強いよなぁ…そうだ、年下にカッコつけて大人キャラ作る戒能さんとか良くない?
っていう妄想で書きました

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 06:18:04.87 ID:hzBomRRLG


洋榎ちゃんのパンツが想像出来ない

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 06:21:20.55 ID:DjwGIL6Z0
乙ー
かいのーっぱいに埋もれて死ぬなら本望だろう京太郎

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 09:06:04.06 ID:RtTHc67F0


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 09:21:29.22 ID:XSewTsasS
>>944
いやいや、折角かいのーさんと付き合えるのに童貞のままでは死ねんだろうよ

947 :京健?:2014/11/10(月) 11:07:44.02 ID:jw18tU5LS
子供の頃の俺は怖いもの知らずだった。

小さな危険でも楽しんでた子供だった。

ある日俺が知った危険な遊びはスカートめくりだった。

めくって、捕まったら怒られるという危険を乗り越えるというところに快感を得ていた。

……まあ、その中身にも興奮していたわけだが。

ともかくだ、そうしてスカートめくりにハマっていたやんちゃ坊主だった俺は、ある日道を一人で歩いていた女の人に目をつけた。

大人しそうな、黒髪の女の人だ。

今までやっていた相手は基本同じ学校の生徒だ、怒られるのは先生からであり、それほど厳しい処罰も受けなかった。

なら、全くの知らない相手にやって、もしも捕まったら……そう考えるとワクワクが止まらなかった。

……あと、ほら、大人の人はどうなのかも気になったし。

そんなわけで、その人に狙いを定めて一気にスカートをめくったんだ。

白かった。

きゃあっ、って驚いてるその人を尻目に俺は一目散に逃げ出した。

いや、逃げ出そうとしたんだ。

だが逃げ出せなかった。

俺が一歩踏み出すよりも早く、後ろに振り返るより早く女の人は俺の肩を掴んできたんだ。

そりゃあもう、全身に鳥肌が立ったさ。

その人が人間にできないような動きで俺を捕まえたこともそうだが、それよりもその人の放つドス黒いオーラに圧倒されていた。

正直チビってた。

948 :京健?:2014/11/10(月) 11:08:34.82 ID:jw18tU5LS
鳥肌がこれ以上立たなくなると、今度は体全体が震え始めた。

確か季節は夏だったはずだが、冬を思い出すような寒気がしていた。

「ふふっ……見られちゃったね」

その人は微笑んでいた

「責任……とってもらわなきゃ」

そして、顔を赤らめていた。

よくわからないが、ヤバイと思った俺は大声を上げてその腕を振りほどき、一目散に逃げ出した。

後ろなんか振り向けなかった。

はやく、はやく、あの人のいないところへ、家へ!

そう思いながら必死に走ったんだ。

……家に着いて、中に入る前に辺りを見回してもその人の姿はなかった。

俺はホッとして家にはいったが、あの人の笑みが消えることはなかった。

夢にも出てくるし、なにもしてないとふと思い出してしまう。

それこそしばらく1人で寝れなかった。

それからだったな、もうスカートめくりは……いや、危険な遊びはやめようと思ったのは。

……

……なんで、こんな話をいきなり思い出したかというと。

「18歳の誕生日おめでとう、京太郎君」

世界的に有名な人が俺の目の前にいるからで

「ふふ、君が結婚できる年齢になるまで待っていたんだよ?」

その人はあの女の人で

「私のぱ……ぱぱ、パンツを見た責任……取ってくれるよね?」

同じような笑みを浮かべて

「ねぇ、あ……あ、な、た? なんて、きゃっ!」

婚姻届を俺に渡しているからだった。


カン

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 11:23:41.17 ID:lSED4z+L0
すこやん……まだ婚期を焦る年ではなかっただろうに……

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 11:44:35.52 ID:1GssublkS


きっと影から美味しそうに育つのをじっくり見てたんだろうなあ

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 13:48:22.87 ID:y0rFfHjB0
むしろアラフォーより前から操を守っていたすこやんを称賛するべき

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 19:31:14.12 ID:iI1pobOu0
すこやんのパンツ!(乙です)

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 19:55:49.21 ID:1i6Afkk+0
>>876
乙!こういうのが見たかった

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 21:32:50.92 ID:uQFS1AGR0

18歳になるまで待ち、法を遵守するすこやんはアラフォーの鑑

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/10(月) 23:32:20.60 ID:1i6Afkk+0
いや〜干支一回りはキツイっす

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 00:13:49.29 ID:imFdnazQ0
スカートめくりから始まる一目惚れ

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 00:16:14.27 ID:BzjYUnaJO
すこやんのパンツって単語なんか興奮する

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 00:48:18.17 ID:hMShM7heO
すこやんは一途でかわいいなあ(錯乱)

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 04:54:00.66 ID:5Lwx05JC0
>>957
アラフォーのパンツ?

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 08:12:48.34 ID:rjizJ1fW0
マホ「着きましたー!清澄高校!」

裕子「いきなり来ていいのかなぁ?」

マホ「大丈夫ですよ!」ムフー

裕子「どこから来るんだその自信は!」

マホ「清澄のみなさん、優しいですからっ♪」パァッ

裕子「優しいのと甘いのは違うと思うけど……」

マホ「マホ、卒業したら清澄に行きたいです!」

裕子「……そうだなー、私も清澄かなっ」

マホ「あ、ここですよ!麻雀部」

裕子「旧校舎ってここでいいんだよね?遠かったー……」キョロキョロ

マホ「こんにちはーっ!きちゃいましたー!」ガチャッ

裕子「お、おいマホ……!」

京太郎「へ?」

マホ「あれっ?」

裕子「あ……」

マホ「………………だ、誰ですかー!?」ビクッ

京太郎「いやいやいや、こっちのセリフだ!」

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 08:13:16.64 ID:rjizJ1fW0
裕子「わ、私たち高遠原中学の生徒で……」

京太郎「高遠原?……あぁ!和と優希が通っていた中学か」

裕子「あれ、この前の合同合宿にも参加してましたけど……?」

マホ「清澄にこんな人、いなかったですよー?」ズバァッ

京太郎「ぐふぅっ!?」ガクッ

裕子「こらマホ、指で差すなって」

京太郎「俺は留守番を頼まれてたんだよ……男子一人だしな……」グスン

マホ「和先輩はいないんですかー?」キョロキョロ

京太郎「ぐすっ、スルーかい……もうすぐ来ると思うけどなぁ」

裕子「そりゃ連絡とかしてないからー……突然来てすいません」ペッコリン

京太郎「あぁそうだ、麻雀でもしながら待つか?」

マホ「麻雀!したいです!」

裕子「……いいんですか?」

京太郎「三人だから、三麻になるけどな」

マホ「麻雀、強いんですかー?」

京太郎「それは……打ってみてからのお楽しみだな」キリッ

裕子(和先輩やあの宮永先輩と毎日打っている相手か……)ゴクリ

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 08:13:51.15 ID:rjizJ1fW0
〜闘牌省略〜

裕子(……弱っ!)

京太郎「バカなぁっ……!!」ガシャーン

マホ「マホ、久しぶりにラスじゃないです!」パァッ

裕子「い……一回勝負ですから!三麻は運の要素が強いですから!」

京太郎「フォローありがとう……がくっ」ガクッ

優希「そいつは普通の麻雀でもよわよわだじぇ?」ヒョコッ

和「失礼ですよ、優希……事実ですけど」ボソッ

裕子「あ、先輩方!」

京太郎「くそー次は負けないからなー……えっと、アホちゃん?」

マホ「む!マホはマホですアホじゃないですー!」プンプン

裕子「……いや、アホでも合ってるような」

マホ「じゃあ三位の須賀先輩は、アホ以下ですねっ!」ドヤッ

京太郎「くっ、返す言葉もねぇ……」ズーン

優希「マホに賢いこと言えるのかー?」

マホ「えと……四槓子!」

裕子「まぁむずかしいけども!」

京太郎「スー……なにそれ?」ポカーン

和「いやいやいや須賀くん……」

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 08:14:20.78 ID:rjizJ1fW0
優希「それより犬!例のブツは?」

京太郎「後輩の前でその言い方はやめてくれ!タコスの事なら作ってきたが」スッ

優希「おー!お前は使える犬だー!」パァッ

マホ「犬……?」ジーッ

優希「うむ、京太郎は私のペットだからな!」ドヤッ

京太郎「誰がペットだ誰が!」

マホ「マホ……犬、飼ってみたかったんです!」

京太郎「え゙、俺を飼う気か!?」

マホ「ダメですか……?」ジーッ

京太郎「いやまぁ……今だけ犬でいいや、俺が負けたんだし」

マホ「えっへへー♪よしよし」ナデナデ

京太郎「お、おぉふ」

京太郎(……この画問題ないよね?)

優希「ロリコン」ボソッ

京太郎「おいコラ」

マホ「あっ!人の言葉を喋ったらダメですよー!」

京太郎「……だワン」

マホ「〜♪」

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 08:14:59.75 ID:rjizJ1fW0
――――――

マホ「きゃーっ!」キャッキャッ

京太郎「アオーン!」ドタドタ

裕子「犬の上に乗るかぁ?普通……」

優希「どこかで見たことのある画だ」

和「アレですよ、正月に親戚のおじさんが子供にする……」

優希「あー納得したじぇ」

京太郎「……あの、もういい?」

優希「我に返ったか、15歳の高校一年生」ニヤニヤ

京太郎「年齢で呼ぶな恥ずかしいだろ!」

裕子「マホ、そろそろ帰ろう?」

マホ「あぅー……楽しかったのに……」ショボーン

京太郎「つ、疲れた……けどまぁ、いつでも来ていいからな?」ナデナデ

マホ「ふに!?ぺ、ペットが撫でちゃダメですぅ……///」カァァッ

裕子「次はウチの中学にも遊びに来てください、歓迎しますから!」

マホ「つ、次は首輪持ってきます!///」フンス

京太郎「ええぇ……はい……」

優希(首輪プレイ……)ゴクリ

和(やめなさい優希)

京太郎「じゃーなー裕子ちゃん、アホちゃん!」

マホ「最後にヒドいですー!?」ガーン

カンッ

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 09:07:00.24 ID:1kyZpZsE0
乙。
どっちも天然かw

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 12:35:07.91 ID:6Xw+FlCV0
よぅ、首輪付き

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 13:49:59.17 ID:WDTxOBBp0


968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 14:18:21.04 ID:dKiSm8rQ0
乙ー
一太「憎しみで人が殺せたら……」

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 14:59:49.83 ID:/7RLanFU0
乙!

>>968
どこのGSだよwww

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 16:39:52.71 ID:egORcv3X0
乙です。
マホに対しての可愛いは、異性としてではなく、父性としてなんだよな。老けたな自分

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 18:16:01.78 ID:f65YAGMw0
空気を読まずに

「キョータロー!」

淡が向こうから俺を呼んでいる。

「どうした?」

「これ!」

そう言って差し出したのはポ◯キーだった。

「あー、そうか」

「ポ◯キー・プリ◯ツの日だから!」

そう言いながら淡はポ◯キーを口に咥えてーー

「んっ!」

俺に差し出してきた。

「しゃーねーなー」

俺は反対側を咥える。

ーーその後何があったかは覚えてないが、気が付いた時にはベッドの上で淡と激しくヤッてた。

「キョータロー、大好き……」

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 18:35:44.13 ID:V7bdTbtS0
し、仕込んでたのか...

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 19:52:28.51 ID:Wi+u09LUO
マホって県決勝で京太郎と会ってなかった?

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 20:01:17.23 ID:daObDYU00
>>973
会ってる
と言うかそれ以前に面識がある

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 21:05:12.03 ID:xmof7D8N0
ラブじゃんはなかったことになってるんじゃなかったか?

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 21:06:15.88 ID:BibzXMsu0
>>975
アニメはそうなんじゃない?

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 21:54:02.38 ID:bFxJhPEs0
ポ◯キーでどうしてもマザー2のあいつが

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 22:53:40.76 ID:KpoK8GVp0
豚にする魔法かな?

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:14:02.51 ID:IVgVmiKrO
おかしを食べすぎて豚化を気にする京照ください

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:17:39.99 ID:ApI0Xce+0
太っても胸に行くとこが想像できないや…

立ててくる

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:22:04.27 ID:ApI0Xce+0
ERROR!
ERROR:新このホストでは、しばらくスレッドが立てられません。
またの機会にどうぞ。。。

すいませんダメでした
誰かお願いします

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:23:41.27 ID:WDTxOBBp0
ちょっと行ってくる

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:28:25.05 ID:WDTxOBBp0
次スレはこちら
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1415715969/

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:29:00.22 ID:IKLLt2wp0
たておつー

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:31:18.50 ID:GLxCXGeV0
立て乙

埋めネタ4レスほど失礼します

986 :京塞?:2014/11/11(火) 23:32:23.79 ID:GLxCXGeV0
塞「ねぇ、今日が何の日か知ってる?」

京太郎「ポッキーの日、ですよね?」

塞「そうそう」

塞「でもね、私ポッキー持ってくるの忘れちゃったの」

京太郎「買ってきましょうか?」

塞「ううん、その必要はないわ」

塞「ほら、ちゃんと代わりを買ってきたから」

京太郎「……小枝ですか?」

塞「そそ」

塞「同じ棒状のチョコのお菓子だからいいかなって」

京太郎「長さがずいぶん違いますけどね」

塞「まあまあ、そんな細かいことは気にしない、気にしない!」

塞「それに、1って文字自体ポッキーみたいに長いイメージないでしょ?」

京太郎「そういう感性は人それぞれだと思います」

塞「京太郎君はどう思う?」

京太郎「ポッキーの日って浸透するくらいなんだから長いんじゃないですかね?」

塞「……京太郎君嫌い」

京太郎「というジョークだったのさ!」

塞「もちろん私も冗談だよ?」

京太郎「……なんかずるいですね」

塞「ふふっ」

987 :京塞?:2014/11/11(火) 23:32:54.44 ID:GLxCXGeV0
塞「ところで京太郎君、ポッキーといえばどんなゲームを思いつく?」

京太郎「ゲームですか?」

塞「うん、ゲーム」

塞「ポッキー黒ひげ危機一髪とか、ポッキージェンガとか、ポッキーチャンバラみたいに、ポッキーを使った遊びで何か思いつくもの」

京太郎「それらのゲーム初耳なんですけど」

塞「えー? うっそー、京太郎君おっくれってるー」

京太郎「はい?」

塞「今やポッキーを使った遊びはこれらに限らず多種多様な遊びがあるんだよ?」

塞「都会の方ではポッキーが社会現象になるくらいなんだから」

京太郎「……嘘、ですよね?」

塞「嘘じゃないよ!」

塞「ポッキー野球とか、ポッキー相撲とか、ポッキー大富豪とか、ポッキー――」

京太郎「やっぱり嘘ですよね!?」

塞「……うわぁ」

京太郎「何で俺がドン引かれてるんですか!?」

京太郎「ポッキーを使った遊びなんて大半の人がポッキーゲームしかしりませんよ!」

塞「ポッキーゲームって?」

京太郎「……だから、ポッキーゲームですよ」

塞「ポッキーゲーム……ポッキーを指の上に何秒立てられるか競うゲーム?」

京太郎「誰かやってそうですけど、そんな名前はないです!」

京太郎「そうじゃなくて……ほら、二人でやるゲームで」

京太郎「互いにポッキーの端を咥えて食べ進めていって……って奴ですよ」

塞「へぇ〜」

塞「じゃ、やろっか?」

京太郎「……へ?」

988 :京塞?:2014/11/11(火) 23:34:10.52 ID:GLxCXGeV0
塞「だって、せっかくのポッキーの日だよ?」

塞「ポッキーで遊ぶ遊びがあるならそれして遊びたくない」

京太郎「え、いや……」

塞「……あっ、そういえばポッキー買ってくるの忘れたんだった」

塞「そういえば、ポッキーの代わりに小枝買ってきたんだった!」

塞「仕方ないからこれでポッキーゲームしよっか、京太郎君!」

京太郎「確信犯だこの人!」

塞「確信犯だなんてまさか!」

京太郎「嘘つけぇ!」

塞「実は3日前くらいから計画してました」

京太郎「やっぱり!」

塞「はっ!」

塞「違うよ京太郎君。今のは京太郎君が「嘘吐け」っていったから吐いただけだよ!」

京太郎「そんな意味で言うわけないですよね!?」

塞「京太郎君なら、あるいは」

京太郎「塞さんは俺を何だと思ってるんですか!?」

塞「あはは」

京太郎「何その笑い方!? すごい気になるんですけど!?」

塞「そんなことより小枝ゲームしようよ、京太郎君」

京太郎「急に話変えた上にめちゃくちゃ開き直りましたね!?」

989 :京塞?:2014/11/11(火) 23:37:45.55 ID:GLxCXGeV0
塞「いいじゃん、さきっちょだけ、さきっちょだけでいいから!」

京太郎「変な言い回しやめてください!?」

塞「変な言い回しって……やだもう……京太郎君のえっち」

京太郎「今の言い方はどう考えてもそういう風にしか見れませんって!」

塞「……どうしてそんなに拒否するの?」

塞「私はただ京太郎君とゲームがしたいだけなのに……」

京太郎「……」

塞「そして、すっごいキスして、あわよくば押し倒して――」

京太郎「思考が駄々漏れです、塞さん」

塞「……いくら私でもこの京太郎君への溢れ出る思いは塞げなかったみたいだね」

京太郎「格好良く言われましても」

塞「ああ、もう、とにかく!」

塞「セッ……小枝ゲームしようよ!」

京太郎「今何を言いかけたんですか!?」

塞「せ、接待小枝ゲーム」

京太郎「何をどう接待するんですか!?」

塞「絶対に小枝から口を離さないでいる……とか?」

京太郎「確かに接待してた!」

塞「あー、もうっ! ごちゃごちゃうるさいよ、京太郎君!」

塞「どうして私と小枝ゲームしてくれないの!? 私とじゃ嫌なの!?」

京太郎「いや、嬉しくないわけないですけど」

京太郎「でもほら、ここ部室ですし」

塞「そうだね、京太郎君」

塞「ところで、あちらをご覧ください」

京太郎「……皆さん小枝持ってますね」

塞「そういうことだよ」

京太郎「ごめんなさい、用事を思い出したので帰ります」ダッ

塞「逃がすな、追え!」




―カン―

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:48:33.29 ID:IKLLt2wp0
投下乙でーす

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:50:18.68 ID:LV6QRzvu0
投下乙でーす
お菓子関連の日なのに京照が無い不思議

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:53:12.29 ID:l9gf44dp0
日付にかこつけなくてもやってると考えればないのも不思議じゃないな

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/11(火) 23:53:57.25 ID:OyXg0cwg0
??「お菓子い、こんなことは許されない」ポリポリ

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 00:03:41.25 ID:9cUexE+40
>>993
座布団一枚!

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 00:06:48.97 ID:arWi993v0


996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 01:14:08.80 ID:9SGibInkO
立て乙

>>1000なら次スレはラキスケスレ

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 01:16:55.14 ID:TIyrgjo50
>>1000なら京明が流行りに流行る

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 01:18:36.02 ID:HlDrgq2NO
スレ建て&投下乙
>>1000なら姉妹丼

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 01:23:36.89 ID:RqpBNnQmO
>>1000ならすこやんに婿入り

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/11/12(水) 01:23:47.11 ID:QXhLDuRg0
>>1000なら上柿さんを忘れないでください

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

404 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)